2007年01月27日

『夢十夜 海賊版』作品紹介

ー ずら〜りと監督・キャスト紹介です。ブログだけの特別バージョンです。ー



『第一夜』
●監督:桝本 瑠璃(ますもと るり) 1984年生まれ。
女子美術大学デザイン学科在学中。高校から自主制作で監督をはじめ、2003年には『夢十夜 第一夜』を監督。今作はリメイクとなる。2004年監督・主演作『pignora』がテアトル新宿にて上映。また映画・本のスチールカメラマンやデザインなど、様々な活動をしている。原宿クエストホールにて行われる卒業制作展(3/17,18)では、新しいロウソクのデザインを提案したプロダクト作品を展示予定。
<キャスト>
■宮光 真理子(みやみつ まりこ)
シカゴ生まれ。女優、モデルとして活躍。映画『妖怪奇談』『黄色い涙』や舞台「ラフカット2003」「サーカス物語」「キキチガ イ」「雪の女王」「黒蜥蜴」やPV「粉雪」 (レミオロメン)に出演している。特技は、ネイティブ並みの英語、球体関節人形制作。
■川口 力(かわぐち つとむ)
1980年生まれ。帝京大学卒業。映画美学校安井ゼミに在籍し、脚本執筆中。


『第弐夜』 
●監督:栗田 法正(くりた ほうせい) 1977年3月19日生。
千葉県成田市にて出生。成田不動尊の如き神童として将来を嘱望される。
が、間もなく生家の縁側から転落。たまたま落下地点に長さ30cmのボルトがあり頭部を串刺しにする重傷を負うも半年後には奇跡的に生還を果たす。
周囲は、「やはり神童!」と囃したてるが、実はその時既に一生分の幸運を使い果たしていた。そして現在も幸運とは無縁である。無論、神童の面影はない。
<キャスト>
■菅野 貴夫(かんの たかお) 1979年4月15日生。
神奈川県出身。学生時代に舞台役者として活動を開始。毎年3〜4本のペースで舞台・自主映画に出演しているあらゆるジャンルの作品で独自の個性を打ち出している。


『第三夜」
●監督;白土潔 (しらと きよし) 1970年3月3日、銚子市生。
自動車整備工、サンマ船員、映画『夢二』上映スタッフ等を経て現在、キャバクラに勤務しながら映画を撮る。
<キャスト>
■潮見 諭(しおみ さとし)
高校卒業後、ニューヨークへ渡る。モデル活動から役者へと、活動の幅は多岐に渡る。『CASSHERN』(紀里谷和明監督)、『化け狩り』(小川和也監督)、『或る日の出来事』(廣瀬陽監督)など出演作多数。


「第四夜」
●監督:山口大輔 (やまぐち だいすけ) 1981年10月8日生。
茨城県生まれ。慶應義塾大学在学中に映画美学校第7期初等科に通い、映画制作について学ぶ。卒業後、プロや自主映画の現場に照明助手として参加。初めて観た映画の記憶は、『スウィート・ホーム』(黒沢清監督)。現在、長編シナリオ執筆中!
<キャスト>
■松岡恵望子(まつおか えみこ)1984年5月23日生。
福岡県出身。主な出演 NTT DOCOMO 企業CM イエ・ラブ・ゾク 2005「美容師の卵」篇 TBS「花より男子」レギュラー 山野美奈子役 CX「のだめカンタービレ」鈴木薫役
現在、TBS「花より男子リターンズ」にて活躍中!(太田プロ所属)
他、ファッションモデルとしてもガーリーな雑誌等で活躍中。
細野晴臣アルバム「audio sponge2」のジャケットで、妹さんの松岡璃奈子さんともに、双子で表紙を飾っております。

『第五夜』
●監督:船曳 真珠(ふなびき しんじゅ)1982年生まれ。
東京藝術大学大学院映像研究科在籍(映画専攻-監督領域)。東京大学卒。大学在学中に映画研究会に所属する一方で映画美学校第7期初等科に通い、映画製作を学ぶ。18歳の時に撮った1本目の自主映画『山間無宿』が調布映画祭グランプリを獲得。
<キャスト>
松村翔子(まつむら しょうこ) 
現在の演劇界を代表する劇団チェルフィッチュで活動中。最近作は、フリーター問題を描いて話題となった『エンジョイ』。


「第六夜』
●監督:高井大樹(たかい たいき)1980年 6月17日生。
『東京上空いらっしゃいませ』を観て13年。公式戦初ゴールを決めて8年。「がんこ」を食べ始めて6年。映画とサッカーとラーメンをこよなく愛する。
<キャスト>
■杉山彦々(すぎやま ひこひこ)
『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(青山真治監督)、『パビリオン山椒魚』(富永昌敬監督)などに出演。現代を生きるバランスを体現する。


『第七夜』
●監督:美山かひ1970年生。
20歳より自主映画を制作。かたわら、映像の仕事なら全てやる、と活動の範囲は広い。
<キャスト>
■遠藤雅『ホワイトルーム〜重松清愛妻日記より』
■中村優子『ストロベリー・ショートケイクス』『イン・ザ・プール』『心中エレジー』
■松浦祐也『初恋』


