2006年01月17日

人が好き?

就活&テスト&入会の仕事の連続です。

今月はTVのエントリー締め切りが多いので、自己PRの練り上げに必死です。
いろいろ考えています。

昨日は、ゼミのOB会で披露するビデオレター撮影のためにOG2人の撮影に。1人は日吉で。超面白い女性。フェラガモに行ってる方。話を聞けるかと思いきや、時間がないとのことで30分で撮影終了。次は有楽町へ。SMBCへ勤める女性。こちらの方はもっと時間がなくて10分で終了。

で、早く終わっちゃったねって言ってみんなで銀座の不二家へ。
就活のことがメイントピック。みんな何がやりたいか悩んでいたり、自分がどういう人間かつかめなくて悩んでいます。こういっている僕もそうですが。

料理が出てくるのが遅かったせいもあり、2時間くらい滞在。でもなぜかすごく居心地が良くて、早く帰りたいとは思わなかったです。

僕は群がるのが嫌いです。みんなでいろんなことをやるのは好きです。でも意味もなく固まっている=群がっているのは嫌です。生産的ではないと物足りなさを感じてしまいます。ですから、たいてい意味もなく長時間滞在になると帰りたいと思ってしまいます。

そう考えると、昨日は意味がなかった訳ではないなぁ。というか、みんなと話しているのが楽しかったです。ゼミで先輩になんと言われようと、あの輪の中にいたのがすごく嬉しかったです。僕にはゼミと三田実と2つも居場所があり、幸せです。

どちらも人でつながっているもの。大学に入ってからは、いろんなことに挑戦しようと動き回っていたけれど、それは自分の魅力を高めるだけであって、個人プレイを好んでいたわけではなく、やはりみんなと何かやることが好きです。

まとまりがないですが、最近自己分析をしていてこんな結論に至りました。
  
Posted by yumalupin4 at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月13日

ハードな1週間でした

ここ数日でやつれてしまいました。
2年生と話したり論文指導するのはエネルギーをかなり割きます。

(水)
昼…2年生の論文指導
(木)
昼…2年生と話す
3限…2年生の論文指導
5限…2年生と話す
(金)
朝8時…2年生の論文指導

日吉へ行き続けたので、三田実の人とたくさん会いました。毎日スーツでなぞだったと思います。

今日が卒論の第1回発表。農業と三田祭で悩んだ挙句決まらないので両方提出。農業の説明をし始めた5秒後…。「三田祭の方がいいよ」という先生・先輩のお言葉。瞬時に決まりました。でも、三田祭について書くとなると、リサーチする楽しみがなくて残念。まぁいいや。ゼミにも三田実にも貢献できそう。一石二鳥だ。学生時代の集大成にしたいなぁ。

ってな感じで、今週はかなりハードでした。

で、就活は少しお休みモードになっていました。先輩に今日、自己PRと志望動機を見せたら、「もっと頑張らなきゃやばいよ!」と言われました。
別の先輩に「疲れてるねぇ」と言われたので、「PRが忙しくて〜」というと、「逃げ道を作ったらだめ!!」と言われました。また別の先輩と話をしていて、「みんなもっと動いてほしいですよぉ」と言ったら、「それをやるのがお前の役目だろ」と言われました。凹みますね。正しいことを言っているだけに…。

自己分析に関して言えば、ゼミに入る前と今とでは少し自分というものが変わっていると思う。また、ゼミと三田実でもおそらく周りからの見られ方は変わっていると思う。

いつから僕はこんなにがつがつするようになったんだろう…。もっと周りを巻き込めたはずなのに…。もちろん、みんなから「お前に任せれば間違いはない」と思われ、また結果は出してきているが、どこか見落としている部分がある気がする。

よく分からない。だから自己PRも書きようがない。今までの経験や考えたことが忙しさに埋もれて上手く整理できていない。

なんでこんなにネガティブになっているんだろうなぁ〜。まだ、こういう日もあるさ。この1週間ゼミ員の愚痴を聞きまくってきたし…。

第一志望の業界は筆記で9割落ちます…。勉強しなければ話になりません…。頑張るぞ〜!!


  
Posted by yumalupin4 at 21:54Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

4連休終了

4連休が終わりました。
7日は買い物していました。
8日はゼミの1日でした。
9日は家でゼミのことをしていました。
今日も同じく。

ゼミは入会関係のお仕事とOB会のお仕事。
卒論発表が金曜日にあるから本当は今日は卒論デーのはずが、気付くとパソコン画面上は企業の採用ページになり、そのうちゼミ員から電話がかかり、疲れたから新聞読んで…。
何だかよく分からないけど、1日中いろいろやっていました。疲れました。気分転換は料理です。電話もいい。っていうか、今日は人にメールの打つのが面倒臭いほどメール打ったから、用事あったらすべて電話にした。

卒論は難しいですね。難しいと言うのはテーマ設定が。
テーマとして面白いだろうのは三田祭。規制だらけの三田祭を経済学的に考察してみたい。でも、題材に対する知識はある程度はあるから、1年書くには面白くないかも。

