「未来をいかに読み解くか」新時代の発想とヒント

「シークレット」実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト
あなたの夢を叶える
「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
夢を叶える秘訣
偶然は神様からの贈り物
夢をそだてる7つの魔法
Twitter
livedoor Blog
2017年03月01日

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「3」

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「3」

前回からの続きです。

これから書くことはあくまで水口個人の仮説です。
鵜呑みにしないでください。


ここにきて「金正恩死亡説」が世界に流布され始めた。

孫子の兵法は「兵は詭道なり」と言っています。

簡単に言うと「騙しの技」です。

敵をいかに騙して罠に入れるかと言う戦法です。

仮に「金正恩死亡説」が本当であったとすれば
誰がどのように殺害したのか?


ポイント3「強権者には反権力者が生じやすい」

強権者(金正恩)はあらゆる手段で身を守るはずです。
そう簡単に金正恩氏を殺害できるはずがありません。

また反権力者が一気に政権を奪回して臨戦状態になっているはずです。

「兵は詭道なり」

おそらく影武者を何人も立てているはずです。
そこから「金正恩死亡説」が浮上したのかもしれません。


簡単に金正恩氏を暗殺できるならもうとっくに実行されているはずです。


孫子の兵法では

「敵を包囲したら必ず逃げ道を開けておく」のが常套手段です。

追い込みすぎると、核ミサイルが発射されるからです。

この辺りは米国も中国も熟視していると思われます。


また韓国を盾に戦うかもしれませんね。

それを逆手にとって米国は南北戦争に持っていき混乱させる戦法もありです。
ただ中国は無政府状態になると難民が一気に中国になだれ込むので
その手は使わないでしょう。

米中が歩調を合わせることはやがて困難になります。

いよいよきな臭くなってきました。

さてこれから朝鮮半島はどうなっていくのでしょうか?

みなさんも考えてください。


ヒント

内部分裂(米国;中国、北朝鮮;韓国)は必ず起こる

「4」に続く




  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 09:00見えてきた未来社会
2017年02月28日

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「2」

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「2」

前回からの続きです。

これから書くことはあくまで水口個人の仮説です。
鵜呑みにしないでください。


「誰(どのグループ)が利益を得るか」という観点からの洞察です。


金正恩氏は異母兄弟の金正男氏を生かしておくと政権を脅かされる可能性があります。

もちろん金正男氏個人にそんな政権をひっくり返すほどの力はありません。


それではなぜか?


バックに中国が控えています。

各種の報道によると

義理の叔父「張成澤」が粛清(処刑)されました。
「張成澤」は中国とズブズムの関係だったからです。

中国の属国になるのを嫌った金正恩氏は根元から断ち切りました。

残された金正男氏は中国の保護下で生き延びてきました。

金正男氏を金正恩氏に替わる最高指導者とすることを狙ってもおかしくはありません。

習近平氏と金正恩氏は今でも絶交状態です。


次に米国です。

独裁政治の金正恩氏が核ミサイルを米本土に打ち込む危険性が増してきました。

中国と同じく、金正男氏を最高指導者に入れ替える方が安全です。


金正恩氏はこれらの動きを察して、金正男氏を殺害したとしても理にかなっています。

米国も中国も金正男氏殺害事件への深いコメントを発しない理由がわかります。

ポイント2「敵の敵は味方につける」

米国と中国はいろんな意味で対立しています。

しかし、両国が歩調を合わせても不思議ではありません。


これから朝鮮半島の未来に何が起こるか?

みなさんも考えて見てください。


ヒント

米国(トランプ)と中国(習近平)の目的は一致している。

米国も中国も二つの勢力に分断されています。(グローバリズムとナショナリズムの対立)

