2017年04月18日

5月号「腕に覚えあり」はチェーンソーカービングの達人!

ログハウスマガジン編集部の高橋です。

発売中の『ログハウスマガジン』5月号で、

特集以外に注目いただきたいのが、連載「腕に覚えあり」。

今回は、ログハウスやカービングの分野で活躍中の

ラスティック・ログ・アートワークスの菊地健広さんです。

IMG_1816












取材当日、嬬恋の加工場周辺は、股下まで埋まる一面の雪。

足跡をできるだけ見せないように、

カメラの前を横切るように一直線に、最短距離で

雪原のまん中にカービング作品を置いたのですが、

まー見えてますね(笑)

IMG_1810












加工場では、カービングの仕上げを見せていただきましたが、

十数分かけて、ていねいに加工された瞳は

驚くほど存在感、生命力が増していました。

そんな菊地さんのログハウスづくり、カービングへの思い。

ぜひご覧ください。


yumemaru_ld at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

今週末はハンドカットの構造見学会へ!

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

今日は、千葉県のログメーカー、マイン・ハウゼさんのイベントを紹介します。

4月15日〜16日の二日間、八王子でハンドカットログハウスの構造見学会を開催します。

マインハウゼイベント

























都内でなかなか見る事のできない、ハンドカットログハウス。

要予約ではありますが、平均口径350丶佞痢迫力ある丸太を、間近で見てみる絶好のチャンス!

興味のある方はぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。


詳細はこちら

日程:4月15日(土)〜4月16日(日)
開催場所:八王子(詳細は問い合わせ先まで)
時間:10時〜16時
参加費:無料
事前予約:要予約
お問い合わせ先:0120-117-069

yumemaru_ld at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

ログハウスづくりのアイデアの宝庫!

ログハウスマガジン編集部高橋です。

『ログハウスマガジン』5月号特集で取材したお宅は、
いずれもアイデアが詰まった印象的なお宅でしたが、
ログキャビン劍さんが施工したこのポスト&ビームも、
見どころがたくさんありました。

IMG_1766










こちらは、ログハウスではあまり見かけない
「螺旋階段」をテーマにした取材でしたが
(階段については誌面で!)
多数の施工実績をもつログキャビン劍さんならではの
洗練されたスタイルが、モダンな木の住まいに似合っていました。

IMG_1765床材やデッキ材など、
濃淡ある色、木目のバリエーションが
とてもきれいです









螺旋階段以外にも、
デッキ材含め、さまざまな板材サンプルを貼り合わせた壁、
家具の置きやすさに配慮した壁の造作など、
ひと手間加えた家づくりはアイデアの宝庫。

住まいに取り入れたいアイデアをぜひ探してみてください。

yumemaru_ld at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本の紹介 

2017年04月05日

「国産スギ」にも種類があります

『ログハウスマガジン』編集部の高橋です。

好評発売中の5月号の特集では
8件のログハウスの傑作アイデアを拝見しましたが、
印象的だったお宅のひとつが、スギの魅力を再認識した
大分県日田市のフォーユーさん施工物件です。

FullSizeRender














樹齢250年のアオスギを、伐採後に2年間乾燥させて、
芯の赤身部分が出るまでていねいに削ったという大黒柱をはじめ、
上の写真の腰壁のヤブクグリなど、
どの木にも見事な光沢感、重厚感がありました。

それもそのはず。
フォーユー社長の川村さんは、
長年森林組合に勤めていたスギのエキスパート。

この建物にもアオスギ、アヤスギ、メアサスギと、
さまざまな種類のスギが使われていました。

われわれ取材班も最初は混乱し、
「あれは何スギですか?」と質問を繰り返していましたが、
教わりながらずっと見比べていると、少しずつではありますが
木肌や形状の違いがわかってきます。

IMG_1732














使いたい物件がくるまで長い間ストックし、熟成されたスギは、
建具に使ってもあばれず(しかもガラスはめ込み型)
リビング・ダイニングにも自然と落ち着いた雰囲気がでます。

オシャレで高級な家具を使わなくても
こうしたていねいな材料選びにこそ
居心地のいいリビングをつくるヒントがあるのかもしれません。


yumemaru_ld at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

「ヴィンテージスタイルでいこう!」第三回

こんにちは、ログハウスマガジン編集部の長島です!

好評発売中の『ログハウスマガジン5月号』、もうお手元にございますでしょうか。

こちらも好評連載中の「丸林さんちのヴィンテージスタイルでいこう!」、第3回はモールディングと金属製のネームプレートを取り入れた、4連ファイルボックスをつくりました。

_PEN0150



















白と黒のペイントを混ぜたオリジナルのグレーの配色で、ワンランク上のヴィンテージ感を演出しています。

今回つくったボックスがあまりに格好良かったので、私もつくってみました!使い勝手もいいのでお気に入りです。

ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか?



yumemaru_ld at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)