☆キッズ米沢将棋塾の詳細、お問い合わせはこちらをご覧ください
9月9日10日を除き、会場は全て「置賜総合文化センター」にて行います。

☆これからの教室の日程のご案内
  〇8月27日(日)午後1時〜午後4時30分 

  〇8月31日(木)午後6時30分〜午後8時30分(午後8時から合宿の打ち合わせを行います。参加のご父兄様方は必ずご出席ください)
  〇9月6日(水)午後6時30分〜午後8時30分

 ☆秋季合宿
  
〇日時 9月9日(土)10日(日)
  〇会場 川西町交流館「あいぱる」
  〇内容 プロ棋士の先生の指導対局、講座、リーグ戦、他将棋の事いろいろ
  〇会費 食事付3000円程度(参加人数により金額は変更なります)
  
〇指導プロ棋士 村山慈明七段
  〇申し込み 参加希望者は8月中旬までに鈴木までご連絡ください。
   昨年の合宿の模様

 

4枚落ち考察

私が将棋教室をやってきた中で、1番駒落ちとして指してきた手合いは「4枚落ち」です。本当に駒の動かし方が分からないぐらいの子は8枚落ちから始め、それから将棋には「定跡」というものがあるのを理解できるようなってきて指すのが6枚落ち、次に大会で言う「初級クラス」を抜けてきた頃に指すのが4枚落ちという手合い。そしてここから2枚落ちに抜けられるかというのが、その子のやる気の違いというもので決まっていくでしょうか(この手合いで止まってしまう子も多かったです)。

どんな手合いでも定跡は徹底して教えていく。あてずっぽうな指し方では勝てないんだという事を理解させる。4枚落ちはまず、下の定跡手順を覚えさせる。将棋を指す人はみんな、通ってきた定跡であります。

初手から
△4二玉▲7六歩△6二銀2六歩△3二金▲2五歩△2二銀▲2四歩△同 歩▲同 飛△2三歩▲2八飛△5四歩▲1六歩△5三銀▲1五歩△4四歩▲3八銀△4三玉▲2七銀△3四歩▲2六銀△7二金▲2五銀△7四歩 ▲1四歩△同歩▲1二歩△7三金▲1四銀△1三歩

1

手順中の▲1二歩が4枚落ちでの下手の「命」と言われる手で、この手を忘れてしまうなんていうのは、指導対局を受ける態度がなっていないぐらいなものと思います。

以下▲2三銀成 △同 銀 ▲1一歩成

2

▲2三銀成。これが指しづらいけれど、大事な定跡の一手。まず初歩の子はここで▲2五銀と引いてしまう。初級クラスの大会でも勝てるようになってきた子だと、ここで銀を引くなどという手は考えない。多くは▲1一歩成と成る。ただこれは次善手で、以下△1四歩▲2一と△1三銀ではて、どう指したらいいかと考えてしまう。▲3一とは△2二金。▲2五桂などと打ってしまうのが多いけれど、これは△2四銀▲1四香となった形が「重い攻め」という典型な形となる。

3

そんな理由を言い「だから先に▲2三銀成と指していくんだよ」と説明する。

ただ今日書きたい事はここからで、将棋とは相手も工夫してそれとは違う形で受けてくる場合がある。その時は知った定跡通りではなく、変えて指していかなくてはならないという事があるという事。

例えば昨年ご指導に来てくださった勝又清和先生も「四枚落ちの上手最強の布陣」とおっしゃっていた図のような局面。

4

何が違うかというと御覧の通り、2三の地点を3三の金、もう1枚で多く受けている事。上手の工夫した受けなのだけれど、この局面でなんと、意味の分かっていない子はみんな、▲2三銀成と平然と指してしまうのです。以下△同金▲1一歩成△同銀であれあれ、どうしたらいいのと、長考を始める・・・。

私などしたら、なんでこの局面で▲2三銀成と指してしまうのかが理解できないのだけれど、最近気づいたのだけれど、これは小学校の宿題で言う「音読」と同じ理屈で将棋を覚えていってしまっている子が多いからではないか?文章を本を読まず、暗記して声に出して読むその音読というもの。この▲2三銀成といくのも、その意味を理解していない、手をなぞるだけの音読みたいな覚え方なのかも。

