うまいもの手帳

美味しいものや楽しい事に関する雑記帳です

2013年11月

四角いチョコなのに、シュークリーム?

はい、チロルチョコの『たぷたぷシュークリーム』です。

イラスト作家RIKOさんの 「パンダのたぷたぷ」をパッケージデザインとしたチロルチョコです。コンビニ限定。

パンダのたぷたぷと十二支の動物たちのイラストがあり、パッケージは種類豊富。

さて、いただきます。

カスタード風味のチョコレート。チョコの中にはサクッとしたパイ。

ああ、分かりましたパイシューなんですね。

中々うまくやりましたね(ニヤリ)。

これも面白いひとしなですね。


b5f34b8d.jpg


e5ff26ad.jpg



手のひらに乗る小さく四角いホットケーキ。

実はこれ、チロルチョコの話。

『チロルチョコ たぷたぷホットケーキ』

パンダのたぷたぷの楽しいイラストのパッケージも可愛いです。

で、お味は……

メイプルシロップにバターの風味、そしてホットケーキの香り。

うわっ、奇跡の味と香りの組み立てだよ!

中に入っている、さっくりとしたビスケットさえも何やらホットケーキ色に見えてしまう。

チロルチョコの仕事は相変わらず冴えております。


d33fe970.jpg


3e2a73cb.jpg



秋冬仕様のチロルチョコなんでしょうか?

お芋のかりんとうたっぷりのひとしなが登場。

チロルチョコ『芋けんぴ』。

芋けんぴはお芋を細切りにしてカリッと仕上げた、お芋のかりんとうです。

さつま芋風味のチョコの中に、砕いたクッキーと芋けんぴが、ぎっしりと入ってます。

サクサクのザックザク。

この歯応えは、想像以上にハマりますね。

お茶が欲しいかな。


ebb8f1d3.jpg


3e2a73cb.jpg



たまにはナチュラルなお菓子など。

凝縮したトマトの汁を使用して、グミに仕立てたシンプルなお菓子。

愛知県豊橋市の杉本屋製菓株式会社の『やさしいトマト』名前もシンプルですね。

甘さ控え目な柔らかいグミは、仄かにトマトの風味。

確かに、優しいお味ですよ。

歯応えもグミというか、ゼリー菓子みたい。

わざとらしくない。そんな味の『やさしいトマト』は、口に入れるとホッとするひとしなでした。

ちょっと気に入ったかも。


66d1476b.jpg


3be6d5f1.jpg



冬はチョコレート菓子の手合いなどが色々と登場しますね。

部屋においてるだけで溶けたー、とか夏場はこのブログでよく書いてましたが、寒くなってチョコやクリームが活躍する季節です。

そこでちょっと、面白い食感のお菓子を発見。

不二家『冬のドルチェ クリーミーバニラ』です。

刻んだマシュマロ、砕いた、パリパリの薄焼きクレープクッキー生地を、バニラホイップでまとめあげました。

形はランダムだけど、見た目は白くてまさに冬。

マシュマロのもちっとした食感と、クレープ生地の歯応えが面白いコンビネーションですよ。

そして、淡く溶ける雪のよう、にはかなく優しいバニラホイップの舌触り。

全く異なる物たちがひとつに集まり、奏でるハーモニー。

そんな風情のお菓子です。

冬のティータイムに。


0e3d9f56.jpg


9b0a4bc2.jpg



このページのトップヘ