ファイナンシャル・プランナー☆ ☆小柳絵津子☆ 夢先案内人☆FPなび

千葉の独立系 ファイナンシャルプランナー☆ 夢なび ☆ CFP(R) 小法ヽ津子 ☆ FPの勉強会 ☆ ライフプランセミナー ☆FPnavi CFP(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

この時期に祝日が決まらないのは厳しいな。2019年〇〇元年??

こんにちは、夢なびです。
そろそろ書店などでは
来年のカレンダーや手帳が
店頭に出ています。
しかし、今年はちょっと様子がヘン。
そう、2019年の祝日が決まっていないのと
元号も決まっていないから。
どうやら、4月から5月にかけての
いわゆるゴールデンウィークが
10連休になりそう。
そして、10月22日の
「即位礼正殿の議」も
お休みになりそうな感じ・・・
でも、まだ確実ではない模様・・・?
私の使っている手帖は
前年の11月から使えます。
つまり、本来ならもう出来上がってないと
いけないのですが
今年はまだ手元にありません。
そして、カレンダーもまだ買っていません。
一部の方々は、10連休で
浮かれていられるようですが
非正規労働者は働いた日が
お給料をもらえる日。
つまり、休みが多いと
それだけもらえるお給料が減るのです。
とてもではないですが、お休みだーと
喜んでばかりもいられない。
そして、また、サービス業の方々は
日曜祝日は基本出勤日です。
つまり、10日間は休みたくても
休めない日が続く方もいるのです。
喜んでいられる方々には
きっと何を言っても聞こえないのでしょうけどね。

外国人労働者配偶者年金の受給は・・・?「国内居住者に?」

こんにちは、夢なびです。
外国人労働者の受け入れ拡大で
その他の制度も変わっていきます。
政府は、外国人労働者の受け入れ拡大に備え、
厚生年金の加入者が扶養する配偶者について、
年金の受給資格を得るには
国内の居住を要件とする方向で
検討に入ったようです。
2019年度中にも、国民年金法を
改正する方針だということです。
日本の年金制度では、
厚生年金に加入する会社員らが
扶養する配偶者は、
国民年金の「第3号被保険者」と呼ばれています。
第3号被保険者は、保険料を支払う必要はなく、
年金を受け取ることができます。
現在は、配偶者に居住地要件がないため、
外国人労働者の配偶者が海外に住んでいても、
将来的に日本の年金を受け取る
ことができることになります。
政府は医療について、
健康保険が適用される扶養家族を
原則国内に居住する人に限る方針を固めています。
年金も同様に、国内に住む配偶者を
対象とする必要があると判断したものです。
個人的には外国人労働者を
むやみに増やすことには反対です。
日本人だけでも、
全ての人が働いているわけではありません。
もし、介護や看護などの人手が足りないというならば
資格を得るために日本人に補助をすれば
人材は増えると思います。
労働者不足と言っていても
それはある一定の職種で特定の場所でしょう。
AIなどの進展で、今後人間が不要になることも
考えられます。
仕事がなくなったあとも、外国人労働者が
日本中に多く居住すれば
日本人はますます住みにくくなるように思います。
今の政策は目先の事ばかり見ているように感じます。


子どもの「孤食」増えている?!

こんにちは、夢なびです。
『孤食』という言葉も
もうずいぶん前から聞かれます。
ライフスタイルの多様化により、
家族みんなで食事をする機会が
減少傾向にあります。
また、朝食を食べない子どもも増えています。
本来であれば子ども時代に
より良い食習慣を身につけさせたい、と
思っている方も多いでしょう。
ですが、2018年に、
農林水産省が公表した
「平成29年度食育白書」によりますと、
1日のすべての食事を1人で食べる
いわゆる「孤食」の頻度が、
週の半分以上になる人が15.3%となり、
2011年と比べて約5%増加したことが、
明らかになりました。
家族と食事を共にしたい、
重要であるという声が上がるものの、
孤食にならざるを得ない現状があるようです。
今は、両親共働きの家庭が多いです。
誰かと一緒に食事を共にする機会が
そうなるとなかなか得られません。
特に、都会であれば通勤だけで
かなりの時間をとられます。
子どもも塾やお稽古事
あるいは部活などで忙しい。
のんびりと家族そろっての
夕食など、もう夢の話なのでしょうか?

美味しいもの食べてる?一番高価なごちそうは・・・?