次。開発援助。でも何が問題なんだろう。経済学的に見れば…、所得再分配機能を果たしているんだろうなぁ。う〜ん。16期の先輩にODAについて書いている人もいるし、20期の三田論はコーヒーの国際取引だし。

次。農業。経営論で攻めるなら絶対これ!でも20機の先輩にお米について書いている人もいるし、畜産については自分が三田論で書いたし。う〜ん。

金曜日までに何とかせねば…。

今週はOB訪問は1人。入会の仕事で水・木は日吉。
明日は三田→日吉→三田→丸の内→渋谷
すごい移動だ。


  
Posted by yumalupin4 at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月09日

就活話

今日はゼミ。
起きてから入会に関する資料作成。
11時。ゼミの先輩と打ち合わせ。
12時。同期の入会担当と打ち合わせ。
13時。ゼミ。
17時過ぎには終了。ためになるゼミだった。詳細は申し上げられないですが(笑)。

その後は同期3人でお茶。他己分析をした。
よく面接では、「あなたは回りにどう見られていますか?」という質問がある。そのためには非常にいい時間だった。「あぁ、そんな風に見られているのかぁ」と分かった。意外だった。でも、「可愛げがない」と言われたのはショックだったなぁ。
「絶対外資系やコンサルが向いているよ!!」といわれた?そうか?興味が湧かないなぁ。
おそらく、ゼミの仲間からの見られようと三田実の仲間からの見られようは、微妙に違うんだろうなぁ。

たくさん話し終えて帰ると21時。すごい時間話していた。
帰宅後もさっきまで、ゼミの入会担当のお仕事。今月はテストもあるから大変だ。テスト大丈夫かなぁ。頑張らないとなぁ。
  
Posted by yumalupin4 at 02:31Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月30日

大掃除

昨夜帰省しました。

昨日(29日)は起きてから布団の洗濯、台所の掃除、お風呂の掃除、トイレの掃除…とまぁ、家全体の掃除。

気づけば15時。年賀状を作っていない!ということで必死で年賀状を印刷する。
夕方、東京駅大丸で帰省のお土産を買う。今回のお土産もかなりうまそう。

19時。銀座で焼き鳥。焼き鳥を食うのと、年末のご挨拶のために。

22時すぎ。最終のひかりで帰省。最終の飯田線で実家へ。

夜、ひたすら年賀状を書く。

3時、寝る。

7時、犬に起こされる。散歩。眠い。帰ってきてからも年賀状。朝食後も年賀状。午前中は、爺さんの病院へ行ったり、親の買物のドライバー。

昼、スタミナラーメンを食べる。にんにくたくさん!めっちゃうまい!!

休憩と称してひたすら年賀状を書く。網戸を洗うよう言われていたけれど、ひたすら書く。

17時前、あわてて郵便局へ。17:30までなら受けつけてくれるらしい。ということで、駐車場に止めた車の中でラストスパート。超テキトー。ゼミの皆さん、ごめんなさい。

17:30、窓拭き。18時、夕食の買物。そして夕食作り。白菜がたくさんあって困っているので、八宝菜もどきと中華スープ。両親満足。

その後、台所の掃除。何だか、昨日と同じことしてる。換気扇の掃除とか…。

今夜は後輩とのみに行く予定が流れた。さて何をしようか。うん、眠い。しばらくしたら寝ます。
  
Posted by yumalupin4 at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月11日

部屋が片付いた

三田論やら授業やら、散乱していたものを掃除し、部屋を片付けました。机の上の本のタワーがなくなり、すっきり。これで心機一転頑張れそうです。

今日午後は、カンボジアの関係の集まりへ。現地のスタッフが来日中で、その方と話せる絶好の機会。現在、僕の入っているNGOの中高一貫校では初めての卒業生、つまり1期生が誕生し、優秀な子は大学へ進学しました。しかし、お金がないので、日本のサポーターからの奨学金を使って通っています。

実は僕もその奨学金を出しています。僕1人で生徒1人をサポートするのは無理なので、3月にカンボジアへ行った仲間を中心に10名の人とお金を出し合って、サポートしています。また来年も同じような話があるので、興味のある方、特にサポーターになって下さる方がいらっしゃったら、ぜひ声をかけて下さい。

現地スタッフの方とは3ヶ月ぶりの再会。奨学生の話などしていました。そして、夕飯前に、僕の友達が合流。彼は3月に一緒にカンボジアへ行った仲間。彼と現在、来年の9月に1つのプロジェクトをカンボジアで行おうと計画中で、その話をもちかけました。すると、実現可能とのことでした。楽しみです☆ただ、関係する人には迷惑をかけてしまうなぁ。その前に、局長が許可してくれるのか!?

