☆キッズ米沢将棋塾の詳細、お問い合わせはこちらをご覧ください
会場は全て「置賜総合文化センター」にて行います。

☆これからの教室の日程のご案内
   
〇6月25日(日)午前9時30分〜午前11時30分
    

定例の教室を開催します

あさっての日曜日の午前に定例の教室を開催します。
今回は山形大学将棋部の渡部先生も手伝いにきてくれます。奮って参加ください。

〇日時 6月25日(日)午前9時30分〜午前11時30分
〇会場 置賜総合文化センター2階 あずま・まつかわ
〇持ち物 前回提出した宿題

先日のお昼休みにスマホで「アベマTV」のニュースを見ていたら、藤井聡太四段28連勝の事が紹介されており、その時に藤井四段が四段昇段を決めた時に書かれた扇子(非売品)が紹介されていました。ほしーーー(^_^;)。でも一目じゃまったく解けない。27手詰らしいです。力自慢の方、よければ解いてみてください。

s-IMG_2630

2017-06-23a

チェスの連勝・無敗記録など

明日藤井聡太四段の28連勝タイ記録のかかった大一番が行われますが、先日ツイッターを見ていて「オッ」と思った事が書いてあったのでご紹介させていただきます。

「チェス」の世界ではこの連勝記録ってどうなんだろうという事が書いてあって、チェスの世界では130年前のチャンピオン、シュタイッツの25連勝が最高なのだそうです。「130年前?」それだけの年月があって今だに破られていないのはなぜかというと、チェスは「引き分けも多いゲーム」という事があって、なかなか連勝はないのだそうです(そんなゲームの中での25連勝というのはある意味、将棋よりすごい事なのかもしれません)。

ちなみにチェスでの勝ちと引き分けを合わせた無敗記録というものが存在し、それは60年前のチャンピオン、タリの95回(46勝49分)が最高なのだそうです。これもすごい記録ですよね。

さあ明日、藤井聡太四段の大勝負。次の2戦の相手こそ、藤井四段と同じような将棋界を背負おうとしている天才の2人なので、これこそ大勝負というのにふさわしい。この対局はネット関係を含めいろんな所でライブ中継もされるよう。私達はこの歴史的瞬間を目にする。見ないという手は将棋をやっているうえでありえないほどの事だと思います。

2週続けての「怒涛の2日間」

〇6月17日(土)
昨日は土曜日ながら仕事。と言うのもその次の日に大きな職場のイベントがあり、その段取りを朝からしないといけないからでした。そのイベントとは「お客様感謝祭」という、つまりは今まで仕事をいただいたお客様や新規のお客様をお呼びしていろんな面白い催しを行うもので、それを私含めた役員で、実に2か月前から少しづつ段取りを進めていたのでした。そのイベントの実行委員長に私が任されていて、それを大成功に終える事ができなかったらどえらい事になると(^^;もう目の色変えて段取りをやっていました。

午後5時半仕事終了。それから1時間後の午後6時半からはうちの将棋教室のお父さん方数人が集まっての「男子会」の、その懇親会に行ってきました。前回の男子会は今年のお正月だったはずで、それ以来の久々の男子会。この会はそのお父さん方が段取りをしてくださるので私は楽でありますし、こうしたイベントを企画してくださるだけありがたいものです。

今回のメンバーはキッズ米沢将棋塾の反町隆史、男子会会長のハセケンパパ・元中日ドラゴンズの山本昌に似ているKSパパ・元巨人の定岡正二に似ているSTパパ・息子さんが中学になってもずっと通ってくれているTNパパ・先日の倉敷王将戦でも勝ち越した小学1年生の有望格のSRパパ・そして私の6人でした。会場は山本昌に似ているKSパパの馴染みの店の「会員制」の居酒屋で行いました。「会員制」と聞くだけで、ちょっとVIPになった気分(^^;。私は初めての店だったのですが店にはビリヤードも置いてあったり、ちょっとナウい感じの^^;お店でありました。

私は明日の大イベントをこなすのに命がけなため(^^;二日酔いで行くわけにはいかないと、今日はノンアルコールで。お店ではいろんな料理が出てきました。
「ブログのネタに出しますから食べる前写真撮らせてくださいー」
と言って半笑いされながら(^^;料理の写真をいくつか撮ってきました。

