November 25, 2007

ALWAYS 続・三丁目の夕日
















ALWAYS 続・三丁目の夕日

話題作ですね。さすがというか、映画館の客席も老若男女が万遍なく分布しているように見えました。
1作目はテレビで見て、堤真一さんが演じる鈴木オートのお父さんが好きになりました。
突然キレやすい親父という点では今時のおじさんのようですが、この年代の人たちは心の中に戦争の傷跡を抱えながら、戦後の復興期を逞しく生き抜いてきたんですね。
部下だった兵士の幻と一緒にお酒を飲み交わすシーンは物悲しくも美しいものでした。現在は80歳代くらいの方々でしょうか。

私たちにしても、まだ生まれてはいないにしてもそれほど遠い時代ではなく、どこかで見たことがある風景や人々の暖かさが懐かしくて、劇場が居心地良く感じるような映画です。
時は「がばいばあちゃん」とちょうど同じ昭和30年代前半。人々は暖かく、悪者は存在せず、子供は親を助けて自ら働く。という実際の当時とも多分違う世界を描いた、ノスタルジックで、ある意味ファンタジー映画よりももっと夢の中にしかない世界だったのかもしれません。大道具小道具ともによく集めたものです。大変だったでしょう。

東京タワーに上ったのは中学校の遠足で行ったのと、大人になってから蝋人形館へ行っただけなのですが、存在はよく眼にしていたのでなんとなく身近に感じていました。
最近は、見えるような所には、たまにしか行かなくなりましたが、電波塔としては必要とされなくなっても東京のランドマークとしてぜひ無くさないで欲しいと願っています。

ALWAYS 三丁目の夕日 - livedoor Blog 共通テーマ

yumeria at 20:21│Comments(0)TrackBack(17)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ Sweet*Days** ]   November 26, 2007 22:06
監督:山崎貴  CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
2. ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作]  [ 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ ]   November 26, 2007 22:28
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督:山崎貴 …「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。 前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。 ...
3. 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆  [ オールマイティにコメンテート ]   November 26, 2007 22:41
5 「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との絆....
4. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!(2007-24)  [ 馬球1964 ]   November 26, 2007 23:09
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!2007年の24作目です。今年一番楽しみにしていた映画です。
5. ALWAYS 続・三丁目の夕日〜ネタバレ感想!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   November 26, 2007 23:52
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバレ...
6. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ Akira's VOICE ]   November 27, 2007 10:35
良い話やけど,印象は大味。
7. ALWAYS 続・三丁目の夕日(日本)  [ 映画でココロの筋トレ ]   November 27, 2007 14:37
「映画??? 時間がもったいない」というマットだけれど、なぜだか「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観たかったらしい。 ということで珍しく夫婦で映画を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸...
8. ★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  [ ひらりん的映画ブログ ]   November 28, 2007 02:08
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・・...
9. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   November 28, 2007 09:19
続編作って、コケたらどうしようと心配していた関係者各位の皆様へ いやいや、全く心配要りませんよ!!! 素晴らしい出来栄えを堪能させていただきました。 byしがないブログ管理人より 冒頭いきなり ゴジラが東京の街を破壊し、その間を鈴木オートの社長が...
10. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ bibouroku ]   November 29, 2007 13:42
2年前のALWAYS 三丁目の夕日 の続編は やっぱりホッとする空間がそこにありました。 あらすじは・・・ 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川(吉岡秀隆)
11. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ ネタバレ映画館 ]   November 30, 2007 09:19
テレビのドラマ〜♪、ヤクザのドラマ〜♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
12. ALWAYS 続・三丁目の夕日 観てきました  [ よしなしごと ]   December 02, 2007 15:57
 みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
13. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   December 05, 2007 23:55
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映画....
14. お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   December 09, 2007 09:44
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゚▽゚)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起き...
15. 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   December 20, 2007 20:45
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時??..
16. 映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   January 14, 2008 19:11
101.ALWAYS 続・三丁目の夕日■制作:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:146分■鑑賞日:12月8日、有楽座(有楽町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・VFX:山崎貴□脚本:古沢良太□原作:西岸良平□プロデューサー:安藤親広、山...
17. ALWAYS 続・三丁目の夕日−(映画:2008年43本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   June 14, 2008 07:49
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた泣いた。 一人で自室にこもって鼻をグスグズ言わせながら。 前作終了時点から4ヵ月後の昭和34年(1959年...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人・ユメリアです。
灰色と緑のハーモニー
灰色と緑のハーモニー
シスリー・アレクサンダー嬢
の肖像
ジェームズ・ホイッスラー
月別アーカイブ