『第八夜』『プロローグ』 
●監督:佐藤央(さとう ひさし)1978年生。
大阪府出身。映画美学校第六期フィクション高等科卒業制作として『女たち』を監督。その後、ドキュメンタリー『成瀬巳喜男 記憶の現場』にスタッフとして参加した後、『キャメラマン 玉井正夫』を監督。本作は、フィルムセンターにて催された成瀬巳喜男生誕100年記念シンポジウムにて上映の後、フランスで発売された成瀬巳喜男DVD−BOXに収録されている。
好きな音楽は、マイルス・デイヴィス、デューク・エリントン、マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル。好きな食べ物は、鰻。好きな漫画は、『ジョジョの奇妙な冒険』。
<キャスト>
■宮田亜紀(みやた あき)
大阪府出身。『INAZUMA 稲妻』(西山洋市監督)、『ソドムの市』(高橋洋監督)、『接吻』(万田邦敏監督)など出演作多数。その力強い感情表現と特異な身のこなしは、個性派監督たちから絶大な信頼を得ている。
■小田豊(おだ ゆたか)
1945年生まれ。早稲田小劇場出身。舞台『トロイアの女』『東京物語』『十二人の怒れる男たち』『日本人のへそ』『キル』『坂の上の家』をはじめ、近作『城』(松本修構成・演出)『ルル』(白井晃演出)『モーターサイクル・ドン・キホーテ』(宮沢章夫作・演出)等の多彩な作品に出演。昨年『ソウル市民』(平田オリザ作/フレデリック・フィスバック演出)で仏・アウ゛ィニヨン演劇祭に参加。舞台の活動に加え、若手映画監督作品にも意欲的に参加。
2/8まで彩の国さいたま劇術劇場にて蜷川幸雄演出『コリオレイナス』に出演中。大阪・福岡・名古屋をまわり4月末には英・ロンドン バービカン・シアター公演が控えている。

『プロローグ』
■西口真生(にしぐち まき)
大阪府出身。大阪時代、FM大阪で毎週生放送三時間のラジオ番組でメインパーソナリティを受け持つ。2003年「井筒監督・トータス松本とアメリカ南部・ブルースの旅」出演。
現在は歌手活動と共に、舞台を中心に女優としても活動中。2006年には1STCD『想色』を発表。


『第九夜」
●瀬尾あき(せお あき)1979年生。
立教大学フランス文学科卒業後、エンブゼミナール、シナリオ作家協会シナリオ講座で学ぶ。
株式投資を生業にしていたが、「第九夜」を監督後は映画に専念。現在、フリーの助監督、脚本家として活動中。
<キャスト>
■大橋智和(おおはし ともかず)1977年11月29日生。
『長い散歩』(奥田瑛ニ監督)、『手紙』(生野慈郎監督)
CX『サプリ』『東京タワー』他、CMなどでも活躍中!(太田プロ所属)


「第十夜』
●監督:天野邪子 年齢・性別非公表。
歌舞伎町のダンサーとして生計を立てながら、「不埒な暮らしと真面目な心」をモットーに、新宿界隈の変態たちの支援のもと、映像製作を続ける。
前々前作の「腕の中の卵塔」はショートショート、クレルモンフェラン(フランス)映画祭にノミネートされ、高い評価を得る。
<キャスト>
■楠城華子(なんじょう はなこ)
1980年生まれ、東大法学部卒。六條華から改名し、写真集やイメージDVDで大ブレイク。
楠城華子with GRORIETTAとして「気まぐれワンマンショー」でCDデビューを飾り、今年は本格的女優を目指し、本作品に意欲的に出演。
■石塚義高
1975年9月3日生まれ
プロデュース公演の舞台や映画を中心に活動。05年より海外での表現活動にも精力的に手をのばし、台湾や香港のTVドラマやTVCFにも出演している。
映画『天使の牙』(西村了監督)『殴者』(須永秀明監督)
『腕のなかの卵塔』(天野邪子監督)『FIN』(賀川貴之監督)
舞台
『にんじんボーン』、『ピンズ・ログ』、『東京スウィカ』等、多数のユニット
のプロデュース公演に参加。
海外作品
台湾公共電視製作大河ドラマ
「風中緋櫻〜霧社事件〜」
他、ショートフィルム、TVCF等出演作多数。



ー さあ、あなたはどの「夜」が気になりましたか? ー

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by つぶらなドラキュラ   2007年01月27日 13:27
5 『ユメ十夜』を観に行こうと思っていますが、このブログの作品紹介を読んで、『夢十夜 海賊版』も観て比較するのも面白いと思いました 個性溢れる作品を期待してます
2. Posted by 佐藤央   2007年01月28日 16:34
つぶらなドラキュラさん。どうもありがとうございます。海賊版、「第八夜」を監督した佐藤です。個性溢れる作品であることは保証いたします!ぜひともスクリーンでご覧下さい。関連イベントなどもいろいろ企画しておりますので、お引き立てのほどをお願い致します☆
3. Posted by バウスシアター   2007年01月30日 17:27
バウスシアターの井手です。
バウスシターのサイトには只今工事中のためまだアップされていませんが、近日中に当劇場サイトでも『ユメ十夜 海賊版』関連情報をお伝えしていければと思います。
とにかく3月3日(土)、吉祥寺バウスシアターにて堂々レイトショーとなります!
よろしくお願い致します!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