↓お刺身の盛り合わせ
image

↓ビッグサイズからあげ
image

↓たけのこの素焼き
(私的にはこれが1番美味しかった)
image

↓たけのこの味噌汁
image

料理もいずれもなかなかな物ばかりでした。

このお店はいろんな日本酒があるようで、そのたくさんの日本酒をお父さん方はたくさん注文していました。
下の写真をご覧ください。このようにこのお店はこうした小さめの升にグラスが置かれ、そのグラスから少し升にあふれさせて出されるようにどれもなっていました。このこぼれたお酒をおっとっとと飲むのがまた美味しいのです(調べたらこれを「もっきり」というらしいです)。
image

しかし今日はノンアルコールの私、もうその姿は相当に目に毒でありました。
「(私)すいません。ノンアルコール日本酒ください」
などと言って爆笑を買いながら、グッと我慢をする(^^;。

今回こうしたお酒飲みに初参加の私の隣に座られているSRパパ。初めてだけれど相当にお酒が強い。「頼む」「飲む」「乱れない」この繰り返し。話口も丁寧です。
SRパパの奥さんもお酒が強いらしいです。
「今度、奥さんも一緒に誘いましょう!」
・・・とハセケンパパが言ってました(^^;

こうした場にかかせないのがSTパパ。まず話が広く、人の心をつかむ話術が素晴らしい。
「(STパパ)私昔、女子プロレスが好きだったんです。クラッシュギャルズが特に大好きでした」
「クラッシュギャルズ!」
40オーバーのおっさん達全員、自分達が若かったその時代が走馬灯のようにその一言で甦ります。
「俺はキューティー鈴木が大好だったなー」
「キューティー鈴木!!!」
「ブル中野もよかった」
「ブル中野!!」

「私は男のプロレスも好きでした。坂口政二とか」
「(私)坂口政二!俺は昔、タイガージェットシンの試合、見にいった事あります。サーベル口にくわえて客席で暴れて、殺されるかと思いました」
「タイガージェットシン!!」
「俺はスタンハンセンが好きでした。悪役でブッチャーとかもいましたよね」
「スタンハンセン、ブッチャー!!」
「(私)ブルーザーブロディーなんかもいましたよね」
「ブルーザーブロディー!!!」
もう、いい昭和という時代がプレイバックします(^^;

その話がひと段落したころ、話題豊富のSTパパ
「(STパパ)私、巨人の篠塚が好きでした」
「(みなさん)篠塚!!!」
「私は巨人では〇〇が好きで。それと〇〇や〇〇も・・・」
「〇〇や〇〇!!!」

もう永遠いろんな話題が飛び交う。「私の好きだった80年代アイドル」なんかも出たら、これはもう止まらなくなるだろう(^^;1番最初に話題に出たクラッシュギャルズから(^^;みなさんで相当盛り上がりました。

午後10時頃1次会終了。それから2次会にも誘われたけれど、明日の大イベントなため、それは申し訳なくもお断りさせていただいて帰宅。

この日は相当に疲れていて私もいつもの元気の60%ぐらいで申し訳なかったけれど、先にも言ったようにこうした企画を考えてくださるだけ本当にありがたい事。私が教室をやっているからと言って、すべてが私が決め、行動していくというのは私も望みません。ぜひご父兄様方でも盛り上げ、企画してくだされば嬉しいばかりです。これからもよろしくお願いいたします。

帰宅後、お風呂に入って寝床に入ったのが午後11時。このまま寝ればいいのに目をつぶったその瞬間、今日午後6時キックオフだったモンテディオ山形ー横浜FCの試合が気になり始め、リトル鈴木はやめておけと言っているのに(^^;アホな事にタブレットでダゾーンアプリを立ち上げ、その試合を最後まで見てしまう。0−0でそのまま試合終了かと思ったら後半アディショナルタイム、モンテの瀬沼が決勝ゴールを決める。その瞬間、夜中なのに
「ヤッター」と声をあげてしまう(^^;。3位のチームに勝ち、モンテは22チーム中5位まで順位を上げてきました。

午前1時就寝。勝ったのはよかったけれど、サッカー見たのは大悪手でした(^^;

〇6月18日(日)
午前6時半起床。着替え、ご飯を食べ、軽トラをひっぱり今日、屋台を出すその食材の買い出しに行く。物はもう頼んでいるからそれを取りにいくだけだけれど「焼きそば」「チョコバナナ」「玉コン」「綿あめ」「焼き鳥」「ポップコーン」などを荷台につけ、一路職場へ。今日は45人程度の業者さんが来てくれ、そして目標、お客様の来場者170人をめざす。テントや長机、椅子は前日に並べている。最初にみなさんの前で挨拶をし、今日の注意事項を読み上げる。午前10時開始。イベントは何をやったかはもったいないので細かく書きませんが(^^;「大抽選会」その他モロモロを行っていく。その役割分担、道具揃えも相当なものがありました。

