November 20, 2007

鳥獣戯画がやってきた!

鳥獣戯画展








鳥獣戯画がやってきた!

日曜日の午後、久しぶりに会った友人とサントリー美術館で公開中の「鳥獣戯画がやってきた!」展へ行ってきました。
勝手に地味な展覧会なので混んでいないだろう、と思っていたら大間違い!
行列は15分くらい並んで入場できましたが、中はけっこうな混み方で人気がある催し物なのが分かります。

京都、栂尾の高山寺に所蔵されている「鳥獣人物戯画」四巻とその他の断簡、模本などを合わせて展示してあるのですが、800年前に描かれた「鳥獣戯画」を見ていると、日本人は大昔からコミック好きだというのがよく分かります。
「鳥獣戯画」として広く知られているのは4巻中の甲の部分で、他に乙丙丁とそれぞれ作者も画風もはっきり違うようです。
以前は鳥羽僧正作といわれてきましたが、現在では時代を考えると鳥羽僧正筆とするのは難しいということになっているそうです。
他にも土佐光信や狩野探幽の模本や御伽草子に描かれた雀や鼠など、ちょっと珍しいものも展示してありました。
会期中に展示替えがあり、前後期と2回訪れると全編を見られるようになっています。といっても同じ展覧会に2回行くのってなかなか難しいですね。

「栂尾山高山寺の『栂尾』ってなんて読むの?」
「さあ、わかんない〜。もお、じゃないよね…^^;」

という程度のレベルで見ていた私たちでしたが、これほどまとまって出品展示されるのは難しいということなので、理屈抜きで一見の価値ある展覧会だと思いました。
栂尾……後で聞いたら「とがのお」と読むのだそうです。へ、知らなかったぁ〜

見終わって、サントリー美術館のある六本木ミッドタウンからヒルズ方面に…
食事をした後、けやき坂の青いイルミネーションとエントランス付近の赤いイルミネーションがとても綺麗だったのでデジカメで撮ってみました。
赤のイルミネーションの後ろに赤くライトアップされた東京タワーも見えていますが、写真の撮り方が激ヘタなので全く綺麗に見えないです〜。

六ヒル5







六ヒル7






六ヒル1







実際はもうちょっと美しいので、こちらを参考にどうぞ。↓
こんなにきれいではなったけど…
http://www.roppongihills.com/jp/events/christmas2007.html

美術館・博物館 - livedoor Blog 共通テーマ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鳥獣戯画がやってきた!  [ 月のブログ ]   December 27, 2007 21:32
もうとっくに終わってしまったのだけど。 六本木の東京ミッドタウン内サントリー美術館にてやっていた。 鳥獣戯画っていうのは、ウサギやらカエルやら動物たちを擬人化した、マンガの原点みたいな美術品です。 って??

この記事へのコメント

1. Posted by もにか   November 21, 2007 20:28
誰かのblogでもこの展示について書かれてました。「鳥獣戯画の全貌」と題されてるのに実際に見れるのは半分だけなのはおかしい、って。私も去年京都でみた「大絵巻展」ではカエルもウサギもでてこない部分が展示されててちょっと不満でした。『見たければ自分で問い合わせしなさ〜い』ってことですかね。
2. Posted by ユメリア   November 21, 2007 21:23
長い巻物なので展示スペースの問題もあるのでしょうかね。せめて甲の巻だけでも全部見たかったです。
26日で前期の展示が終わり28日から後半部分の展示になるようです。その他の模本も2週間交代で場面替えがありますし、2回以上行かないと心残りな展覧会になってしまいそうです。でも、いい展覧会でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人・ユメリアです。
灰色と緑のハーモニー
灰色と緑のハーモニー
シスリー・アレクサンダー嬢
の肖像
ジェームズ・ホイッスラー
月別アーカイブ