2007年11月08日

第29回☆やったね!逸ちゃん!パーフェクト優勝!(平成元年3月16日)

女子選手初の完全優勝!日高逸子選手おめでとう!
本人は『ツキ一本でした』と謙虚だが…いやいやお見事!快記録ですぞ!

3月7日の多摩川は、88年度女子リ―グ総決算である
2代目『女王誕生』をひと目見ようと詰めかけたファンで満杯!
その数は…17000人を超えた。
同時開催の平和島・戸田をはるかに凌ぐ大観衆!

これは『JALカップ』と冠を載せた主催者の開催努力も大きいが…
初日から出場選手の「白熱した戦い」が共感を呼んだものに違いない。

戦前、大方の予想では…片山幸子・鵜飼菜穂子が優勝候補の両翼を担っていた。
しかしフタを開けて見ると…シリ―ズリーダーは日高逸子だった!

「ツキ」を呼んだのが、初日の「ファン選抜戦」
レ−スは小神野紀代子の捲りで始まったが…2マ―クで鵜飼・小神野が…
突っ張り合いの末、互いに飛んだところを…すかさず差し込んで快勝!
2番差しの鈴木詔子を連れて…4690円。

以来…内・中、と自在に捌いて準優まで…6連勝!
これで、ファンの信頼を得たものの、優勝戦でのプレッシャ―は想像に難くない。
それも…36位からピン・ピンと連勝で逆転優出してきたのが…インの鬼姫・鵜飼
その鵜飼を内に入れての2コ―ス発進!
「只者でない鵜飼の抵抗が目に浮かぶ」インに気をとられると…
外から…捲りが飛んでくるぞ!「こうなると私め自身が…日高逸子なのだ」(笑)
一番恐いのは…スタ−ト一発!山川美由紀!

それが現実になった!カミソリスタ−トで山川が飛び出した!
抵抗に出た鵜飼は捲られ…引き波にはまった。
シッカリ差し2マ―ク先取りにでた日高だが…その懐に…山川の…差しが…
「あぁ〜万事休すか〜ぁ」・・・そのとき『山川に・Fコ―ル!』

かくて、日高の『パ―フェクト優勝』が達成された。
『ツキ一本』と振り返った日高だが…『ツキを呼び込むのも実力の内』
優勝賞金600万円の大きな御褒美が…君の『偉業』を讃えている!
JALの翼で『イタリア旅行』も楽しい旅に!

今節『女子戦』の面白さを満喫したのは私めばかりではなかろう
男子顔負けの『白熱戦』を見せてくれた選手(諸嬢)に感謝!

機力に泣いたが…女子戦をリ―ドする実力者・鵜飼菜穂子の頑張り!
優出はならなかったが…片山幸子…最終日の6Rの差し技・11Rでの鮮烈な捲り!
最後になったが、山川美由紀クン…『果敢なスタ−トをありがとう』
これから先…逢う度に『君の舟券』を買うことになるでしょう!

☆ビバ・女子王座!万歳!

                          平成元年3月16日・記



追記

深み行く秋も…今日から『立冬』…競艇カレンダ―も薄くなって…
SGもあと二つ・20日から浜名湖チャレンジカップが開幕!
その前に…江戸川と児島でG1戦があり…『獲得賞金』の熾烈な戦いも追い込みに…
勝負駆け選手をシッカリチェックして『美味しい舟券』にありつきた〜ィ(笑)

☆平和島ダ−ビ−で復活した?
レジャチャン「SGスペシャルプログラム・あんたが!予想大将」ですが…
「チャレンジ」「賞金王」ともに5日目・6日目と放送が決定!
それも…ダ−ビ−の折、1000通を越すファックスと400通近くのメ−ルを頂き
JLCファンの『熱い声援』の声が届いた結果でしょう。
来年度の事は…『未定』ですが…
『楽しい競艇』をファンの皆さんと一緒に…その気持ちを忘れずに…です!
これからも…ヨロシクです。

                            2007年11月8日

                               夢 大作













yume99daisaku at 17:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2007年09月26日

第28回・関東ダ−ビ−(東京太・大明神のご託宣)・平成元年2月22日5

☆平和島の関東yダ−ビ−が終わった!
史上3度目の優勝は…北関東の雄・新井敏司の頭上に輝いた!
好エンジンを引き当てたのも勝因だが…インでよし…センタ―でよし!
その捌きたるや文句ナシ・まさに関東を代表する記念の顔だ!

私め、優勝戦当日は『FM平和島』のゲスト席から参戦!
隣りには・稀代の勝負師…小島武夫名人がいる(これはかなりのプレッシャ―だね)
今節の名人は…凄い!優出決める選抜戦で『マムシのコンちゃん』こと…近藤幸男の
『差し舟券』を一発的中!それだけではナイのだ!
8R・カド中村裕将の…強まくりで…1マ―クはガラ空きとなった。
そこを…人気薄の青山忠が…6コ―スから展開を突いての差し切り…万穴大的中!
さぞかし得意満面!あの『ガハハの高笑い』が飛び出すか?
いやいや名人は冷静!『勝って兜の緒を締める』なんぞは名人たる所以だね。

優勝戦の予想では…〃原淳一のイン戦…た薫翩劼マクルか差すかの一騎打ち!
この裏・表じゃ〜妙味ナシ(名人…大穴党・私め…中穴党)
新井捲れば差し屋の出番…名人は再び…近藤をご指名!
私め、大外も…吉田稔のブイ差しに期待で…6-4・4-6・6-1・1-6・で勝負!
そこへ…口を出したのが『我が友・東京太兄ィ』
『夢ちゃん、ダメだ〜ァ・4-1・1-4を押さえねば〜ァ』と栃木訛りで囁いた。
『元どりだぁ〜もとどり、帰りに…銭っこ…無きゃぁ〜さみしかっぺェ〜』
いやいや…説得力あるお言葉!穴場に走って…4-1・1-4を押さえた(笑)

レ−スは始まった…強烈カド捲り炸裂…新井がトップ旋回。
続いて差し込んだのは…吉田…4-6・4-6・4-6じゃぁ〜!!!!
ア・アアッ…周回ごとに…4番手から追い込んできた桑原が2着(涙)4-1…610円
…ん・ン・?そうだ!『京太大明神』の囁きで…4-1は押さえて有りましたぞ!
お陰で…財布はカラにならずに済みました。
感謝・感謝で…京太氏見れば『俺・買ってネェ〜ンダァ!ヤッパシ…4-1かぁ〜』
だって…さてこの凸凹コンビ、平和島を後にして…このあと向かった先は…