韓国はどう絡んでいるのか。


「3」に続く




  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 20:00見えてきた未来社会

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「1」

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「1」

これから書くことはあくまで水口個人の仮説です。
鵜呑みにしないでください。


「いかなる賢者も未来を予見することはできない」

この言葉のように誰も未来がどうなるかは分かりません。

しかし、未来を知りたいという人間の欲望は古代から現代まで続いています。


「未来を制するものは世界を制する」


そして人類は数々の未来を予測(予知)する方法を編み出してきました。

今回は未来を読む「東洋の知恵」を中心にお伝えしたいと思います。

東洋は独特の自然観を持っています。

私は長年「東洋の知恵」を研究してきました。

それを毎年「どうなる◯◯年」シリーズで公開しています。

「未来をなぜ知る必要があるのか」

それは自分自身の人生を豊かにするためです。
未来を知らずして「夢の実現」は不可能です。

未来を読み損ねた一瞬の判断が命運を決めます。

道路地図(カーナビ)なしで目的地に向かっているようなものです。

この原稿を「カーナビ」にしてくださいと言った奢った気持ちは
全くありません。

ただ今まで予測したものが「当たらずとも遠からず」だったので
参考になるかなと思って書いています。


「東洋の知恵」を身につけ、暗闇の中の一燈のあかりとしてお役立てください。

未来社会は想像を絶するような大変革が起ころうとしています。

最初は「孫子の兵法」のポイントを現代用語にして未来を読んで見ましょう。



ポイント1「誰(どのグループ)が利益を得るか」


今回の金正男殺害事件を例にしながら勉強しましょうか。

金正男殺害によって「誰(どのグループ)が利益を得るか」と言う仮説です。

皆さんも一緒に考えてくださいね。


ヒントは

北朝鮮か、中国か、それとも米国か、先入観を持たないで客観的に
分析しましょう。

シリーズ「2」に続く  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:55見えてきた未来社会
2017年02月20日

未来がどうなるか教えて?



その質問の答えは


「未来は自分が決めるものだ」と答えるしかありません。


未来はスメジュールに書き込む予定と同じようなものです。


「明日はどうすればいい?」と尋ねられたら


それは「あなたが自分で決めることでしょう」と言われます。


なぜ未来が決められないのでしょうか。


答えは明白です。


未来がどうなるかわからないからです。

それは自分を取り巻く環境がどう変化するかわからないという意味です。

しかし

環境がどんなに変化しても自分のやりたいことは決めることができます。


時代や環境が変化しても、自分のやりたいことを環境に合わせながら
やればいいことです。


明日の予定を決めるように、明日に急用ができれば明後日に伸ばしたら
いいだけです。

風邪を引いたら治ってからやればいいことです。


相手がいなくなれば別の相手を探せばいいことです。


失敗すればやり直すだけです。



こうして考えてみると、どうして自分の未来を決められないのでしょうか。


自分の未来は自分が決めて、その自分の未来がうまく行くように
時代や環境を知ることです。


時代や環境がどのように変化するかわからないので、自分の未来が決められない
と考えるのは本末転倒です。



私ごとで恐縮ですが、私は45年間同じ仕事をしてきました。

45年の間に時代は大きな変革を何度も繰り返してきました。

それでも私の仕事(自分のやりたいこと)は変化していません。



自分の未来は自分で決めることです。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 13:24見えてきた未来社会
2017年02月07日

決断の遅いものは大成しない



新年があけたと思ったらもう2月です。

今年年初に決めた計画は進んでいますか?
中だるみしていませんか?


グズグズしているうちに時間は流れて行きます。

私たちは毎日大きなことも小さなことも「選択」の連続です。

どちらを選択するかをテキパキと決断しないと時間の経過とともに混乱して来ます。


やり残したことが頭にこびりついて、なんだかモヤモヤして来ませんか。

さらに次から次へと新しい選択に追われます。

そのうちに自分のやってることがわけがわからなくなり無駄な時間が過ぎ去って行きます。


「決断の遅いものは大成しない」と言われていますね。


決断の早い人は物事の判断基準をしっかり持っています。
その判断基準に沿って決断しているので迷いがありません。

判断基準はどこからやって来たのか、いうまでもなく「目的」です。
自分の目的に沿って物事を判断しているから決断が早いのです。


たとえその決断が間違っていても「目的」を持ってる人は後で修正できます。
決断が早い人は修正も早くなります。


決断の早い人でも自分の決断が正しいかどうかはわかりません。
ただ決断が遅れるとリスクが発生するので、結果論として間違っていても
決断だけは早くやります。

その決断の連続である種の勘が働き、精度の高い「選択」ができる
ようになります。


決断の早い人は実は勘で判断しているのです。


まとめますと、決断の遅い人は目的もなく、場当たりで判断して
状況がさらに悪くなり、その結果、自信がなくなります。

新しい決断を恐れ迷うので決断が遅くなります。

当然物事が前に進みません。


「決断の遅いものは大成しない」という結果を生み出します。


今日は2月7日です。まず初心に戻って自分のやりたいことを確認してください。

そして、一歩を踏み出してください。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:06見えてきた未来社会
2017年01月31日