1つだけちらっと書けば、下の写真は「珪藻土で手形を作ろう」のコーナー。この企画は私が考えたのだけれど、やって大成功でした。
image

イベントは3時で終わり、片付けをし、午後5時やっと帰宅。疲れたーとベットに倒れこむ。2か月も段取りしてきたそれで、もう抜け殻のようである。もう何もしたくない。もういいや、簡便してくれ、当分ゆっくりさせてくれ・・・・(思いながらも、もうろうとしてこの文章をキーボードで打つ・・・)。

しかしよく考えれば明日の夜は将棋教室。今度の日曜日も午前に将棋教室をやらなければいけないのでした(^^;。まあとりあえず大きな大会も終わっているので、気軽に頑張ります。

将棋に勝った後、心がけなくてはならない事

将棋は勝ってもその場で喜びを全面に出してはいけない。それは相手を重んじる、日本の伝統文化だから。

その事をよく書いた「将棋指しは勝っても喜ばない? 佐藤天彦名人が勝利のあとに心がけていること」この文章が的を得たものでとてもよいです。アマチュアでもそうです。ぜひご覧ください。

サッカー好きな私としては、こうした文章、浦和レッズの槙野に読ませてやりたい。

「おかひじき」をいただく

先日、教室のとあるお父さんに、今年初物の「おかひじき」をいただきました。私の自宅に届けてまでくださって。以前書いた事もありましたが私、これが大好きであります(^_^)。からし醤油かけて、たくさんいただきました。どうもありがとうございました(^_^)。

大好きで食べていたけどこの食べ物、「おかひじき」って言うんですね。教えていただく先日まで私、知りませんでした(←藤井聡太の3.5倍、長く生きているのにね(^_^;))。
s-IMG_2409

怒涛の2日間

昨日、今日と「怒涛の2日間」を過ごした、その事を。

〇6月10日(土)
今日は職場自体は休みなのだけれど自分の受け持っている山形市での仕事に午後からいかなければならず、作業着を着ながらの朝9時半から子供将棋教室を行いました。いつものようにみんなの前で子供達、ご父兄様方にいろんな将棋の話をし、それから大盤を使ってちょっとした講座をやりました。そのやっている時
「どうもどうも」
などと?言って入ってくる男性1人。誰だろうと思ったらなんと、元県名人の山形市の田部井君なのでした。
「(私)あれ?今日仕事でこっち来たの?」
などと聞いてみるとそうでもないらしく、あえて今日の教室のために山形市からかけつけてくれたようなのでした。田部井君は今年からうちの支部の入ったので、その事でも気にかけてくれているよう。そして明日、倉敷王将戦の山形県大会があるがための特訓でという意味もあって来てくれたのかもしれません。ありがたい事です。そんな中、田部井君も子供達と4面指しの指導対局をバンバン、ほぼ全員の子達とも解説を踏まえながら指してくれました。子供達も本当にためになったようでした。

2時間半ほどやり正午近くになり、今日の教室はこれで終了。それから田部井君にお礼のためにもお昼ご飯を一緒に食べに連れていきました。行った場所は私自身、米沢で1番おいしいと思っている蕎麦屋さんで、以前棋士派遣で米沢に来てくださった先崎学先生もお連れした事がある店。その中の絶品の「十割そば」をご馳走してあげる。わざわざ来てくれたのだから、これぐらいは当然と思う。
image

将棋界で戯言しか言わないような人間とは違い、実際に行動し、助けてくれるこうした仲間がいる事を幸せに思う。店の中で田部井君にもいろいろ聞いてみる。最近県内の将棋情報もあまり知らない自分。そんな中で今年の六県大会に出場する人達の名前をこの時初めて聞く。頑張ってほしいと思うけれど山形、今年も大丈夫?