『88JAL女子王座決定戦』のプレス発表会の某ホテル。
片山幸チャン・日高の逸チャン・地元では元気印の渡辺千草クン・先日唐津で初優勝
の菅野光子チャンなど…美人女子レ−サ―から『バレンタインチョコ』をプレゼント
された…『京太兄ィ』すっかり気を良くして…
『いやぁ〜…3月3日から仕事断って…多摩川通いダナァ〜』とご満悦でした(笑)


                     1989年2月22日 記



☆追記
またまた…間隔が開いてしまいスンマセン(
あっ…と言う間に時は過ぎ行き…MB記念(あの魚チャンの強さは何?)が終わり
もう平和島ダ−ビ−が直ぐそこに…銘柄級が抜ける?…だけに混戦?
『戦国ダ−ビ−』のSG獲り合戦は面白そうだね!
誰にでもチャンスはありそう!…何日通うことやら(笑)
準優・優勝戦(7日・8日)はJLCでSGスペシャルプログラムの放送が…
ありそうです…詳しいことは…JLCに問い合わせて見て(笑)

では今回はこの辺で
                           2007年9月26日

                                夢 大作















yume99daisaku at 04:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2007年07月30日

第27回・『この選手を狙い撃ち!』勝負運上昇?(平成元年2月8日)

☆さあ…今週は・第34回関東ダ-ビ-。
プ―ルも平和島、FMラジオも開局となれば…『私めだって!』と無駄に力が…
幸い関東ダ-ビ-には『運』があるのか?『ツキ』があるのか?
『相性』はいい!
62年の多摩川では、桑原淳の優勝を的中!
熊谷直・川名稔・長岡茂の『3000番』若手の活躍を『予言』!

彼らの…イキのいいレ-スっぷりのお陰で、節間を通じて『舟券は大幅黒字』

昨年の江戸川もそうだった。
館野友の優勝はハズレたが…連日・飯田加を追い続け…
一方で、兼島敏・追配の鈴木敏や…渋谷正・内山文らの勝負気配が…
『わが舟券のバイオリズム』と一致!
数々の『穴舟券』で『高配当』を頂戴した。

あれ、これ…悩み抜いての『穴さがし』で『いい結果』が出た事は少なく…
レ-ス・競艇場・選手への『相性』を大切にする。
これが、私めの『穴舟券奪取』のコツ(笑)
諸兄の舟券作戦に当てはまるかは…保障の限りではありません!

なぜか…競艇場に向かう足どりの中で『今日は行けそうだ』『勝てそうだ』…と
ボルテ―ジが上がって行く!(過去のいい印象が浮かぶのでしょうね)
そんな時こそ…『相性重視』の舟券勝負!

さあ…そこで、私めとの『相性A級』の選手を探して見る!
『がぁ〜ん!』いきなり出鼻を挫かれた!
『熊谷直・川名稔・大西英』…この3人の名前が無い!『ああ!超A級なのに!』
もうひとり…『最優秀新人賞』受賞後の『初記念レ-ス』は…関東でと期待の…
池上裕次クンの名前が無い!(登録更新のためとか)

あllっっ!いた!いた!
『西田靖・桑原淳』今節はこの2人が中心のシリーズとなろう。
ここは『相性』以前の『応援舟券』を買う。
『西高東低』などと言われている昨今、ここを弾みに…『全国区』へ飛び出し!
『関東勢ここにあり』…旋風を巻き起こして欲しい!

そこで、この2人の『露払い』をお願いしたいベテランがいる。
『加藤峻二さん・井上弘さん・栗原孝一郎さん』
実力・実績いずれもトップクラスのお三方に…露払いなどの表現は失礼だが…
『まだまだ、若い者んに負けてたまるか!』
そんな…『強烈な攻め』をかいくぐっての勝利こそ…『値打ちがある』

『相性A級』の選手がいたぞ!
『飯田加・広町恵・田中理・徳平弘』いずれも一級品のテクニシャン!

すでに…心は平和島の1マーク!
勝負事の『敵は我にあり』ボルテ-ジの上げ過ぎと『タバコの吸い過ぎ』に注意して
ああ…今夜は…明日に備えて…お休みなさいの心だぁ〜!


                          1989年2月8日 記



追記
桐生のオ-シャンカップから帰ってきた。
魚谷智之クンの強さに脱帽です!準優でスタ-ト遅れたインから…
本番は00のタッチ!…これでは他の選手は…納得するしかない!
カドから…03で攻めた井口佳典も…
3コース、別府昌樹が先に握って出たため…不発に終わった。
地元SG戦に『執念』を見せたのは…江口晃生。
抜群の『ピット離れ』で…コースを取りに…『精一杯の2コースから04』
差して…2着(準優勝)は流石!
それにしても『魚チャン』は強い!これで獲得賞金は9500万を超えた。

開催前に『植木通彦選手』の引退発表の会見があり…『衝撃が走った』
その日の夜レジャーチャンネルで『引退特別番組』が放送された。
数々の栄光!賞金王を3度!あとひとつでSGグランドスラム(MB記念)
『艇王・植木』の勲章レ-スが次々に…
この勲章の笑顔の…裏に人知れぬ努力・怪我・艇王なるが故のプレッシャー・
戦いはレ-スのみならず…であった。
レ-ス映像が終わって…次に画面に現れたのは…
24歳・総理杯(戸田)優勝・直後の『植木通彦』だった。
JLC開局当初の15年前に放送された『トップオブレ−サ―』である。
彼をはさんで、内田和男アナと私め…みんな若い!
この時が…『植木通彦・栄光への旅立ち』の序章なら…この引退での完結まで
読み応え・見応え…のある『人間ドラマ』に立ち会えたことは…
この上ない『喜びであり』私めにとっても『大きな勲章』と感謝せずにはいられない

ちょっぴり残念なのは…この日記に…これから若き日の『植木通彦』が…
登場すること…も少し早いぺ―スでアップしてれば…ね‼(笑)



                       2007年7月30日


                               夢大作




yume99daisaku at 21:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2007年07月15日

第26回・競艇場を素通りして…(1989年1月×日)

平成元年も、あと少しで立春を迎える。
このところ寒気団はどこかでひと休みしているらしく『異常高温』が続いていた。
『しかし…奴のことだからこのまま油断は出来ない』
忘れた頃に顔を出し、我らを震え上がらせるに決まってる。
そうなると、私めの『風邪』は益々『治り辛くなるなぁ〜』と頭を抱えながら…
競艇場を素通り…

エエッ!『競艇場を素通り??って!』
そうなのよ…多摩川も江戸川も、あるのに何故?っていぶかる諸兄に…
理由を話せば…この日は身内の不幸でもない限り『後楽園ホ―ル』と決めてたの。
競艇の次に好物の『ボクシング』の好カ―ドを楽しみにしていた訳け(笑)

このところ低迷を続けるボクシング界だが…
ファン待望のマッチメイクとなれば客の入りが違う。目の色が違う!