2三銀成と1番先に書いた手順が成立する意味が分かっている子は、上手に工夫され2三の地点をもう1枚の金で受けている時はこういってはいけないと言われなくても気づくもの。

3三金で守っている時の正解は△1三歩の局面で、▲1三銀成△同桂▲1一歩成(ここでもノータイムで▲1三同香成などと指す子がいて毎回がっかりするのだけれど)△同銀▲1三香成△1二歩に▲1四成香と一手ため(ここでも▲2三成香などと指す子が多いんですよね)次の▲1五桂、▲2五桂、▲1七桂〜▲2五桂、▲2四歩などを狙っていかなくてはならない。

5

定跡を覚えるのは大事。ただ覚えるという事は手を「音読」で覚えるのではなくて、手の意味を理解しながら覚えていかなくてはならないという事。上手の形の違いに気づき、その状況に応じて手を指していく。将棋とは「人との対話」なのだから、自分の考えている手と違う手を相手が指してくる事があるのは当然の事。その違いに対応していく事こそ、その子の「実力」というものなのです。

駒落ちの確認

今日の夜の教室は、もうじき村山慈明先生がご指導に来てくださる、その指導対局に向けての駒落ちの練習、確認を行いました。勝率第1位2回、新人王、NHK杯獲得、「序盤は村山に聞け」。その序盤の名手の先生相手にも、しっかりした前勉強はやっていかなくてはなりません。そのご指導の日まで、家でもミッチリ定跡の勉強をしてきてほしいと思います。

明日は夜の部の教室です

最近、あまりに豪快な将棋の依頼が複数も来てちょっと閉口。それぞれ違う団体から
「週2回、カリキュラムで将棋講座をやってほしい」
「毎週うちでやってほしい」
人気あってお声かけいただくのはいいんだけれど、そこまで頻繁にはなかなかね、、。

明日の夜、いつもの教室をやります。間もなくプロ棋士の先生が指導に来てくださるので、その時指導していただく「駒落ち」の勉強を主にやります。奮って参加してください。

〇日時 8月19日(土)午後6時30分〜午後8時30分
〇会場 置賜総合文化センター3階 友情・清純

子供がお酒を飲んではいけない理由

子供達の夏休みももう終盤戦ですが、先日その夏休み特集?「子供からの質問」で、子供から「何で子供はお酒を飲んでいけないの?」という質問があったらしく、それに対するとあるお母さんの答え、これがツイッターでも話題になっていたというので、今日はそれをご紹介させていただきます。私も感心??してしまいました。

「何で子供がお酒を飲んではいけないか?」そんな当たり前過ぎな、はためからしたら聞かれるまでもない事かもしれません。ただその答えを大人達はなんと答えられるか?お父さん方、お母さん方、実際ご自分が聞かれたらどう答えますか?考えてみてください。すぐ見れないように、少し下に記事の続きを書いてみますので。

↓ ↓ (続き)  ↓ ↓











まともに答えれば
「身体の発育に悪影響があるから」
「法律で禁止されているから」
となるのでしょう。そのとあるお母さんの答えた答え、それが正論ではなくても大人達の心に響いた。それが話題になっていった理由。


「(子供)お母さん、なんで子供はお酒を飲んじゃいけないの?)
「(お母さん)シラフでも楽しいからよ


大人はシラフだと楽しくないか(^^;。半分冗談で言ったのでしょうが、子どものうちはシラフでも楽しい、大人になると、飲む人はそうはいかないかも(^^;そして「シラフじゃやってられない!」という気持ち(^^;。大人になると、つらいことばかりだもんな(^^;。でもお酒などに頼らずに、人生を楽しめたらお金減らない、次の日気分悪くならないなどで、いい事ばかりなんでしょうけど(^^;

段取り

今日の休み、図書館に行って9月に行う教室の合宿の段取りをする。去年もやったけど、この段取りが相当に大変なんですよね。出席確認に予算組みにスケジュール設定、全員の部屋割り、棋士の先生の宿泊場所の予約、各自の持ち物を通知するためのその物の確認、などなど、、、(上の「過去のテキスト、宿題等」にも、出席表、施設利用案内、概要等の書類関係をUPしていますので、会員の方はパスワードを入れてご覧ください)。ご父兄様方も「お金出せばあとは鈴木先生、段取りしてくれるんだ」ではなくて、半分以上はご父兄様方でも考えやっていってほしいと、これは本当に思います。一回子供さん出席するかたみなさん集まって話し合いもしますので(誰のためではなくて、自分達のためですのでよろしくお願いします)。

