2005年08月16日

長期更新停滞についてのお詫びと閉鎖のご連絡

長期間にわたり当ブログの更新が停滞していたこと、お詫び申し上げます。
プレイヤーの諸事情により「お地蔵さん通信」を閉鎖したいと思います。
なお、未完となっているイベントのイラストは結果上にて追々公開する予定です。

今までありがとうございました。  
Posted by yumejizo at 15:16Comments(0)TrackBack(0)号外

2005年06月19日

イブラシル暦 684年 10月

地蔵です。

「きな臭くなってきた」と言っている傍から横になることの出来る竜斗さんはある意味大物だと思います。

私たちは、周囲の状況が悪化しているにも関わらず安定して戦えているため
今月いっぱいを目処にこの辺りを離れ、更に今度は山の方へと進む予定だそうでございます。
安定しているということは弱いものいじめをしているということになるのではと思うと、心が痛みます。
ただ、危険な道を通ったがために皆様に何かあってはなりませんので…
やはり争いごととは哀しく、すべきことではないのだという想いばかりが
日ごと強まり、胸が締め付けられるようでございます。  
Posted by yumejizo at 21:09Comments(0)TrackBack(0)お地蔵さん通信

2005年06月08日

イブラシル暦 684年 9月

地蔵です。

チャウ(673)殿、私は貯金箱ではないので穴は開いておりませぬ…。

なにやら俄かに以前より敵に遭遇するようになったように感じます。
何かあったのでしょうか…何かの異常でないと良いのですが。
これが天変地異の前触れではないかと考えると恐ろしくていてもたってもいられません。
私が本当に本来あるべき地蔵像ならば、人々の心を少しでも救い慰めることもできるのでしょうが…
何も出来ぬ自分を歯がゆく、そして申し訳なく思います。

そういえば、陽女さんが敵を倒した後に
「頭を磨いて出直して来てください」とおっしゃっていました。
何か間違えていると感じると同時に少し寂しくなったのは私だけでございましょうか…  
Posted by yumejizo at 00:13Comments(0)TrackBack(0)お地蔵さん通信

イブラシル暦 684年 8月

地蔵です。

ルーシェさんに「お地蔵様のモヒカン姿ってなんかかっこいいよね?」と言われました。
私はモヒカンの地蔵を見たことはないのですが
そのように流行の波に乗った地蔵もこの世には存在するのでしょうか?
私は髪型などといった考え自体をとうに忘れてしまっていたので
なにやらとても新鮮でございましたが…
少なくとも道端の地蔵像に様々な髪型が存在しては
人々を惑わすことになると思うのですが…いかがでしょうか。

レヴァリス殿に頼まれた買出しを済ませた後、マルティア大森林の北部へと進みました。
マルティア大森林の北部は…何やら怪しげな妖怪の多い場所ですね。
初めて見る妖怪ばかりで恐ろしげですが、もはや引き返すことの出来ぬ身の上。
この雛より恐ろしい妖怪はいないと信じて、皆様の矛となるより他道はないようでございます。  
Posted by yumejizo at 00:00Comments(0)TrackBack(0)お地蔵さん通信

2005年05月28日

イブラシル暦 684年 7月

地蔵です。

烈兎殿を見ていると昔私のところへよく遊びに来ていた少年を思い出します。


今月は、ミルシアという街に参りました。
旅好きの道標殿が偉くはしゃいでいたのが印象的でしたが、
“ディアスまで15km”と書いてあることだけが気にかかって仕方ありません。
この街には、“ミルシアサンド”という名物があるのだそうでございます。
ルーシェさんが買ってみたいとおっしゃっていたようですので、
どのようなものか少々楽しみでございます。

それと、レヴァリス殿に頼まれていた品を無事お届けすることが出来、ほっとしております。
しかし、この街でもまた新しい武具を探してきて欲しいとの事…
私のような地蔵が買い物をして、怪しまれやしないものかと冷や冷やしております。
万が一何か間違いがあって売り払われやりやしないかと、不安でもございます。
私は所詮雛の見ている夢、売られたところで何ら問題はないとは思うのですが…
このような身の上をただただむなしく思い、やはりしっかりと池に沈むべきであったと悔やむ次第でございます。  
Posted by yumejizo at 21:18Comments(0)TrackBack(0)お地蔵さん通信