日本J・フェザ―級タイトルマッチ!
チャンピオンはデビュ―4年目にして6度の防衛・全てKO勝ち!
世界ランクも第6位、青森の三沢基地勤務の輸入ボクサ―で27才…『マーク堀越』

彼にチャレンジするのは『高橋ナオト』
3年前…19才でバンタム級の王者となったが…初防衛のあと2連敗!
これで、大半の若者は消えて行くが…かれは敗戦を薬に立ち直った。
カムバック後…今日まで3連勝!
『右クロスに左フックのカウンタ―パンチ』はさらに磨きがかかり…
この試合に勝てば『世界ランク入り』確実とあって、『夢を託す』ファンで超満員!

大歓声の中でゴングは鳴った!
2Rから互いに打ち合う『強打戦』に場内騒然。

4R(レ-スじゃないよ・ラウンドだよ)
勝負にでたチャンピオン!前半を猛攻するも…『ナオト』が大反撃に…
『右ストレ-トの逆襲パンチ』が2度のダウンを奪う!
これで『勝負あった!』と思われたが…ゴングがチャンピオンを救った。

それからはチャンピオンが『意地』を見せる。
さすが、スピ―ド・パワー・インファイト…すべてが一枚上とは下馬評通り!

8R・ボディ―を狙われ、ロ―プを背に苦戦の、『ナオト』!!
右フックの連打を浴びて…たまらずダウン!

波乱は9Rに起きた!
スピ―ドが落ちた…ナオトにここぞと襲い掛かるチャンプ!
『料理寸前』…ナオト・ファンの悲鳴が…
しかし…『奇跡が起きた』…朦朧とした中…繰り出した『右クロスカウンタ―!』
返す刀で『左フック』の2連発!
出たぁ〜!『高橋ナオトの逆・逆・逆転パンチ』

九分九厘!勝利を信じて攻め続けた『マ―ク堀越』はキャンバスに沈んだ!
まれに見る『好ファイト』に酔いしれた!
劇的な『新王者誕生』に終了後も立ち去らなかったファンの群れ…
当然のように『次は世界だ!』の声が飛ぶ…

だが『その性急さが…今のボクシング界をダメにしている』
流れでモノを云うのも有りだが…冷静さも必要では…!

幸い!『ナオト』には・78歳の『名伯楽』阿部幸四郎会長がついている。
『じっくり鍛えて・世界に出す』と会長の言葉。
信じたいボクシングファンは…私めばかりではなかろう!


                       1989年1月25日  記


☆後記

お久し振りです・約半年間休ませて頂きましたが…この稿より再開することに…
ご覧の通り『リニュ―アル』にはなってませんね(笑)
この26稿にして…やっと平成の入り口…当時すでに『競艇の虜』になっていた方は
『懐かしんで頂き』…『最近になってハマりかけ…』の方は『へぇ〜!』と軽く…
流して頂戴ませです(笑)
この稿のように…競艇ネタ…でない身辺ネタも登場すると思いますが…御勘弁の程
ボチ・ボチ投稿ですが…ヨロシクです。
(台風は何処かに消えました!)


                          2007年7月15日

                              夢 大作




yume99daisaku at 21:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)競艇 | 競艇

2007年05月26日

☆☆☆お詫びとおしらせ☆☆☆

『当店をご愛顧下さるお客様へのお知らせ!』

『夢大作のちょっぴり昔の競艇日記』を開店以来沢山の皆様に…
可愛いがって頂きながら…第25話で止まったままのこのブログ。
長い間、ほったらかしで…誠に申し訳けありません!

開店休業状態にも関わらず、度々来店頂きました皆様に重ねて…
お詫びする次第です。

さて、『新装開店』に向けて現在、リニュ―アルを考え中!
出来れば『画面も一新!』し…新たな『競艇日記』を…
と思っております。もちろん『ちょっぴり昔の…』続編です!

今少し…時間を下さいますように…お願いいたします!
(大袈裟でス・ミ・マ・セ・ン!(笑)

『お知らせ・2』

5月より『KYOTEIブログ』に『夢さんのほんわか日記』を…
仲間入りさせて頂き…悪戦苦闘しています(笑)
何しろ、執筆メンバ―が『達人』揃いで『品揃え』も『豊富』と
きてますから…何を書いていいのやら…
『競艇』だけでなく…身近で『オモロイ』小ネタも拾いつつ…です。
『ちょっぴり…』がシャッタ―の閉まった町の商店なら…こちらは
当然『大型スーパ―?』…そこに『テナント出店』かな??

『競艇ウェブ』『JLCホームページ』にお立ち寄りの際は…
是非…『支店』にも…おひまなら来てよね!です(笑)

                 2007年5月26日

                          夢 大作

yume99daisaku at 23:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2007年01月08日

第25回・野中強し!昭和から平成へ(1989年1月×日)

第25回
見たか!一億円突破のまくり一発!
まさに、怪物パワ―の爆発であった!
『第3回賞金王決定戦』にメッカ・住之江はもちろん全国23場が興奮
の極みに…その名の通り…モンスタ―野中和夫!
「大一番」をキッチリと決め、見事ファンの期待に応えた。

私めの予想は…プリンス・今村豊VS野中の激突。
ダ−ビ−2連覇の勢いをもって挑む今村に期待したのだが……

横綱を張る!野中の気迫の前には…なす術も…?…?…!
チャンスを確実に自分のものにしてしまうのが大選手ならば…
そのキャリアからしても野中!実力も野中!
彦坂・国光・新田が水面から姿を消し…安岐真の負傷欠場…!

常連の好敵手が抜けた穴を埋めるのは…「オレしかいない」
「オレがやらねば」ボ−トファンは納得しない!
そんな「自負心」で臨んだ野中の真骨頂が見えるではないか!

