2020年04月05日

静かに息をしてすごしましょう

日に日に状況が悪くなっていますね。
長く生きていると、こういうこともあるのなだと思います。
でも、母や祖母たちが経験した、空から爆弾が落ちてくる恐怖よりは、まだましです。自衛の手段がまだありますから。

毎日家にいて、どうにか規則正しい生活をしようと努めています。
先月と同じですが、午前中は家事を片付けて、機織りや縫物、午後は1時間のウォーキング、ひと休みしたら小唄の稽古(唄と三味線)1〜2時間、本を読んで、夕食を作る、といった流れです。布はずいぶんと織れました。

織り 服地

これはシルクモールという起毛した糸で織った服地で、ふんわり厚みがあります。幅52僉長さ210僂如⊃イ蠑紊欧襪里結構大変でした。しかしとにかく今は時間がある。毎日織り進めるのは楽しかったです。
これからチュニックに仕立てようと思っています。

このほかにストール5本、テーブルランナー2枚が織れました。
テーブルランナーは新しい試みで「畳織り」。細い経糸を間隔をあけて張り、太い緯糸を畳のように織り締めるものです。

昔、買って使い方が思いつかなかった太い麻糸。直径が3个發△襦⇒染の麻糸で濃淡3色。これを4僂瓦箸亮覆某イ辰討澆燭蕁△海鵑粉兇犬砲覆蠅泙靴拭

畳織り1

ほんとに「畳」です。ついでに、さらに太いマクラメ用の赤い麻糸もあったので、マットにしました。

畳織り2

太い糸なのでザクザク織れて、楽しかったです。
織っていて思うのは、今みたいな閉塞感のある日々に、きれいな色の糸を見るというのが、とても気持ちを明るくするということです。手を動かすことで、色がどんどん増えていく。これは織りに限らす、編み物でも、縫物でも同じでしょう。おすすめです。

とにかく今は、腹をくくって静かに息をして暮らす、これです。

yukosasai at 10:57|Permalink 日々雑感 | 織物

2020年03月08日

日本アカデミー賞!

このひと月あまり、世の中が不安と閉塞感に満ちています。
見えないものほど怖いものはない。
ひたひたと足元に忍び寄ってくる新型コロナウイルス。
学校が休みになり、図書館や公民館など公共施設も閉じられ、イベントも軒並み中止。

私も小学校でやる予定だった4年生と6年生のお話会がなくなり、おはなし(語り)の勉強会、お茶のお稽古、お茶会が中止になり、3月の予定は小唄のお稽古だけになりました。

だんだん気持ちがふさいできて、まずい、これじゃいけないと生活を見直しました。
まず、テレビとネットのニュースは最小限に。情報過多は精神によくありません。代わりにラジオ。前からラジコでときどき聴いてはいましたが、午前中はTBSラジオで伊集院光の明るい声を聴いて、元気を出しています。
ラジオを聴きながら家事をしたり、手仕事をしたり。織はほぼ毎日やっています。こんなときなので、黄色とかオレンジ色とか明るい色の糸をさわっていると楽しいです。

そうそう、読まずに置いてあった本がたくさんあったので、読み始めました。
1日1回お茶を点てる。これも気持ちが落ち着きます。夫と自分の分を点てていただきます。

そしていつも通りに30分から1時間のウォーキング。谷津干潟の周辺を毎日道を変えて歩きます。今年は暖かいので、もうユキヤナギやボケの花が咲いていてきれいです。
歩きながら、まだまだ出せない小唄の発声練習も。
喉を開いて、口は閉じ気味にして、鼻に当てて声を出す・・・ああ難しい。

しかしこの状況もいつまで続くのかなと考えているときに、最高にうれしいニュースがありました。
6日(金)にあった、日本アカデミー賞の発表です。
去年の7月初めに観に行って、大きく心を揺さぶられた映画「新聞記者」が、最優秀作品賞、松坂桃李が最優秀主演男優賞、シム・ウンギョンが最優秀主演女優賞と三冠を取ったのです!!

もう、うれしくてテレビの前で拍手してしまいました。
原作は東京新聞の望月衣塑子記者(菅官房長官の天敵と言われている人)の本。現政権でのできごとをベースにした映画なので、企画から撮影、公開まで大変だったと聞いていました。テレビでは全く宣伝されませんでした。上映する映画館も限られ、私の家の近くではイオンシネマだけでした。それでもSNSや口コミで、じわじわと観客数が増えていった映画です。私は当時、家族や友人に「ぜひ観に行って」と言いまくっていました。
しかし日本アカデミー賞、それも読売系の日テレです。取れるわけがないと思っていたのに、三冠。
びっくりするやら嬉しいやら。松坂桃李、シム・ウンギョンの演技もすごかったけれど、そのほかの役者たちの芝居も見事でした。
受賞のおかげで、レンタルDVDは全て貸出中とか、DVDやブルーレイが売り切れとかネットに出ていました。この映画を知らなかった人が観てくれて、日本はこのままじゃいけないんだよと声を上げる人が増えてくれることを願っています。

yukosasai at 23:24|Permalink 日々雑感 | 世相
Archives
記事検索