人は見るものを選択してる

人は見るものを選択してる


「人は見るものを引き寄せている」

ともいえます。


早くいえば

「人は意識したものだけを引き寄せて見ている」

ということです。


心理学でよく言われる「カラーバス効果」ですね。

赤を意識して周りを眺めると赤色のモノばかりが目に飛び込んで来ます。

他の色を意識しても同じことが起こります。


このようにたくさんのモノの中から自分の意識したものだけを選択して、
あたかも引き寄せたように感じます。


意識には「能動的集中」と「受動的集中」があります。


先ほどのカラーバス効果で説明すると、赤を意識するか、青を意識するかを
事前に選択することができます。



これが「能動的集中」です。


ところが勝手に目に飛び込んで来たものを意識することがありますね。


これを「受動的集中」と呼びます。


もっと厳密に説明すると「受動的集中」は、無意識という意識が事前に
やはり選択しているのです。


人の行動、感情、思考は習慣化しています。
習慣とは無意識の反応です。


無意識は心の奥深くに潜って意識化されないので潜在意識と呼んでいます。


私たちは毎日「習慣」という無意識によって生活をしています。


人生は習慣の産物です。

成功する人はいつも成功するし、失敗する人はいつも失敗しています。


なぜなら習慣がそのように仕向けているからです。

何度も失敗する人は無意識を意識にあげて修正してやる必要があります。

カラーバス効果で赤に意識を集中させると他の色が見えなくなるように
成功に意識を向けてやることです。

どんなに失敗する人でも過去に成功した体験があるはずです。
その成功体験に意識をフォーカスさせます。


その感情を持続させながら未来の成功をイメージ(能動的集中)することです。


そうすることによって成功するための情報、知識、人を引き寄せて来ます。

この繰り返しがやがて潜在意識を変えていきます。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 13:35見えてきた未来社会
2017年01月29日

流れの真ん中にいないと支流に入ってしまう



時代はまるで大きな川のように大海にむかって流れ続けています。

良い悪いは別にして私たちは川の流れに乗るしかありません。

同じ流れに乗るなら真ん中に入るべきです。
真ん中にいないと支流に巻き込まれてしまいます。

一旦支流に入ってしまうと後戻りが効きません。どんどん本流から離れて行きます。



徳島の片田舎で育った子供の頃、川に沿った道を歩きながら学校に通っていました。


毎日友達と小さな木舟をつくって川に流し、学校まで速さを競い合ったものです。


木舟が川岸に寄り過ぎると淀みに入って動かなくなったり、時には支流に入り、そこで勝負が終わりになることもあります。



人生も時代の流れも同じようなものです。


川岸に行くほど変な陰謀説が渦巻いています。

それに巻き込まれたら思考停止を起こし世の中が分からなくなります。


また時代の本流を流れているつもりが、とんでもない支流に入り戻れなくなる恐れもあります。


今世界は二極分化しています。



本流を流れている人々としっかり手をつなぎ離れないようにすることです。


もともと本流はたくさんの支流が流れが集まって出来上がったものです。


時代の潮流は大きく長期に見ないと流れが見えません。

社会は人の集合体です。
人は群れながら生きています。

大河といえども一滴の水の集まりです。
一人ひとりの意識の方向性が時代の流れつくります。


その意識の集まりを私は「意識場」と呼んでいます。

「場」は目に見えないエネルギーです。

意識のエネルギーは共鳴、増幅しながら時代を変えて行きます。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:57見えてきた未来社会
2017年01月25日