一方、よもやの敗退は…今村豊。
トライアル初戦は得意のツケマイに行くも…っ紂
?…が付くのは第2戦。
着で決定戦に乗るレ−スをして欲しかった。
内に構える…黒明良がまくって出るのは必至…となれば…
差しに入って正解?……だと…思うのだが。

誤解のないように言っておきたいが…予想や舟券がハズレたとか…
そんなチッポケな話でなく…今年の競艇界を振り返ると不祥事続きで…
暗いニュ−スばかり…その中で…ひと際光り輝いていたのが…今村豊。
その『輝き!』をベスト6の中に見つけられなかった『淋しさ』…が…
こんな「戯言」を言わしているのだとお許し願いたい(笑)。

優勝戦当日は…多摩川場外に足を運んだ。

10Rの住之江大賞
大型ビジョンの画面は、瀬尾達也の優勝ゴ―ルを写し出していた。
11R 順位決定戦
人気の今村がトップスタ−トも、インの福永達の抵抗に合い…
大外の松田雅が差し切り6240円の大穴の場内騒然です!
私め…松田の2着舟券を3点!まさか…アタマで…!
12R
ここは野中で勝負!
野中―中道が1番人気も-い鯒磴Α
あと2点…イン倉重と寛差し松野へ-、- 
これで止まればイイ男なのだが…黒明から- ↓-い癲(笑)。
結局-ぁ■苅沓葦漾跳蠹泙癲痛槎深茲辰討靴瓩くり!

そして…年が明けた!
『陛下の御容体』を気にしながら自粛ム―ドで迎えた正月だが…
年賀状も届く…お屠蘇もおせちも頂く…と言った馴染みの風景であった。
私めも今年は故郷の浜松で、年老いた両親、女房と二人の子供たちと
共に過した。日頃…父親不在の我が家だけに…
ここぞと、まとわりつく子供達の相手も楽ではない。

凧あげ・独楽回し・キャッチボ―ル…それに飽きると双六・人生ゲ―ム
と次々に繰り出される遊びの山…精一杯付き合って見たが…
さすがに三が日を過ぎるとメッキが剥がれかける(笑)
良い父親像を演じるには…役者不足を痛感!
子供に…ゴマカシは効かないね…
そんな親父を見透かして、小学5年の娘が言った!
『パパ、浜松ではキョウテイやってないのォ〜』
嬉しいねえ…この親にしてこの子あり…ですわ!
……てな訳で、チョツピリ浜名湖へ出掛けたのであります。

静岡選手権の最終日
優勝戦のメンバ―は石塚憲明・服部正彦・野末昌男のベテラン勢に
渥美敏・佐藤桂士・中尾英彦が挑むレ−ス。
インの石塚を3コ―スから野末がマクッてトップ旋回も、2M失敗。
内から伸びた佐藤が鮮やかに抜け出し初優勝!
2着に服部が入って-い錬横横僑葦漾
父チャンの舟券は…服部のヒモ流し5点でイタダキです!

羽が生えたように出て行った「お年玉」も利息がついて回収…
東京に戻ったのは、6日の夕方でした。
留守番電話に友人たちからの年頭メッセ−ジが何本かあり…
その内のひとり…ケ―シ―高峰さんのマネ−ジャ―・N氏に電話すると
『夢さん、明日、平和島で会おうよ』と来たもんだ!
そうだ!東京ダ−ビ−』だ!…OKして床につく!

1月7日午前6時33分…『天皇陛下崩御』。

その知らせは女房からの電話で聞かされた…
すでに、時計の針は昼近くを指していた。慌ててつけたテレビの前で…
訳も分からず…自分に腹を立てていた!「何時まで寝てんだ!」
何か自分の父親の訃報を遅れて…聞かされたような…?
そんな…気恥ずかしさを覚えたのは…何故なんだろう・・・・合掌!
その時、テレビの中から声がした。
『自分の父親を亡くした時のような気持ちです』
同世代の…橋 幸夫さんの…言葉だった。


                 1989年1月12日 記


諸兄!2007年!
 あけましておめでとうございます!
今年も、早々よりメッセ−ジを頂戴し、感謝です!
デニロンさん・ラッキ―トモさん・SGファンファ―レさん!
そして…覗いて頂く度に…更新がなく…ガッカリされている方も…
これに懲りず…ヨロシクです。
新しい年を迎えた…と云っても…別段これといった「抱負」も無く…
平常運転で…『競艇』を見つめて行けたら『幸せ』なのです(笑)
今・一番楽しみにしているのは…『新鋭王座決定戦』
4053芦澤 望クンから4320峰 竜太クンまで…
ガラリと顔ぶれが変わった…文字通り『新鮮組』。
大村に行くのを…待ち遠しく…ワクワクしています!

近々の競艇スケジュ―ルです!

1月 8日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜
  16日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜
  27日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜

  27日地上波「新鋭王座決定戦」競艇LIVE 16時〜
  28日地上波「新鋭王座決定戦」競艇LIVE 16時〜

2月 3日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜
   6日JLC浜名湖「東海地区選」準優勝戦
   7日JLC浜名湖「東海地区選」優勝戦
  12日JLC児島「中国地区選」準優勝戦
  13日JLC児島「中国地区選)優勝戦
  13日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜
  19日JLC蒲郡「トトまる情報局」21時45分〜
  25日JLC浜名湖ダイヤモンドカップ準優勝戦
  26日JLC浜名湖ダイヤモンドカップ優勝戦。

  
 では今回はこの辺で
                2007年1月8日
               
                       夢大作
   







yume99daisaku at 01:19|PermalinkComments(20)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2006年12月07日

第24回・淋しすぎる秋・艇王が消えた!(1988年10月12日)

第24回
『艇王の・・・いないダ−ビ−が始まった・・・』
秋風が凍みる!『淋しいねえ』。

なのに…開幕初日の多摩川へ出掛けた。
若武者・西田靖の力強い「宣誓」にスタンドが揺れた!
彼への期待の大きさが伝わってくる!
セレモ二ーに並んだ選手はみな精悍だ。
怪物・野中がいる。勝負師・岡本先生がいる。ヒゲの魔人・安岐もいる
ズラリ揃った…ビック常連の顔…顔……顔!

私めは、そこにある…はずもない顔…を捜し続ける…
この日、詰めかけた17000人余りのファンの中に…
私めと同じ思いで…『彼の姿』を捜す人達の視線や息遣いが聞こえる。

身長163センチ、体重47キロ。
いつも背筋をピンと伸ばして、真一文字に結んだ口元…
我ら競艇ファンにとって、こんな『頼りになる男』は居なかった!

どんなに…目を凝らしてみても…
そこに、登録番号1515番の姿は…無い!

物思いに耽る中…ふと…我に返った。
1Rから早くも、3艇フライングとは驚いた。
酒井忠義・木村祥二・近藤幸男…何れも…イブシ銀の男達!
観客席は文字通り「総立ち!」
こんな形でキャッチフレーズ通りになろうとは…波乱含みだぞ!

