2008年03月12日

東洋思想からみた世界観

東洋の陰陽の知恵を用いて世界の動きをみてみましょう。

陰=遠心性(東洋)

陽=求心性(西洋)

1995年あたりから時代は東洋にシフトしたように思われます。

もうひとつ東洋思想には五行説があります。
木(もく) 火(か) 土(ど) 金(こん) 水(すい)
と読みます。

木(もく)=(原始時代)青→宇宙人

火(か)=(狩猟時代)赤→ネイティブ・アメリカン

土(ど)=(農耕時代)黄→アジア人

金(こん)=(工業化時代)白→白人

水(すい)=(情報化時代)黒→黒人

時代の進展

原始時代→狩猟時代→農耕時代→工業化時代→情報化時代

時代を「陰陽五行説」でみてみると
東洋の時代 情報化時代 黒人の時代、ということになります。

西洋の端はアメリカで東洋の端は極東の日本ということになりますね。
現在の覇権国アメリカは黒人の時代になり、やがて日本に橋渡しすることになります。

情報化社会が進展すればするほど、国、企業、個人はお互いにネットワーク化して、社会は有機システムに近づいていくことでしょう。

有機システム=自然の法則

何千年に渡って自然と共生してきた日本の根底にある文化はこの陰陽五行説によって成り立っています。

2008年、人類社会は、そのスタート台に立ったところです。
いよいよ本格的な東洋の時代に入っていくことでしょう。

それに拍車を掛けているのが人類規模で起こっている「地球環境問題」なのです。

日本は新たな時代の入り口に立っているのです。



  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
「シークレット」実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト
あなたの夢を叶える
「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
夢を叶える秘訣
Amazon.co.jp
偶然は神様からの贈り物
夢をそだてる7つの魔法
Twitter
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)