こんにちは、夢なびです。
ネットで面白い調査を見つけました。
その調査は
「今までの人生で一番高価な食事は?」というもの。
一人当たり、15,000円から20,000円が
一番多いお値段でした。
おお、なかなかの金額ですね。
クリスマスのディナーや
フルコースのお食事で
彼氏と一緒というのが多い答えです。
それから多かったのが
お友だちの結婚式で
帝国ホテルや椿山荘で・・・というもの。
こちらも、お料理も当然ですが
サービスも素晴らしかったという
意見が多いですね。
お支払いに関しては
自腹の方も
ごちそうしてもらった方もいらっしゃるようですが
何にしても、思い出に残る
いい食事であれば、高くはないかもしれません。
節約ばかりしていても
楽しい人生とは言えないでしょう。
たまには、贅沢もいいものです。
きちんとメリハリをつけて
納得のいくお金の使い方をしたいですね。

子どもは減っても、食べ物は・・・?

こんにちは、夢なびです。
子どもの数は減っています。
ですが、ベビーフードは
安定して増加しているそうです。
おや・・・?どうしたことかな・・・?
子どもの出生数が減少する中、
ベビーフード市場は安定した需要をつかみ、
増加傾向で推移しています。
背景にあるのは、子ども1人当たりの
使用頻度・使用量の増加です。
共働き世帯の増加で、
利便性や簡便性に優れた市販品を、
赤ちゃんのための便利なツールとして、
積極的に活用したいと
考える親が増えているようです。
ベビーフ―ドを食べる子どもが
年々減少しているにも関わらず
市場は微増で拡大を続けているそうな。
そして、なかでも勢いよく善戦しているのが、
生後9か月ごろから高月齢や
1歳以降を対象とした幼児食だとか。
離乳完了期がかつてより緩やかになったことで、
商品数・販売実績ともに拡大し、
成長性のある分野として、
各社の商品投入も相次いでいるそうです。
そうね、今のお母さん方は
働くママが大半です。
そうなると、手作りの離乳食よりも
完成品のベビーフードのほうが
需要があるのかもしれませんね。
そのうち、子どもたちの
「おふくろの味」はベビーフード
主要メーカーの味になるかも・・・?

雇用条件 数字の上では改善ですが・・・実態は?

こんにちは、夢なびです。
素直に喜ぶべきことでしょうか?
総務省
が10月末に発表した
9月の完全失業率(季節調整値)は
2.3%となりました。
この数字は、前月の2.4%から
微妙に低下しています。
厚生労働省が発表した同月の
有効求人倍率(季節調整値)も1.64倍に上昇。
1974年1月の1.64倍以来、
44年8カ月ぶりの高水準ています。
つまり、数字の上では
雇用情勢は改善を続けていることになります。
完全失業率が低下するのは2カ月連続です。
季節調整値でみた9月の就業者は
前月比3万人増の6665万人となりました。
完全失業者は同7万人減の160万人で、
非労働力人口は同5万人増の4264万人でした。
この結果、完全失業率は2.3%と前月から低下した。
15─64歳の就業率は77.3%と過去最高を
更新しています。
自発的な離職者が増加する一方、
新たに求職する人が減少しており、
求人が増加する中で
「新たな職探しが就業に結びついている」とみられています。
そりゃ、人口が減っているのですから
母数となる労働人口が減ります・
完全失業率は約25年ぶりの
低水準での推移が続いています。
その結果、総務省では
「雇用情勢は着実に改善している」との
判断を維持しています。
ただ、それでも中高年者の
就職は厳しいです。
また、労働者が増えたとはいえ
非正規労働者が大きく増えています。
そして、労働者の状況は
決して楽観しできるものでもないと思います。
それでも、雇用情勢は改善、でしょうか?

日本のお父さん、忙しすぎ?子どもとの過ごす時間は?

こんにちは、夢なびです。
2017年に実施された
幼児期の「家庭教育の国際調査」で、
日本の父親が平日に
子どもと過ごす時間が
最も短いという結果が報告されました。
この調査は、ベネッセ教育総合研究所が
日本、中国、インドネシア、フィンランドの4カ国で
共働きで幼児期の子どもを持つ
母親約3200人を対象に行いました。
それによりますと、
「父親が子どもと平日に過ごす時間」は
日本の6割以上が2時間未満と最も少なく、
0分という回答も6%と
他国に比べて最も多くなりました。
あ〜0分。
子どもが起きる前に仕事に行き
寝た後に帰っているのかな?
一方で、休日に子どもと一緒に過ごす時間が
10時間以上という回答は
51.2%とフィンランドに次ぐ2番目だったとか。
また、この調査で日本の働く母親の
ワークライフバランス満足度は
44.3%と4カ国のなかで最も低く、
中国が75.4%と最も高い結果となりました。
父親の「洗濯」や「ごみ出し」などの
家事の取り組み頻度が高いほど、
母親の満足度が高いということです。
お母さんも忙しいからねぇ・・・。
お父さん、平日は忙しすぎるのかな?
家事や育児、手伝っていますか?

2万円で2万5千円分の商品券を?・・・低所得者のためになる??

