絵本とボードゲームのゆめいろ日記

絵本とボードゲームが好きな京都市在住の保育士です。2年以内に絵本とボードゲームのお店を開くのが当面の目標です! ブログでは絵本などの素敵なところを紹介していけたらと思うので良ければ見てください( ̄▽ ̄)

絵本とボードゲームが好きな京都市在住の保育士です。2年以内に絵本とボードゲームのお店を開くのが当面の目標です! ブログでは絵本などの素敵なところを紹介していけたらと思うので良ければ見てください( ̄▽ ̄)

もっとホイップを!

IMG_3713
海外で発売されたゲームのリメイク&日本語版です。ボードゲーム好きの中では有名な作品だと思いますが、中々プレイする機会がありませんでした。
今回初めてプレイさせてもらいましたが、これが面白いのなんのって!!

ザ・ドイツのボードゲームという感じでシンプルな中に悩ましい要素がたくさんあり、尚且つルールは簡単それでいて深みがある・・・近年ボードゲームはたくさん面白いのがでていますが久しぶりにガツンと衝撃を受けた作品です。


元のゲームは実際には見たことがないのでわかりませんが、箱は日本用に小箱にされていますね。
IMG_3720
これがまたお洒落ですね~。



IMG_3714
ルールは簡単!ランダムに11枚のカードを並べてホールを作ります。


IMG_3716
そして親(切り分け係)が人数分のケーキを切り分けます。上写真は3人の場合です。切り分け係の隣の人から順にいずれかの塊を貰っていきます。切り分け係は貰えるのが最後になるので良く考えて切り分けないといけません。

IMG_3717
この塊を貰らうとします。
ここでプレイヤーはケーキごとに二通りの選択が出来ます。
①ケーキをとっておく
②ケーキを食べる




IMG_3718
①取っておく場合はこのように自分の手前に表を向けて置いておきます。




IMG_3719
②食べる場合は裏向けて手前に置いておきます



IMG_3715
最終は得点が高かった人の勝ちになります。何が得点になるかというと種類ごとに一番多く集めたプレイヤーが得点を得ます。イチゴの場合ですと一番集めたプレイヤーが10点獲得出来ます。そしてイチゴは10得点でカード枚数も10枚あります。点数と枚数が同じなのは分かり易くていいですね。

また上に描いてあるホイップは食べた場合の点数になります。イチゴは食べると2点獲得です。食べた場合は累計の数には加えられません。これが結構悩ましいのですよ・・




プレイ時間は30分と書いてありますが、長考しなければ15分以内で終わると思います。あまり考えずにノリでやるのも楽しいですし、残り枚数などを計算してシビアな戦いをするのもありです。このプレイの幅の広さが凄く魅力的だなと思います。アートワークとテーマも素晴らしいので女性やボードゲーム初心者でも取っつきやすいオススメのボードゲームです!

ハクメイとミコチ 7巻

IMG_3686
年に一度の楽しみ!ハクメイとミコチの新刊が出ましたよ~。今回も変わらない小人たちの暮らしが堪能できる話となっています。こういう日常物は変わらない安心感が大切ですが、毎回似たような話だと飽きてしまいます。ハクメイとミコチはそこら辺のバランスが絶妙で日常の切り取り方が凄く上手いと思います。そして思いつきではなく、その出来事やモノが実際に在るように思わせる力量も凄い!。舞台を用意してあげることで登場人物が勝手に喋ってるような感じですね~。生きてるなって感じさせられます。

今回は手紙を届ける鳥と小人”騎鳥便”の話が印象的でした。この世界の鳥って実際はかなり小さいんでしょうけど圧倒的な存在感があります。騎鳥が見開きで登場する所はめちゃくちゃカッコイイです。1話でも鳥が出てきていたんでこの世界での鳥というのは少し特別な存在なのではないでしょうか?

相変わらずの面白さでした。また一年待たなければいけないのが待ち遠しいですが来年も楽しみにしたいと思います。
IMG_3687

レゴランドって実際どうなの??

IMG_3673
これもレゴなんですよ~。凄いですね。てことで今回は巷で話題になっているレゴランドに行ってきました。色々批判的な噂も多いですが実際はどうなんでしょうか??



IMG_3674
レゴランドの入り口に到着。年末に行きましたが、そこまで人がごった返していることもなく、いい感じの人のこみ具合でした。あまり人がいなさすぎるのもテーマパークとして寂しいですからね。



IMG_3675
入場するとレゴ感が満載でわくわくします。実際にレゴで作られた作品もたくさんあり撮影スポットがたくさんあるのがいいですね。

こんな感じで・・・
IMG_3672


色々と・・・・
IMG_3668



そしてレゴランドの名物と言えば、日本の名所を再現したレゴシティ!!これはクォリティがめちゃくちゃ高い!!細かい作り込みが多く、見れば見るほど発見があります。
IMG_3669


IMG_3671


IMG_3670
いや~遠目で見れば本物に見えそうです。これが結構な広さでパークの中心に展示されているのでこれは是非見て欲しいです。





アトラクションはほとんどが子ども向けですね。親子で楽しめるものが多く大人だけだと他のテーマパークに比べると満足度は低いかと思います。あとは水を使ったアトラクションが多くて冬場は寒々しいです。そこは色々なバリエーションが欲しかったなと思いました。
今回は乗り物はあまり乗らずパークをゆっくり散策して楽しみました。散策だけでも気付けば3~4時間過ぎていたのでこういう楽しみ方もありかな~っと思いました。


ここからは気になるところなんですが、2人乗りのものが多いような気がしました。テーマパークって複数人で奇数になることも多いしそこら辺の配慮が欠けていると思います。

僕たちが乗ったシューティング系の乗り物も2人乗りでした。前に並んでいるのがお父さん、4歳ぐらいの男の子、2歳くらいの女の子の3人で並んでいました。スタッフからは2人乗りなので順番に乗ってもらわないとダメという説明を受けていました。

この時点で子ども向けのパークなのにそもそも設計ミスだろ・・とも思うわけで(親一人で連れてくることは想定しとこうよ)

まあしかし決まりは決まりでお父さんも承諾してたからそれは仕方ないでしょう。スタッフの対応が悪いわけではなかったのですがパークとしての対応があまりにずさんすぎました。

待っている子は並んでる列の横の柵の方に戻されるのですが、それはないでしょ・・・・。みてても可哀そうになってきました。せめて一緒に待つスタッフとかがいればいいのですが、そこに付くスタッフは無し、子どもがどっかいったらどうするの?なんかあったら責任持てるの?

そして先に乗っていった男の子は出口で待たされます。ここにもスタッフは付かず・・・泣いているのでさすがに僕が声を掛けると男の子も落ち着いてお父さんを待っていましたが子ども向けパークとしては有り得ない対応だと思いました。

交代で乗るならそこに必ずつける様にスタッフを配置する、きちんとした待機場所を作る(子どもが楽しく待てるようにレゴの椅子を用意するなど特別感があるものを)ことなどはすべきだと思います。見ていても不快なレベルでしたのでお父さんからしたらもっと嫌だったろうなと思います。

今紹介したのは一例ですが、子ども向けテーマパークの割にはアトラクションへの導線が悪かったりと内容が良くても細かい所で子ども目線に立てていないと感じました。自分の職業柄気になる点が多かっただけかも知れませんが、真剣に子どもと向き合わないとリピーターは生まれないと思います。


全体的には楽しめましたが、子どものことを考えて設計してもらえるとより素敵なテーマパークになるのではないでしょうか?


ギャラリー
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • もっとホイップを!
  • ハクメイとミコチ 7巻