May 04, 2007

バベル

バベル1






http://babel.gyao.jp/

「バベル」というからにはバビロンとかバベルの塔をイメージして見るようにいっているのだな。と思いながら見始めた。

モロッコ、アメリカ、メキシコ、東京。それぞれの国の言葉を話し、それぞれの人生を生きている人々がいる。一見まったく接点がないその人たちを一つの銃が繋いでいき、やがて「あ、あの電話はそういう時だったのだ」という結末に辿り着き、時系列のずれに気がつく。

世界は理不尽に満ちている。生まれた場所の違いだけで生じるこの生活のレベルの差はどうだろう?
しかしバベルの塔のごとくそびえ立つ東京の高層マンションに住む裕福な親子は決して幸福ではない。
いったい何を考えてモロッコの砂漠を旅行しているのか、絆が壊れかけているアメリカの夫婦も幸福ではない。
メキシコ人女性に世話をされている夫婦の子供たちは一概に不幸とはいえないが、どことなく心が不安定にも見える。
メキシコからアメリカへ不法に入国して生活をしているベビーシッターも、ちょっとした行き違い一つでその生活基盤は簡単に崩れ去っていく。
そして乾燥したモロッコの地で貧しい生活をしている人たち。貧しさが不幸だとは私は思わないけれど、ひとたび事件が起こればその命は簡単に奪われていく。

銃一つでバラバラの人たちをリンクしていくにしても、東京の親子の話はちょっと浮いていて無理にはめ込んだような印象はぬぐえないし、モロッコの人たちの生活に対する、どこかバカにしているようなアメリカ人旅行者の視点もすっきりしないものがある。
これは社会派映画、なんだろう? しかし監督、出演者の熱意も伝わってくるのに見終わって感動したとはいい難いものがある。この映画、イマイチ私は好きではないな、と思った。

問題になっているフラッシュ点滅画面で気分が悪くなるようなことはなかった。でも別の意味で気分が落ち込む映画ではある。見て損をしたというような退屈な映画ではないにしても2度3度と見直すこともないだろう。

菊地凛子さん、アカデミー助演女優賞を逃した時はとても残念だと思った。
ただ、映画を見ても息が詰まるような演技力はすごいものがあるし熱演も買うものの、「ドリームガールズ」と両方を見た結果では、やはりエフィ(ジェニファー・ハドソン)に迫力実力共に負けているかな、と今は感じている。
正直な感想をいってしまうと菊地さんの裸は年齢を感じさせて、とても高校生には見えなかった。何かもの悲しい胸だと思った。

yumeria at 22:27│Comments(0)TrackBack(20)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」  [ 「ボブ吉」デビューへの道。 ]   May 05, 2007 22:05
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に面白...
2. バベル  [ 悠雅的生活 ]   May 05, 2007 22:22
繋がらない心。繋がる思い。
3. 映画「バベル」を見に行きました  [ have a heart to heart talk ]   May 06, 2007 02:57
こんばんは   とうとうGWもあと1日となってしまいましたね(:_;)   今日は日本人女優、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも有名な映画「バベル」を見に行きました。   (ストーリー) モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャ...
4. バベル  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   May 06, 2007 06:43
3 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 143分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、役所広司 、菊地凛子 、 ガエル・ガルシア・ベ...
5. 映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁  [ システムエンジニアの晴耕雨読 ]   May 06, 2007 11:49
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 見終わった瞬間・・・むむむ、と思いました。 でも、しばらくすると、映画の一場面一場面思い出し、 その意味を考え直す、噛めば噛むほど味わいのある作品です。 モロッコ、アメリカ−メキシコ、そして東京を舞台に、 物語が同...
6. バベル  [ to Heart ]   May 06, 2007 14:36
        届け、心。        製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 143分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 ...
7. 【2007-62】バベル(BABEL)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   May 06, 2007 15:56
3 それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....
8. バベル  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   May 06, 2007 21:26
【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・ギャ...
9. 「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー  [ オールマイティにコメンテート ]   May 07, 2007 01:59
5 「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描かれ...
10. バベル  [ 5125年映画の旅 ]   May 07, 2007 06:40
3 モロッコに暮らす一組の家族がある日猟銃を手に入れる。子供達がその銃を遊び半分で発砲し、その弾がアメリカ人旅行者を直撃した。そして物語はその家族から、弾を受けた旅行者夫婦、夫婦の子供達と家政婦、そして猟銃の出所である日本へと広がっていく。 2006年度ゴ...
11. バベル  [ Akira's VOICE ]   May 07, 2007 11:06
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
12. バベル 2007-19  [ 観たよ〜ん〜 ]   May 07, 2007 21:06
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖っ...
13. バベル  [ ネタバレ映画館 ]   May 10, 2007 23:52
パンツ穿いてください。
14. 【劇場映画】 バベル  [ ナマケモノの穴 ]   May 12, 2007 20:29
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村...
15. ★「バベル」  [ ひらりん的映画ブログ ]   May 16, 2007 03:34
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
16. バベル−(映画:2007年58本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   May 19, 2007 18:20
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットと菊....
17. 真・映画日記『バベル』  [            ]   May 26, 2007 06:51
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリアガ...
18. 話題作 バベル 観てきました。  [ よしなしごと ]   June 10, 2007 00:42
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
19. ブラッド・ピットの似顔絵。「バベル BABEL」  [ 「ボブ吉」デビューへの道。 ]   June 15, 2007 19:09
映画「バベル」、2回目の鑑賞を目論んでたんですが、時間が合わず、 残念ながら今週上映が終了してしまいました。 「期待外れだった。」「よくわからなかった。」という感想も、 数多く見られたんですが、僕は、時間が経てば経つほど。 確かめたい事が膨らんできてたんで...
20. チエコが刑事に渡した手紙の内容●バベル  [ Prism Viewpoints ]   July 04, 2007 19:35
遠い昔、言葉は一つだった。 神に近づこうとした人間たちは天まで届く塔を建てようとした。 神は怒り、言われた。 “言葉を乱し、世界をバラバラにしよう” やがてその街は、バベルと呼ばれた。 ― 旧約聖書 創世言??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人・ユメリアです。
竜涎香

竜涎香・1880
ジョン・S・サージェント

月別アーカイブ