その後、その友達とモスへ。彼は、3月のスタディ・ツアーに行くと言っていました。そして、そのリーダーを買って出ていました。彼は僕の周りにいないタイプの友達。彼なら、安心して任せられます。興味のある人、特に後輩には行ってほしいなぁと思います。

  
Posted by yumalupin4 at 02:42Comments(0)TrackBack(2)

2005年12月09日

自分の欠点

僕の欠点は、自分で何でもやってしまうことだ。欲張りなのだ。

三田実では、ステージ担当になって現役だったので、室内に関して自分が全てやってしまうということはなかっただろう。48回も気をつけたい。

しゃかたいも、「教える側」と「教えられる側」が明確になっているため、やりやすかった。彼らは本当によく成長しました。ただ、少しやりすぎたので、後任のSAは大変だなぁ。すみません。

ゼミでは、PR係(入会担当)は3人いるが、やはり自分でやってしまうことが多い。1人でやるのは楽だけど、それをいかにチームでやっていくかですね。三田論のときにも痛感しました。

まとまりがないですが今日はこの辺で。今から学校行ってきます。

  
Posted by yumalupin4 at 17:35Comments(0)TrackBack(0)

12月に入って

12月は忙しいですよね。特に今週は忙しかった。

2年生は現在ゼミ選びの真っ只中!PR係(入会担当)はやることばかり。うちのゼミは多分他のどこのゼミよりPR活動に力を入れているし。

今週の火曜日は、しゃかたいの最終報告会&懇親会でした。2年目、SAとしてのしゃかたいも終わり。先生や7期生の子に要請されたので、来年は名誉SAとして日吉へ行くことになりそう。懇親会第2部で7期生にもらって色紙は嬉しかった。そんなに僕はすごいことしてないと思うんだけどなぁ。自分のやりたいように、がむしゃらにやってきただけ。でもみんなにとっては必要な存在だったらしい。結果的にそうなれたのは嬉しいな。

最近朝が辛い。今日も寝坊。2限フランス語に滑り込みセーフ!この1ヶ月休んでいた。もう規定回数に達したので休めない。それ以上に、話せなくなっている。やばい。悲しい。

就活ですね。みんなセミナー行きまくってます。いろいろ考えたけど、今やるべきなのは、自己分析、知らない企業の発掘、OB訪問だと考えた。
セミナーへ行くと「こういう人材が求められている」とかいわれるんだろうけど、どこの会社に言ったっていわれることは決まっているし、自分がその力が全くないとは思わない。そもそも、セミナーとかに行って考え方などを押し付けられるのはすごく嫌。僕の課題は、ある材料をどう調理して出すか。つまり、これまで経験し、考えてきたことをどう言葉にして相手に伝えるか。

そこまで焦っていない。とはいえ、三田実やらゼミやらで忙しいけど、OB訪問始めなきゃ。早く返事来てほしいです。

  
Posted by yumalupin4 at 17:31Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月25日

ダメだぁ

今日は主に、三田論の計量分析のデータ収集。慶應の図書館の蔵書数の凄さに驚くも、求めていたものは出てこず…。困ったなぁ。

そして、図書館が閉まってからバイトまで時間があったので、ルームへ顔を出す。

分科会レジュメのことで、上司と軽く喧嘩。喧嘩というか、怒られた。僕にも言い分があるから述べるも、やはり思ったこと全てを言ったらどうなるか分かっているのでセーブモード。

普段ならあれくらいのこと言われても苛立たないのに…。結局のところ、精神的な余裕がないのだろう。それは、時間的な余裕がないから。

原因は、三田論がうまくいっていないことに起因する。

そして、多くのことを抱え込んでおり、自分のキャパを超えてしまったことを痛感しているためでもある。

僕がかかることは、
・三田論のコーディネータ
 自分も担当箇所があるが、そのほかにも、パート員の論文を添削し、計量分析もする。最近、パート員があまり論文に時間をかけていない分、それをフォローするのは僕しかいない。だから、ある2人の担当箇所まで書いている。
・ゼミのPR係(入会担当)
 うちのゼミは長期選考という方式を採用している。だから、もうゼミ見学に来る2年生もいるし、毎回がオープンゼミ。来月は日吉で2回ゼミを行う。その教室とりやポスター作成、ビラ作成等、やること目白押し。他に2人いるから分担しているものの、先生や先輩からいろいろ指摘を受けて、結局直すのは僕。
・三田実ステージ担当
 山を越えたといいたいところだが、でもまだ、分科会もあるし、こめんもある…。9月はステージの仕事にかなり時間を割いた。なのに、そういう事態になると、本当につらい。
・授業のレポート2本
 前期は予想に反して4単位も落としてしまった。後期は三田論で授業に出られなくなるだろうから、レポートくらいは出したい。


こうやって書いてみると4つで大したこと内容に思えますが、1つひとつが重いです。些細なことで苛立ってしまうことを考えると、キャパを超えたとしか言いようがありません。

そんな精神状態の中で怒られたら、そりゃぁ、もう、お分かりですよね(苦笑)。ダメですね、こんなんじゃ。あ〜本当にダメだぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!

