シルバーピア制度の改善を求めて その2

いかなる契約形態であろうと
    人権を侵害してはならない。
         
#中野麻美弁護士

2000-09-08シルバーピアユニオン-議案第1号たたかい
2000-09-08シルバーピアユニオン-議案第1号たたかい2

自治労三鷹市シルバーピアユニオン 第3回定期大会・運動方針(2000年9月8日)

2005-08-01T三鷹市福祉住宅生活協力員配置要領P1
2005-08-01T三鷹市福祉住宅生活協力員配置要領P2

三鷹市福祉住宅生活協力員配置要領(2005年8月1日現在)

第4条(業務内容)...
 一般福祉住宅(三鷹駅前福祉住宅を除く。)及び都営住宅内高齢者住宅に配置された生活協力員は、次に掲げる業務を行う。
(1)入居者の安否の確認
(2)夜間を含む緊急時の対応(疾病に対する一時的な介護、急病の際の応急処置及び病院・近親者などへの連絡、災害発生時の避難誘導等)
(3)関係機関との連絡
(4)入居者への情報の提供
(5)談話室の運営を始めとする入居者の交流促進のための活動
(6)三鷹市福祉住宅にあっては建物の維持管理に関する業務(共用部の消耗品の取替え、美観の保持等)
2 三鷹駅前福祉住宅にあっては建物の維持管理に関する業務については、生活協力員の配置に替えて業者に委託することにより行う。

第5条(謝礼)
 市長は、前条第1項の各号に掲げる業務の謝礼として、生活協力員各住宅の供給主体が定める住宅使用料に月額8万円を加えた額を支払うものとする。ただし、月の中途で就任し、又は退任した場合は、日割り計算により、算出した額を支払うものとする。
2 謝礼は、毎月初めに前月分を支払うものとする。

第6条(条件)
 生活協力員は、本物件内の居室に住み込んで業務を処理するものとする。
2 日常的な業務(第4条第1項第1号及び第3号から第6号までに掲げる業務をいう。)については、1日当たり時間、1週間当たり35時間の時間帯を決めて処理するものとする。
3 緊急時の対応(第4条第1項第2号の業務をいう。以下同じ。)については、前項の規定にかかわらず随時対応するものとする。
4 市長は、生活協力員に若干の休暇を付与するものとする。この場合において、市長は、あらかじめ指名した業務補助者を配置して、緊急時の対応に当たらせるものとする。
5 前項の業務補助者への謝礼は、待機日額5千円、緊急通報システム作動対応1回2千円、入居者介助1回5千円とする。
6 三鷹駅前福祉住宅に係る第4条第1項第6号に規定する業務を行うため、業務補助者を配置する。謝礼は月額1万5千円とする。

第7条 生活協力員は、本物件の供給主体が定める住宅使用料を納付しなければならない。
2 居室に係る次に掲げる費用は、生活協力員の負担とする。
(1)電気、ガス、上水道及び下水道の使用料
(2)畳、蛍光灯等消耗品の取替えに要する経費
(3)生活協力員の責に帰すべき事由によって生じた損傷に係る共益費
(4)その他住宅に係る共益費

第8条(秘密の保持)
 生活協力員、業務補助及び委託を受けた業者は、業務を処理するうえで知りえた秘密を、他人に漏らしてはならない。

第9条(禁止行為)
 生活協力員は、配偶者、一親等の血族若しくは姻族又は第6条第4項の業務補助者以外の者に業務の全部又は一部を委託し、又は請け負わせてはならない。
2 生活協力員は、住宅内の居室を業務の処理及び居住の用以外に使用してはならない。
3 生活協力員は、住宅内の居室に、あらかじめ市長に届出をして承認された家族以外の者を、居住させてはならない。

以下、省略


人気ブログランキング



 
憲法ランキングへ


政治ランキングへ