2006年09月25日

未来を検知するブラック・ボックス

 

いかなる賢者も未来を予知することはできないといわれています。しかし、未来を予知する計器が発明されたらしい、らしいと言うのは詳細なレポートを持ち合わせていないからです。

その話とは、未来を検知するブラック・ボックス - 英国のエジンバラ大学の倉庫に小さな黒い箱が置かれています。

何の箱かと言いますと「未来を予知するボックス」だそうです。


箱は、タバコ二箱を重ねた程度の大きさで、無愛想な黒い鉄製の外装に包まれています。中には計算機と変わらないマイクロチップが収められ、その機能は毎日、絶え間なくランダムに数字を吐き出し続けることのみです。

 このボックスが人類史上に記録に残るほどの、未曾有の大惨事となったインドネシアの津波を4時間前に予知したと言われています。
ロバート・ネルソン博士 - 米プリンストン大学の名誉教授 はこんなコメントを出しています。
「これは世界の常識を覆すものです。」

現在博士はこの「ブラック・ボックス現象」をベースに、世界的な未来予知プロジェクトを打ち立てています。
何でこんな現象(予知)が起こるかは現段階では不明だそうです。

グローバル・コンシャスネス・プロジェクト

ネルソン博士が現在進めている「グローバル・コンシャスネス・プロジェクト」(世界意識計画)は米プリンストン大学に中心が置かれています。

その計画の目指すところは、我々人類が無意識に共有する潜在意識を検知することにあり、そしてそれは結果として未来の予測に繋がるというのです。
ネルソン博士は、現代の科学者として真面目に研究に取り組んだ先駆として、こうした現象を近代的な科学技術で計測しようとした人物です。

そして博士が生み出した計測器のひとつが、一見なんの変哲も無い、例の黒い箱 - ランダム・イベント・ジェネレーター(REG)だったのです。
それは単にコンピューターの単純計算によって1と0をランダムな数列として吐き出すというもので、その一連の数値を結んだパターンからグラフを作り、プリントアウトされる。しかしそこに何らかの偏差が生じた場合、グラフは緩やかな曲線を描くという仕組みになっているそうです。


その結果、装置は見事に反応を示したのです。


博士はこの結果に対し、科学的な説明を行うことは出来なかった。。以来、ネルソン博士はこの現象の解明を研究しているそうです。  

いつの世も科学技術の進展によってもたらされる新しい発明品はにわかに信じがたいものです。

今では当たり前のテレビや電話、コンピュータも一昔の人たちから言わせれば信じられない魔法の道具です。

未来が予知できる装置?ほんとうに信じがたい話ですね。


  

ランキング

  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 12:41コメント(0)トラックバック(0)
2006年09月23日
2006年09月15日

宇宙はひとつの命

「多神は一神、一神は多神」「全即一、一即全」という言葉があります。

人間も動植物も、太陽や月も、宇宙に存在する天地万物一切がひとつらなりのいのちなのです。

自分の存在は他を存在させるための原因であり結果でもあります。
すべてのものは繋がりあっているひとつの命なのです。

日本人が日頃なにげなく発している「おかげさまで」という言葉は、天地創造の神(宇宙大自然)に対する畏敬と感謝の念の顕れでしょう。

「諸法無我」という仏教の教えがあります。

自分ひとりの力など無に等しい、すべての「おかげさま」によって自分の命が運ばれていることに気づきなさい、と諭しています。

しかしながら、人間一人ひとりは、ちっぽけな存在では有りません。「一即全」という法則が歴然と息吹いています。

こういう境地に立ったとき、ひとりの人間の魂の働きが、必要な人やものと共振、共鳴し、大きなうねりの波動となって、現象界を変えていくのです。

自分だけ、自分の家族だけ、自分の会社だけ、自分の国だけ良ければいいというエゴが調和を乱し弱肉強食的な視野狭窄に陥り、人類社会に地獄を生み出すのでしょうね。

すべてのものが、ひとつながりの命であることに気づいたら人間社会はどれほど平和になることでしょう。

人類社会は破滅に向かっているような気がします。創造と破壊は紙一重です。
今の世界的な破壊は、新しい時代を建設するための創造的破壊であって欲しいと願うばかりです。

その前に、まず自分を変えることから始めなければと、反省する毎日です。

ランキング

  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 12:22コメント(1)トラックバック(0)
2006年09月13日

日々の行動計画

人生は毎日の積み重ねです。今日という日を上手に使う人は人生もうまく運びます。

一日の時間の使い方は人生の時間の使い方と同じです。 それでは一日の行動計画をどのようにすればいいかを書き出してみましょう。

毎日すること

1今日何をするかを紙(手帳)に書き出す

2行動の優先順位を決める

3優先順位に従って行動する

4緊急なことが起こる時間をあらかじめ取っておく

5時間不足になれば次の日のリストに加える

ただこれだけの手順で毎日行動してみてください。時間管理がだんだん上手になります。

今日やることは空間配置です(右脳)
やることを時系列に落とし込む(左脳)

途中で優先順位が入れ替わってもかまいません。 今日中にできればいいのですから〜

 

 

  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 23:13コメント(0)トラックバック(0)
2006年09月01日

持続力って?

カレンダー 物事に持続力がある人と無い人の違いは何でしょうか?

あることを発見しました。

 誰が見ても1年も掛かることを一週間で諦めた人がいます。
そんな人をみると最初からそんなにやりたくは無かったんだと思うに違いありません。

ところがその人は、何が何でもやり遂げたかったのです。

 だったら、何で一週間?

 後で分かったことですが、その人は「一週間もかかってできなかった」という心境だったのです。

 もう!びっくりしました。

 1年もかかることを一週間もあれば「できる」と判断していたのです。
当然ながらその人は自分に持続力が無いという風には思っていません。何だって一週間も粘って頑張ったんですから〜

 持続力が無いか有るかには、その人が持っている物差しがあるというわけです。

 エジソンはフィラメントの素材を発見すのに1万回も実験したと言われています。私たちの感覚では200回〜500回ぐらいでしょう。
500回も実験したら諦めてしまうかもしれません。
それを見ていたエジソンは「たった500回ぐらいで諦めるなんて」と思うことでしょうね。

 周りを見回すと持続力の無い人の基準はとても短いことが分かります。何でも簡単にできると思っているのです。

 簡単にできることが、できないので落ち込んでしまうのです。誰だってそんな短い時間ではできないことを知らないのです。

 持続力の無い人は、物事の奥の深さを知ることから始めなくてはなりません。

 持続力のある人は、何事も簡単にできないことを知っているのです。
だから、できるまで粘って持続するのです。

ランキング

  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:24コメント(1)トラックバック(0)
「シークレット」実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト
あなたの夢を叶える
「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
夢を叶える秘訣
Amazon.co.jp
偶然は神様からの贈り物
夢をそだてる7つの魔法
Twitter
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)