つくば 建築家「時間軸の家」の徒然日記
こんにちは、松です。
本日は講師業日でした。

我が家に合う「薪ストーブ」選び。
車選びと一緒で、決めるのには悩むことと思います。

本日は、我が家の「薪ストーブ」momochanを紹介します。

↓長野県築140年の古民家に暮らすイエルカ・ワインさん作。MOMO
inside_026

取っ手が特別仕様になっています。後は一緒です。
寒い長野での冬の生活の中で、実用的で使い勝手がよく、さらに美しく楽しく暮らすために
イエルカさんが考えた「薪ストーブ」です。

【イエルカさんの薪ストーブの特徴】ちあの散歩道からの抜粋

1)ビューティフル 
2)長持ちする 
3)耐火レンガを底と中の周囲に施し、鉄板は厚くて丈夫 
4)手入れが簡単 
5)スペシャル等など。

○燃焼システム
ストーブ上面から燃焼室内へ向けて2本のパイプが取り付けられています。
この2本のパイプはストーブ上面で熱せられた空気を取り入れ、燃焼するため、
室内の薪から出るガスとを完全に混ぜることができるため燃焼効率が高まり、
薪から得られる熱エネルギーの利用を最大限得る事ができます。
そしてこの燃焼効率により、煙突にススやクレオソート等の付着物が少なくメンテナンスが容易となります。



○デザインは日本の侘び、寂びに合う円形、シンプルで洗練度抜群。

○窓のところはドイツ製耐熱ガラスを二重に施しています。

茨城県では、我が家を入れて2基納めたとのこと。(設置時)

実用性を重視しているため、窓ガラスは小さい。
オーブン付きの薪ストーブが基本。

鉄板がとても厚く、耐久性には問題がありません。
薪ストーブ専門店の方もこの厚さには驚いていました。

この鉄板の厚さが、針葉樹(杉等)を燃やしても火力に耐えることができます。
薪の材種を選びません。

この使用でこの金額は最大の魅力です。

いろんな面で、ノーメンテです。(煙突はメンテが必要)

作家言:鉄は黒皮仕上げです。(塗装はしません)
当然、室内にあっても湿気により錆が発生しますので、使わないシーズンはオイルを塗って錆止めしてくださいとのこと。
作家のこだわりが伺えます。

作家ものなので、安全面の保障等は自己責任となるが、
この薪ストーブにご興味があればご指導、ご説明いたします。

安全面・保障を重視される方には、私のお勧めモノも紹介できます。

設置業者、メンテナンス、自己管理等のアドバイスもできますヨ。

詳しくは・・・。

イエルカ・ワイン 関悦子

イエルカさんの鉄製薪ストーブ・洗練されたデザインはビューティフル!!a>

イエルカのストーブ・・・良い物の風景

---------------------------------------------------------------

生空感建築研究所プロフィール

住んでいるモデルハウス

Twitter

お問い合わせ

ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------
【つくばデザインオフィスからのご案内】
10年後、20年後、30年後の・・・くらし。
風景に親しみ、彩り豊かな生活空間をあじわう「時間軸の家」
毎週土曜日 長期優良住宅 無料相談受付中

map

この設計事務所ならば、という一種の出合の場とお考えください。
お茶でも飲みにという気持ちでお越し頂ければ幸いです。





詳しくは→生空感建築研究所へhttp://www.seikookan.jp/

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
Twitter プロフィール
建築家。 ツインズ(長男・次男)+姫のパパ。
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