教室の様子などもいろいろ聞いてくる田部井君。うちの教室の名前になり、今年の11月で丸10年です。仲間の方々、記念の祝賀会(第一ホテルとか)なども開催したいと思うので、またその時みんなで米沢に遊びに来てください。

田部井ちゃん、本当に今日はありがとうございました。感謝します。

その後午後から軽トラに乗り換え、山形市の今やっている現場に向かう。延べ〇千万円のその仕事。今日は休日出勤ただ働きなのだけれど(^^;責任の大きな仕事はそれももう関係なくなる場合もあります。

夜8時帰宅。明日は早いので、ご飯を食べ、お風呂に入り、早々に就寝。

〇6月11日(日)
今日は朝6時前に起きて高校生になる息子の弓道の大会のため、長井市の会場に送りにいく。米沢市から50分かかるその会場に午前7時30分頃到着。弓道というものは中に入るのもなかなか難しい事もあり、また自分の子が弓を放つ時がいつになるか分からない(サッカーのスポ少とかでは試合の時間というのは決まっていたもんだけれど)のもあって、親が応援という人も少ない。

今日は天童で倉敷王将戦の山形県大会がありそれを見にいけたらと数週間前から考えていたけれど、息子の迎えに午後12時半に来てくれと言われたその時点で将棋の方はもうあきらめていた。なんといっても長井市ー天童市では車で1時間半近くかかる。それは無理なのではないか?ただ・・・計算してみると1時間半かかるそれも、1時間弱ほどだったら将棋を見ていられるのではないかという魔の思考、本田圭佑風に言うと「リトル鈴木」が大丈夫だ、見にいけよと耳元でささやいてくる(^^;。なんでも実行していってこその私である。という事で一路、天童に車をむかわせる事に。

午前9時半どうにか到着。本当にきちまったぜと自分の事ながら呆れ(^^;でも米沢、置賜からのうちの教室の子達の応援、そしてできる限りのアドバイスを現地でしてあげたいという気持ちが本当に強かった。

会場の入り口あたりで大泉県連会長さんにお声かけをいただく。私が中学1年生の時にヤマザワ将棋大会に出ていた時からの長きに渡るお付き合い。大泉先生が六県大会の監督で行かれ、夜に2日連続で私の大好きな盛岡の冷麺を食べに付き合ってくれ^^;そしてその年の大将で優勝した事もあった。昔も今も、その愛情をそそいでくださる大泉先生。大泉先生が会長でよかったと本当に思う。今回も大泉先生から言われた事、お願いされた事も、心の隅に置いておきますので。またよろしくお願いいたします。

会場に入る。
(余計な人間から声かれられないといいな・・・)
などと思って入るも、そこにはいつものうちの教室の子達、ご父兄様方がたくさんおられました。ご挨拶させていただき、開会式の後に対局が始まり、私も近くでそっと子供達の将棋を見ていました。

始まっての第一感。10年近くもこの大会見てきましたが「参加の子供達の数、少ないなー」と思いました。高学年の方はそこそこいたようですが(22人)、低学年の部の参加者が山形県全体で11人しかいなかった。3〜5年ほど前はもっといたはず。原因はあるだろう。来年、今年よりまた増える事を期待したいと思います。

教室での強化特訓ではもちろん技術の事も教えてきたのだけれど、対局マナー、姿勢、親御さんの会場の中での事も踏まえいつも教えていきます。そのためありがちな対局中に私語をしない、他の子達の対局に迷惑をかけない、親御さんは間近で見ないなどの事は、教室としてはできている方だと思う。

今回の結果で言えば、私が思っていたよりはみんな勝てた。きっと本人達はもっと勝てたと思っているはずだけれど、私の予想よりはみんな、1つずつ多く勝ってた。私は会場には1時間ほどしかいれなかったけれど、その戦ってる姿、時間の使い方などを含め教えた通りやってくれ、本当に頼もしく思って見ていました。特訓では「(練習から)頑張ってやって負けてしまう事は恥ずかしい事ではない。恥ずかしいのは何もしないでいって負けてしまう事だ」という事はよく話していた。みんな、今日頑張った。米沢、置賜の層も厚くなった。胸張っていいと思う。ただ今回負けた理由は何なのかを反省して生かしていかなければ将棋とは、ただ勝負を決めるだけの「ジャンケン」と同じものになってしまうので、今回の教訓を生かし、次に生かしていってほしいと思います。

親御さん方も大会後の結果報告、どうもありがとうございました。またぜひこれからも頑張っていってください。

午前11時になりご父兄様方に
「どれ、私帰りますので。人の子ばっかりかまっていないで、自分の子供かまわないといけないので」などと軽口たたいて笑いをとり(^^;会場を後にし、大至急、息子の弓道の会場に逆戻り。午後12時半前ギリギリに到着。車に乗った息子に
「今日の弓道の大会どうだった?」
と聞いてみると、今日の大会は団体戦なのだけれどうちの高校は入賞ならずだったようでした。

