title
トップページ » お月見ハイキング

お月見ハイキング

満月の光は 雪原を青く浮き上がらせる。

月明かりの中を歩く事は精神衛生上もよいのだろう。

青い光に癒される人も多いのである。

夕暮れ 太陽が傾きかけた頃、 市内 某公園の一角を目指す人々がいた。 




円山4


人気blogランキング北海道



 

地下鉄に乗る人 徒歩で目指す人 バスを乗り継いで来る人

みな一様に防寒は完璧だ。

30代〜50代の男女 8人

目指す先きは・・・・国指定の天然記念物 円山山頂。

各人スノーシュ−を小脇に抱え歩き出す。

スノーシューの醍醐味はやはり雪原を自由自在に歩ける事。

夏場は笹で覆われる所も雪が積もれば歩いていける

身長は雪の高さだけ増える 三〜四メートルくらいの目線で森の中を歩く

夏の間では見る事の出来ない様な、発見が有る。

「あれは鳥の巣かな?」

「あれは啄木鳥の食べ跡だね」

 「モモンガの巣穴かも」

 「札幌にこんなに静かなところがあったんだね」

 ・・・などなど。

約一時間の登り

180万都市を見下ろす 絶景!

円山5

夕闇に混じって 街の明かりがぽつりぽつりと始まる。

下り・・・

フワフワと雪の上を飛ぶようにあるく

途中大きな大きな木を見つけて停まる。

見上げる 何百年・・・ この森を護り 伝えてきた命

終盤

 一人の男性が言った
「スノーシュ−初めてしたけど 楽しいな」
「人が作った道は歩きやすいけど 誰も足跡をつけていない所を
 歩くのは、気持ちが良いし、わくわくする」

 それに答えて別の男性が・・・

 「ほんと 人生みたいだね」

 自然の中で何を感じるかは個人の感性

円山3

 今日参加の8人は自然にふれてきっと何かを感じたに違いない

 この日、月は見る事が出来なかったが・・・

 それは次の愉しみが増えたと言う事で○

 今日は本当に楽しかった。

 また、なにか楽しい事がしたいものである。







トラックバックURL
コメント
1. Posted by たびびと   2007年02月05日 21:04
みなさん、とても贅沢な時間の過ごし方をなさってますね。

自然を発見して、自然を楽しんで、そして癒されて。

札幌も懐の深い街ですね。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星