アルバム『パスト・マスターズ Vol.1』の17曲目は「イエス・イット・イズ」。
 ジョンが作った曲。ジョンのボーカルもさることながら、ジョンとポールの間にジョージが入ることで一段と複雑で素敵なコーラスが演出されていて聴くものをうっとりさせます。
 でも理想の女性像を粗雑な形で表現したことでジョンはこの曲を好きにならなかったとか(ポールは好きらしいが)。

『イエス・イット・イズ』


【歌詞の一節】
 ”今夜きみが赤い服を着るなら
  ぼくが今夜言ったことを忘れないでほしい
  赤はぼくの恋人が着た服の色
  それに、ほんとうなのだよ
  YES IT IS
  彼女の服は真紅だった
  誰でも知っているはずだ
  ふたりで計画したことをみんな
  ぼくは忘れずにいよう わかってほしい
  ほんとうなのだよ
  YES IT IS ほんとうなのだよ
  YES IT IS
  きみがそばにいてくれたらぼくは幸せ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・”

 (角川文庫 ビートルズ詩集(2) 片岡義男 訳より)


<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマ>
①ロンドン:御存知、”ビッグ・ベン”(個人の散歩で行きました)
573


②ロンドン:ジョンとヨーコが出会った場所(ロンドンでのウォーキング・ツアーで行きました)
548





にほんブログ村


にほんブログ村


The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ


日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