教室の人はたいがい出席のようで、ただ都合つかない人もせめて「1日だけ」とか、「早退なったとしてもこの時間だけ」とか「誰か一緒に乗せてって」とか、そこはやる気の問題なので、頑張ってもらいたいのだけれど。棋士の先生丸2日間指導してくれる、相当ためになるイベント。そして米沢から車でたった15分の場所なんだもの。

他にも参加してみたいという方はもう予算も申請しないといけないので、早々にご相談ください。村山先生の指導対局も受けてみてはいかがでしょうか。懇親会もお母さん方も含めて盛大にやりますので。

自由研究2017

「今日は娘の自由研究を一緒に作るぞ!」意気揚々と早起きし、今年作ろうとした工作キット「クレーンゲーム」をその場所に広げる。2週間ほど前に買っていたそれ。説明書も隅々まで読み、白ボンド、ペンキなども準備済み。いざ作ろうとして、あれ?何かが足りない、何が足りないんだ?、、、そうだ、説明書がないんだ。たぶん私の書斎の机の上に忘れたんだろうと戻り、見てみる。しかし、ない。どこにもない。説明書がなければこの複雑極まりない物を作れるはずがない。家の中、車の中、全部探してもどこにもない!。余計な前下見が過ぎた、、、
image

困った。このキットを作っている北海道の会社に電話してみよう。説明書をメールでなど送ってくれるかもしらない。かけてみる。しかし誰も出ない。その会社もお盆休みらしい。

「そうだ!俺、Evernoteに説明書、写真で残してるかもしれない!」思いつく。私はなくしそうな手紙、書類などはたいがい、Evernoteにとっておく。ノート数、もう4000近くにもなっているし。検索してみる、、、。よりによって、撮ってなかった。もうお手上げである、、、。

1900円出して買ったこのキット。説明書がないというだけで作れなくなった。一から別なものを作ろう。ムサシ、イオン、トムトム、ジョイ、レオ、カメラのキタムラ、など、全部米沢市内のそういう類のキットを扱っていそうな店に行ったり、電話をしてみる。しかしそのクレーンゲーム同等のレベルの物は、もう夏休み後半なので季節が遅い。どこにも置いていなかった。

一からそうした工作は作れないとしたら、何かの研究なんてどうだろう?
「お父さん、将棋の先生だから、将棋の事ならなんでもうまくまとめられるぞ。将棋の歴史とかいろいろ、書いてみっか?」
娘に言ってみるも
「お父さん、今年、工作か理科の研究みたいなもんじゃないと、ダメなんだって」
と言われ、将棋の方も却下。

日にちがあればなんでも理科の研究みたいなものはできる。上の息子の時から、あれはどうだこれはどうだ、やろうとした自由研究の種類は数多い。でも、これから1日、2日で完成させる、時間がない、、、。

困ったけれど、唯一キットの置いてあった「ムサシ」の自由研究コーナーに戻ってみる事にしました。さっき来た時に気が引けたのは、キットと言っても先のクレーンゲームみたいなちょっと技のいる工作と違い、簡単めなものばかりで、6年生の工作としてはいかがなものかと思った事があった。でももう、それを悩んでいる暇はない。

娘と選ぶ。結局ペットボトルで海藻などを育てる、その材料を買う事に決定(1000円ちょっとなり)。簡単かもしれないけれど、よく見ればこの海藻がうまく育つといたら、見栄えもなかなかのものになるかも知れぬと思ったりして。
image

箱の表紙には、下の層に「小魚」も泳いでいる。これもあれば見栄えがいいだろうと思い、その横にある建物で「青メダカ」「黒メダカ」を買う。そんなの、上杉神社なり行けばいくらでもいるけれど、もうそのメダカ取りをする元気もない。

ペットボトルも1.5リットルのものが必要で、そして中が見えるツルっとした容器では「コーラ」「三ツ矢サイダー」が適役な容器なのだけれど、ただ欲しい時にはこうした容器が手元にないもので、スーパーで三ツ矢サイダーを買い、2人でラッパ飲みしても全部は飲めず、半分は側溝に捨てて、その容器を確保する。

