ゆうこです。

じぶんの中では、なんとか今日と明日で解体を終えてしまいたいと思ってます!
なので、とにかく壊す部分を先にやってしまおう!というつもりでいたら、
午前中に4件も宅配が来て、その度に作業が中断になったり、
インターホンが聞こえなくならないように電動工具の作業は避けたりと、
なんだか一気に疲れてしまいました‥。

もちろん、全部自分が頼んだものなんですけどね。
そしてもちろん、全部部屋を作るために必要な材料、道具なんですけどね!

今日届いたものは‥

 ・砂(20kg)×3
 ・セメント(25kg)×1 
 ・漆喰(18kg、5kg)×2ずつ
 ・左官コテ2種
 ・パテベラ2種
 ・トロ舟(410×610×160mm)

配達屋さん‥本当にありがとうございます‥‥。

この荷物のおかげで、仮の生活スペースはますます狭くなりました!笑
でも、商品到着が作業に間に合わない方が辛いので、ひとまず安心です。
この後も、大小荷物がまだまだ届く予定です‥⌒▽⌒ ヒィイー


で、このあとしばらくして、ガス屋さんが来てくれました!
昨日お話ししていたガス栓の閉栓です。 

ビフォーがこうです。

IMG_4844

中はこんな感じ。

IMG_4849
 
このガス管が突き出たままだと畳部分の嵩上げができないので、必須作業です!
このガス管がプロの手にかかると‥ 

IMG_4858

こうなります!

IMG_4860

完璧すぎます‥っ!
なんてプロの方に言うのは失礼ですが、
これこれ!こうして欲しかったんですー!っていう、まさにその通りにしてくださいました! 
これで今後の作業も支障なく進みます!

しかも今回のこの作業‥なんと無料で引き受けてくださいました! 
事前に電話でセルフリノベーション中と事情をお話ししたところ、 
そういうことならお代は結構ですよ〜、都合のいい時に連絡ください〜、
ということで、本日来ていただいた次第です。
なので本来の作業費用などは全くわからないのですが、
材木屋さんに続き、またしても親切に対応していただき、本当にほんとうに大感謝です‥。

ただ、作業の後にガス屋さんに聞いて判明したのですが、
このガス管、既に死んでいた(=ガスが通っていなかった)らしいです!?
ただの飾りだったとは‥。

ガス屋さんとはこのあと、
改装やこれまで住んでいた家などについての話で一通り盛り上がってしまいました(笑) 


はい、やっと今日の作業に関するお話です。
まずは残っていた間仕切りや押入れの柱の撤去です。

とりあえず丸ノコで大まかにカットしちゃいます。
ノコ刃の切り込み深さが柱の太さよりも浅いので、四辺からそれぞれ切り込みを入れます。
切れた瞬間柱が傾いてくるので、柱やノコで怪我しないよう十分注意しながらの作業です。

IMG_4842

IMG_4850

で、ここからは手ノコでカットです。

IMG_4854

さっきのガス管同様、この柱があると今後の作業の邪魔になるので、
きれいにカットしないといけません。
極力きれいにカットして、後日サンダ掛けで微調整していくつもりです。

ノコ刄をしならせての作業なので大変かと思いきや、
時間はかかったものの意外ときれいに切れました。
そしてその写真を撮るのは忘れました(笑)

カットした柱は、釘で隣の材に打ち付けてあったので、
ハンマーで叩いて取りました。

IMG_4855


次は残っていた押入れの底部分です。

この部分は、太さ厚さの違う角材や板が釘で色々な方向から打ち付けてあったので、
大まかに丸ノコでカットしたあと、ハンマーで叩いたりしながら少しずつ解体していきました。

IMG_4857

で、作業中に判明したのが、
この押入れ底の下には、畳の下と同じ構造がない!ということです‥。

確かに、建てる側からすれば必要のない構造なので当然なのですが、
このあと畳部分を嵩上げしたいわたしとしては大打撃です。
嵩上げ部分を作る前に、嵩上げの嵩上げをしないといけないことになりました‥。
早急にここの部分の構造を考えて、材料の調達をしたいと思います‥。


その他は、壁と天井際に残っていた板、角材の撤去をやっていきました。
この天井際や壁の角材、はじめの頃に撤去しようとした時は、
がっちりつきすぎていてびくともしなかったのですが、
さすがにここまで他の柱などを撤去し終わったいまは、
角材同士の支えがなくなって、思ったよりも早く作業が終わりました。
それでも高所で力の要る作業なので、神経使って疲れましたけどね。


今日の作業で、解体もほぼ終わりました。

IMG_4862

IMG_4863

あとはこのキッチンとの境の撤去を残すのみです。

IMG_4861


そういえば、さっきの押入れの底部分を外すと、
昭和48年の新聞紙が出てきました!
他にも、当時のあんぱんの包装袋や、セブンスターの箱、
コーラの王冠、コロッケ?の包み紙が出てきました。

当時の大工さん?作業員の方の名残なんでしょうね〜。
ゴミを放置するのはどうなんだ?とは思いますが、
なんかタイムカプセルみたいでたのしいですね。

いま挙げたものは大体どれも虫食いがあったんですが、
新聞紙だけ虫食いがないのが不思議でした。インクとかの関係なんでしょうか。

で、その写真も撮るのは忘れました(笑)すみません。


今日の作業はここで終わりです。

明日はキッチンとの壁の撤去と、
時間の許す限り、廃材の分解をしていきたいと思います。

本日もここまでご覧下さり、ありがとうございました!

