2016年06月29日

これから犬猫と暮らすための心得を紹介

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

現在発売中の『ログハウスマガジン7月号』。

th_0H1



かわい〜い猫ちゃんがコチラを見つめる表紙が目印!




















(犬と猫と暮らす?そうはいってもなんだか大変そうだわ・・・)

なんて声が聞こえそうですが、既に犬や猫と暮らしている方はもちろん、これから一緒に暮らそうと考えている方にも役に立つページを用意しています!題して「犬と猫をこれから飼う人が知っておくべき20の心得」。


_100

























飼う前に何を用意すればいいのか?
購入方法は選べるのか?
病気ってどんなものがあるの?
災害時はどう過ごしたら?

ペットと人間、お互いが楽しく過ごすために知っておくべき心得をまとめました。

ぜひ、ご覧下さい。

『ログハウスマガジン』公式Facebookページ開設しました!
 
↓↓↓
 
https://www.facebook.com/loghousemagazine




yumemaru_ld at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月28日

ログオーナーが語る『ペットのいる暮らし』

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

現在編集部は、7月30日発売『ログハウスマガジン9月号』の制作真っ只中ですが、

『ログハウスマガジン7月号』も絶賛発売中です。

大特集「犬と猫とログハウス」に伴い、可愛いわんちゃん猫ちゃんと暮らしているログオーナー様に集まっていただき、たっぷりと本音を語っていただきました!

_文書名 -2A-YCMI052A_AB






















小型犬から大型犬まで、楽しみ方や苦労も様々。

自然に近いログハウスはペットにとって最高の場所ということは間違いなさそうです。

ぜひ、ご一読を!

『ログハウスマガジン』公式Facebookページ開設しました!
 
↓↓↓
 
https://www.facebook.com/loghousemagazine



yumemaru_ld at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月17日

素敵な棚をD.I.Y!

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

昨日は神奈川県で無垢材のオーダーメイド家具を制作している「キノカグヤ」さんを取材してきました。

ものづくりのプロが教える、素敵な棚。初心者はもちろん、普段からDIYに慣れ親しんでいる方にも役立つコツをたくさん教えて頂きましたよ!

IMG_5679



カメラがまわっていないところはみんなで作業!









こちらの詳細は7月30日発売の『ログハウスマガジン9月号』にて!

『ログハウスマガジン7月号』も絶賛発売中です。
th_0H1


















ぜひご覧下さい。

『ログハウスマガジン』公式Facebookページ開設しました!
 
↓↓↓
 
https://www.facebook.com/loghousemagazine



yumemaru_ld at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

ガレージは男の夢!

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

先日、福島県にあるマシンカットログハウスの取材に行って来ました。

IMG_4097








ログのガレージには、たくさんのバイクがずらり!
















男性読者にはたまらないのではないのでしょうか!

この詳細は次号『ログハウスマガジン9月号』で紹介します。

お楽しみに!

『ログハウスマガジン』公式Facebookページ開設しました!
 
↓↓↓
 
https://www.facebook.com/loghousemagazine



yumemaru_ld at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月13日

7月号の小屋特集についての追加のご紹介です

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の川添です。

発売中のログハウスマガジン7月号の小特集「小屋のすゝめ」についての先日の投稿に、多くの「いいね」をいただきましたので、記事の内容についてさらにご紹介したいと思います。

手軽かつ安価に建てられるのが小屋のいいところですが、建築物である以上、「建築確認」が必要になったり、建てた後、固定資産税を課税させる可能性もあります。そうなってしまうと、小屋の手軽さが半減してしまいますから、小屋を建てるのを躊躇してしまう方もいると思います。

一般にこれを回避するために、床面積を10岼焚爾箸掘基礎は地面に固定しないという方法が取られますが、この方法で100%回避できるというわけではありません。最終的には、敷地の条件や自治体の判断によるためです。ただ、建てる場所の用途地域やすでに母屋が建っているか否かなどの条件によって、ある程度のアタリを付けることはできます。

そこで、今回の記事では、小屋に精通した設計士の方にご協力いただき、建築確認の要不要の参考になるチャートを作成しました。それと、固定資産税を回避するポイントもまとめています。

「小屋を建てたい」という方には、避けて通れない問題でもあるので、是非御覧ください。

76-79小屋0518-2-2
 



yumemaru_ld at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)