ヘッドラインの位置を一時的に下げてます。

当ブログの読者であるロウソク職人の方から、
ペットボトルとロウソクで作る、簡易キャンドルホルダーの作り方を、
メールを通じて教えて頂きました。情報提供、本当にありがとうございます。

停電時には危ないと言えど、ロウソクの明かりは頼りになります。
以下の説明で作成するキャンドルホルダーは比較的安全なものですが、
使用に細心の注意を払ってください。
また、睡眠時、外出時には必ず火を消すようにお願いします。火から目を離さないように!




作成手順(必ず最後までお読みください。)

必要なもの
水、ロウソク、テープ類、ペットボトル



■ペットボトルを、上部1/3ぐらいで切ります。

図では、500ミリリットルのものを利用していますが、2リットルのものの方が安全です。また2リットルペットボトルは、お茶などに利用されている固いものを推奨します。

清涼飲料水などのソフトなものは使用禁止
ro1

■切ったボトルの上部を図のように逆さにして、ペットボトルの下部に底まで押し込みます。



■そして、ロウソクの下部2cmくらいに、注ぎ口(飲み口)の太さに合わせガムテープ等を巻きつけます。



■ロウソクを注ぎ口に真っ直ぐに差し込み、安定させます。この時、ロウソクが傾くようであれば、しっかりと安定して立つまでテープ等を巻き足します。



ro2

 

■重しと安全のため、水を少なくともロウソクを固定している部分まで張ります。



■最後にロウソクに火を点火させ完成です。小さなものなので、火傷を避けるため、点火の際は、チャッカマンなどのノズルの長いライターの使用を推奨します。ペットボトルの下に不燃物を敷いてください。(陶器の大皿など)
平たく安定した場所に設置しご使用ください




※ロウソクの材質、太さによっては、自身の熱により、曲がることがあります。曲がるとペットボトルの側面を焦がし、燃えてしまう危険性があるため、十分に注意を払って使用してください。


ロウソクを取替える場合

消火後すぐにはやけどの危険性があります。
また、
しっかりと固定してあるはすなので簡単には差し替えられません。
連続使用はせず、長時間使用の場合はキャンドルを複数個用意し、
交替でお使いください。
ro3

 



以上が作成手順となります。
地震による被災地の停電だけでなく、
本日から関東の方で計画停電も始まりますので、この簡易キャンドルホルダーが役に立てれば幸いです。

冒頭にも書きましたが、
睡眠時、外出時には必ず火を消すようにお願いします。
安全第一で、火から目を離さないようによろしくお願いします。



「これ危ないんじゃない?」というような記載があれば、
管理人までメールよろしくお願いします。
yumemigachi.salon●gmail.com
(●を@に替えてください。)

また、twitterでもご意見募集しております。







以下、本日までにまとめた今回の地震に関する記事です。














twitterでゆめサロ過去記事BOTをフォローする
過去4317記事を30分毎にランダムで呟きます!Thanks Logpo!2ch

http://twitter.com/#!/yumesalo




カテゴリ別アーカイブで読む
もっと分かりやすい分け方にすれば良かったと後悔。


ワロタw 画像 AA 凄い・へぇ〜 ガクブル イライラ ショボーン 和み 一覧・格付け 下ネタ ゆめみガチホモサロン





投稿者:まるまる | ゆめみがちサロン | 2011年03月14日 05:35 | | はてブ |





コメント一覧