3Rで吉田芳夫、4Rでは荘林幸輝がフライングに散った。
まさに戦国ダ−ビ−の幕開けそのもの…
しかし、レ−スは白熱。
圧巻は10R…スタ−ト一気を決めた黒明良光の弾丸捲りは凄かった!
F2ハンデなど…アッチむいてホイ!
11Rでは、久々に安岐真人の小気味のいいイン逃げを見た。
鮮やかだったのは、7Rの西田靖のイン逃げ!
確実に力をつけて上昇気流だ!ビック戴冠の夢も遠くなさそうだ!

レ−スを楽しむ度に…このレ−スに『1515番』がいたら…?
どんなレ−スになっていただろうか?
きっと…内から張りに出ていた!…回して差したに違いない!
なんて…アレ、コレ考える自分が居た。

こんな調子では…舟券成績はいいはずもなく財布は薄くなるばかり!
集中力に欠けた一日であった。

「今日がダメなら明日がアルさ…」と行きたいところだが…
しばし多摩川とお別れし、愛車サファリで前橋に向かう。

群馬テレビの看板番組「GTVカラオケ大賞」のレギュラー司会が決まり
録画撮りのため、関越道を走る。藤岡、高崎を過ぎ…
前橋インターで17号に入り直進。途中で「桐生方面」の標識が目に入る

そこで…また『1515番』を思い出す…

「今、あなたは何処で?どうして、何を考え…どんな思いでいるのだろう
か?…以前、あなたは…どんなボロエンジンを引いても、新聞には◎印
が…『1515番』なら…何とかしてくれる!
そんな…ファンの期待に応えるのが、ボクの仕事!!!
でもね…これって…結構シンドイ事…なんだよね…って…聞いた時…
あの輝かしい『航跡』の一方で『艇王』の称号と戦っている『あなた』
を感じて…益々『あなた』が好きになりました。」

「寒中でも、千葉館山の海にもぐり、日々身体を鍛え、万全の体調で…
レ−スに臨み、妥協の無い走りに…喝采を送ったファンは……
別れの言葉も無く…忽然と消えてしまった『あなた』に何と…言葉を…
かければ好いのでしよう…」

今、『艇王』に逢えたら…『何があったの?』…聞いてみたい!

どんな答えが返ってきても…驚きはしない!
私めにとって、あなたの『存在』と『航跡』は永遠に不滅なのです。

だから…なおさら…寂しいのです。
こんな…気持ちにさせる…『あなた』をチョッピリ憾む心に…
…秋風が吹き抜けて行きます。


                  1988年10月12日・記




追記

時・師走・スンマセ〜ン!(毎度の事で!(ーー;))
本文は…昭和63年9月・桐生32周年、3日目に発覚した…
『競艇界を震撼させた…彦坂郁雄事件』の直後の心境を綴ったものです
4日目を迎える朝…スポ―ツ新聞の競艇欄に大きな活字で…
『彦坂…永久追放か?』…声もでないほどの…驚きでした。
内容は見出しの大きさに比べて…その量少なく…
エア―ジェットなる部品を不正使用しての「整備違反」が原因との事。
他紙には『彦坂・お前もか!』の見出しも…

と言うのも・この前年(62年)には同じ桐生周年で地元のスタ―選手
安部邦男と平和島男で名を売った高峰孝三が「私物持込」の違反で引退に
追い込まれ…更に63年に入り…
4月に大村で…「整備違反発覚」
5月・住之江の安岐真人選手が優勝した第15回笹川賞で…
61年の覇者・新田宣夫の「整備違反」が発覚しこれまた引退に…

これだけでなく7月
艇界のニュ―リ−ダ―のひとりと誰もが認めた…
あの…国光秀雄逮捕のニュ−ス!
この事件は、開催中に外から不正にプロペラを持ち込み使用した…という
うふうに記憶している…この件で将来を嘱望されていた蒲原陽一も…
国光そして外からペラを手渡した他の一名と共に引退を余儀なくされた

このプロペラ事件が起きた背景には…この年の制度改革があった。
オ―ナ−ペラから、選手の持ちペラ制へ…
1月から…平和島・住之江・福岡の三場でスタ−トし…
5月より…全場で試行。
平成元年に…本実施する…と云うものだった。

因みに…現在のようにモ―タ―を選手自身が整備する「自主整備」…
なったのは60年10月の平和島からである。

また、最低体重制度が制定されたのもこの年の11月から…
男子50キロ・女子45キロ…
15年後の2000年5月より…女子は47キロとなった。


それにしても…ショックを受けた一年であった。
すでにお気付きの諸兄もいると思うが…このブログの原稿の日付けが
前回の3月から10月に飛んでいる事でアル。
その間…もちろんもと原稿はあるのだが…毎回と云っていいほど…
前記の『不祥事』に対し『怒っている』ものばかりで…割愛した次第。

半世紀を超えた『競艇の歴史』の中…さまざまな出来事があり…
進化を試みての制度改革あり…で現在がある。
時や流れがどう変わろうとも…『競艇が好き』…
こんなファンを大事にして欲しい!業界の違いはアルが…
北海道の日ハムや浦和のレッズに学ぶところ大であろう…その片鱗は
豊かな企画と創意工夫でガンバル・大村競艇場。
100%ナイタ―で独自性を出す・蒲郡競艇場に見られる!
各場が…知恵を絞ってファンの心を捉えて欲しい!
僭越ながら…その「お手伝い」が出来るなら…ヨロコンで…でアル。
銀河系軍団が名人戦に乗るまで……無理だよネ…(笑)

さて12月の競艇スケジュ――ルです。

12日 蒲郡・師走特別優勝戦展望(21時45分〜)…JLC.
13日 鳴門・MB大賞5日目(準優勝戦)……JLC.
14日 鳴門・MB大賞6日目(優勝戦) ……JLC。
19日 住之江・賞金王シリ―ズ初日・がっつり買いまSHOW。
19日 蒲郡・ナイトキング決定戦優勝戦展望(21時45分〜)
20日 住之江・賞金王シリ―ズ2日目・がっつり買いまSHOW。
21日 住之江・決定戦トライアル1戦(競艇LAIVE)地上波。
22日 住之江・決定戦トライアル2戦(競艇LAIVE)地上波。
24日 住之江・賞金王決定戦・SGスペシャルP・ファイナル。
26日 JLC年末特番収録…(27日放送予定)。


このブログもどうにか…1周年を迎えたのですが…
日記とは名ばかりで…月記になっている現状です(ーー;)
どうぞ、なが〜〜い目で、みてやって頂戴ませ(#^.^#)。

では今回はこの辺で

                   2006年12月7日

                          夢 大作













yume99daisaku at 02:18|PermalinkComments(13)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2006年11月01日

第23回・競艇ファンの夢・老後は24場行脚(1988年3月28日)

第23回
花便りが届き始めた。関東も今月下旬には花ほころぶそうだ。
北の国では80年現役を続けた…青函連絡船が姿を消し、
代わっての登場は世界最長の海底トンネルが青森と函館を結ぶ…
4月になれば瀬戸大橋が開通…と日本列島は新装開店!

