このブログの右側の1番上でやっております「リレー将棋」。今日の記事はここまでの指し手でのポイントなどをちょっとだけ書いてみましょう。

○ポイントその1
子供チームの四間飛車戦法。ここで今香港に住んでいる成君(小学6年生)が▲7七角と上がりました。この手は居飛車側の飛車先を受けたという意味で十分ありえる手なのですが、しかしこの手は今の現状だとやや早い感じ。△8五歩を突かれたらさすがに上がらなくてはなりませんが、ここでは王様の囲いを急ぐなど、他の方に手をかけた方がいいでしょう。四間飛車側が先手である事、その先手番だという一手の有利さをとても大事にしていきたいです。

1












○ポイントその2
第2図の局面で天童市在住の中学2年生、奥山雄介君が指した▲6七銀はこの局面での最善手でしょう。ここで▲3八銀や▲1八香と王様の囲いを確定してしまうのはたとえその囲いを当初から決めていたとしてもまだ早い。他の手としましては▲5八金左という手も例えば相穴熊の戦形になった時に▲4八飛と回るなどの手法を消しているという事もある。また▲9八香もおかしい。▲6七銀は、かつてよく指された7八銀という形のまま居飛車側の急戦を受ける指し方はほぼ絶滅してしまったのでマイナスになるという事はない手。将棋とはできるだけ相手に「こちらがどう指してくるんだろう?」と思案、不安がらせる事は大事なので、態度を少しでも保留できる場合はこのように指した方がいいです。

2












また余談ですが図で▲1六歩▲1五歩として振り飛車側が▲1八香から穴熊にするなどという手法もたまにプロ間で指される場合がありますが、こうした「凝った(ひねった)手法」は子供達は覚える必要はありません。他に別な戦形で例えばいきなり△8八角成と角交換して△2二飛車と振り飛車にするなどという今プロで指されるあの指し方など絶対にマネをしてはだめ。「基本に忠実に」は「本当の将棋の力をつける」事で今やっていかなくてはならない1番大事な事です。

○ポイントその3
第3図の局面で私が△1四歩と突いたのは「振り飛車側は穴熊にするのですか?美濃囲いにするのですか?」と打診したという意味ですが、これはこうした子供達用講座として扱うのはどうかという言葉ですが、「昭和の手」です(^^ゞ。現代風はここは△5三銀と指すのが主流の手。居飛車側は無難に穴熊に組めればまずは十分という考えが今は根本にあり、振り飛車側が穴熊にした場合に居飛車側も穴熊で十分以上対抗できる。またここで振り飛車側がおかしな手を指した場合(例えばこんな手はないでしょうが▲4六歩や▲3六歩とかの類の手)は△7四歩からの急戦の道も残しています。△1四歩は振り飛車側が穴熊にした場合は居飛車側は左美濃という風に進みやすいと思いますが、まあこの昭和の手もある意味「なんでもかかってきなさい」という将棋塾先生的余裕なつもりなわけで(^^ゞ

3












今日はこのポイントを3つあげたわけですがしかし、このポイントの手も例えばさほど将棋の序盤を気にしない、そんな事に頭を回すなら終盤に時間を残しておいた方がいいなどという人ならまったく頭を回さない部分かもしれません。しかし塾長はそうは考えません。こうした将棋の本道、本筋を追いかけていく事は必ず自分の将棋と力となり、そして田舎だけじゃない大会(つまりは全国でという事)でも勝てる実力になっていくものと考えます。「序盤を早く、どうでもよく指す」という事は初心者でも誰でもできる事。こうした将棋の骨格を作る序盤という部分も丁寧に指す事が大事でそしてまたおもしろい部分だと考えられるようになれば相当な実力がついてきた証拠、だとも思います。