決断の遅いものは大成しない



2017年02月07日

決断の遅いものは大成しない



新年があけたと思ったらもう2月です。

今年年初に決めた計画は進んでいますか?
中だるみしていませんか?


グズグズしているうちに時間は流れて行きます。

私たちは毎日大きなことも小さなことも「選択」の連続です。

どちらを選択するかをテキパキと決断しないと時間の経過とともに混乱して来ます。


やり残したことが頭にこびりついて、なんだかモヤモヤして来ませんか。

さらに次から次へと新しい選択に追われます。

そのうちに自分のやってることがわけがわからなくなり無駄な時間が過ぎ去って行きます。


「決断の遅いものは大成しない」と言われていますね。


決断の早い人は物事の判断基準をしっかり持っています。
その判断基準に沿って決断しているので迷いがありません。

判断基準はどこからやって来たのか、いうまでもなく「目的」です。
自分の目的に沿って物事を判断しているから決断が早いのです。


たとえその決断が間違っていても「目的」を持ってる人は後で修正できます。
決断が早い人は修正も早くなります。


決断の早い人でも自分の決断が正しいかどうかはわかりません。
ただ決断が遅れるとリスクが発生するので、結果論として間違っていても
決断だけは早くやります。

その決断の連続である種の勘が働き、精度の高い「選択」ができる
ようになります。


決断の早い人は実は勘で判断しているのです。


まとめますと、決断の遅い人は目的もなく、場当たりで判断して
状況がさらに悪くなり、その結果、自信がなくなります。

新しい決断を恐れ迷うので決断が遅くなります。

当然物事が前に進みません。


「決断の遅いものは大成しない」という結果を生み出します。


今日は2月7日です。まず初心に戻って自分のやりたいことを確認してください。

そして、一歩を踏み出してください。



イチオシ!!
hand人気ブログランキング


アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちらトレーダーズショップ
アフィリエイト最強攻略本
アフィリエイト成功のカギ