2009年11月27日

たらふく@宮古

さて、こちらは、6,7年ずっと宿題にしていたお店。

岩手県の宮古というところなんですが、盛岡からのJR山田線は1日に3本とか。
以前、なんとか日帰りできないか調べたことがあったのですが、片道7時間くらいでたどりつけても、東京へ戻って来れず日帰りできない、ということが判明していたため、なかなか行くことができなかったのです。
今回、やっといけました。

1277d60f.jpg


もう、店構えからして、「絶対OKだわ」と思える美しさ。
このあたりで既に、魚の香りがしています。

09f44f82.jpg


中華そば 500円

魚の薫りが店中に充満しています。

どんぶりの表面にびっちりのちぢれ麺。
見た目は、中河に似ていますが、それよりももっとやさしいおだしの味。
少し平たいちぢれ麺を箸で持ち上げ口の中に運ぶと、麺の塊の中に含まれたスープも一緒に口の中に運びこまれて、口のなかでじゅわーっと広がります。

これは、ちょっとびっくり。

口の中にスープが広がる感覚は、、ショーロンポーを食べた時の感覚に近いです。

何度も確かめてみましたが、じゅわーっと広がる。その感覚がおもしろい。
他のラーメン屋では、経験したことない感覚です。

これは、本当に大ヒット。
遠路はるばる、行ってよかった...
同行者も全員、若干興奮気味でした。

結構ボリュームがあるので、途中、卓上にあるコショウとか唐辛子を振ると最後まで飽きずにおいしく食べられます。特に、唐辛子が妙にマッチしていました。

なかなかいけない場所だけど、機会を作ってまた行ってしまいそうなお店です。

たらふく
岩手県宮古市大通1-1-20
0193-62-5607
10.30-20.00 火休

(追記)
同じタイミングでお店に入った老夫婦、なんと盛岡から電車で来たんだそうです。きわざわざ、「盛岡から腹をすかせて食べに来たんだよ!」といって立ち去りました。わざわざ電車に乗ってラーメンを食べに来る老夫婦...いったい何者なんだろう?(悩)




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