IMG_4864
 
今日出た廃材ですー。 

ゆうこです。

気持ちとしては、昨日残った柱などを撤去していきたかったのですが、
明日がごみの日なので!
先に昨日出た角材の分解、分別をやってしまいます。

もうとにかく廃材の量が多いので、
一回いっかいの収集日に徐々に捨てていかないと、部屋が廃材で爆発してしまいます!
これも改装のために必要な大事な作業です。 


とは言っても、前回やった角材分別と内容的には同じなので、
特に新しくお伝えすることはないんです。すみません。

まずは丸ノコで規定サイズ以下にカットです。

IMG_4839

これがカット後の写真です。
前回の2倍くらいの量はあります‥。

そのあと、ネイルハンマーで釘を抜き、
それで抜けなかったものはノミで角材を割り‥
角材、釘の分別も前回同様です。

そしてまとめ終わったものがこちら。

IMG_4840

このあと、残っている畳も少しカットして今日はタイムアップとなりました。


角材の分別、量は前回の2倍ほどでしたが、
作業は前回よりもだいぶ早く終えることができました。

理由は昨日お伝えした通り、釘の打たれ方が単純なことと、
わたしが作業に慣れてきたこと、体力が上がってきたことだと思います(笑)

ずっと何かを強く握っていたりすることや(緊張)、電動工具の振動は結構疲れるので、
今思うと一つひとつの動作が重く響いてたなあと思います。


さて、一日中廃材処理をしても、
燃えるごみ、まだまだあります!まだまだ出てきます!

もう少しで部屋の解体作業が終わり、今度は作る方の作業に入っていくのですが、
そこから先は今部屋中にある粉塵をどんどん減らして、
きれいにしていかないといけないので、
必然的に、粉塵が出たり舞ったりする作業や物は、
早めはやめにしていかないといけないということになるます‥。

もう6月も半分くらいまできてしまい、だいぶ焦ってますが(笑) 
焦ってミスが出たりしないよう、落ち着いてがんばります。


明日は解体などを進めつつ、
予定が合えばガス屋さんがガス線の閉栓に来てくださることになってます!

本日もここまでご覧下さり、ありがとうございました! 

昼頃までで石膏の片付けを終え、
いよいよ木材部分の解体に入っていきます。


どう解体するか、実はあんまり具体的に考えていませんでした(笑) 
なので、取りやすそうな部分をとりあえずハンマーで叩いてみました。

IMG_4822

そしたら簡単にこんな感じになりました。
ここまで外れたら、あとは手で捻って取る!という感じで、
他の同じようなところもどんどん撤去していきました。

‥どうでもいいですが、このガス栓、
赤塚不二夫作品に出てくるケムンパスに似てませんか!?
ずっと何かに似てるって思ってたのが、今この写真を見て気付きました。

IMG_4823

こういう狭くてハンマーで叩きづらいところは、
手ノコで切って捻る!という方法で行きました。

IMG_4824

この叩いて捻る!切って捻る!の方法でここまで撤去できました。

次は、横にわたっている部分です。

IMG_4829

ここは、1cm程の板3枚と石膏ボード2枚が交互にくっつけられている部分なので、
まずは一番表側にある板を手ノコで切ったり、ノミで浮かせたりして捻り取り、
残りの部分はハンマーで叩いたり切ったりして撤去しました。

IMG_4827

ハンマーの振動で粉塵が自然とこんな状態に(笑)


上だけじゃなく、足元の部分も撤去しましたよ。

IMG_4832

ここの角材は残せれば後々楽だったのですが、
ガス栓を撤去してもらわないといけないので、作業用に撤去しました。

IMG_4833

フローリング下の根太から、撤去した角材を留めていたビスが見えてます。
めんどくさいな‥と思いましたが、捻ったら簡単にきれいに折れました。


最終的に、今日はここまで撤去できました!

IMG_4835
 
そして廃材です⌒▽⌒

IMG_4836
 

正直言って、木材解体に取り掛かった時間が遅かったので、
ここまで進むとは思っていませんでした。

今日作業をした部分に感じたのは、 
ホゾや木材同士の組み方で、とてもしっかり作られた構造でしたが、
固定している釘や虫ピンの打ち付け方が同一方向ばかりでシンプルだったということです。

なので解体する時も、順序良く、必要な方向に叩いたり切ったりしていけば、
簡単に分解していくことができたんだなと思います。

ただ、材を捻り取ったあとの柱部分にも、廃材にも、
釘がたくさん付いた状態でしたので、とても危なかったなと思います。

高所で、てこの要領で力を入れる作業もたくさんあったので、
落下そのものの危なさは勿論、落下した先が廃材の上だったら大変です。
他にも、 廃材についた釘を踏み抜いたり、
柱に残った釘に引っかかったり刺さったりしないよう、
常に細心の注意を払って作業しました。
なんせひとりでの作業なので命懸けです(笑) 

そういう意味で、今日もとても疲れる作業ではありました。


それから!
昨日の作業で石膏ボード解体は終了とお伝えしたのですが‥
今作業している部屋とキッチンとの境の壁も撤去したく、
もう少し石膏ボード解体が増えそうです。

石膏ボードはもうこりごりですが、
改装後にまた改めてこの作業をする方が大変なので‥
少しでも気に入った部屋に近付けるために頑張ります‥。


明後日が燃えるごみの日なので廃材のまとめ作業を進めたいのですが、
改装作業そのものも早く進めないといけないのでちょっと悩んでます。 

本日もここまでご覧いただき、ありがとうございました! 
久しぶりにこたつの写真を載せておきます。おじいちゃん感がすごいです。

IMG_4820

IMG_4821
 

↑このページのトップヘ