JR函館、青森両駅には一番列車「海峡」目指してのトンネル組…
連絡船の最終便に思いを寄せる若者たちが列を作り幾晩も徹夜。
一方、瀬戸大橋では、一ヶ月も前からクルマで陣取る…
「一番乗りオジさん」がいる。
去り行く者への惜別の思い…ニューヒーローの出現に期待を…

アイドル歌手のオッカケと称する親衛隊。
男性演歌歌手に黄色い嬌声を浴びせるオバサマたち…
その熱狂ぶりは…興味の無い人には計り知れないものです。
ファン心理とはそんなもの。

ですから…われら「競艇ファン」の純なる気持ち?
など…趣味で無い方には到底ご理解は頂けないのであります。

住之江で笹川賞…と聞けば足は自然に西を向き…
今年の総理杯は戸田…と考えただけで埼玉に住みたくなる。
「生涯の夢」は…九州の大村を振り出しに唐津・福岡・芦屋・若松…
下関…順に回る『24場全国行脚』。

わが女房殿でさえ、公認とは言え少々アキレ顔なのです。
しかし、老後の実現を楽しみに妙案が浮かびました。
「風呂仕度」する女房の後姿がヒントです。
ヤレ今日は「草津」明日は「伊香保」…
何やら…袋を取り出し、その都度「湯の色」を変えて…
楽しんでいるじゃぁ有りませんか。
「温泉好き」ならシメタもの!…「競艇場+温泉」。

「ひとり旅打ち!」を…「夫婦道行」に変更でOK!
なんと豊かな…「老後の設計」…これぞ経済大国ニッポンの証なのだ。
竹下さん万歳!…いや…チョッと待て!
「大名旅行」にゃ金がいるぞ…その頃には「年金制度」も危うし…だ!
「…てやんでい!…んなら自前で稼ぐワイ!」

もちろん、開催中の戸田総理大臣杯でやんす!
この原稿を書いている時点で準優メンバーも出揃った。
天下の彦坂は2日目に高崎靖徳の差し抜けに屈して万穴を提供したが…
キッチリ乗ってきた。
嬉しいのは今大会最年長53歳・岡本先生がいる。
小林嗣政・瀬古修の両ベテランもいる。
ニューリ−ダ−国光秀雄、今村豊の2人。
地元から栗原孝一郎と関東の若大将桑原淳一の頑張りも凄いね。
…以下18戦士が優勝賞金・1900万円とビック制覇を競うのだ!

機は熟した!あとは舟券を買って、レ−スを見るだけ!
電話投票も便利だが…こちとら根ッからの現場主義で本場が一番!
今大会の朗報は…準優・優勝戦の両日。
発走10分前の締め切りで、場外舟券が買えるのだ。(場間場外)
全国の競艇ファンの喜ぶ顔が浮かぶ!今後このスタイルになるだろう!

いざ出陣…まず軍資金の確保から…
命の次に大事な「ヘソクリ」のありかを確かめ、財布に移し変える作業…
は女房・子供の「寝静まる」のを待って…と決めたはいいが…
しかし…寝ないねぇ〜!いつまでもテレビを見てるのさ!
女房がビール片手に呟いた!
「明日は子供たちの、お弁当も作らなくていいし…こんなにユックリ
テレビを見られるなんて久し振り…」

あ〜ぁ…隠した場所が悪かった!
テレビの下のビデオデッキの中だものォ〜!

「隠し金」を発見した場合は半分頂く!と通告されている亭主は…
その恐怖と戦いながら…見たくも無いテレビを見続けるのであった。


                   1988年3月27日 記


追記

大変ご無沙汰ですんません((^^ゞ)
なかなかパソコンに迎えず…更新出来ず…でした。
にも関わらず…私めへ…バ−スデイメッセ−ジを頂戴したり…
ブログを覗いて、カキコしてくれた方に感謝です。

今年も早や11月。
ダ−ビ−も終わり…「競艇・秋の陣」も、丸亀チャレンジ・カップ…
そして…年末の賞金王決定戦と残すSGはあと二つ!
獲得賞金を巡っての戦いも、三国・児島・江戸川・蒲郡のG1…
そしてチャレンジカップですから俄然激しさを増すでしょうね!
現時点のランクでは…
1位・山崎智也(1億4604万) 7位・辻栄蔵  (7747万)
2位・松井繁 (1億 957万) 8位・上瀧和則 (7665万)
3位・坪井康晴(  9743万) 9位・中澤和志 (7389万)
4位・中村有裕(  9512万)10位・西島義則 (6568万)  
5位・魚谷智之(  8946万)11位・瓜生正義 (6374万)
6位・濱野谷憲吾( 8542万)12位・川崎智幸 (6271万)  


以下…6000万台に、菊地孝平・今垣光太郎・井口佳典
           江口晃生・吉川元浩。

   5000万台の、原田幸哉・烏野賢太・湯川浩司(20位)。

           田中信一郎・太田和美

   4000万上位 横西奏恵・仲口博崇・植木通彦(27位)。

この内…チャレンジに出場出来ない選手は

 山崎智也・西島義則・井口佳典・吉川元浩・田中信一郎・横西奏恵

因みに…チャレンジに出場(52位)の賞金ボ−ダーは…
 現在…3353万…渡邉英児(静岡)のようです。

この稿…終わりに…魚谷智之クン・SG初優勝おめでとう!!!
 04年・浜名湖グラチャンの悪夢から…855日目の快挙。
 兵庫に46年ぶりのビックタイトルをもたらしたのも讃えたいが…
 十八番の『マクリ差し』での優勝に…大・大・拍手!
 

