三鷹市議会レポ 文教委員会 9/14@協議会室 を傍聴して。
2020-09-14T文教委員会-日程
 全国一斉休校問題
   新型コロナウイルス感染症対策

 文部科学省初等中等教育局は、2月18日(水)、学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策についてか重要事項として※「学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について」『4項目事務連絡』を各都道府県・指定都市教育委員会学校保健主管課ほか11課に発文している。
※学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について
https://www.mext.go.jp/content/20200218-mxt_kouhou02-000004520_2.pdf

 休校するかしないかは教育委員会の専権事項

 この事務連絡に基づき、東京都教育長は、2月19日、「学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について」、各市区町村立学校にでの対応を指示した。
 2月25日、文部科学省は、「児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について事務連絡(※第二報)」を発信し、具体の対応を指示した。

※児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応
https://www.mext.go.jp/content/20200225-mxt_kouhou02-000004520_01.pdf

安倍首相の全国一斉休校要請は
教育の国家権力の不当介入・統制
地方分権一括法無視の強権非常事態宣言


 しかし、2月27(木) 第15回新型コロナウイルス感染症対策本部において、アベ内閣総理大臣は、何ら根拠を示すことなく「全国すべての小学校、中学校、高校、特別支援学校で3月2日から春休みまで臨時休校を行ってほしい」旨、要請した。
 これを受けて、感染者がいようがいまいが、おかまいなく一律休校に安倍内閣は踏み込んだ。

 卒業をまじかにしていた児童生徒、保護者、教員は 人生の貴重な時間を奪われた。
 この償いは、いったい誰がするのか!?

 一人も感染者がいない県・自治体に対しても、何の根拠を示すことなく一斉休校を政府が要請したしたことは、本当に正しかったのか、厳しく総括されなければならない。しかも、文部科学省がそのわずか2日前に、個別のケースに応じた「第二報」を事務連絡を出し、具体の指示をしていたにもかかわらず、一切無視して全国一斉休校要請した安倍内閣姿勢は独裁・専横と言われても仕方あるまい。



 
2020-09-14文教委員会-T新型コロナウイルス感染症取組状況
2020-09-14文教委員会-T新型コロナウイルス感染症取組状況P2
2020-09-14文教委員会-T諸施設コロナ対応


2021年度使用中学校教科書
2020-09-14文教委員会-T2021年度中学校教科書採択手順
2020-09-14文教委員会-T2021年度中学校使用教科書


「太宰治展示室 三鷹の此の小さな家」
  について質問・意見多々あり。

2020-09-14文教委員会-太宰治展示室-小さな家P1

2020-09-14文教委員会-太宰治展示室-小さい家P22


2020-09-14文教委員会-T太宰治展示室-小さい家平面図

人気ブログランキング



 
憲法ランキングへ


政治ランキングへ