勝てる組織とは

勝てる組織とは

「優秀なリーダーの存在と無能な社員がいないこと」



これだけです。


大企業と言えども創業期は零細企業に等しい。

その個人商店のような零細企業がどうして大企業まで昇りつめることができたのか。


そこに優秀なリーダー(創業者)の存在があったからです。



そんな零細企業に優秀な人材は集まって来ません。

ただ無能な社員がいなかっただけです。


無能な社員とは「やる気のない社員」のことです。

腐った一個のリンゴがすべてのリンゴを腐らしていきます。


それを取り除くだけです。


「やる気のある社員」はやがて頭角を現し組織の要となって育っていきます。


大企業が優良企業とは限りません。

勝手は資本金、社員数、大きな社屋が大企業の象徴でした。


もはやそんな時代ではありません。


アメリカ第45代大統領に、ドナルド・トランプが就任しましたね。


彼は名実ともに世界のリーダです。


その舵取りいかんで世界は揺れ動く。


優秀なリーダーと信じるものもいれば、
無能なリーダーだと落胆するものもいる。


世界は二つに分かれています。


話を元に戻してみましょう。

勝てる組織(国)とは

「優秀なリーダーの存在と無能な社員(国民)がいないこと」です。

我が国はどうでしょうか。


ドナルド・トランプ大統領を有能と判断しているのか、無能と判断しているのか。

それはマスメディアの論評をみればある程度判断ができます。


正確な判断をするためには報道をそのまま鵜呑みしないことです。


巧妙に歪曲されているからです。


ヒントを上げておきましょう。


「学校に行こう!」

「行こう!学校に」


内容は同じことを伝えていますが、
伝えている方向性は違います。


今の時代は情報を読み取る力を身につけることが大切です。

情報リテラシーの弱い国は滅びます。


日本の未来は優勝なリーダと優秀な国民がいれば安泰です。


その逆であれば日本の未来は暗い!

あなたの頭で考えてみて下さい。

  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 16:00見えてきた未来社会

自分が豊かになればまわりも豊かになる


どうもしっくりしない考え方があります。

それは「利他心」、

「自分を利することばかり考えないで他人に
奉仕しなさい」

ということです。

一見正しいような気がしますが、自分を犠牲にして他人を豊かに
できるのでしょうか。


「あれほど面倒見てやったので恩知らずの奴だ」


こんな愚痴をよく聞きます。


これは結局自分のために面倒を見てやったという裏返しの証拠です。


全くの無私で他人に奉仕できるのでしょうか。

生物の個体保存本能から考えても無理というものです。


もちろん現実的には自分を犠牲にしてまで他人を助けている人も数多くいます。
厳密に言えば「自分が犠牲になっている」とは思っていないはずです。
それは「愛」という崇高な表現にすぎません。


それは立派な行為で尊敬に値します。


しかし、その無理(愛のない行為)はいつか自分自身を破綻させることにつながっています。


そこで「Win Win」などと言い出しました。

これはもっと難しいことです。



これらの話の根底には「競争」という概念が存在しているからです。


「競争」には勝ち負けがあります。


驚くべきことに日本人には「競争」という概念がなかったのです。

概念がないということは「言葉」がないということになります。


だから自分と他人の境界線も曖昧でした。

全体が自分であり、自分が全体という概念です。(全体主義ではない)

自分=他人、という信じられない境地だったのです。


「人間国宝」という概念もここから生まれました。

日本は世界で唯一奴隷制度のない国でした。


自分が豊かになることは他人が豊かになることとイコールでした。

辛くて苦しい時も、みんなが助け合いの心を持っていました。


そこには「利他心」という言葉さえありません。

日本はそんな稀有な国だったのです。
今でもその名残りは残っています。


震災が起こったとき、食料を並んで受け取る日本人の姿は外国人には
信じられない光景なのです。


この日本人の心の鋳型はどこからやってきたのでしょうか。

それはシュメール文明の遥か6000年前に興った「ウバイド文明」まで
遡らなければなりません。


「あなたがいて、私がいる」
「私がいて、あなたがいる」

「私はみんなのために」
「みんなは私のために」


なんと素敵な想いでしょうか。  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 09:13見えてきた未来社会
2017年01月16日

新しいことは胡散臭く感じる



世の中は猛スピードで変化していますね。

この先どうなるのだろうかと不安になりませんか?

特に今年は今までの常識がひっくり返るような
出来事がたくさん頻発することが予測されます。


人間は変化を嫌います。


不安から逃れるために、行動や考え方が固定化しようとします。
一口に言えば「固定観念」を持ちながら日常生活を送っています。


変化がゆっくり進む時代はいいのですが、今日の変化には
対応できません。

変化に対応するには、自分の「固定観念」を見直すことです。


自分と違った生き方や価値観を持ってる人と接すると
何か違和感を感じますね。

違和感だけならいいのですが、胡散臭く感じて避けようとします。

どんなものでも新しいことは、胡散臭くて受け入れがたいものです。

「固定観念」の強い人ほどそう感じることでしょう。


もちろんなんでも受け入れるは危険です。
しかし、拒否しないで一旦は受け入れ吟味する余裕が必要です。


ひょっとしたら自分の方が間違っているかもしれません。
変化に対応するには自ら変化して行く必要があります。


変化の時代は自ら変化することこそ安定なのです。
変化できないということは時代から淘汰されて行く危険性すらあります。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:20見えてきた未来社会