  
Posted by yumalupin4 at 03:01Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月22日

組織に属するということ

お久しぶりです。といいながら、そんなに読んでいる人はいないと思いますが…(苦笑)。

今日は前夜祭の血気飲みでしたが、ステージの仕事をしていたら残り45分くらいしか参加できず、全然飲めず、食えずで終わってしまった。ここんとこ、ゼミで時間的精神的余裕がないため飲みに行くことなんかなく、飲みに行ったとしても1時間ちょっととかでゼミの悩みを先輩に話すくらい。楽しいお酒が飲めると思ったのにー!途中からの参加は厳しいですわ。

その道中でK局の局長と話をした。「組織に属するということ」について。

ところで、うちのゼミは、選考に当たって「君が試験を受けてきたからとる」というスタンスではなく、「君のこの点がうちのゼミにほしい」というスタンスなのです。でもその続きがあり、「だから、ゼミにしっかり貢献しなさい」という。こういう考え方もあるのだと最初は驚いたが、合理的な考え方であるともいえる。

選考がある点でゼミの話を三田実にそのまま当てはめるのは無理だけれど、でもこの話を聞いたときは、特に後半のところは適応できると思った。

組織に属している限りは、その組織からいろいろな便益を得ている。肩書きなんて最たるものだ。もちろん、仕事上でのスキルであり、人間関係も含まれる。でも便益を受けているだけでいいのか。もちろんそんなことない。貢献することが必要なのだ。

自分の担当の仕事をすることは当然。できなきゃだめ。だから、貢献とはいえない。もちろん、大きな成果を挙げたり、改革をしたなら話は別だが、おそらく、学年全体であったり、局全体でやることで貢献をしなければいけないのだと思っている。

さて、最近、三田実は変化している。特に、三田実にどう向き合うかという点に関しては、考え方が大きく変わっているように思う。時代の流れも1つあるとは思う。僕は三田実バカではない。正確に言えば、その道を選ばなかった。高校時代、予備校時代にいろいろ考え、その道に進むのをあえてやめた。だかだ、銀座でバイトをやったり、2年でインターンの授業を履修したり…、まぁいろいろやっていた。僕が全てではなく、時代の流れもあると思うが、でも、この三田実の変化の流れを作った1人ではあると思う。

昨年、インターンの授業や銀座でのバイトとの両立ができず、悩んだ。でも、自分のできること、できないことをはっきり伝え、できるときにできるだけのことをするように努めてきた。

ここ最近というか、夏休みは三田論を書きに毎日学校に来ているので、ルームにもほぼ毎日行く。でも、人によっては、何も言わずに消えてしまう人、自分のことばかりやっている人がいる。

そういう人は何か勘違いしているように思う。自分のスタンスもあるだろうけれど、三田実の組織に属している限りは、自分のことも犠牲にしなければいけないときもあることを忘れている。犠牲ということばは、三田実を好きでやっていることを考えると、適切ではないかもしれない。

僕は、ゼミで6月くらいからかなり忙しくなるのが分かっていたから(他にも理由はあったが)、4・5月の段階でガイダンスレジュメ担当になった。おそらく、合宿委員もやることになるだろう。6・7月の忙しくなる時期のことは回りにも伝えてあったし、そのときのフォローはしてもらった。その分、他で頑張った。特にステージ担当のパートナーとは上手く連携が取れている。お互いフォローしあえている。

最近、S局の局長のブログを読んでいたからか、ふと今日そんなことを考え、道中で話をしてしまった。先輩の意見も聞けて、充実した時間だった。

とは言うものの、僕はゼミで三田論の発表をするから参加団体でもある。三田論を仕上げなければ…。

ゼミの三田論では、コーディネータだから、こちらも迷惑をかけられない。というか、むしろ自分が引っ張っていかなければならない。パートを盛り上げて行かなければならない。更に、PR係(入会担当)であって、10月からはオープンゼミ等の活動が活発になる。

何とか、この2ヶ月を乗り切るぞ。もう本祭まで2ヶ月。4年生と「仕事ができる」のも2ヶ月(関係は続くだろうから、「一緒にいられる」とは書かない)。とにかくがむしゃらにやるだけか。

というまでに、早くレポート2本(夏休み課題)を上げなければ。

  
Posted by yumalupin4 at 22:29Comments(0)TrackBack(5)

2005年09月04日

最近思うこと

久々の投稿です。

今週は、ひたすら眠かった。とにかく眠かった。ラウンジでパソコンしながら寝ていたり、またもやゼミの友達と電話しながら寝ていたり…。

今週はあまり三田論を進められなかったです。時間があったはずなのに、意外に進まなかったというか、書けなかった。パソコンにはそこそこ向かっていたはずなのに…。

今週はいろいろ考えることが多かった。毎晩投稿しようとするも、考えもまとまる前に寝ていた。

最近人に言われてハッとしたのは、「欲張りだね」「わがままだね」「完璧目指しているの?」の3つでしょうか。知らず知らずのうちに回りに迷惑をかけているのかもしれません。欲張りだってのは自覚していますが、わがままと言われると少し凹みました。

