2017年12月14日

続報『ナチュラルワイン入門』

ログハウスマガジン編集部の高橋です。
昨日に引き続き、『ナチュラルワイン入門』のことで。

最近、「日本のワイン」が人気です。

再校1130_ナチュラルワイン入門_ページ_006















今回巻頭で取材した、
GRAPE REPUBLIC(山形・南陽市)の藤巻一臣さんのように
ワインの原料となるブドウの栽培方法を、
日本の気候風土に合わせて工夫したり、
その土地の野生酵母を使ったりと、
ナチュラルワインのつくり手も着実に増えていますが
国産ナチュラルワインは生産量自体がまだまだ少なく、
酒販店や飲食店で出合えることは稀。

そのため、今回の『ナチュラルワイン入門』では、
国産ワイン、ワイナリーの情報をあえて少なく抑えていますが
再校1130_ナチュラルワイン入門_ページ_098















今回「ナチュラルワインが買える店」として紹介した12店には
オンラインショップを運営しているお店も多く、
「ナチュラルワインがおいしい名店」と合わせ、
国産ワインの入荷情報をまめにチェックすれば、
出合える確率は大きく上がるはず。

ぜひ一度お試しください!

yumemaru_ld at 09:00|PermalinkComments(0)本の紹介 

2017年12月13日

『ナチュラルワイン入門』が完成!

ログハウスマガジン編集部の高橋です。

編集部はいま、次の号の取材に全国を駆け回っておりますが、

ホリデーシーズンを目前に控え、
ぜひ読んでいただきたいワインの本ができました。
(今週末〜週明けには、書店に並ぶと思われます)

1201-2naturalwine_カバー『ナチュラルワイン入門』
1,800円+税














レストランやワインショップで

「自然派ワイン」という言葉を
見かける機会が増えてきましたが、
この『ナチュラルワイン入門』では、
人気ビストロ「organ」の紺野真さんや、

「伊勢丹新宿店 ショップ フェスティヴァン」の岡田悦和さんら

4人のプロフェッショナルが、
ナチュラルワインの楽しみ方、
買い方・選び方、
今飲んでおきたいナチュラルワインなどを紹介しています。

再校1130_ナチュラルワイン入門_ページ_040「organ」(写真)の紺野氏には、
Part 2「ナチュラルワインを楽しむ方法」
の監修をしていただきました。













ナチュラルワインとは、ビオロジックやビオディナミ農法など

化学肥料や農薬を使わず栽培したブドウを野生酵母で発酵させ

極力、人の手を加えず醸造されたワインのこと。
「これが絶対」というルールはありませんが、
この本では
醸造の過程で、添加物など人的なコントロールが加わる

オーガニックワイン、ビオワインとは区別しています。

一般に流通しているワインとは、

ラベルの見た目も、味・香りも違い、とにかく個性的なので

まだ飲んだことがない方も、この本を参考に(これ重要)

ぜひお試しください!

なお、「ナチュラルワインは二日酔いにならない」とも
言われますが、
普段からさほど量を飲まない私は未確認です……。

yumemaru_ld at 13:00|PermalinkComments(0)

2017年12月04日

「2017年度日本ログハウス・オブ・ザ・イヤー」受賞作品のご紹介

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

現在発売中の『ログハウスマガジン』1月号では、ログハウスの日本一を決めるコンペティション、「2017年度日本ログハウス・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品を紹介しています。

今年度の最優秀賞は、九州・大分県のログメーカー、トムソーヤビレッジさんのハンドカットログハウス「ログハウストムソーヤ」が受賞しました。

th_JLYブログ用













本作は、築26年のヴィンテージログハウスで、ヴィンテージ部門としての最優秀賞受賞は本コンペティション初の快挙となります!

大幅にリフォームを加えながら、熊本地震にも耐えたこのログハウスは、現在は宿泊施設として人気を集めています。

施主の思いが詰まった、まさに「夢の丸太小屋」を、是非ご覧下さい!







yumemaru_ld at 11:21|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

『ヴィンテージスタイルでいこう!』第7回

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

昨日発売したばかりの最新号『ログハウスマガジン1月号』は、お手元に届きましたでしょうか?

今日は連載7回目を迎えるDIYユニット「丸林さんち」が格好いい家具をつくる、『ヴィンテージスタイルでいこう!』を紹介します。

今回は、キッチンまわりにあるとうれしい「キッチンワゴン」をつくりました!

_PEN0048_1

























重厚な黒い取っ手や脚に対して、パッチワーク風のカラフルな棚板がとってもキュート!

特徴は、熱い鍋も安心して置けるタイル天板。今回はシンプルな白いタイルを使っていますが、好みの色に変更もできます。

キャスターで移動できるので、使わないときは邪魔にならないところにしまっておけるのも便利ですね。

既製品のキッチンワゴンは意外と高かったりするので、ぜひ思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか!


yumemaru_ld at 15:02|PermalinkComments(0)

2017年11月30日

『ログハウスマガジン』2018年1月号本日発売です!

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

本日11月30日から、『ログハウスマガジン』2018年1月号が全国の書店・インターネットで発売しています!

表紙

























大特集は、読者からの人気も高い【最新ログハウスメーカーガイド】。

『ログハウスマガジン』9月号特集「ログハウスメーカーガイド」では紹介しきれなかった、選りすぐりのログメーカーの個性や特徴を紹介するほか、取扱っているログ材の特徴まで徹底取材しています。

また、2017年度日本ログハウス・オブ・ザ・イヤー最優秀賞、優秀賞、日本木材青壮年団体連合会会長賞を受賞した3作品を紹介するほか、薪ストーブライフを楽しむ人々の暮らしと、薪ストーブまわりの演出を取材した「ログハウスと薪ストーブの素敵な関係」を巻頭特集で紹介しています。

海外ログハウス事情がわかる、8ページに渡る特別海外レポートも見どころ満載です。

さらに、毎月格好いいログハウスを見て楽しめる、2018年度版ログハウスカレンダー付きで、今号も内容盛り沢山!

ぜひ、ご覧下さい!

yumemaru_ld at 13:21|PermalinkComments(0)