イベントの結果について

大変遅くなりましたが、先日行なったイベントの結果についてお知らせいたします。

------------------------------------------------------------

夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「毛生え薬を供えられました。別にはげてるわけじゃなかとです!」
夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「お餅を供えられました。カビが生えてました。」
夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「頭に苔が生えました。 ……べ、別に嬉しくなんかないとです!」
夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「漬け物石の代わりに使われたことがあるとです。」
夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「犬が通りかかる度に、ビクビクします。」
夢見雛 「地蔵です。」
夢見雛 「地蔵です……地蔵です…地蔵です…地蔵です…」
夢見雛 「ヒ■シのマネですか?地蔵様〜」
夢見雛 「ひぃっ! …こ、こたつ殿ではありませんか。驚かさないでくださいよ。それにその様付けはよしてください、私のような者に様付けなど…」
夢見雛 「雛様に仕える使い魔同士とはいえ、遠慮は無用ですよー?」
夢見雛 「わ、私、いつの間に夢見雛の使い魔になったのですか!?それに、遠慮なんてしてませんって。こういうのは遠慮とは言わn(遮」
夢見雛 「わーいわーい、もうすぐミルシアに到着だって竜斗さんが言ってたよ。どんな街なんだろ。楽しみだなー!お地蔵さんもこたつさんも早く早く!」
夢見雛 「“ディアスまで15km”!?ちょ、ちょっと…道標殿!まどろっこしいですよ。ここからディアスまで15kmなわけないじゃないですか」
夢見雛 「地蔵様〜そんな硬いこと言わないでくださいよ。ミルシアにつけば、きっと新鮮なミカンも手に入りますよ」
夢見雛 「いや、私は別にミカンは必要としていないのですが…こたつ殿は随分とミカンにこだわりますね」
夢見雛 「僕達の種族は1日1個ミカンを食べ無いと死んじゃうんですよ。だから街に入ったらたくさんミカンを買ってもらわないと」
夢見雛 「確かにこたつにはミカンと昔から決まっていますが…流石にそれは…」
夢見雛 「あ、よく嘘だって分かりましたね。どうしてだろー??」
夢見雛 「(いや、だって昨日食べてなかったじゃないですか…」
夢見雛 「夢見雛…私が知らぬ間にまたいろいろと食べていたのですね…(遠い目」
夢見雛 「賑やかで楽しくて良いじゃないですか。旅は道連れですよー」
夢見雛 「確かにそう言いますが…ああ、道標殿は目を離した隙にもうあんな先に進んでしまって…全く、皆様に更にご迷惑をかけることにならねば良いのですが…はぁ」

(イブラシル暦 684年 7月の結果より抜粋)
------------------------------------------------------------

ということで、当選したキャラクターは
・使い魔“こたつ” …ういろう様ご応募
・道標 …セイファー様ご応募

の2名様です。おめでとうございます。

選考では、
1.夢見雛周辺のキャラクター(地蔵、じ様ば様)の個性を潰さないこと
2.プレイヤーが扱いきれないキャラクターではないこと
以上の2点を重視させていただきました。

なお、当選なさったお二方様とも、お持ちのキャラクターの絵ではなく
当選したキャラクターの絵をご希望だそうですので
後日夢見雛を含め当選キャラクターや地蔵たちを集合させたイラストを描いて公開したいと思います。


今回のイベントでは総勢21キャラクターのご応募がありました。
セイファーが作る 情報の吹きだまりで紹介していただいた以外では表立って宣伝をしたわけではなかったため、
このような特殊なイベントにこれだけのご応募があったことにとても驚いております。
ご応募いただいた皆様、この度のイベントを蔭ながら見守ってくださっていた皆様、ありがとうございました。  
Posted by yumejizo at 20:59Comments(7)TrackBack(0)号外