そうそう、愛知万博に明日から行く予定が行けなくなりました。三田論がこんな状況では行ってられません。10日以降に行きたいなぁ。

話を戻して、今週いろいろ考えることが多かったのは、1つには、日曜日にカンボジアの生徒の相手をし、月曜日にスージー(カナダの先生)といろいろ話したからだと思われる。
今週、サッカーをした日に、後輩から「先輩、カンボジアとカナダとか、いろいろ凄いですね」と言われた。日曜日のカンボジアの学生との交流会と、月曜日にスージーと銀座で焼き鳥を食べる場に彼を誘っていた。以前、飲みでいろいろチャレンジしたいですと言っていたので。いろいろやってみたい、でも、国際交流とかってすごく遠い存在だと思っている人は多い。でも、全くそんなことはない。最初の一歩が踏み出せれば、あとはどんどん面白さが分かっていく。その一歩を踏み出せない人が多い。国際交流に関して言えば、「行きたいんだけど…」「参加してみたいんだけど…」という返信をよく受け取る。その一歩を踏み出す手助けができたらいいなぁと思う。手助けというと偉そうに聞こえるが、やはり自分が経験して、すごく収穫の大きかったこと、成長できたことは、他の人にも経験してほしいもの。

カンボジアのNGOに関しては、以前はやはりイベントなり講演会に誘うときに、一方で恥ずかしさと言うか、こんな団体なのに呼ぶのはちょっと…と思うことが多々あった。しかしながら何故か、最近はそう思うことは少なくなった。はっきりいって、僕の所属している団体はおかしい点がたくさんある。しかし、3月に僕がツアーリーダーをやって訴えてきたことは、事務局に影響を与えているのは確か。そんな団体に自分が所属しつつも、距離の取り方が分かってきたのかもしれない。海外や国際交流に興味を持っている人には、今後もいろいろな情報を提供していく予定。

日曜日のカンボジアの学生との交流会・合宿を主催して、僕も来年夏、もう1度行こうかなぁ〜と思えてしまった。やはりこういうことが好きなんだろうなぁ。事前準備ではあんなに事務局と対立して大変だったのに、やはりもう1度生きたいと思えてしまう。そのときは、友達、後輩などたくさん誘う予定。あの体験を多くの人に経験してほしい。

投稿内容が重複するかもしれないが、日曜日の合宿に3月のツアー参加者がたくさん来てくれたことは本当に嬉しかった。みんな大学違うのに、今もこうやってつながっている。カンボジアと言うものが、僕らの距離をこんなにも縮めてくれた。ツアーリーダーをやってよかったと思える理由かな。

続きまた今度。  
Posted by yumalupin4 at 02:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月31日

半端なく眠い

けれど、ここ数日は充実していました。

28日(日)
昼に東京駅でカンボジアからの生徒をお出迎え。少々東京見物をし、早稲田へ。交流会。僕が責任者・進行役。準備不足と思っていたけれど、うまくいった。夜は合宿。日本人とカンボジア人で。お互いに料理を作りあい、銭湯へ行き、語らう。カンボジアのこと話せたのはもちろん嬉しかったが、3月に一緒にツアーへ言った仲間が集まったくれたのが嬉しかった。あのとき、ツアーリーダーをやって本当に良かったと思う。

29日(月)
カンボジアの子を別の担当者に引渡し、東京駅へ。中学時代、交換留学したときの先生が来日中。そう、富士山に一緒に登った先生を東京案内。終始、英語でいろいろと話す。深い話を。満足。多くのことを学んだ。新鮮だった。「私の若いときにそっくりね。」と先生にいわれた。

夜から、ゼミの先輩による三田論の特訓。それがそれが、ここ数日の睡眠不足で、どうしても12時辺りは耐えられなく、ときには寝てしまった。とはいえ、ほとんど寝ずに、根本から議論できたのは本当に意味があった。

30日(火)
シフトもあったので、合宿12時には終了。もう少し話し合いたかった。今日は1年生の装飾会議でもあった。初めから参加しようと思っていたものの、断念。そして、終始眠い眠いといっていた気がする。もう眠い。寝ます!!


  
Posted by yumalupin4 at 00:35Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月27日

やっぱり時間がない

時間は作るものだといいます。そして、私もそう思います。しかし、限界はやはりあります。

帰省後、東京に戻ってきたからは、全く更新できませんでした。23日にゼミがありました。次回は9月10日です。ゼミがあるたびにやらなければいけないことが発覚します。

限界というのは、体力的にも限界が来るということです。ここ数日は、メッセしながら、電話しながら寝ていました。相手してくれていた方々には迷惑をかけました。

今日は珍しくこんな時間に家にいます。今日は局会議で、その後おなじみの飲みがあり、参加したかったですが参加すると、ここ数日でやらなければならないことができないと判断し、諦めました。厳密に言うと、らうんじが19時に閉まってしまい、その1時間がどうしてももったいなく感じてしまったのです。

ここ数日で忙しかったのは
・当初の予定ではこの週末にフィールドワークをやる予定だったので、その準備に追われていた。でも、ボロやアンケート結果が論旨に合わないなど発覚し、結局諦めた。でも来週末には行うので、必死にその内容を考えている。

・一昨日からカンボジアから学生が来日中。河合塾の招聘で。明日から東京で、明日の午後は交流会、夜は合宿でその2つのプログラム責任者になっているからその準備に追われている。勝手に役割を決められ憤ったときもあるが、でも自分の目指しているものを作るいい機会だから、頑張る。

