ユックリッピ 絵本の木 ビオトープ

“ユックリック”という木の精の住む世界を 絵本や陶器を使って表現していきたいなと思っています。 ユックリック=「ゆっくり行く」の造語です。 *ゆっくり 一歩一歩が 大切なこと*

皆様も体調管理お気を付けて〜

P6290366

息子が先週月曜日に
急性扁桃腺炎で入院し、本日退院になります。

扁桃腺炎になる前に、首の横のリンパが
いくつか腫れていたので、
しばらく街のお医者さんに通っていたのですが、
血液検査の結果が出るまで、抗生物質を処方していただき、
飲んでいました。

血液検査の結果では、
ウィルス性なのか菌なのかの判別をし、
ウィルス性の反応がでました。

ウィルス性だと薬がないそうなので、
対処療法になるとのこと。

しかし、一向に良くならず、
今度はのども腫れていたので、
抗菌剤が処方され飲みました。

更にしぼってどんなウィルスなのかと、
先生があたりをつけてつきとめようとしたのですが
いずれも陰性。

今度は扁桃腺が腫れてきたので、
扁桃腺が腫れるということは
今度は菌なので、喉の組織をとって調べましたが、
こちらもまた陰性。

しかし、息子の方は熱が出て来て、
喉の痛みがどんどん耐えきれない状況になり、
食事が飲み込めないのと、
右の扁桃腺がもう、喉の真ん中のほうまで腫れて、
熱も出て来たので、
大きな病院を紹介していただいて、
入院することになりました。


部屋は4人部屋で、
まぁまぁ重病患者の方にすぐナースが駆けつけられるお部屋だったようで、
周りに入院されている方々が、
若干、症状のせいでなんらかの“音”を出しているのですが、
息子はそれすらも気にならないくらい、
自分の体調が辛かったようでした。

数日して、となりのベッドに新たに来た方が、
結構お辛い状況だったのだと思うのですが、
トイレに行けないとのことでベッドで用を足す状況だったようです。

しかし、それはそれで、、
夜中も唸りながらそれ(大)をされるということと;
(お食事中等の方すみません><)
痰などをきる際の激しい音などをたてるそうで、
夜が賑やかなことと匂いがすごいのとで、
息子は夜眠れなくなってしまい、
たまりかねて、息子は部屋を変えて欲しいと看護師さんに言いました。

今は、症状の軽めな方のいるお部屋で、
静かな環境になりました。


まだ、検査結果が出ていないのですが、
ウィルスと、菌の複合型感染だそうです。

菌の方は喉に出て、
ウィルスのほうは、肝臓の値が高くなり脾臓が腫れてしまい高熱がでました。

喉のほうはだいぶよくなり、
食事もできるようになったので、
本日退院ということになりました。

皆様も、この陽気なので、
体調管理大変かと思いますが、
体調を崩さないようにご自愛くださいませ。






 

藤城清治美術館に行ってきました☆

土曜日に家族で那須へ、

藤城清治美術館
http://fujishiro-seiji-museum.jp
を見に行ってきました。

と、その前に着いた時間がランチタイムにちょうど良かったので、
先にランチを♪

BAKERY PENNY LANE
 (ペニーレイン)
http://pennylane.company/pennylane_r_nasu
 お食事の写真がないのですが・・

中庭の写真を撮ってみました♪
P6035331

まだ少し肌寒かったので、
今回は屋内で食事をしましたが、
また来た時、陽気が良かったら屋外は気持ち良さそうでした♪

P6035321

所々にBeatles関連のものが展示されています。

P6035323
雨の、、これはなんという名前のものなのでしょうか。。
雨が降ったら、雨が流れてくるやつです(笑)

P6035325
ティーカップと、ジョーロ

こんな風におしゃれアイテムでインテリアが構成されていて、
この空間にいるだけで癒されます^^♪

実際に水が流れている状態を見てみたいです♪

ちょっと分かりずらい道ではありましたが、
このお店を目指してくるだけの価値がものすごくありますので、
ぜひ行ってみてくださいね〜♪



那須らしい素敵なお店とお食事を堪能したあと、
目的の、
藤城清治美術館
http://fujishiro-seiji-museum.jp
へ行きました☆

写真撮影禁止なので、
写真がありませんが、

建物まで、新緑の小道を小川を眺めたりしながら進んで行くと、
鉄板でシルエットになった藤城誠二さんのキャラクターが、
道案内しているように設置されていて、
歩くごとに、藤城誠二さんの世界に気持ちが染められて行くようでした♪


空間が清められている感じがものすごくしました!
なんか、森林なのですが良い香りが漂っているんですよね〜!
香りの良い木が植えられているのかな??
小川が流れていたり、
本当に気持ちがいい〜♪^^
(館内施設)の様子です↓
http://fujishiro-seiji-museum.jp/publics/index/9/



