ここ3日くらい遊ぶ予定をめいっぱい詰め込んでみた。
絶対、どっかで倒れそうな気がする…。

【やってみる1日目(金曜日)】

世の中に3人は見た目が、自分に似た人がいる、
って言うけれど。ネガティブなオーラが
自分に似た野郎3人が、ひょんな事でつながって、
ネガティブさにひかれあって意気投合して、ネガティバー飲み。
まさか、本当に集まるとは。
ネガティブのネガティブによるネガティブのための飲み会
IN渋谷。

雑誌に乗ってて、一度行ってみたかった安くてうまい居酒屋にて開始。
飲んで食って3人で7千円也。
安っ!幸せ。

メンバーの一人の、
『めっちゃ鬱だ』の発言に端を発した集まりな筈が、
いつの間にか助平野郎与太話に早変わった。
野郎3人集まったらねぇ。
その辺は深く言及しちゃいけないけど、
みんなかなり裸になったなぁ、もちろん精神的に。
話の中にあった、肉体的欲求と精神的欲求のくだりはかなり刺激的だった。
あと、3人とも医療には一言あって、そこらへんは盛り上がった。

同じ気持ちを持ってるからか、共感が多い。
ネガテイバー3人の勝手な、カテゴライズしてみた。

口下手で、マイナス思考で、相手の悦びが自分の悦びで、真面目で、
精神的にまいってしまってて、大雑把、女性はキレイ系より可愛い系好き、分析好き。
共通点が見つかると、相手に親しみがもてるよね。

で、飲んだ後はクラブへ。
初クラブにびびりまくってたけど、
金銭的にも雰囲気的にもそんなに壁は高くなくて一安心。
金曜の早い時間は、1000円/2Dって、すごい安い。
店員の女の子に、
『何度か来てますか?なんか見た事ありますねー』って
言われて、一人で悦。
やったー。
お目当てのショーは無かったけど、
出鱈目ダンスを踊ったらなんか楽しかった。
キチンと踊りたいなー、
でも、そこは当分はお預けだろうけど。

とりあえず、ネガティバーとしては次回は、
俺ら以上に、病的にネガティブな人(出来れば女性)を
ゲストに迎えて飲めたらいいねーという、
ネガティブな発想で幕を降ろした。

【やってみる2日目(土曜日)】

今日から走る副都心線に早く乗りたいと意気揚々の先輩と、
(どうなんだ、それって)
一緒に組み、お互いの欲求に基づき猛ダッシュで仕事終わらせ、
向かうは渋谷2日目。
前の会社の先輩に呼び出され、ライブ見に行く。
一緒のフロアーで働いてる女性がバンドやってて見に行きたいとの事。


ライブハウス着いたら、(結構でかい!)
すぐお目当てのバンドだったけど、
女性2人でアコギ(アコースティックギターの略って、これで合ってるのかな??)
でしっとりとした曲ばかりで(音楽ってもののジャンルはよくわかりません。)、
歌もギターもうまかったけどちょい退屈。

その後に出て来た、アイドル的なガールズバンド
(このガールズバンドも2人組なんだけど、片方が女優やってて
今年度末の映画『特命係長』で脱ぎましたって言ってた。
それだけで、見たい。…不謹慎か。)
とアイドルがすごい勢いだった。
客のノリが段違いで、ものすごい喧騒。
場が、俺と先輩以外一丸となってて、温度差がある中、
歌い手と目が合ってしまい、気まずくて、見よう見真似で
合いの手を入れてみる。
しかし、アイドルは何であんなに常に笑顔なんだろう。
見られる事に対して計算され尽くしてるよなー。
下着が見えそうで見えないワンピースも、
舌足らずで阿保みたいな喋り方も計算され尽くされてるんだろうけど、
自分に向けて微笑んでくれるアイドルに擬似恋愛してしまう構造は
なんかわかる気がする。
歌い手のアイドルよりも、振り付けも歌詞も完璧にしてるファンを、
俯瞰から冷静に見ながらそんな事考えていた。
で、先輩と2人でアイドルって大変ですねー、ってなんか同情したりした。
てか、帰りに先輩、CD買ってたから、すっかりファンになってるし。


そんなことより、全然知らなかったけど先輩と同じ部署に
当時の俺の同期もいて。
その同期もライブ会場に来ていて。3年ぶりに会ってびっくりした。
新入社員研修で同じ班で、研修終わって俺は辞めて
彼は立派にやってるんだなーと思うと感慨深い。

ライブ終わって、飯食いに池袋の焼肉屋へ。
ちょい高めだけど、食べ放題の割にはいい肉食べさせてくれる店で、
会社員時代はよく池袋まで行ったなぁ。
で、そこで会社の現状聞いたけど何かもうめちゃくちゃで。
初期配属だった部署のメンバーは3年間で解散だったり、
お世話になってた先輩らがしんどい思いしてるの聞くと、
なんか凹む。
まー俺が凹凸しててもしかたないんだけど。
前の職場の人とまだつながっていれるのは、
職場ではつくづく良い人に恵まれたと思う。

んなこと話ながら食いまくってたら、ベロンベロンだよ。


【やってみる3日目(日曜日)】

起きたら早くも体力限界。
でも、芝居見に行かねば。

大学の後輩の舞台見て、久し振りに腹を抱えて笑った。
爆弾にそんなに重きの置かれてないけど、
タイトルは『電車でBOMB』。


東京‐鹿児島間を20時間掛けてつなぐ寝台列車『ゆるめ』。
今日が運転初日で、乗ってくる乗客はみんな濃いめ。
ゆるくない。
そこに爆弾を仕掛ける、過激組織ナイーブ。
過激なのに、ナイーブ。

詐欺師とか銀行強盗とかそれを追う警察とか、
盛り上がりそうなネタは豊富なんだけど。

本当に面白いのは、それをさておいて、
拾った500円を奪いあったり、核心をついた事を言う
目立たない人が目立たなかったり、
話を聞かないおばちゃんだったりする。

三谷幸喜が、雑誌の取材に答えてる中で
「笑いっていうのは、『人が人を笑う』ってことだ」って言っていた。
人の不完全さは、面白いんだな。
今日見たのもそういう笑いの取り方だな、と思った。
何より好きだったのは、
劇中に、勝ち気な奥さんの尻にひかれる旦那が歌うナンバーの冒頭が、
『なんて〜ひどい〜上下関係』。
痛いほど分かるぜ、旦那っ!!

今まで、大学の後輩の芝居見に行っても、
一緒に公演作ってたメンバーがいたから何か現役と変わらない親近感があったけど。
全然知らない顔ぶれになると、何か親近感は薄れたけどすごく応援したくなる。
これが先輩OBOGの言う、
『学生の作る芝居を半年毎に見に来て元気をもらう』って事なのかな、って思った。
まー、そうは言っても面白いものは面白いし、面白くないものは面白くないけど。
今回の作品はここ最近見た事ない感じだったから、本当感動した。
やるなぁ、平成生まれ。

と、ここで力尽きて、その後の「マジックアワー」鑑賞は断念。残念。