・三田実のお仕事は最近ちょっと隅に起きすぎかも。でも、ここ数日でゼミのフィールドワークの準備を一気にやってしまいたい。

・三田論では、人間関係もある。うちのゼミは3つのパートに分かれて執筆中。うちのパートは5人。でも5人みんながやる気があったり、書く能力があるわけではない。だからそこをいかに乗り越えていくか。うちのパートは、何とか僕以外の3人はやる気にさせられた。モチベが下がりそうなときもあったが、何とか奮い立たせました。しかし、残りの1人が…。やる気がない、論文書く能力がない。なのにプライドだけあるから厄介。他のパートも同じ様な悩みはあるらしい。

そんなこんなんで、来週もゼミのことでバタバタしています。30日の装飾会議には出たい。来年を意識して。  
Posted by yumalupin4 at 21:27Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

帰省

昨日から今日にかけて富士山に登った。死ぬかと思いました。あんなに大変なところだったとは…。想像を絶していました。

夜通し登るのはきつい。休んでいるときはいつも寝ていました。
ご来光の瞬間を逃した。その直後にお日様を拝むも、すぐ寝てしまった。
寒かった。
高山病になりました。意外にも下山するときに。
市販の「携帯酸素」は結構いけるんじゃん。

多分もう1度登ることはないでしょう。ここ最近で一番疲れたかも。
  
Posted by yumalupin4 at 19:56Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月15日

帰省

今日から三田実の学年旅行ですね。参加できずすみません。というか、参加できず残念!

今日は寝坊しつつも朝ドラから。東名、伊勢湾岸自動車道(第2東名)と通って名港トリトンへ。伊勢湾岸自動車道は片側3車線で、まっすぐな道で、通行量も少なく、140キロくらいで快走!名港トリトンとは、名古屋港にかかる3つの橋。立派な橋だ。見晴らしもいい。あの橋を走っている時は、カナダのバンクーバーを思い出した。帰りには渋滞に遭遇するも何とか切り抜け、無事帰宅。親父も安心して乗っていられたようだ。

そして2人で昼食。近所の中華料理店で、「台湾ラーメン」を食す。汗めっちゃかいたけれど、にんにく臭くなったけれど、でらうまかった!!

昼食時にふと中学・高校と1歳下の後輩の顔が浮かんだ。そうだ、彼と会おう会おうと言って1年会っていなかった。すぐさまメールしたら午後時間があるとのことで、昼食後彼と会って喫茶店(コメダ珈琲)へ行く。

そこでそうだなぁ、3時間くらい話していたかな。彼は現役で僕は浪人。だから学年は同じ。とはいえ、中学・高校は1学年下だったから、僕の意識の中で彼はやはり後輩なのだ。現在彼は公認会計士を目指して勉強しているのだけれど、考えもしっかりしていて、成長振りが伺えた。同じ目線でいろいろ話せたのが良かった。本当に嬉しかった。僕の話は控えめにして、彼の話を思う存分聞いたかな。彼も話せて満足しているようだった。

中学と高校が同じってのは、あまりあることではない。田舎の1学年200人程度の中学校から、時習館へ行くのは例年10人程度。彼は中学のとき、僕の後の生徒会長であり、カナダへの交換留学の後輩であり、高校では同じ通学仲間。こうやって、関係が続いていることが本当に嬉しい。

こういうときに、自分はやはり、面倒見がいいというとあつかましく、面倒を見るというと偉そうであるが、後輩のことを見ていくのは好きなのかもしれないと感じる。「社会との対話」のいSAも然り、ゼミのPR係も然り。三田実の合宿も、1年生とたくさん絡めて嬉しかった。三田実に関して言えば、ここに来年の自分を見出せそうな気がしている今日この頃。

さて話を戻して、夕方には送り火を炊き、お墓とお寺へ行った。就職を機に家に戻ってくる可能性は小さいが、でも、いずれはこの地に戻ってくるはず。そう考えているので、以前親と相談して、家を継ぐ(戸川の姓を絶やさない)ことにはしている。だから、こういうお盆の行事に関しても、親がうるさいというか、いろいろ教えてくれる。勉強になる。

その後は豊橋へ出て、高校の文化祭実行委員会の同窓会。予想していたメンバーではなく、ちょっとつまらなかった。よって話したり冗談を言っても、ちょっと浮いていたような…。いつもみんなにフォローしてもらっているから、何とかなってきるのかなぁ。思ったより自分の中で盛り上がらず、2次会には行かずに帰省。

明日の午後から富士山。その前に、論文も少しは進めないとなぁ。




  
Posted by yumalupin4 at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

帰省

今日は岐阜の祖父母宅と親戚めぐり。

昨年、父方の祖母が他界したため、うちにも仏様がいて、お盆は家を空けられない。以前は、お盆には母方の祖父母宅(岐阜)に泊まり、母方の兄弟が一同に会して、盛り上がっていたが、昨年からは家族揃って岐阜に行けなくなった。ということで、今日も姉さんと2人で行った。