絵とともに、解説文や絵に合わせて作られた他の作家さんの詩や、
絵本のストーリー仕立てになった展示などもほぼ全て読みながら、
かなりの時間をかけて拝見させて頂きました☆

藤城誠二さんの展示は、
藤城誠二さんの都内のご自宅で開催された時以来でした。

藤城誠二さんは、ご自宅でたくさんの動物達とくらしていて、
都内では実際に生きた動物もいっしょにおりこうさんに
展示室にいたことを思い出します。

そんな一緒にくらしている動物のこともご紹介されていたり、
亡くなってしまったネコの為の作品もあったりして、
藤城さんに愛されてくらせた動物達は、
本当に幸せだったんだろうなと推測します。


光と影の幻想的で暖かい、
藤城さんの想いの結晶とも言えそうな
沢山の作品の中で、
いろいろなことを感じたり、考えたり、考えさせられたり、、
良い体験ができました。













三つ足用のカップ

P6015316

三つ足用のカップのロクロを挽きました☆

最近、今年になってから
ロクロを長時間挽いたあと、
席を立ち、歩き出すと
前屈みの姿勢からなかなか戻れないことを自覚するように!

今までは
スタッ・・テクテクと、なんの問題もなく歩き出せたのに(!)

腰が、ロクロの姿勢で固まるユックリッピ!!??


これはまずいと、腰を伸ばそうと後ろにのけぞると
頭の中で
「空前!  絶後の〜〜〜〜〜!」

と、池崎が叫ぶ・・・
それも 毎回。。
イヤ〜〜〜〜〜〜〜〜〜><


しかし、池崎さんののけぞりは結構な角度ですね!

元体操部の私は今では見る影もないほど、あんな角度までのばせませんわ!

その部分だけ尊敬






 

ソーサーのしのぎ

今日は、暑いですね〜〜

しかし昨晩は、しまえしまえと言われている
コタツ、
「いやいや、この陽気ならまだまだ信用ならないよ〜!」
と、俄然しまう気がおきないユックリッピの期待通り、
寒かったので、
コタツ!電気入れて入ってちょうどいい!(やせがまんとかしてません!)
上半身はパーカー着てましたし^^

そんな、昨晩、からの!今日、
クーラー入れました〜〜〜
なんとめまぐるしい!

皆様、体調など崩されませんように〜〜
(あたしは崩しそうです。。頭痛ぎみ><)

そんな今日でしたが、
P5305315

ソーサーのしのぎという削りの装飾をしました☆

まだまだあるので削りま〜す!


なんだか何年かぶりに、
光化学スモッグが発令されました〜と、
たった今、外から聴こえます。
それで、頭痛いのか?!?!なっ


 

コーヒーを飲んでもらいました♪

昨日は陶芸教室でしたが、

P5185277
これで淹れたコーヒーは、
本当においしいのか?!

と、思って生徒さん達に飲んでもらいました〜♪

やはり、おいしいとのこと^^♪

まぁ。。先生を目の前に。。
まずいともいえない状況でフェアではないですが・・(笑)

生徒さんの表情が、本当においしいと物語っていたと信じます(!)


しかし、カフェセット、
カップ&ソーサーなどはなかなか自分は作らず、
マグカップ制作率が圧倒的に多いです。

それにカップ&ソーサーは、作っても販売してしまうので、
自宅用でお客様にお出しするときは、
たいがい、他の作家さんの器で出してしまうことが多いんですよね〜><

自宅ではB品を回して使っているのがほとんどなので、
正規品の作品を自分用にって、なかなかできないです。

しかし毎回、お客様が来る度
用意しなきゃって思うので、
4客は最低でも用意したいなと思う今日この頃。

あと、ミルクピッチャーとシュガーポットも用意したい所ですね〜。

そうすればお客様ウエルカムになれる(笑)


上記の↑記事に関係ありませんが、
P5275301
お喰い初めセットの小鉢作りました♪
 

削りの道具

P5245296

最近の削り作業は、
ハリガネを曲げた、お手製の道具を使っているのですが、
とうとう、切れました。

P5245297
ジャン♪

速攻、作りました☆^^♪

持つ所はタコ糸を巻きました。

最初は巻いてなかったのですが、
ギターを引き続けると、指、痛くなりますよね?
あんな感じで指が痛くなったので、
糸を巻く事にしました。 

しかし、こんなつるつるのハリガネに
糸をグルグルと巻き付けただけなので、
スルッと
動いちゃうんじゃないかと思いきや、
びくともしない!

