2009年02月26日

さぬき麺業 錦町店 〜 しっぽくうどん

「いくらだい?」
「十六文でございます」
「手ぇ出しな。一文、二文、三文、四文・・・・・八文、いま何時でぇ?」

落語「時そば」に、こんな場面がありますよね
1モンずつのカウントでズルい人が得をするのを見て、ドジな人が真似をしてみるものの・・・という、何度聞いても笑える、ピオニーの大好きな落語です

この「時そば」の中で注文されるのが「しっぽくそば」。
麺類で「しっぽく」というメニューは今では関東ではあまり知られていないですよね。

 讃岐地方では、「しっぽく」はいまだに超現役。
「しっぽくうどん」として、主に冬メニューとして定着しています。
さぬきっ子は、おうどん屋さんの店頭に「しっぽく始めました」という貼り紙が見られるようになると、「ああ、もう冬だなぁ」と感じるそう。

そのしっぽくを近所のおうどん屋さんで。
090226さぬき麺業外観













以前龍ちゃんが「ダシが美味しい」と書いてらしたお店です。

しっぽくうどん。
090226さぬき麺業しっぽく













かけうどんの上に、大根、人参、鶏肉、油揚げなどをお醤油味に煮付けたものがのっています。関東で言うところの「けんちんうどん」にお肉を足した感じ。

さっそく具を一口・・




・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・










し、しょっぱ〜い
大鍋の中の最後の具だったのでしょうか? 煮詰まっていて、超塩辛い
何を食べているのかわからないほどしょっぱいです

しかも、冷たい・・

かけうどんの上に、冷たく、超塩辛い具がのっているので、おうどん全体がぬるくなっていました。冬はあったかいしっぽくで身体を温める、なんていう常識とは真逆やん

おまけに、具の汁がおうどんのダシにまざって、ダシも塩っ辛〜く・・・

龍ちゃんの言う「美味しいダシ」を味わうためには、リベンジしなくってはね・・・・

yukokkc at 23:30│Comments(4)TrackBack(0)おうどん 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アルプスの乙女   2009年02月27日 09:11
これは、いかん!!
さぬき人としては、せっかく讃岐に来ていただいている方にこんなものを食べさせてしまうなんて。
ピオニーさんはまだ当地にいらっしゃるから「リベンジ」をと思ってくださるけど
旅行客の方だったら「さぬきうどんって
こんなまずいものなんや・・・」になるもんね。
ほんとにモッ。(プンプン)
2. Posted by 龍ちゃん   2009年02月27日 15:11
それは残念でしたね。
出汁がうまいと言っていたのは息子ですし,釜揚げのつける出汁のことだったと思うのですが・・・。

私は余り行かないのですが,娘はときどき行ってしっぽくうどんを食べていると聞いていましたが・・・。

しっぽくうどんなら,鶴屋町の大吉に行って見てはどうでしょう。ここは私がお勧めします。行って見てね。

3. Posted by mmadoka   2009年02月27日 21:05
茨城に来て名物「けんちんうどん」が好きになりましたが、具が冷たいのはダメですね〜!!
アツアツじゃないとがっかりですね。
しかも、しょっぱすぎるなんて…。
まぁ、たまには外れのお店もありますよね^^。
4. Posted by ピオニー   2009年02月28日 02:13
>乙女さん、
そうですね〜、旅行者で一度きりしか讃岐うどんを食べる機会がなかったりしたらがっかりしちゃいますよね〜

>龍ちゃんさん、
 釜揚げのつけ出汁のことでしたっけ? あ〜、記憶違い
鶴屋町の大吉、是非行ってみま〜す!

>mmadokaさん、
そうですよね、ハズレは「たまに」ですよね(ポジティブシンキング)。
これからも讃岐うどん探検、頑張りま〜す

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