まちなか夢工房スタッフのblog

カテゴリ: スタッフの日記

わたしは、朝5時から通所しパン作りをしています。


パンの仕込みに関しては、生地分割や、分割した生地を丸める作業を行っています。


パンの成形は、一つ一つ丁寧に行っています。


違う作業を覚えるのは大変ですが一生懸命頑張っています!!
パンの注文がいっぱい入ると、とても忙しいですがやりがいを感じています。
きれいなパンが出来るように頑張って作っています。

フレンチ液を作り、タルティーヌや、パンプリングも作っています。

外販に出している、ちくわパンのちくわを切る作業などもしています。


パン作りの他に、洗い物や、パンを焼くときに使用する鉄板掃除や、パンを販売するときに使う、ばんじゅうをきれいにしたり、工房の掃除も行っています。 

幼稚園さんから沢山のご注文を頂いていて、注文数が多いと、ものすごく大変ですが、みんなと力を合わせて作っています。

少しでも多くのお客様に買って頂き喜んでもらえると嬉しいです。


IMGP0996

工房 伊藤

オフィス夢工房(PC班)では、市民を対象にPCサロン・PC教室を開催しております


PCサロンとは、情報端末の使い方を「サカナ」に「お茶」を飲みながら、市民とハンデを持つ仲間たちの交流を行うプログラムのことです

それから派生して、市民の子ども達を対象に、毎年夏休みに行っている『子ども向けパソコン教室』を年一回定期開催しております

初年度は、安いパーツを探してウィンドウズマシンを組み立てましたv( ̄∇ ̄)v
2・3年目は電子工作を実施、FMラジオやプログラムで動くおもちゃのクルマを作りました(・◇・)ゞ


そして、今年・・・
2020年からプログラミングの履修が必須になる事から、「スクラッチ」というプログラム言語を使って『子ども向けプログラミング教室』を8/20〜21の日程で開催致しました!!!🎵




先ずは、当事業所の斎藤施設長からのご挨拶・・・


A



パソコン自体、初めてに近い方もいらっしゃいましたが、和気あいあいと楽しく進められました♡

B





講師の方も一生懸命、説明しています😄


C



プログラムが一発で動いた!や、なんとなんと、レジュメに書いていないオリジナルプログラムを組む方まで☆☆☆


・・・そして最後に、アンケート


ありがたい事に結果は、ほぼ全員
満足という結果を頂きました🎉


まちなか夢工房では、主力のベーカリー事業と合わせ新たに
情報分野にも参入しております。
我々に出来る事を、少しでもお客さまに還元したい・・・と、願ってやみません。


今後とも、まちなか夢工房を宜しくお願い致しますm(_ _)m

PS:スクラッチにご興味のある方は、下記リンクを貼っておきます。

https://scratch.mit.edu/scratch_1.4/

(投稿者:E改めぎたりずむ









NPO法人シャローム主催のイベントとして福島スカイパークで8月17日、8月18日、8月19日に石彫りワークショップが有りました。17日には、まちなか夢工房からスカイパークに向かうついでに弁当を買って、着いたと同時にテントの準備をしました。鉄骨を組み立てるのは良かったのですが、天幕で覆った状態の時に端部分の鉄骨に布が届かず苦労しました。

P1010003
 

少し時間が掛かりながらテントが出来上がり、参加者の簡単な自己紹介をしてからノミと金槌を使って石彫り作業に取り掛かりました。全体を彫り進めていくのではなく、保住さんが赤の鉛筆でマークを付けた部分を中心に削っていきました。石の削り方がなかなか上手くいかず、一定のリズムになる感じで削れなかったのを先生(保住さん)に注意され正しく教えて頂きました。ノミを叩くのを間違って手を何回かハンマーで同じ箇所を叩いてしまってその箇所が痛かったです。

一日目は、長袖に着替えるくらい少し肌寒く突然の雨も降って来まして早めに作業を切り上げ、二日目は晴天で蒸し暑かったので、やる気という面で石彫り作業に関してははかどらなかったです。