本当は、もうちょっと先端近くに移動予定でしたが、
がまんするしかない、、、
糸の不思議を感じました♪


これ、
常に、
P5245300
↑このような道具の角を表現といいますか、
こういう道具はすぐ摩耗してしまって、
角が甘くなってしまうんですよね。

しかし、ハリガネならずっと角〜〜〜(笑)

面で削りたければ、
先端ではなくて、直線部分をあてればいい。 

もう、おもしろいようにすいすい削れるし、
超!安価なので、主婦だましいを思いっきりくすぐります(笑) 

最後は、デコボコ面を
P5245300
↑こちらで奇麗に面で仕上げてます♪ 

動画など、どれだけスイスイ削れているのか
お見せしたい気持ちはあるのですが、、、
やったことがないことって、なかなか踏み切れないものです><
それに、
はずかしいし(笑)キャ♪
(は〜い、読んでいるそこのあなた〜 引かな〜い! )

苦手意識の高かった削り作業ですが、
これでスピードアップして早めに切り上げられています、確実に。

なんで苦手かというと、
湿台(しった)という台を用意して
そこに器を裏返しにしてかぶせて、
けずっていくのですが、

折角真ん中に調整して
超能力をつかってるんじゃないか、
というくらい神経をとぎすませて
中心にセッティングしているというのに、

ズレるんです! 

これがやなんだよ〜〜〜〜〜!!!!
マグカップなんか特にズレます>< 

もうっ!ってなります(笑)

そんなズレもですね〜、
このハリガネだと、設置面積が数ミリですので、
抵抗がすくないんだと思いますが、
無理なく、土に入っていくので、
ズレる確率も数段に減っています!


と、いうことで、
豆皿、お茶碗と。。削りがおわっちゃったので〜〜・・・
マグカップ類の削り作業をしてきますね〜〜。。チ〜ン。。。

これだけ、苦手を克服できました!的なこと書いておきながら、
やっぱりマグの削りは苦手だと、、脳に刷り込まれまくっている・・ユックリッピ・・
モチベが・・><フゥ〜・・・(誰かやってください・・・) 

コーヒーサーバー&ポットを実際に使ってみました☆

P5185277

幸か不幸か、陶器市で嫁入りを逃してしまった、
コーヒー&ポット(笑)

結構、手にして見て下さる方はたくさんいらっしゃったのですが、
これ、という決めてにかけるものがあったのでしょう。

わたくし、これ、欲しかったので(笑)
ある意味、真の持ち主の元にあるということかなと、
自分を説得(笑)

早速、心置きなくコーヒーを淹れてみましたよ〜♪

P5185278
あらかじめコーヒーの真ん中に
穴をあけておくといいと何かで見たので、
やってみました♪

P5185279
まずは、コーヒーがひたるくらいほどのお湯をかけて
30秒ほど蒸らします。

P5185281
また、コーヒーがひたる程度のお湯の分だけ入れて
コーヒーを落とします。
(片手にカメラ、片手にポット・・お湯・・こぼしました〜〜(笑))

P5185284
あとは、好みの量のお湯を注ぎ、
全部落ちるのを待ちます。

P5185287
できました♪^^

P5185288
カップに入れて、

P5185289
残ったらフタをします^^

P5185286
それまで、割と長いことこれでコーヒーを淹れていたのですが、


味がちが〜〜〜〜う〜〜〜!!!(笑)
スッキリして雑味がないのに、
コクがある〜〜〜〜〜〜(笑)


たしかに、お湯の落ちる速度が、
私の作ったサーバーは穴が小さいのか
遅めかなと思うのですが、
あきらかに、

おいしい!


全般的に、陶器に入れた食べ物や飲み物の味が変わると
言われてますが、
こんなにはっきり違いがわかるとは!?って感じですよ〜!!

自画自賛みたいで、なんだこいつはっ!?みたいな流れにしてますけど、
本当なんですも〜ん><

これは!
自信を持って、リピート複製できますよ!

今度作る時は、
自分らしさを加えたデザインを考えて作ろうと思います♪


しかし、私が思っているのは、
食べ物や飲み物を入れた “入れ物の中で”
味が変わると思っていたのですが、
それを通す道具、今回はサーバーですが、
それが違ったことでも、
更に味をかえてしまうということは、
どういうことなんですか?!

陶器がなんか、吸収してくれたのか、
それとも加えたのか、
何がおきているんだろう〜〜!

陶器の不思議を感じました!

更に言いますと、赤土か白土か、や
土の種類や釉薬でも味変わる感じしますね〜。

色々不思議すぎる


コーヒー、プロの味が、
出せちゃってる気がします(笑)


よし!時間のあるときまた作る〜♪^^



 

Creemaさんに作品upしました☆

P5165243

++ トゥルーキーの鳥小屋の一輪挿し ++


本日Creemaさんに少量ですが、
作品をアップロードしてみましたので、
お時間がありましたら
ぜひ見てみてくださいね〜♪


ちょこちょこと、
少しづつアップしていく予定です^^ 


Creema yukkurekku ページ
https://www.creema.jp/c/yukkurekku

カンタン酢 レモン!

yjimage-5

ここ最近、暑くなってきたので、
さっぱりしたものが食べた〜い♪
と、思いカンタン酢のCMを見てお店を見たところ、
さらに“レモン” とか?!

