2009年03月30日

人生を左右する時間感覚の違い

人生を左右する時間感覚の違い

 人によって時間感覚はずいぶんと違うものです。久しぶりに会った人と別れ際に「また近じかお会いしましょう」と別れの挨拶を交わします。

 その「近じか」とは、何日何ヶ月のことでしょうか?

 日本人は時間には几帳面のようです。同じ日本でも沖縄などはアバウトです。
 日本の電車が1分の誤差もなくホームに滑り込んでくるのは外国人にしてみれば魔法のように見えるらしい。

 この時間感覚が人生にも反映されているようです。時間の流れは物事の因果関係なのできっちりした時間感覚で生きている人は時間のルーズな人を許せないのです。

 時間、規則、価値観、礼儀、慣習などをとても大切に守ろうとします。反面時間にアバウトな人はあまり物事にこだわりが少ないようです。

 どちらが良いかは本人の心情なので何とも言いがたいです。しかし人生の取り組み方には相当の開きがあります。どちらにも一長一短があります。

 これからの時代は物事の因果関係が早くなるので時間通りに物事を進めている人は大きなストレスを抱えることになります。

 時間、規則、価値観、礼儀、慣習などを相手に押し付けようとするので、人間関係もおかしくなっていきます。さらに変化に対応できないので効率が悪くなります。

 それではどうすればいいのでしょうか?

 人生計画を長期(10〜20年)に考えて目標を設定することです。長期に考えると価値の優先順位がしっかり組み立てられているので途中で多少の時間的変更が起こっても目標が外れることはありません。

 短期計画だけだと目標と現実とのギャップがどんどん拡大してとんでもない方向に行ってしまいます。

 環境変化の激しい今の時代はなおさら長期目標が大切です。

 明日どうなるか分からないスピード時代に長期の目標を持っても意味がないと思われるでしょうが、それは反対です。

 社会生活で時間を守ることは大切ですが時間を守ったために自分の人生が違った方向に行ってしまうのは本末転倒です。

 時間をルーズにすることとアバウトにすることは違います。アバウトは選択の余地を残しておくという意味です。

 規則、価値観、礼儀、慣習などは時代と共に変化していくのは当たり前のことだからです。

 時間にルーズな人は私も好きではありません。私が言っているアバウトとは、たとえば3時に待ち合わせをしても前後5〜10分ぐらいの幅を持たせましょうという意味です。

 3年計画であれば前後1年ぐらいの幅を持ってもいいのではという意味です。

 「そんなことをすれば時間にルーズになる」と考えている人は、もう一度、アバウトの意味を考え直してみてください。その方が返って時間のルーズさから開放されるものです。

ホロンネット
http://www.holonnet.jp/


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
2009年03月12日

2013年世界は仮想社会に突入する

 今世紀は魔法のような世界になる。それは仮想を中心とした魔法の社会だ。仮想の世界は時間空間を超越していく。

 今やインターネットの通信網は地球狭しと世界中に張り巡らされている。
 ブロードバンド時代、人類の意識波動は日夜高速で地球上を飛びかっている。 
 人々はデジタル空間と呼ばれる仮想空間の中で生活をし始めた。お互いの連絡はメール
やチャットで行い、居ながらにしてテレビ会議で用件を済ませ、リアルタイムで現地の写
真や資料を電送する。

 また書籍や電化製品、身の回りの日用雑貨などはデジタル空間でショッピングを済ませ
てしまう。銀行の振込み、入金、航空券や新幹線の予約、何もかもがパソコンのデジタル
空間で用が足せるようになった。これから一体どうなっていくのだろうか?

 超文明の痕跡を残して忽然と消えてしまったマヤ文明、そのマヤのカレンダーが
2013年で消えている。これは一体何を意味しているのであろうか?