キットを選ぶ時間、他の材を買う時間に相当かかったけれど、作る物が決まれば簡単で、集中して作り始めて1時間弱ほどでとりあえず完成。海藻はタネをまいてしばらくたたないと生えてこない。その海藻が生えてきたころ、娘にはそのペットボトルに絵やら文字やらをかかせ、見栄えをよくさせるつもり。まずとりあえず完成してよかった、、、。
image

image

上の息子の時から含め、いよいよこれで自由研究作りは終わりとなるのだけれど、その最後の年ドタバタして「キット」で終わしてしまったのはちよっと残念だったかも。ただ思うのは、そうした自由研究作りを親子でするそういう時代って、ほんと貴重で、そして楽しく、「あの頃、あんなの作ったよな」なんて、一生思い出にも残るようなものだと思うんですよね。「今の子育てが大変」と愚痴を言う親の方。ただ、その今やっている大変だと思う事が、もう後々やりたくてもできなくなるいい時代、貴重な時代だと考えて過ごさなくてはならないと思うのです。

海焼け、プール焼けで真っ黒な顔、手足になった娘。今日も自由研究作りの合間のお昼ご飯、大人用のチャーシュー麺大盛りと餃子、アイスも食べた。こうしてあっという間に大人になっていくんだろうなと頼もしくも、いい時代が過ぎ去っていくような寂しさを感じながら、今日1日、娘の姿を見ていた私でありました。

17歳(Seventeen/セブンティーン )

昨日の午後からはうちの教室の某お父さんと、NDソフトスタジアムにモンテディオ山形ーツエーゲン金沢の試合を見に行ってきました(好きだね〜(^^ゞ)。なんと言っても今日は昨年に続き「山形県民応援デー」で、モンテのユニフォーム「黄色いバージョン」が無料配布される日。チケット代2600円払ってでも余りあるその物に、手に出来た時は嬉しかったな〜。写真貼ってみます。かっこいいでしょ?(^^ゞ。
2017J22722

2017J22721

県民応援デーでは、元モーニング娘の矢口真里、保田圭が来てスタジアム内でミニライブなんか行っていました。私はまったくそれには興味がなかったけれど(でも今聞く「ラブマシーン」は強烈だった^^ゞ)一週間ほど前、ヤフートピックスで「保田圭妊娠!」とか出ていて、雨で滑るスタジアム内を動き回る保田圭をを見て「滑って転んで赤ちゃん、えらい事になったなんてならないでくれよ〜」なんてあたしゃ、ヒヤヒヤしながら見てましたよ(^^ゞ
s-IMG_3444

今回は12700人の入場者。モンテ関係者も本当に頑張った。1万人超えればかなり多い方なのが常なスタジアムだもの。結果もモンテが2−1で勝ち。これもよかった。

スタジアムグルメで今回食べたもの

冷たい肉そば
s-IMG_3402


ノンアルコールビール(きゅうりサービス)
s-IMG_3403


ホルモンの煮込み
s-IMG_3406


スイカ(尾花沢スイカ無料大盤振る舞いで)
s-IMG_3411


どんどん焼き(餅、チーズ入りバージョン)
s-IMG_3469


行き帰りとそのお父さんの車に乗せてっていただいたのだけれど、お互い10秒と黙る事のない主にサッカーの話を永遠して、楽しかったです(2人共、本当にサッカーが好きで詳しいんだな、
これが(^^ゞ)。どうもありがとうございました。

今日は午前9時〜正午まで市内のカフェで、頼まれていた将棋講座を3時間半。時間30分ほど延長してやったけれど、無事終了。おいでくださったみなさん、店長さん、奥さん、ありがとうございました。

わざわざ福島から来てくれた恭平、そしてお父さん、お母さん、お久しぶりでございました。背も伸びた、足も29cmになった(^^ゞ恭平を見てたまげたけれど、かなり嬉しかった。でも師匠からして、将棋の力はまだまだだぞ(^^ゞ。次指す時はもっともっと強くなってかかってきなさい、ワッハッハッハッハー(^^ゞ。本当にどうもありがとう。