帰り道に息子と2人、ラーメン屋に行きお昼ご飯を食べ、午後2時半帰宅。キックオフとなっていたモンテディオ山形ーザスパ草津の試合をダゾーンで見る。結果はモンテ、1−0で勝利!最近ずっと調子のいいモンテ。今年就任した木山監督のサッカーが選手にフィットしてきた、その成果だと思う。

夕方に同じ日の今日福島県で行われた「倉敷王将戦福島県大会」のその結果を、先月米沢から福島に引っ越していった、たいかん(小学5年生)のお母さんからメールでいただく。高学年の部の地区の大会で優勝し、県大会に勝ち進んだたいかんだったですが、全国大会出場はならなかったよう。ただあちらに行っても将棋を頑張っている、その事だけでも私は満足しているところです。またこれからもぜひあちらでも将棋を続けていってください。

今日はうちの娘の12歳の誕生日なので、夕方からそれのちょっとしたお祝いを。今年のプレゼントは本が大好きな娘のリクエストで「図書カード」をあげました(ひとのちゃんのお母さんからもプレゼント、どうもありがとうございました。娘も大変喜んでました)。
image

image

しかし娘12歳とは本当に早い。生まれたのはつい数年前ぐらいにしか感じないのだけれどね。

という怒涛の2日間を過ごしたわけですがただ、2日間と言わず、ここ1か月は本当に慌ただしかった。仕事が忙しいなどというのは当たり前なのだけれど、子供達の運動会があり、息子の送り迎えがあり、将棋教室+倉敷王将戦の特訓を合わせて6回やった。どれどれ、倉敷大会も終わったし少し休めるかなと思っていたらそうではなく、来週の日曜日こそ、私にとっての大イベントが行われる日なのでした。それが終わって初めて休暇がとれる。もう一息。また頑張ります。

明日は教室です

明日は臨時の教室を開催します。奮って参加してください。

◯日時 6月10日(土)午前9時30分〜午前11時30分
◯会場 置賜総合文化センター3階 第3会議室
◯持ち物 特になし

特訓3回目

今日の夜は、大会前の強化特訓の3回目を行いました。大会に向けての事、技術、心の持ちようなどは自分の経験があり、かなり突っ込んで教えられます。

最後は代表の子に、私の持っている、全国大会でも使ってきた勝率抜群の必勝扇子を貸してあげました。

大会ではみんなでやってきた事を生かし、ぜひ頑張ってきてほしいと思います。
将棋教室のテキスト、宿題等
過去のテキスト、宿題等です。  会員の方にお知らせしておりますパスワードを入力のうえ、ご覧ください。
入賞の作文

教室の子が将棋の事の作文を書いて、大きな賞をもらいました。

○せな
 『将棋の「わ」が広がる』
  県作文コンクール最優秀賞

○ひとの
 「ぼくの わたしの、とくいなもの」
  朝日小学生新聞賞

将棋用品はこちらから
 

日本将棋連盟デジタルショップです。私も将棋用品はここから購入しています。支部会員の方は2割引きなどの特典もあります。

おすすめ詰将棋本1

3手詰ハンドブック(2)新版 [ 浦野真彦 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


おすすめ詰将棋本2

5手詰ハンドブック(2)新版 [ 浦野真彦 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


おすすめの矢倉戦法の本
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

よくわかる矢倉 [ 金井恒太 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/7/21時点)


おすすめ石田流戦法の本
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

よくわかる石田流 [ 高崎一生 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/7/21時点)


おすすめ四間飛車戦法の本
お薦め本
私が感銘を受けた本
プロフィール

●キッズ米沢将棋塾塾長
●平成20年朝日杯オープン戦出場、平成17年支部名人戦東日本大会3位、東北名人2回、東北六県大会出場11回、山形県大会優勝 14回他、五段
●一級建築士。かわいい息子と娘の(^_^;二児のパパです

☆ホームページ
将棋の里山形とゆうまのホームページ
☆ブログ「キッズ米沢将棋塾日誌
☆YouTube「yumapapa Channel


バックナンバー
このブログ内の記事を言葉を入れて検索
携帯電話からこのブログを見るにはこちら
QRコード