まちなか夢工房「納涼祭レクリエーション活動」として18日には、バーベキューが行われました。昼から焼肉を鉄板で焼いての昼食でした。自分は、昼の時間も石彫りをしていたので肉を焼いたり、野菜を焼いたりしていたのを遠くから見ていました。牛肉、豚肉、ラム、モツ、ウィンナーと肉の量が多かったので、たくさん食べる事が出来ました。

焼いてる写真

職員(神野)さんの家の野菜を焼きました。その他キャベツ、人参、ピーマン、玉葱、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃと野菜もたくさん種類がありました。

P1010035

昼食を食べた後にスイカ割りを施設長の子供達がしていて、その割ったスイカをおいしく頂きました。

スカイパークは山の上なので日差しが強く、二日間参加して、首の後ろや腕の部分など肌が露出していた所は日に焼けてしまいました。有料で、セスナの飛行機に乗った方もいて普段の生活では、出来ない経験をする事が出来ました。少し乗ってみたいと思いましたが自分はお金を飛行機代搭乗分持って無かったので乗れませんでした。またこういった機会が有れば、なかなか出来ない貴重な経験をしてみたいと思いました。最後になりますが石彫りと納涼会に参加出来て二日間とも、有意義で楽しい時間を過ごす事が出来ました。暑さ天候不順といったことに加えテントの設置等大変だった事も有りましたが、それ以上にバーベキューが楽しめた事と石彫り作業が行き詰まっていた時に先生(保住さん)にコツを教えてもらった事が今年の夏の良い思い出になりました。

P1010076

(投稿者 きなこ)

結婚式用Tシャツの製作依頼を受け、まちなか夢工房PC班で協力して作業を行いました。 一階の店舗に、依頼者の方がいらっしゃって作業の打ち合わせ等も有りました。文字の立体部分の色や、書体等が若干変わっていたのを話し合いで調整しました。それらを、修正しながら専用ソフトを使いこなし作っていきました。次に、Tシャツプリンター用ソフトにデータを写しTシャツプリンターに転送するといった流れでした。

IMGP0044

Tシャツにプリントされた写真は、男性が羽織袴、女性が着物で映っている写真も、赤ちゃんと映っている写真も幸せな感じがして良いと思いました。
IMGP0047

自分が担当したのは、プリントされたものをプレス機で定着させることです。この作業は、前回のTシャツ作りでも担当していました。この作業で難しいのは、失敗するとプリントがにじんでしまうところですが、今回は失敗する事なくきれいに仕上がりました。
IMGP0052

TシャツプリンターにTシャツをセットしたこともあるので、経験を積んで自信をつけられるといいと思います。その後、結婚式を祝福する方々の動画をまちなか夢工房に報告に来て下さって見せて下さいました。また、その方々の写真を貼り合わせてPC班の仕事場の壁に貼っています。

1533252094136

出来上がったTシャツを気に入ってポーズを決めているおばあちゃんの写真も同じ壁に貼っています。
1532647634848

今回のご依頼者さまのお知り合いの方からオリジナルTシャツ依頼が有ったので、次に繋がる良い仕事をしたと個人的には思いました。

Tシャツ注文ページ

(投稿者 きなこ)

15027643_1832493973663480_3516855656353343286_n

最近はラッシュ時以外のバス通勤になったのでそれほど無いの
だけれど、電車通勤の時は不思議だったことがあります。
それは乗客の多くが出入り口に固まっていること。
奥にはいればスカスカにすいているのになぜか、惜しくらまんじゅう
のように出入り口に固まって移動しないことですね。
吊革につかまれることもなく、ただじっと立っている姿は滑稽です。
すぐ降りるならともかく、何駅もその状態ですからね、何にこだわって
いるか知れませんが笑える光景です。
なぜに彼らはあそこまで頑なに出入り口付近に固まっているのでしょ
うか?たまに都会に行って、電車に乗ってもみなすすんで奥の
方に行っているように思えます。こういうのは自然と覚えていくものな
ので、電車に乗る人が少ない福島県じゃ思いつかないかも知れません
ね。親も電車にのらなかったら、教える人もいないですしねえ。
とにかくあの電車の出入り口付近に固まっているのは、迷惑以外
なんでもないからやめてほしいですね。

このページのトップヘ