2017年02月15日

2月16日木曜日、『やさしく学ぶ 菜園DIY入門』発売!

ログハウスマガジン編集部高橋です。

ちょっとフライング気味ですが、
今週木曜日、
『やさしく学ぶ 菜園DIY入門』というムックを発売します!

Cover_0206fixのコピー帯付きです
















そろそろ土づくりの準備をする時期でしょうか。

「菜園」というタイトルから、「家庭菜園の教則本?」と
思われるかもしれませんが、
帯のとおり、
野菜づくりをもっと楽しくするためのアイデア道具を

簡単に、かつローコストで手づくりする方法がわかる本です。

アンティーク風の菜園看板や野菜のネームプレートなどの小物から

水やりに活躍する雨水タンク、

畑仕事の合い間に収穫した野菜を調理できるロケットストーブ、

生ゴミを堆肥に変えてくれる回転コンポストまで。

大物では、草屋根の農機具小屋や堆肥小屋もつくりました。

あると便利。でも、お店ではなかなか買えない。

そんなアイテムは手づくりするしかありません。

今年は菜園づくりの前に、まずDIYからはじめてみませんか?

yumemaru_ld at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2017年01月30日

『ログハウスマガジン』3月号本日発売!

ログハウスマガジン編集部高橋です。

本日1月30日は、『ログハウスマガジン』3月号の発売日です。
特集は「薪ストーブのある暮らしへようこそ」。
保存版小冊子「薪ストーブ&アイテム最新カタログ2017」
もついている、年に一度の一冊丸ごと、薪ストーブ特集号です!

_LOG表紙




















さらに、今年は例年にない企画も盛りだくさん。
薪づくりのノウハウを写真で解説する「薪づくりの教室」、
薪割り機のレビュー(インプレッション)、
薪ストーブユーザーの皆さんにご協力いただいたアンケート企画
などなど、薪ストーブの楽しみ方を紹介。

これから薪ストーブを購入予定の方は、機種選定や薪づくりなど、ストーブライフのイメージを膨らませるために。
すでに薪ストーブを購入されている方は、
もっと楽しむためのヒントとして、ご覧いただければと思います。

yumemaru_ld at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2017年01月26日

1月号注目物件!

ログハウスマガジン編集部高橋です。

2017年のログハウスカレンダーがついている

『ログハウスマガジン』1月号はまだまだ発売中。

ですが、来週30日月曜日には、次の3月号が発売になりますので、

まだお持ちでない方は今週末にぜひ!

さて、1月号で高橋が担当したログハウス3棟のうち、

特集で紹介したY様邸は、誌面で紹介しきれないほど

いろいろな工夫が凝らされていました。

FullSizeRender-1











まず、取材前から楽しみにしていたのが、

アイアンがあしらわれた扉と風合い豊かな擬石で、

とても重厚感がある玄関ポーチ。

夕暮れ時、夜になるとさらに陰影が強まり、

よりゴージャスな雰囲気になります。

IMG_1454











下から見上げているのが、
上に乗ると左右にグラグラ揺れる、ドキドキ橋。

この橋を渡った先に、お子さんの遊びのスペースがあります。

IMG_1450











そして、床面と高さを揃えたタイルの炉台は、

薪ラックやツールセットを置くにも余裕十分の広さがあります。

翡翠色もログハウスに合います。

さらに、こちらはD型マシンカットのログハウスですが

じつは外観に、多くのログハウスファンが憧れる、
インパクトあるデザインが……。

その答えはぜひ誌面でご確認ください!

yumemaru_ld at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2016年12月26日

石積みの家と美しい庭

ログハウスマガジン編集部高橋です。

発売中『ログハウスマガジン』3月号の
連載「腕に覚えあり」では、
石積みの家を建てた庭師の根岸厚次さんに取材しました。

_1月号 腕に覚えあり 修正











数年がかりで積んだ、重厚感ある石の建物もさることながら、
根岸さんの本業である庭がとても美しく、
ゆったりと時間が流れているようでした。
1色の連載ページではお伝えできなかったので、ここで。

根岸さんへのインタビューは3月号「腕に覚えあり」、
108ページ〜。必見です!

_IMG_0376_IMG_0247



yumemaru_ld at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月20日

1月号はハンドカットログハウスが人気!

ログハウスマガジン編集部の高橋です。

毎号、誌面に登場したログハウスの中から
「私が一番住みたいログハウス」を選び、
ハガキで投票いただいていますが、

発売中の2017年1月号で数多くの投票をいただいているのが、
特集「価格帯別 2017年ログハウス案内」38ページで紹介した
総工費1億5000万円のハンドカットログハウス(写真)と、
26〜29ページにて紹介した、住宅街のハンドカット。
そして、1月号の表紙も飾った64〜69ページの
日本ログハウス・オブ・ザ・イヤー最優秀賞受賞作品の3棟です。

_2A-NAID042A38〜43ページで紹介した
カナディアンログハウス










ハンドカットログハウスの人気を改めて感じましたが、
この3棟、規模感も雰囲気もまったく異なるのが面白いところ。

「うちもこんなダイニングにしたい!」
「デッキにこんなバーベキュースペースがあるといい!」など、
部分的に、参考にしていただくのもアリです。

皆さんはどれがお好みだったでしょうか。
1月号でぜひご確認ください。


yumemaru_ld at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介