未来社会はさほど時間という物差しは今ほど必要が無くなるのかもしれない
 時代は時間軸から空間軸へとシフトしているのだろう。

 仮想空間の中では、時空を超えた人々の意識はリアルタイムに反応を繰り返す。
 ものごとの因果関係は崩れ去り、仮想空間の中では、地球規模で人類の意識場が形成さ
れ、一瞬、一瞬が波のように動く。

 地球全体が人の意識のエネルギーの波によって刻々と変化する。
 シェルドレイクが提唱した「形の場」が仮想空間の中で形成され、意識場そのものが自
己組織化を繰り返し成長していく姿が目に映るようだ。

 人類史上、人類がかつて一度も経験したことのない、想像を絶するような社会がやって
くるのだ。辞書には仮想は現実と書かれている。
 
 そう言えば2500年前仏陀は宇宙の姿を「色即是空 空即是色」と看破している。
情報化社会が進展すればするほど、まさしく仏教の世界観に近づいていく…

天才物理学者アインシュタインは、物理的な考えを、究極に突き詰めていくと仏「空」の
概念と、非常に酷似したものがあると言っている。

ノイマン型コンピューターを開発したノイマンもまた、量子物理学の究極の真理は、仏教
のそれと数多くの共通性を発見し、東洋哲学に隠された超科学に、驚嘆した科学者の一人
だったのだ。

そして、実在」が、精神を形成するのではなく、その反対に、精神が「実在」を形成する
という宇宙の神秘に辿り着いたのだ。

言い換えれば人間の意識がこの宇宙を創っているという奇想天外な東洋の思想を認めざる
を得なくなった。

世界一級の物理学者たちは自ら瞑想の場において、東洋の仏教を物理学の教科書として研
究し始めたのである。時代はゆっくりではあるが東洋に向かっている…

クリックしてね
人気ブログランキングへ
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

水口清一公式ホームページ
http://yume369.jp/
  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
2009年03月11日

成功のための7つの力

成功のための7つの力

1 ビジョン構築力

  未来のビジョンが明確に描けないということは、ゴールのないマラソンランナーのようなものです。

2 人間関係力

  心理学者アドラーは、成功した人はみんな人間関係が上手であったという調査結果を発表しています。

3 アイディア発想力

  すべての富はアイディアから始まると、成功哲学の大家ナポレオンヒルはいっています。

4 セルフマネージメント力

 自分の人生の設計図のない人は、設計図なしで建築物を作るようなものです。また人間は感情の動物です。多くの人は自分の感情をコントロールできなくて人生を失敗に追いやっています。

5 時代予測力

  成功者は時代の一歩先を予測しながら進んでいます。時代に逆らいながらの成功はありえない。

6 決断力

  何事も決断には勇気が要ります。「やる」と決めた人だけがゴールにたどり着けるのです。

7 プロとしてのスキル力

  人の真似をしていたのでは成功はおぼつきません。自分の専門分野を磨き人に負けないだけのスキルを身につけることです。

さあ!いかがでしょうか。

この7つの力をみて自分には成功は困難であると思ったでしょうか。それとも7つの力を努力して身につけようと思ったでしょうか。

成功=知識+熱意+考え方

だと、稲盛和夫氏は力説しておられます。どんなに知識や熱意があっても「考え方」が間違っていれば決して成功を手にすることはできないと言っています。

この7つの力を身につけようと思うのも「考え方」なのです。自分にはとても無理だというのも「考え方」なのです。如何なものでしょうか!

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
発行者 ホロンネット,Inc CEO 水口清一

〒540-0004

大阪市中央区玉造2−6−7平和ビル302

TEL 06-6768-1057 Fax06-6761-9426

ホロンネット,Inc 公式HP

http://www.holonnet.jp/


★夢のフォーラム

 http://plathome.opal.ne.jp/ ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
「シークレット」実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト
あなたの夢を叶える
「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
夢を叶える秘訣
Amazon.co.jp
偶然は神様からの贈り物
夢をそだてる7つの魔法
Twitter
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)