2017年02月28日

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「2」

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「2」

前回からの続きです。

これから書くことはあくまで水口個人の仮説です。
鵜呑みにしないでください。


「誰(どのグループ)が利益を得るか」という観点からの洞察です。


金正恩氏は異母兄弟の金正男氏を生かしておくと政権を脅かされる可能性があります。

もちろん金正男氏個人にそんな政権をひっくり返すほどの力はありません。


それではなぜか?


バックに中国が控えています。

各種の報道によると

義理の叔父「張成澤」が粛清(処刑)されました。
「張成澤」は中国とズブズムの関係だったからです。

中国の属国になるのを嫌った金正恩氏は根元から断ち切りました。

残された金正男氏は中国の保護下で生き延びてきました。

金正男氏を金正恩氏に替わる最高指導者とすることを狙ってもおかしくはありません。

習近平氏と金正恩氏は今でも絶交状態です。


次に米国です。

独裁政治の金正恩氏が核ミサイルを米本土に打ち込む危険性が増してきました。

中国と同じく、金正男氏を最高指導者に入れ替える方が安全です。


金正恩氏はこれらの動きを察して、金正男氏を殺害したとしても理にかなっています。

米国も中国も金正男氏殺害事件への深いコメントを発しない理由がわかります。

ポイント2「敵の敵は味方につける」

米国と中国はいろんな意味で対立しています。

しかし、両国が歩調を合わせても不思議ではありません。


これから朝鮮半島の未来に何が起こるか?

みなさんも考えて見てください。


ヒント

米国(トランプ)と中国(習近平)の目的は一致している。

米国も中国も二つの勢力に分断されています。(グローバリズムとナショナリズムの対立)

韓国はどう絡んでいるのか。


「3」に続く




  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 20:00見えてきた未来社会

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「1」

未来を読む「東洋の知恵」シリーズ「1」

これから書くことはあくまで水口個人の仮説です。
鵜呑みにしないでください。


「いかなる賢者も未来を予見することはできない」

この言葉のように誰も未来がどうなるかは分かりません。

しかし、未来を知りたいという人間の欲望は古代から現代まで続いています。


「未来を制するものは世界を制する」


そして人類は数々の未来を予測(予知)する方法を編み出してきました。

今回は未来を読む「東洋の知恵」を中心にお伝えしたいと思います。

東洋は独特の自然観を持っています。

私は長年「東洋の知恵」を研究してきました。

それを毎年「どうなる◯◯年」シリーズで公開しています。

「未来をなぜ知る必要があるのか」

それは自分自身の人生を豊かにするためです。
未来を知らずして「夢の実現」は不可能です。

未来を読み損ねた一瞬の判断が命運を決めます。

道路地図(カーナビ)なしで目的地に向かっているようなものです。

この原稿を「カーナビ」にしてくださいと言った奢った気持ちは
全くありません。

ただ今まで予測したものが「当たらずとも遠からず」だったので
参考になるかなと思って書いています。


「東洋の知恵」を身につけ、暗闇の中の一燈のあかりとしてお役立てください。

未来社会は想像を絶するような大変革が起ころうとしています。

最初は「孫子の兵法」のポイントを現代用語にして未来を読んで見ましょう。



ポイント1「誰(どのグループ)が利益を得るか」


今回の金正男殺害事件を例にしながら勉強しましょうか。

金正男殺害によって「誰(どのグループ)が利益を得るか」と言う仮説です。

皆さんも一緒に考えてくださいね。


ヒントは

北朝鮮か、中国か、それとも米国か、先入観を持たないで客観的に
分析しましょう。

シリーズ「2」に続く  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:55見えてきた未来社会
2017年02月20日

未来がどうなるか教えて?



その質問の答えは


「未来は自分が決めるものだ」と答えるしかありません。


未来はスメジュールに書き込む予定と同じようなものです。


「明日はどうすればいい?」と尋ねられたら


それは「あなたが自分で決めることでしょう」と言われます。


なぜ未来が決められないのでしょうか。


答えは明白です。


未来がどうなるかわからないからです。

それは自分を取り巻く環境がどう変化するかわからないという意味です。

しかし

環境がどんなに変化しても自分のやりたいことは決めることができます。


時代や環境が変化しても、自分のやりたいことを環境に合わせながら
やればいいことです。


明日の予定を決めるように、明日に急用ができれば明後日に伸ばしたら
いいだけです。

風邪を引いたら治ってからやればいいことです。


相手がいなくなれば別の相手を探せばいいことです。


失敗すればやり直すだけです。



こうして考えてみると、どうして自分の未来を決められないのでしょうか。


自分の未来は自分が決めて、その自分の未来がうまく行くように
時代や環境を知ることです。


時代や環境がどのように変化するかわからないので、自分の未来が決められない
と考えるのは本末転倒です。



私ごとで恐縮ですが、私は45年間同じ仕事をしてきました。

45年の間に時代は大きな変革を何度も繰り返してきました。

それでも私の仕事(自分のやりたいこと)は変化していません。



自分の未来は自分で決めることです。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 13:24見えてきた未来社会
2017年02月07日

決断の遅いものは大成しない



新年があけたと思ったらもう2月です。

今年年初に決めた計画は進んでいますか?
中だるみしていませんか?


グズグズしているうちに時間は流れて行きます。

私たちは毎日大きなことも小さなことも「選択」の連続です。

どちらを選択するかをテキパキと決断しないと時間の経過とともに混乱して来ます。


やり残したことが頭にこびりついて、なんだかモヤモヤして来ませんか。

さらに次から次へと新しい選択に追われます。

そのうちに自分のやってることがわけがわからなくなり無駄な時間が過ぎ去って行きます。


「決断の遅いものは大成しない」と言われていますね。


決断の早い人は物事の判断基準をしっかり持っています。
その判断基準に沿って決断しているので迷いがありません。

判断基準はどこからやって来たのか、いうまでもなく「目的」です。
自分の目的に沿って物事を判断しているから決断が早いのです。


たとえその決断が間違っていても「目的」を持ってる人は後で修正できます。
決断が早い人は修正も早くなります。


決断の早い人でも自分の決断が正しいかどうかはわかりません。
ただ決断が遅れるとリスクが発生するので、結果論として間違っていても
決断だけは早くやります。

その決断の連続である種の勘が働き、精度の高い「選択」ができる
ようになります。


決断の早い人は実は勘で判断しているのです。


まとめますと、決断の遅い人は目的もなく、場当たりで判断して
状況がさらに悪くなり、その結果、自信がなくなります。

新しい決断を恐れ迷うので決断が遅くなります。

当然物事が前に進みません。


「決断の遅いものは大成しない」という結果を生み出します。


今日は2月7日です。まず初心に戻って自分のやりたいことを確認してください。

そして、一歩を踏み出してください。


  

イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ
Posted by yume2323 at 11:06見えてきた未来社会
「シークレット」実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト
あなたの夢を叶える
「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
夢を叶える秘訣
Amazon.co.jp
偶然は神様からの贈り物
夢をそだてる7つの魔法
Twitter
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)