以前はお盆・正月以外にも、お彼岸には母親と祖父母宅へ行き、お墓参りをしていた。というのも、母は小さい頃弟を亡くしているため。このへんの話は、成人した頃からいろいろ教えてくれるようになった。

今日は僕は1年ぶりの訪問。色んなものが変わっていた。以前まであった家の一部がなくなっていたり、犬がいたり…。祖父が70歳でも普通に働いていて、車も運転していて、「高齢者マークつけなよ」と指摘したら、「タワケ(馬鹿)扱いされるから付けへんわ!」といっているのを聞いて、健在ぶりに安心した。

本家にも歩いていったが、昔はもっと遠く感じられたものが、近く感じた。大きくなった証拠か…。自分が生まれた病院もつぶれずに残っていた(笑)。自分の実家に負けないくらい静けさがあり、いいところだなぁと物思いに耽っていた。

その後、2つのいとこ家族に会う。1人は高校3年生。他方は、中1と小4。特に小4の子とは12歳離れていて、お風呂に一緒に入った覚えもあり(彼は覚えていなかった)、本当に大きくなったなぁと思った。彼らの成長を見ていると、自分たちも同じだけの時をくってきたのかぁと感じた。

その後帰宅して、家族4人で鮨を食べた。父方の叔父は鮨職人なので。

そして、中学校時代の友達2人と一緒に映画を見に行った。東京ではもう終わっているはずのアイランド。それもガラガラ。三田論で動物について書いているから絶対に見ておきたかった。感想は…、本当に良かった!!超オススメです!!

見終わったら、ガストでいろいろと話す。1人は社会人、もう1人は大学4年生。途中、ゼミのパート員から三田論の質問があり40分も電話してしまったが、そこを分かってくれるところが旧友のいいところ。恋愛話にもなったが、「ゆうまくん大変だねぇ」と結論付けられてしまった…。僕に彼女ができたと聞いたときは、もっとはっちゃけた話が聞けると思っていたらしい。恋愛話をして最近つくづく自分の未熟さを実感する。変わらない自分、変わろうとしない自分。本当に、付き合うって何なんだろう…。

明日は恒例(?)の朝ドライブ。帰省したときの父親との過ごし方の1つ。東京だと車に乗る機会がない上に、帰省しても移動手段は電車ばかり(タダで乗れるから)。だから運転したくてウズウズしているんです。って、こんな時間に起きてていいのか!?

おやすみなさ〜いい




  
Posted by yumalupin4 at 02:38Comments(0)TrackBack(1)

2005年08月14日

帰省

前回の投稿でいろいろ書いておきながら、事実の羅列になってしまうような投稿になるなぁ。

昨日は朝5:30に品川を出て帰省。貧乏学生なので、もちろん青春18切符による各駅停車の旅。5:30の電車は静岡まで行く電車で、乗換えが少なくてすむ上に、ムーンライトながらの車両が静岡まで折り返して行く電車だから2ドアのリクライニングシート(373系)。だから絶対に乗りたかった。

しかし案の定寝坊してしまった。起きたのは5時。電車に乗っていったら間に合わない。ということでタクシーで品川へ。1600円。こういうお金の使い方は賛否両論あるだろうけど、自分でも矛盾している使い方だと思える(笑)。

電車は朝早いというのに混んでいた。帰省客や旅人が多かったような…。時刻表を手に持って。最近の帰省は夜行バスを多用していたので、久々に風景を見ていけた。1年の頃は各駅停車での帰省に飽き飽きしていて、風景見るのも飽きたと思ったいたけれど、時間がたった見るとまた違う。由比の海とか、古き平安の時代を想像してしまった。

静岡、浜松で乗り換え、10時半には豊橋へ。ここで高校時代の友達と会った。痩せていてびっくり!予備校時代に100キロ手前まで行っていたのに、もう60キロ台だという。驚きだ。彼も僕の服装(カンボジアのクロマーをまいていた)に驚いていた。そして2時間くらい近況を報告し合う。

その後、予備校のときの友達2人と会う。2人とも東大生。1人は岡崎高校、もう1人は旭丘高校。名古屋の河合塾で仲良かった友達。今回は豊橋まできてもらってしまった。岡崎出身の友達とは2年半ぶりに再会!メールはしていたものの、会ったら容貌の変わりようにびっくり!でも話してみると相変わらずで安心した。おもろい。彼は、何事にも一歩踏み出せず、しきりにそれを何とかしたいと言っていた。海外に今度連れて行ってくれとも言われた。早い話だが、卒業旅行に一緒に行こうという話になった。

ま、そんなんでいろいろ話した。本当に懐かしかった。会えてよかった。4時間ほどいろいろ話し、実家へ向かう。その電車で、中学時代の友達に偶然会った。彼は2浪して芸大へ行った。芸大は総合大学とはまた違った感じで、話を聞いていると面白い。彼も終始ニコニコしていて、話してて飽きなかった。