今回はこの辺で
                    2006年11月1日
            
                         夢 大作




yume99daisaku at 01:36|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇

2006年09月14日

第22回・私め今・怒ってます!(1988年3月8日)

第22回
今、拙宅の窓から外を眺めている。
この所、我が家のまわりの人出は尋常ではない。
紙袋を小脇に抱えての急ぎ足、どれも確定申告の行き帰りの人達である。

なんと、私め2年前より税務署の隣に住まいしているのです。
いわば町内会…だからと云って「隣組控除」などアリマセン(笑)。
税の重みは諸兄と同じ!
この時期になると…何か…控除の対象になるものは無いか?
ハズレ舟券は認めて貰えまいか?
等と都合の良い事を考えながら申告書類とニラメッコ!
「ア〜ア、シンドイなァ〜!」肩を凝らし…コ−ヒーブレイク。

フト…浮かぶのは前節の「平和島施設改善記念競走」。
彦さんの圧勝だったネ!
1着勝負の選抜戦をキッチリ決め、抽選で1枠を引き当てた優勝戦。
 スタ−ト練習で前付けイン敢行の浅香登を…
本番では寄せ付けず「1号艇でイン外したらファンに怒られるよ」…
 その言葉通りの気迫がレ−スに表れた。
インからコンマ22ながらトップスタ−トで…逃げ切った!
2番手追走の桑村忍三を予選から機力快調の鈴木幸夫が競り落し2着。
 彦さん…これで「記念V75」…さすが「艇王」。

このシリーズ、私めの舟券成績は…乾杯ならぬ『完敗』‼
優出決める5日目と最終日に『出撃』も『的中わずか2本』。
 しかし、どのレ−スも白熱してたなぁ〜!
1マーク決着など「夢のまた夢」…2周2M「ヨシ!決まった‼」
と手元の舟券を確かめ…顔を上げたら…1Mで…逆転!
…てな…訳で「幾たび涙を飲んだやら…」

ああ、イカン!早く書類をマトメなくちゃと電卓叩くが…
 選手の稼ぎも…気になるなぁ〜!…と、また脱線!
でも…気になるもんネ。
では…彦さんの場合、6日間を264111,帆り…
優勝賞金が600万…締めて698万円也。
 優出ならずの今村クン…31134411…で158万円。
さすが、一流選手は「稼ぐワイ!」…感心しているところへ…
我が家の『配偶者控除』が顔を出し…
「いつまでやってんのよォ〜早くしないと日が暮れちまうわよ〜!」
と、来たもんだ!
「アンタも、それくらい稼いでオイで!」
と、聞こえるのは私めの「ヒガミ根性」なのでしょうか?

さて、日頃「平和主義?」をモットーに「怒り」は仕舞い込む私め…
でありますが…今・『怒っちゃッてマス!』
先日、報道されたばかりの、江戸川での『競艇疑惑』なる事件!
 『もの凄〜く…不愉快です!』
報道された通りなら…『言語道断』こんな馬鹿にした話は無いでしょ!
 公営競技の中で『ボ−トが一番』と吹聴している私め…
『誘った仲間に…なんと説明したら?…』
一方で『白日夢』であって欲しいと願う気持ち…も。
それは、『健全な面白ボ−ト』を目指してイメージアップ作戦に…
 懸命に取り組み努力をしている多くの人達を知っているから…
それが…各場での施設の改善に進み、
 ヤング世代や女性客のファンが…増えつつアル現状でしょ!
『ああ!それなのに!』『どうして!くれる!』

やがて、司直の手で『真相解明』はされるだろうが…
開催中止に追い込まれ、一番悲しんでいるのは、独特水面の江戸川…
 でなきゃ「競艇じゃない!」と支持するファンの皆さん!
『フアンあっての競艇!』を根底に…
 一日も早く、復帰開催が出来るよう、最大の努力を望む!


                   1988年3月8日 記


 諸兄!夏バテしてませんか?
とうとう9月の声を聞いてしまいました。
 遅まきながら、第22稿です(笑)
後半に出てくる『江戸川事件』について触れておきます。
 キャリア20年前後のファンの方なら記憶にあると思います…

手短に説明すると…「舟券発売締め切り後に的中券を発行」し…
 「配当金を得ていた!」それが…「発券業務に携わる職員だった」
と驚くべき事件でした。 なぜこんな事が…?

当時は場内に、テレビモニターも電光掲示板も導入されておらず…
 まして、対岸に大型ビジョンも…(江戸川は現在も)。
発売枚数は…大型黒板に…手書きの時代!
 ボタンひとつでOK?…の現況とは違い…集計も「人の力」。
確か、オッズもリアルタイムで無く…何分か?のズレが…?
 ベテランファンは掲示された総発売枚数から25%を引き…
自分の買う1-2の発売枚数で割り…配当予想を立てていた。

現在のように、ベルの鳴り終わりと共に「一斉締め切り」で無く…
目の前の窓口が閉まっても…2っ3っ横の窓口では、買う事が出来た
経験もしている。ある意味「おおらかな」…時代???

しかしこの事件は、その「ゆるやかさ」を悪用した『許せない事件』
その手口とは…6艇が一斉にピットアウト!
 待機行動に入り…各艇コ−スが決まりスタ−ト…スリットへ…!

この隊形を見て…『舟券を発券』するのだから『的中』間違いナシ!
イン最強の江戸川!こんな確かな舟券はナイ!
時には…1Mを回ってから『発券』した例もあると言う…
しかも、「内部操作の確信犯」なのだから…怒り心頭でアル!

この事件で、一部で「場閉鎖」も囁かれたが、開催自粛のペナルテイ
(6ヶ月だったか1年?)を乗り越えて復活した。
その裏では…江戸川ファンの大声援と関係者の並々ならぬ努力があった
と聞く…今思えば…『競艇トリビア』である。


さて、近況だが、嬉しかったこと!
MB記念のテレビ中継の生放送中、画面に『夢さん・ハ−トマーク』  
 の描かれたカンペが映し出されたのである・それも美人女性の手で…
スタジオ席に居たので、直ぐには気付かなかったが…
 カメラマンさんが教えてくれた。誰だろう??…その謎は解けた!
9月5日
 このブログにカキコしてくれた『まゆりん』さんだった(嬉)
夢さんは…とても喜んでいます!…これからもヨロシコです(笑)
9月12日
 「岐阜から…旬の秋の味覚が届く…Dさんに感謝!美味です!

 舟券戦績
MB記念(桐生)…準優3個レ−ス…パーフェクト!
10R・136は 139で…1760円
11R・462は、中村有裕からの夢99で…23720円
12R・154は、149・194で…4210円

優勝戦…163は 8940円だった。
 有裕-智也の139。智也-辻の3=4-9で…ハズレ!

平和島トーキョー・ベイC
 5日目(7R〜12R)
9R・145は、2連単14…1180円のみ的中。
10R(準優)124(中野次、上瀧、市川)は…ハズレ!
11R(々) 132(烏野、瀬尾、矢後)は…2130円で的中!
12R(々)214(熊谷、辻、三蔦)は4000円で的中!

