うまいもの手帳

美味しいものや楽しい事に関する雑記帳です

2015年03月

ロッテのチョコパイのシリーズ『世界を旅しているような気分を楽しめる』がコンセプトの『世界のチョコパイ紀行』がいよいよファイナル!

最後はハワイ。

『CHOCOPIE マカダミア&ベリー』


ハワイで人気のパンケーキにマカダミアナッツとストロベリー、ブルーベリーをトッピングした味をイメージ。

一工夫あるのは中のクリームです。

ナッツペースト入りのクリームの、所々に、ベリーのジャムが見え隠れします。

コクのあるナッツクリームをベリージャムが爽やかにまとめあげているひとしなです。

このシリーズ、思ったより長く続きましたよね。

カバヤのころんと小粒なチョコレート。

その名も『回復の呪文』。

ちょっと変わった名前のこのチョコは、ティラミス風味。

ティラミスの語源、イタリア語の『Terami sui』は『私を元気づけて』という意味なんだそうです。

元気を取り戻す一粒。そんなイメージなんだそうです。

まずは中心が香ばしいコーヒー味のチョコの層。その外にコクがあるマスカルポーネチーズ風味のチョコの層。外側を覆うのはココアパウダー。

コーヒーほろ苦さと、マスカルポーネのまろやかさは抜群のコンビネーションです。

ココアパウダー層のちょっとシャリっとした感じも面白いです。

確かにちょっと元気が出る一粒です。

日々あたたかに春めいてまいりました。抹茶味のお菓子もちらほら見受けます。

そんな中から、グリコのポッキー『重ね抹茶』など。

渋みが効いた石臼挽き抹茶を使用した焼き菓子に『一番茶』を使用した、旨味ある抹茶チョコをコーティングした、抹茶と抹茶のハーモニー。

綺麗な若草色のチョコは、口に入れた瞬間から爽やかな抹茶の香りです。

甘さによく馴染む、渋みと旨味のチョコ。サクサクの焼き菓子も品のある香りをまといます。

軽やかなイメージの抹茶の味わいが、春の芽吹きをイメージさせる……そんな風雅なポッキーです。

期間限定の小枝チョコレートは、若草色で春らしい。

森永『小枝 抹茶みるく(期間限定)』。

抹茶の爽やかな香りと渋みに、ミルクの味わいが優しさを加えています。

抹茶の風味はしっかりあるけど、味は丸い。

ライスパフもサクサクと軽やかで、春のひとしなにふさわしい仕上がりになっています。

ちょっと上質、ちょっと大きめな森永『小枝』の期間限定バージョン。

『小枝 大人のくちどけ』

ホイップしたなめらかなくちどけのチョコレートにこだわりのローストアーモンドを練り込んだそうです。

アーモンドの粒はアクセントだけれど、基本はふんわりした舌触りの上質な味わいです。

これはもう『枝』じゃないですね。棒状のフワッとした何かです(笑)。

このページのトップヘ