昼頃までで石膏の片付けを終え、
いよいよ木材部分の解体に入っていきます。


どう解体するか、実はあんまり具体的に考えていませんでした(笑) 
なので、取りやすそうな部分をとりあえずハンマーで叩いてみました。

IMG_4822

そしたら簡単にこんな感じになりました。
ここまで外れたら、あとは手で捻って取る!という感じで、
他の同じようなところもどんどん撤去していきました。

‥どうでもいいですが、このガス栓、
赤塚不二夫作品に出てくるケムンパスに似てませんか!?
ずっと何かに似てるって思ってたのが、今この写真を見て気付きました。

IMG_4823

こういう狭くてハンマーで叩きづらいところは、
手ノコで切って捻る!という方法で行きました。

IMG_4824

この叩いて捻る!切って捻る!の方法でここまで撤去できました。

次は、横にわたっている部分です。

IMG_4829

ここは、1cm程の板3枚と石膏ボード2枚が交互にくっつけられている部分なので、
まずは一番表側にある板を手ノコで切ったり、ノミで浮かせたりして捻り取り、
残りの部分はハンマーで叩いたり切ったりして撤去しました。

IMG_4827

ハンマーの振動で粉塵が自然とこんな状態に(笑)


上だけじゃなく、足元の部分も撤去しましたよ。

IMG_4832

ここの角材は残せれば後々楽だったのですが、
ガス栓を撤去してもらわないといけないので、作業用に撤去しました。

IMG_4833

フローリング下の根太から、撤去した角材を留めていたビスが見えてます。
めんどくさいな‥と思いましたが、捻ったら簡単にきれいに折れました。


最終的に、今日はここまで撤去できました!

IMG_4835
 
そして廃材です⌒▽⌒

IMG_4836
 

正直言って、木材解体に取り掛かった時間が遅かったので、
ここまで進むとは思っていませんでした。

今日作業をした部分に感じたのは、 
ホゾや木材同士の組み方で、とてもしっかり作られた構造でしたが、
固定している釘や虫ピンの打ち付け方が同一方向ばかりでシンプルだったということです。

なので解体する時も、順序良く、必要な方向に叩いたり切ったりしていけば、
簡単に分解していくことができたんだなと思います。

ただ、材を捻り取ったあとの柱部分にも、廃材にも、
釘がたくさん付いた状態でしたので、とても危なかったなと思います。

高所で、てこの要領で力を入れる作業もたくさんあったので、
落下そのものの危なさは勿論、落下した先が廃材の上だったら大変です。
他にも、 廃材についた釘を踏み抜いたり、
柱に残った釘に引っかかったり刺さったりしないよう、
常に細心の注意を払って作業しました。
なんせひとりでの作業なので命懸けです(笑) 

そういう意味で、今日もとても疲れる作業ではありました。


それから!
昨日の作業で石膏ボード解体は終了とお伝えしたのですが‥
今作業している部屋とキッチンとの境の壁も撤去したく、
もう少し石膏ボード解体が増えそうです。

石膏ボードはもうこりごりですが、
改装後にまた改めてこの作業をする方が大変なので‥
少しでも気に入った部屋に近付けるために頑張ります‥。


明後日が燃えるごみの日なので廃材のまとめ作業を進めたいのですが、
改装作業そのものも早く進めないといけないのでちょっと悩んでます。 

本日もここまでご覧いただき、ありがとうございました! 
久しぶりにこたつの写真を載せておきます。おじいちゃん感がすごいです。

IMG_4820

IMG_4821