初 カンタン酢なのに更に上級編みたいな“レモン” !
即買いしました!

側面に簡単なオススメな使い方があったので、
きゅうりとにんじんをスティック状にして
早速漬けこんでみました♪

息子に
「ピクルスだよ〜♪味見してみな〜^^」
と、1本お皿にだしたら、

「・・これは、 
   きゅうりだよっ」

なんとなく、オレはこんなものにだまされないぞ
というまさかの警戒心を出してきました。 

「いやいや、酢につけた野菜のことを
ピクルスって言うんだよ」

若干、自信がないもののそう説明するものの、

「マックのハンバーガーに入ってるのが、
    ピクルスだよっ」 

ま、、まぁ、たしかにあれは正真正銘にピクルスだし、
あの野菜自体すら、ピクルスという名前のようにも思うけども。。(笑)

結局、息子の中ではピクルス単体で食べるものではなく
ハンバーガーの中で食べるのが王道なようなので、
味見すらしてくれませんでした。。。
おいしいのに〜><


夜はキャベツと、人参のせんぎりと、ハムを混ぜ込んで、
浅漬けで出してみたら、
「ハムがおいしい♪」
ハムねらいで食べてました・・

ま、今朝はお弁当にしっかり野菜ごと、入れといたけどね!!


私的には、レモン風味でとっても爽やかなので、
とっても気に入りました^^♪





 

益子春の陶器市 ありがとうございました☆

P5075215

益子春の陶器市、無事に終了致しました☆

貴重なゴールデンウィークデーに足をお運び頂き、
本当にありがとうございました。

家庭の事情を話すのもなんですが、
息子も受験の年となり、
我が家も大学資金なども貯めていかなくてはならなかったりする時期 に突入です!?
父や母は、がんばらなくてはならないのでした(笑)

また引き続き、
暑い夏を乗り越えて
秋の陶器市に向けて
制作して行きます♪
その間、納品などもがんばります☆


今年は4月29日に『アドマチック天国』で
益子の特集をしていたことが大きかったのか、
とぎれることなく連日、たくさんのお客様がいらしてましたね〜!

売れっ子陶芸家さん達の棚は、
早々とスカスカ状態になっておりましたよ〜〜!(笑)
私もそんなラインナップで棚を並べてみたいです><

P4305185

P4305182

今回はこのような様子でした☆


さてさて!!
全国『いぬうし』ファンの皆様!
作者の怠慢から、作為的にもとれる激レア感を醸し出してしまって申し訳ありません!><

今回、熱い、熱い『いぬうし』ファンの皆様の
『いぬうし』愛を伝えてくださる『いぬうし』ファンの皆様が、
数名もいらっしゃって、
時々しか登場しないキャラですのに、
こんなにも反響があることに、
作者もびっくりです!(笑)

『いぬうし』を求めて来ていただいたにもかかわらず、
お手にしてお帰り頂く事ができず、
本当に申し訳なく思った次第です><

薄い、作者の『いぬうし』を陶器市に持って行く感を
もうすこし濃いめな意識に切り替えて、
『いぬうし』コーナーを作った方がいいのかな〜・・と、
うっすら考えているところです^^

いや!本当に求めて来て下さっていらっしゃる熱い気持ちに、
答えなくては本当に申し訳なく思っておりますので、
計画に取り入れて動いていきたいと思っております!



あと、数年前にちらっとあらすじ的な感じで登場させたキャラクターの
チノンという子がおりまして、
私の陶器の作品の絵にゾウ、キリン、ワニ、ハリネズミが登場するのですが、
無意味に描いている訳ではなかったのです(笑)

そちらがしっかりと絡んだお話の絵本を
まだ、絵本という形にできておらず、
時々自分の中で絵本にしたいな〜☆
という気持ちが芽生えておりますので、
そちらも形にしていきたいです☆

ちなみにチノンはガチョウに乗っているのですが、
最近、梵天さんがガチョウに乗っていることを知り、
(さらにどうでもいい情報ですが、そのことを知ったのは、
「聖☆おにいさん」というマンガを山田くん(山田孝之さん)が
福田監督とドラマ化するというのでマンガを読んで知りました(笑))
梵天さんに親近感を勝手に湧かせているユックリッピ^^♪
(恐れ多い><)






 
Profile
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 皆様も体調管理お気を付けて〜
  • 藤城清治美術館に行ってきました☆
  • 藤城清治美術館に行ってきました☆
  • 藤城清治美術館に行ってきました☆
  • 藤城清治美術館に行ってきました☆
  • 三つ足用のカップ
Archives