今日はうちの息子の17歳の誕生日。この「17歳(Seventeen/セブンティーン )」という響きが、特別な歳に感じるわけで。青春真っ只中、人生で1番いい時期なんじゃないだろうか。

「プレゼント何がいい?」
と聞いてみると、当然昨年のように
「金くれ!」
と言われるものかと思ったら(^^ゞ
「メガネ買ってよ」
と言われ、ちょっと驚く。学校の検査で右目の視力がちょっと悪くなってきて、見ずらくなってきた感じはあるというので「授業中かけるだけだけど」という事で、市内の眼科に行ってから、安売りのメガネショップに行く。息子、フレームもかなり迷っていたけれど、選んだフレームが細く、小さいレンズのそれをかけたうちのイケメン息子のメガネ姿を見て、似合いすぎて思わずウットリする(^^ゞ。これで学校の成績も1割増しになったりして(^^ゞ。

ゆうま、17歳本当におめでとう。

再掲載ー「NEXT Stage米沢」将棋講座

あさって開催の「NEXT Stage米沢」さんの将棋講座の案内。再掲載させていただきます。たくさんのご参加をお待ちしております。

8月12日(土)の午前に、米沢市内のカフェ「NEXT Stage米沢」さんで、将棋講座を行う事になりました。どなたでも参加可能です。100インチスクリーンがあり、映像関係も充実しているお店です。奮ってご参加ください。

☆「将棋」はじめてみませんか
〇日時 8月12日(土)午前9時〜正午
〇会場 「NEXT Stage米沢
〇住所、連絡先 米沢市本町3丁目1−3。TEL 090-2798-3946
〇会費 800円(ケーキ、ドリンク付。ドリンクはおかわり自由)
〇内容 講師による講座、指導対局、自由対局、どうぶつ将棋
当日もお店で受付可能です
〇注意事項 駐車場は4台分ほど店の前に停められますが、可能であれば乗り合わせしてまとまって来ていただければ幸いかと思います。
18425375_177380379454353_424163393504757286_n

19601310_206680963190961_5795172100455207552_n

20476126_222366534955737_6653553846021139591_n

19424281_205019040023820_1530645870631565557_n

18199085_169325993593125_1605488533574229590_n


将棋教室のテキスト、宿題等
過去のテキスト、宿題等です。  会員の方にお知らせしておりますパスワードを入力のうえ、ご覧ください。
入賞の作文

教室の子が将棋の事の作文を書いて、大きな賞をもらいました。

○せな
 『将棋の「わ」が広がる』
  県作文コンクール最優秀賞

○ひとの
 「ぼくの わたしの、とくいなもの」
  朝日小学生新聞賞

将棋用品はこちらから
 

日本将棋連盟デジタルショップです。私も将棋用品はここから購入しています。支部会員の方は2割引きなどの特典もあります。

おすすめ詰将棋本1

3手詰ハンドブック(2)新版 [ 浦野真彦 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


おすすめ詰将棋本2

5手詰ハンドブック(2)新版 [ 浦野真彦 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


おすすめの矢倉戦法の本
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

よくわかる矢倉 [ 金井恒太 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/7/21時点)


おすすめ石田流戦法の本
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

よくわかる石田流 [ 高崎一生 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/7/21時点)


おすすめ四間飛車戦法の本
お薦め本
私が感銘を受けた本
プロフィール

●キッズ米沢将棋塾塾長
●平成20年朝日杯オープン戦出場、平成17年支部名人戦東日本大会3位、東北名人2回、東北六県大会出場11回、山形県大会優勝 14回他、五段
●一級建築士。かわいい息子と娘の(^_^;二児のパパです

☆ホームページ
将棋の里山形とゆうまのホームページ
☆ブログ「キッズ米沢将棋塾日誌
☆YouTube「yumapapa Channel


過去の記事のギャラリー
  • 4枚落ち考察
  • 4枚落ち考察
  • 4枚落ち考察
  • 4枚落ち考察
  • 4枚落ち考察
  • 自由研究2017
  • 自由研究2017
  • 自由研究2017
  • 自由研究2017
  • 17歳(Seventeen/セブンティーン )
バックナンバー
このブログ内の記事を言葉を入れて検索
携帯電話からこのブログを見るにはこちら
QRコード