うまいもの手帳

美味しいものや楽しい事に関する雑記帳です

2014年01月

スーパーのお菓子コーナーにある、小さなチョコレートケーキ、ブルボンのシルベーヌは中々にクオリティの高いお菓子ですが、それの、苺味が登場。

これは期待ができそうです。

『シルベーヌ 苺ショコラ』6個入り。

スポンジ生地で甘酸っぱい苺クリームをサンドして上から、苺チョコレートをコーティングしたミニケーキです。

パリッとした苺チョコに歯をたてると、生地がふわっふわで、とろけるようです。スポンジ生地に、苺の甘酸っぱさが良く合います。

見た目もピンクで可愛らしい。しかも値段もリーズナブル。

ティータイムにも良さそうな、優等生なお菓子です。

『甘い』より『甘酸っぱい』が好きな私は、チョコの方よりこちらが好きです。好みの問題ですが。


29fcf967.jpg


79d8d0e8.jpg



去年のパイの実の苺味は、『練乳仕立てのいちごミルク』でした。

これは、ミルクと苺味のハーモニーを楽しむ物でした。

今年は苺に重点を置いたようです。

『苺を味わう パイの実』

とはいっても、去年のパイの実と食べ比べはできません。しかし、恐らく、酸味は僅かにアップしたように思います。

さっくりとしたパイ生地に、苺チョコの酸味。

といっても、酸っぱすぎない『パイの実』というお菓子の範囲の中での酸味。程よいです。

苺チョコ物には最近はふんだんに苺パウダーが使用されるようになりましたが、使い過ぎてもバランスが崩れる気がします。案外に難しいのは苺です。

あまり酸っぱすぎても、パイの実らしくなくなるし、そこはわきまえた上でのひとしなでした。

そんな訳で、ここから、怒濤の苺三昧など。


6fb28e54.jpg


7a5177ac.jpg



ルタオが10周年を迎えた年に開発されたという、ワンランク上のチーズケーキです。

マスカルポーネをはじめ、3種類のチーズの絶妙なブレンドをしたひとしな。

『濃厚であっさり』チーズたちが混然一体となったように『濃厚』と『あっさり』と言う相反するふたつの要素も見事に融和している……はじめのひとくちでそう感じます。

しかし、そのうちに、この濃厚さか穏やかなインパクトに変わります。

『穏やか』さと『インパクト』も相反するものですが、ジワーッと、くるんです、美味い、と……

まぁ、つまるところは、大変にシンプルな言葉で語るしかないのです。

美味しい。

そもそもルタオの人気商品、通常のドゥーブルフロマージュだって、十分に濃厚で美味しいのです。

ううむ、ルタオ、恐るべし。

ちなみにルタオは小樽をひっくり返した社名なのは今更、語るまでもありませんね。


36c8c692.jpg


3ca9396c.jpg



ビールのお供にぴったりな、癖になるひとしな、ヤバいです! これは!

(株)室蘭うずら園の『【北海道室蘭産】 味付うずら卵』230グラム入り。

無投薬飼育生産による新鮮なうずら卵を、きっちりゆでて、殻をむき、味付けしたものです。

このちっちゃい卵がとにかく、後をひくんです。

いけないと思いつつ次に手が出る。

寂しがり屋なのか、ウズラの卵は。

良く味が染みた白身。煮込まれて、優しい黄色、ほろり、とまろやかにほどける黄身。

美味し過ぎまする。誰かとめて! ビールがあるととまりません。

止まらないのは私だけではありません。結構入ってたのに、家族で瞬殺。

うずらの卵に脅威を感じるひとしなでした。


c347cbc1.jpg


cfcf76d3.jpg



せんだって桑田屋さんのぱんじゅうを買いました。ビバ! 物産展!

『ぱんじゅう』とは、文明開花と共に小樽に生まれたハイカラなお菓子だそうです。

北のウォール街といわれ、栄えた小樽です。

パンがまだ高価な食べ物だった頃に庶民的な価格で登場したのが、パンのような皮のぱんじゅうだったそうです。

パリッとした甘く薄い皮の中に、餡などがたっぷり入っています。

回転焼きのたこ焼きサイズと説明すれば良いのでしょうか。

桑田屋さんの特徴は中の餡にのバリエーションが多い事。

こしあん、つぶあん、チョコ、もちあん、生キャラメルなどの種類があります。

小樽運河のターミナルで買えますが、私は、キャラメルが好きです。

熱々で食べると、とろけるキャラメルクリームとパリッとした皮のコンビネーションがたまりません。

ただ、ぱんじゅうとしては、都通りアーケード内の『西川ぱんじゅう』の物が美味しくて好きでした。パリッと薄い皮に餡がぎっしりで持ち重りするんです。

昔はご夫婦がお店をやっておりまして、1個、2個買っても、奥様が『中でお茶を飲んでいって下さい』と声をかけてくださりました。

私の印象では穏やかな良い店だったのですが、色々な方が書いた文を後から見ますと、やたらに『感じ悪い』とありました。

えっ? えっ?

優しいオヤジさんじゃなかったっけ? それとも私の運が良かったの?

いつも人はいっぱいだったから、タイミング悪いと買えないけど。

あのお店は、まだ健在なのかしら。

ふと、そんな事が気になりました。

小樽という町が好きで、よく行ったものでした。

雪の中を、桜の春を、夏海を、紅葉の秋を。

季節ごとの歩いた小樽が、今も私の記憶の中にあります。

そんな記憶の味のひとつ、小樽のぱんじゅうです。


63f3d297.jpg



このページのトップヘ