 6日目(7R〜12R)
10R 136(後藤浩、森秋,一瀬)…3050円は的中。
11R 243(市川、魚谷、三蔦)…24のみ的中…990円。
12R 優勝戦・143(烏野、辻、熊谷)、4730円…的中。

蒲郡・2006新鋭リーグ第16戦
 優勝戦(ススメととまる情報局・予想)
 ◎杉山正樹 ○川上剛 △森永淳 ×山崎哲司 穴丹下健。
 4=3 4ー1 4ー2

 4=3ー9 4ー1−9 4=2ー3

 夢BOX…3・4・6

 結果 346……22460円 (川上4カド、09でまくり)
    
    34………4610円


今後のJLC予定
 9月24日(21時45分〜生放送)
 蒲郡・ボ−ト大賞・ススメととまる情報局
 
 9月26日27日(7R〜12R)
 大村G1・54周年記念

 10月8日(21時45分〜)
 蒲郡・日本財団会長杯・ススメととまる情報局
 
 10月17日18日(7R〜12R)
 宮島52周年記念

 10月24日25日(10時〜17時)
 福岡ダ−ビ−・「がっつり買いまShow」

 10月28日(21時45分〜)
 蒲郡・菊花ナイト特別・ススメととまる情報局


追伸  秋風と共に朝な夕なに…涼しさも冷え込みに変わります
 水面のエンジン気配も一変?良く吟味して…
    美味しい舟券にありつきたいものです(笑)

 では今回はこの辺で

               2006年9月14日

                        夢 大作




















yume99daisaku at 00:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0)競艇 | ギャンブル

2006年08月15日

第21回・勝舟券には天の声?(1988年2月26日)

第21回・
春は名のみの風の寒さ…が続きます。
その北風クンの機嫌次第で「明暗」を分ける平和島。
今週はいよいよ…施設改善記念だ!

彦坂を筆頭に、賞金王覇者・安岐真、ダ−ビ−王・今村豊、
MB記念男・国光秀…それに、我らが峻チャンと超豪華な顔ぶれ!
新旧交代の声も聞かれる中、その対決も興味深い。
私めの…大注目は…地元巧者!
マムシの近チャンこと近藤幸と高速男の飯田加の大暴れに期待。
さらに若手陣にもチャンスは大!
大西英・桑原淳・鈴木幸・片山晃・小林昌・山崎毅の激走がシリーズを
盛り上げよう…となれば…「俺たちだって!」と…
気合が入るのが…内山文・熊谷直・長岡茂だろう!

自分好みの選手の活躍を想定し…アレコレと想いを巡らすのが楽しい。
レ−ス前の展開予想と同じで…ピタッと決まった時の得意顔は…
その賑やかさと共に…近所迷惑なのは…分かっちゃいるけど…???

今回もミニFMは開局だよ!
私めは、準優(3月1日)にお声が掛かっている。
このFMで注目して欲しいのは…解説陣の的確な舟券アドバイスだ!
専門紙・日刊紙の記者諸氏の鋭い指摘は…レ−スに精通した…
眼力から繰り出す鮮やかなジャブでありストレ−ト…時にはアッと驚く
カウンターパンチも飛び出す!
これぞ、「勝舟券」に欠く事のできない…「天の声」。

さらに…今シリーズ『初登場』となるのが…
登録番号1808を背負い、イン速攻とセンターからの早差し…
切れの良い取り口を…つい昨年まで見せてくれた…
小寺謙三さんの…解説者デビュー戦。
その小寺さんと…先日、平和島の記者席で顔を合わせた。
熱心に水面を見つめて…ペンを走らせて…
その後姿から…現役当時、若手から「兄貴」と慕われ…
ファンからは「好漢・小寺」と親しまれた男の「再デビュー」に賭ける
熱い想いが伝わってきた。
「初解説なんで…勉強しないとね」と照れ笑いを浮かべ…
「いゃぁ〜こうして…上から見ると…選手は凄いターンをしてる!」
と笑う小寺さんであった。
今節は「必聴・小寺解説」…間違いなく「勝舟券に繋がる」
彼の手には「スロットルレバー」の感触がアル!
初出走の「FM平和島」から選手諸君と同じ気持ちで…レバーをマイク
に持ち替えて…「水神祭」を飾ってくれる事だろう。


                1988年2月26日  記



諸兄・残暑お見舞い申し上げます・です!…お元気ですか?
私めも…なんとか…無事です(笑)
この稿は・あの小寺さんの…引退直後の光景が思い出されて…とても
懐かしく…当時はもっと走れるのに…と思ったものですが…引退の…きっかけとなったのは「減量合戦」重量級の選手には限界だったようで…しかし引退の翌年、解説者デビューの年に「最低重量男子50k」となったのは皮肉です。40k台との戦いはキッ〜イものがあったでしょうが…ねえ〜もう少し続けていたら…名人戦でバリバリ?重量級といえば…

関東馴染みの…高田登選手もカポックを脱いでます。
「熱血漢」の小寺さんにはエピソードも多く…
フライングを切ったまま…気付かずに…ゴールしてしまった…とか
スタ−トの折…フェンスの金網にポリ製のゴミ箱が取り付けられてあり
…これが…起こし位置にピッタリ!
初日から…目標物が出来た…と…バンバン…スタ−トを決めていた。
回りもビックリの…快ショツト!
ところが…4日目に…あるはずの「ゴミ箱」が無い!
「いやぁ〜!あせったね〜!もうアタマん中、真っ白でさぁ〜!」
結果は見事な「フライング」であったそうな(笑)

さて8月はお盆シリーズたけなわ…地元に馴染みの選手が…
セッセと本場へお出かけ下さいまし(笑)
そのお盆シリーズを走る前に…JLCに集合してくれた選手が…
8月10日に一発目が放送になったのでご覧になった方も…?
あの「クイズ競艇ダ−ビ−」が4ヶ月振りに帰ってきた!
原田幸哉・佐藤大介・森高一真・井口佳典・西村美智子・加藤綾…
と云った面々が…素顔…丸出し…楽しい1時間ですよ〜!
見逃した方は…再放送を…!

29日から…桐生・MB記念が開幕です!
いつもの通り…初日・2日目は…SGスペシャルプログラム…
「がっつり買いまSHOW]です!
今回もナイターバージョンの…17時からなのでヨロシクです!

5日目(準優)6日目(優勝戦)は地上波での「SG競艇LIVE]…
があり、桐生に出掛けます。
9月2日(準優)の4Rと5Rの発売中にセンタープラザの中2階の…
イベントステ−ジで、準優3個レ−スの予想会もあり…です!

桐生にお出かけでしたら…お声を掛けて!(手ぶら歓迎)

では今回はこの辺で

                  2006年8月15日

                           夢 大作
がっつり買いまSHOW
クイズダ−ビ−






yume99daisaku at 21:26|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ギャンブル | 競艇