アルバム『パスト・マスターズ Vol.1』の16曲目は「バッド・ボーイ」。
 ラリー・ウィリアムズの曲をカバーした。
 ボーカルはジョンが担当。
 曲のテーマは学校をさぼって、ロックンロールに夢中になっている少年を描いている。これってロックン・ロールが大好きなジョン自身を投影しているようです。
 ロックンロールを歌わせたらジョンの右に出るものはいないと思えるくらい、あの声にはやられます。また原曲のラリー・ウィリアムズ盤との比較も面白いかもですね。

『バッド・ボーイ』ジョン・レノン盤


『バッド・ボーイ』ラリー・ウィリアムズ盤



<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマ>
①リバプール:ジョンの家からほど近いところにあるストロベリー・フィールド
248


②リバプール:マシュー・ストリートにあるキャバーン・クラブの向かいに位置するパブ「ザ・グレイプス」。ここでビートルズの面々はクラブ出演前に一杯ひっかけていた。
206






にほんブログ村


にほんブログ村


The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ


日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