うまいもの手帳

美味しいものや楽しい事に関する雑記帳です

2015年06月

またまた、気に入りの木村屋さんのこだわりシリーズ。

メロン、桃、レモン、マスカットと色々と発売されましたが、今度はトロピカル。

木村屋総本店の袋菓子パン『こだわりマンゴーパン』です。


謎の縦の窪みにオレンジの色合い、見た目はカボチャじゃないんですか?

マンゴーピューレを使用したパンは皮はしっとり、中はふんわり。味はほんのりマンゴー、トロピカル!

相も変わらぬ、豊かな香りとくどさのない優しい味わいに柔らかな食感。

後は『何味が好きだったか』と言う話な気がします。要するに好みの問題?

次は何味がでますでしょうか?

そーいや、王道の『苺』がまだな気がします。

これは見た目といい、良いメロンパンです。

メロンパンの中のメロンパン、突っ込み不要の鉄壁メロンパンです。

山崎製パンのコンビニ限定品『もっちメロンパン(マスクメロン風味)』。

いかにもメロンパンっぽいルックスに、メロンの風味と色合い。皮も生地も緑色です。

皮が面白くて、もっちりした食感なのに、表面だけがサクッとしてるんです。

パンにはマスクメロン凝縮果汁20%入りのメロンシロップを使用しているとかで、メロンの香りが夏を誘います。

メロンパンの中の生地ってパサパサなのが欠点であり、これも王道にパサついてますが、しっかりと弾力もあり、むしろ、このパサつきこそがメロンパンと思ったりもして、中々に良いメロンパンでした。

そう、ここまでメロンパンを取り上げ続けたのは、アンパンやクリームパンに対して、どうしても生地のパサパサが好きじゃなくて、メロンパンの優先順位が低くなるから。

だからこそ、あえて色々とチャレンジしてみた訳ですが、中々にメロンパンも奥深いものでした。


1bdd0512.jpg


441f635f.jpg



メロンパンといえば、パン生地の上に甘いビスケット生地のせて焼いたパンです。

メロンパンと呼ばれた理由は諸説ありますが『表面のビスケット生地に入った網状の溝がマスクメロンの模様に似ているため』と言われています。
また、メロンの風味をつけたパンもあり、そこからメロンパンを名乗った物もあるそうで。

ああ、じゃあ、これなんか後者タイプかな


木村屋総本店の袋菓子パン『こだわりメロンパン』です。

メロンピューレを練り込んだ、生地のパンの上に、更にしっとりとしたメロン風味の生地が乗っています。

そう、ビスケット生地ではなく、しっとり。


うわっ、きた一口齧ったら後からメロンの香りが追いかけてきた。

柔らかな緑の生地、しっとりした表面、優しい甘さ。

くどさがなく、いくらでも食べられそうな味。

こだわりは十分に伝わってきます。

以前、マスカットパンなどを紹介しましたが、これぞラスボスです。

メロンパンというものがありますが、メロンパンなのにイチゴ風味などといった『ボケてますから突っ込みカモーン』なパンを時折見受けます。

例えば、第一パンの『パイナップルメロンパン』。

これは突っ込み待ちですよね? 『どっちやねん!』を期待しているんですよね?

そんな訳でデニッシュ生地にメロンパンの皮をかぶせて、沖縄県産パイナップルの果汁を使用したフィリングをサンドしたそうな。

形もパイナップルっぽい小判型に、菱形模様。

ええっと……

『いや、これもはやパイナップルだよねっ?! メロン要素どこにもないよね?!』

これでよろしくて? ちょっと銀魂風の突っ込みで(笑)。

第一パンのデニッシュ生地のメロンパンというのはとても好きです。

メロンパンのビスケット生地と、ふんわりしたパン生地の相反するふたつの要素の相容れなさは『焼きたてジャパン』という漫画でも語られていました。

まったくもってその通りで、じゃあこのふたつを巧くマッチングさせるにはといえば『焼きたて』である事かと思うのですが、それが無理なら、どちらかのひと工夫が必要かと。

今のところ良い着地してるのが木村屋さんの『こだわり』シリーズなんですが、第一パンのこれはこれで良いですね。

爽やかなパイナップルのフィリングも生地によく合いまして、夏の風情です。


2ea0953f.jpg


5ec312be.jpg



素朴な味わいの株式会社平和堂の『油で揚げてない 焼ドーナツ』のシリーズ、更にもういっちょ。

『油で揚げてない 焼ドーナツ スイートポテト』

石川県の加賀野菜『五郎島金時芋』を練り込んだ生地をリング状に焼きあげたそうです。

案外にちゃんとお芋の味がしますね。

食感はホロホロと儚く、味わいは少し甘さ控え目。

ミルク味が基本形として、バナナとスイートポテトが味のバリェーション。

味は各自のお好みでどうぞ。

このページのトップヘ