2018年09月11日

先日、9月6日と7日は旭川で日本生殖医学会が行われる予定でした。私も前日の診療後に旭川入りし、ホテルで寝ていた夜中の3時半頃、ぐらぐらと揺れる感触で目が覚めました。11階だったこともあり、結構揺れたなという感じでした。情報を知りたいなと思いテレビをつけると速報が流れており、北海道で地震があり、旭川は震度4とのこと。でも今は揺れもおさまったし、まあこのままでいいかと思っていた矢先に突然テレビが消え、室内の電気も消えたのです。ほぼ同時にホテル内の非常灯が点いたので、そこそこの明るさはあったことがまだしもの救いでした。まもなくすると非常放送が流れ、北海道全域で停電とのこと。今復旧を待ってるので、このまま部屋でお待ち下さいとのことでした。その後はいくら待っても電気がもどる気配は無く朝になり、スマホを眺めると電気復旧の目処が立たないという情報が流れていて…。水も出ないし。意を決し、 荷物をまとめ、非常階段を使ってホテルを脱出。学会場に向かったのですが、そこで今回の学会は中止との決定を知らされました。看板だけが中止を告げる張り紙と共にむなしく立っていました。電気がなければ確かに何もできないし、学会どころではないので当然の決定です。
その後はとにかく空港に行こうと思い、旭川空港へ。千歳空港は全く機能していなかったようですが、幸い旭川空港は停電の中でも自家発電で頑張っており、飛行機もちゃんと飛んでいました。旭川空港はすごい! 結局乗れたのは最終便だったので、12時間くらい空港内で過ごすはめになりました。でも、14:30分頃には電気も復旧し、2時間後にはラーメン屋さん、寿司屋さんなども復活していました!
今回の出来事で一番困ったのは、スマホの充電です。ああいう状況で情報を得るにはスマホしか無いわけですが、どんなに省エネで使っていてもあっという間に電池が切れてしまいます。モバイルバッテリーを持ってくればよかったと思いました。 そしてトイレです。見た範囲では、旭川駅も、周囲のコンビニ数件も、トイレには張り紙がしてあり使用禁止でした。コンビニからはおにぎりやパンなどは消えていました。私もとりあえずチーカマとお菓子を買って空港に向かいました。
先の東日本大震災でも、ここ米沢はさほどの被害を受けませんでした。停電にもなりませんでした。なので、自分の中での防災意識はどこか甘くなっていたように感じます。今回のことで普段からの備えがいかに大切か身にしみました。
私などは帰る場所のある一人の訪問者に過ぎないので良いのですが、被災された場所にお住まいの方々は今なお大変な苦労をされている様子です。亡くなられた方も多くいらっしゃるようです。心からお見舞い申し上げます。一日も早く普通の生活が取り戻せますようお祈りいたします。
IMG_3082
IMG_3084

 

ゆめクリ院長yumeclinic at 22:03

2018年07月29日

性教育指導セミナー全国大会に参加するため富山に行って来ました。2年後に山形で開かれることが決まっており、その偵察隊の一人として誘われたためです。もちろん私自身も数校の性教育講演を担当しているので、そのスキルアップの目的もありました。
富山駅前に降り立つと、路面電車が走ってる!私の日常ではあり得ない光景に、ちょっとばかりテンションがアップしました。せっかくなので、外は猛暑だし、会場まで乗ってみました。200円でした。中は電車とバスの間の子みたいな感じでした。DDC58BB5-E902-4ECA-944A-68458535BEBE

懇親会では、地元の高校生の民謡の踊りと歌が披露されました。その土地の伝統芸能を高校生が実演するという何とも感動的な贅沢な時間でした。こういう部活動があるというのは素晴らしいと思います。8E710B5A-D1F9-4A40-82DA-E6B40890E27F

2年後は山形で。成功させたいですね。
今日は多くの事を学びました。性教育はほんとに難しい。今まで自分がやってきた内容は自己満足に陥っていなかったか?十分反省して、次の性教育講演に役立てたいと思います。

ゆめクリ院長yumeclinic at 20:13

2018年07月15日

東京から帰りの山形新幹線での出来事です。私の斜め前の席に座っていた男性客2人が、だいぶ酒も入り酔っている様子でした。そこへ前方から車内販売のワゴンがやってきました。最近は男性の販売員の方も増えてきましたが、今日は女性の方。酔った男性客が呼び止め、日本酒を注文。そこまではありふれた光景だったのですが、お金の出し入れをしている最中にその男性客が販売員の女性にこう言ったのです。
「こっちさ戻ってくんの遅がったね。買いたくて待ってたよ。」
別に嫌みっぽく言ったわけでもなく、酔ってテンションも上がってる様子だったし、何となく話しかけただけだと私には思えました。普通なら、すみませんでしたと軽くかわして終わりでしょう。ところが、その販売員の女性の方は頭を下げてこう返したのです。
「大変申し訳ありません。」「本当に申し訳ありませんでした」
あまりにも丁寧な謝罪の言葉に男性客もびっくりしたらしく、
「いやいや、そんな。遅いな〜って思ってただけだから」
「いえ、でもお客様はお待ちいただいている間、心地よくお過ごしいただけなかったわけですから。本当に申し訳ございませんでした。」
すばらしいなと思いました。なるほどな〜。感動でした!この販売員の方に悪かったことなど何一つ見いだすことができないのに。きっとこの男性客は、早く酒を飲みたいために遅いと感じただけなのに。それなのに自分の正否ではなく、結果に対して謝ってるんです。プロってこういう人のことを言うんですね。 
おかげで私はとても心地よく帰路につくことができました。お名前はわかりませんが、素晴らしい方だなと思います。心温まる出来事でした。
 

ゆめクリ院長yumeclinic at 22:35