そんな時間を経て、実家に帰着。すぐさまお墓へ行って迎え火を炊き、お盆のしなきゃならないことをやっていく…。夕飯は家族3人でお酒を飲みながら話す。食後に三田論を書くからあまり飲まない予定だったのに、気づいてみたら結構な量を飲んでいた。メインの話題は、姉と僕の結婚の話。姉は、僕の予想では、ここ2年中に結婚するだろう。親は僕に彼女がいることを知らないので、「こういう人と結婚しなよ〜」と言われまくった。でもまんざら間違っていない(笑)。さすが親だ。とにかく親父がこういう話を息子とできたのを喜んでいた。

そんなこんなんで昨日は終わった。そう、三田論を書くはずが書かずに終わってしまった。みんなが僕の総論を待っているはず!?では、今から書きま〜す。  
Posted by yumalupin4 at 06:23Comments(1)TrackBack(0)

ブログの再開

どうして再開しようと思ったのか。

その前に、どうして投稿が続かなかったのか。

それは忙しかったから。いい訳にしかならないこの言葉だけれど、6・7月は本当に忙しかったし、ブログ書く前に寝てしまっていた気がする。あと、ブログを使いこなせていなかった(今もいろいろな機能についてはわからない)し、分かろうと思えるような時間もなかった。そうなれば、みんなのブログを読むので十分楽しめていた。

しかし、先日、リクルートの模擬面接を受けて、いろいろ考えさせられた。いろいろな経験をこれまでしてきたので語れることは多いはずだった。しかし、経験したことを意識的にまとめる作業、考える作業、表現する作業をしてこなかった、時間がなくてできなかったと痛感した。だから面接は大失敗!(リクルート的にはいい本になったんだろうけど。10月発売予定です)これからは少しそういうことにも時間を割こうと思った。

これらの反省があるので、今回は、自分の活動を紹介するということだけではなく、しっかり自分の考えも述べていきたいと思う。前までは、どうしても入り込めなかった。みんなが見てくれているのはいいことだけれど、それによって踏み込めない部分があった。恐れている部分があった。もう少し書こうと思う。

ってな訳で、ブログ再開のイントロでした。

  
Posted by yumalupin4 at 06:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月12日

再開!?


大変ご無沙汰しておりました。夏休みになっても忙しい日が続き、全く更新できませんでした。今日はのんびりできました。明日から帰省です。のんびりできません(笑)。

三田実の夏合宿が終わりました。現地では三田論を平行で書く、というかみんなから送られて論文を読んで添削するということもやらねばならず大変でしたが、やはり行ってよかったと思いました。いろいろ考えさせられました。特に帰りに隣の席の先輩と話したときなんかは。

おっと、書いていたらいつの間にかバイトへ行く時間に…。

また時間見つけて書きます。
  
Posted by yumalupin4 at 17:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月14日

ダメ男

6月入って初の投稿か…。気づけば14日。もうすぐゾロ目の誕生日だ。

最近、いろんなところでダメさが見られる。ここ3日は特にひどかった。

土曜日はゼミ説明会だった。終わったとゼミの仲間とご飯を食べに行った。つい、瓶ビールに手が…。疲れているからそれほど飲んでいないのに酔ってしまった。気を取り直して学校へ戻ってPRの仕事。PRとは、他のゼミで言う入会担当のことで、なぜかうちのゼミではPR係という。僕はPR係、人事部長!家に帰っても、PRの仕事でその日にやらなければならないものをこなす…。

しかし、疲れがたまっていたため、いつの間にか寝ていた。

目が覚めた。1:30.がーん!!23:50東京駅発の夜行バスで帰省する予定だった。1日だけど。バス代がパーになった。仕方なく翌朝のぞみで名古屋へ直行。学割が効かない上、名古屋まで乗ってしまったから、1万円超えてしまった…。痛い。

帰省の目的はオンワードのバーゲンへ行くため。就活用のスーツを買おうと思い。結果からいえば、ちょうどいいサイズはなかったけれど、いろいろといいものが安く買えたから満足。

その後、別の百貨店で親を待っているとき、ケータイを落とした。落とすこと事態はいいにしても、電池が商品棚の下に入り込んでしまった。定員さん3人で棚を動かす大惨事に…。待ち合わせにきた親が、「恥ずかしい…」と言って顔を赤くしていた。

今日は、奨学金の面接があった。しかしそんなことも知らず、普通の格好、サンダルでいるところへ学生総合センターから電話。掲示されてたというが、全く気づかなかった。

最近授業に出ていない。出られない。ゼミでは三田祭論文が始まった。僕はコーディネータ。みんなの執筆部分を集めて、論旨を通す。もちろん自分の執筆箇所もある。

今週は結構エグい。明日(14日)からカナダ人の友達が来日。16日には東京観光だな。あ、その日誕生日だわ。でも17日までにマクロマーケティングのレポート出さなきゃ。まだやってないわ〜。

夏には、別のカナダ人(台湾人)とカナダ人の先生が来日。みんな万博へ行きたいらしい。インターナショナルな交流したいヒトはご一報下さい。

  
Posted by yumalupin4 at 00:40Comments(3)TrackBack(1)