こんにちは、夢なびです。
2019年10月の消費税率アップまで
もう1年を切りました。
その消費税率10%への引き上げに伴
う経済対策で検討している商品券を巡り、
財務省がまとめた原案が分かりました。
1人あたり2万5000円分を
2万円で購入できる「割引商品券」とし、
5000円分多く買い物ができるというもの。
そして、購入できるのは
低所得者を中心とする方向だそう。
希望者は、2万円を支払えば
1000円の商品券を25枚受け取ることができます。
買い物の際は原則としてお釣りをもらえず、
使い切りを前提とするそうな。
使用できる地域は発行した自治体内に限定し、
有効期間は2019年10月〜2020年3月とするとのこと。
うう〜ん・・・本当に生活が厳しければ
2万円を払うのは痛いんじゃないかな?
しかも、1000円分使わなければ
損をしてしまう。
そのうえ、使えるのはたった半年。
これは本当に低所得者のことを
考えている措置なのでしょうか?
政府・与党では、割引商品券を購入できる対象などを、
年末までに詰めるようです。
政府内では、本人確認のために
マイナンバーカードを活用する案も
浮上しているということですが。
商品券を購入するのも
マイナンバーカードが必要とか
これ、面倒だし
大して恩恵なさそうに思えます。
これで低所得者のことを
考えているといえるのでしょうか?
どうなのでしょう?

2030年に人手不足が5倍に?

こんにちは、夢なびです。
日本の人口は減っていきます。
それも、労働年齢が・・・。
少子高齢化が
さらに進むとみられている2030年に、
人手不足が現在の5倍以上にあたる
644万人に拡大するという調査結果が
発表されました。
民間シンクタンクと中央大学
総務省の労働力調査などから
将来の労働力不足を予測したところ、
2020年には384万人、
2030年には644万人と
人手不足が拡大するということです。
特に深刻になるのは、
サービス業で400万人、
医療・福祉業で187万人が
不足するとみられています。
人手不足の解消には、
働く女性や高齢者、
外国人を増やすことに加えて
AI(人工知能)やロボットが
人の代わりに仕事をする必要があると
提言しています。
ただ、人手がないと言いながらも
今でも、正社員の求人は少ないです。
結局、人間を使い捨てにすることが
全然改善されていないように感じます。
派遣切りや労働者解雇の話は
未だに聞かれます。
いつになったら、労働者を
大切にする時代になるのでしょうね?

東京は第3位!?世界の都市で・・・ほんとかね?

こんにちは、夢なびです。
世界で3位といえば銅メダル。
とはいえ、オリンピックのお話ではなく
世界の都市ランキングのお話。
経済や居住、環境などの指標を使って、
世界の都市の総合力を採点した
民間のシンクタンクによるランキングで、
東京は3年連続で3位となりました。
東京にある民間の某シンクタンクでは、
平成20年から世界の主要な都市を対象に、
「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」
「交通・アクセス」の6つの分野で総合力を採点し、
ランキングを公表しています。
2018年のランキングでは、
合わせて70の指標を使った採点で、
東京は世界44都市の中で、
ロンドンとニューヨークに次ぐ3位となりました。
しかし、居住とか環境とかはいいの?
交通・アクセスにしても
あの満員電車で世界第3位???
「わーい、東京は第3位!」と
喜んでいていいのか
それとも
「え?世界の都市ってそんなに住みにくいの?」と
思うべきか・・・・。
微妙なところですねぇ・・・

読後記録 「カーテンコール!」

こんにちは、夢なびです。
本日は、読後記録
加納朋子氏の「カーテンコール!」です。
普通に読めば、エンターティンメントなのかな?
だけど、最後の1章を読むと
なかなか深い物語です。
ある女子大学が舞台です。
この女子大学、経営難で
閉校が決まっています。
しかし、何らかの理由で
卒業できない学生を集めて
特別講義をすることになりました。
理事長の角田先生をはじめ
先生も、学生も一筋縄ではいきません。
だけど、なぜ、理事長は
そこまで学生のために尽くすのか?
集まった女子学生たちは
自分自身と家族との関係が
お世辞にも良好とは言えません。
「家族は時に、ウィルスや悪性腫瘍と同じく
人を蝕み、病ませてしまう」。
そう、確かにそういうことはあります。
そして、もし、何らかの事態が起こった時
「自分の足で逃げられる力を
今のうちに育てておく」ということ。
もう1つ、何か困難にであったとき
自己嫌悪に陥ったとき
「私は素晴らしい」とつぶやく。
明るい方に、暖かい方に
しっかりと歩いていきたいです。

2017年 新潮社 P280.

年末調整の季節です。2018年は変更点があるよ!

こんにちは、夢なびです。
すでにご家庭にも
保険料控除のはがきが
舞い込んでいると思います。
年末調整とは、「1年間の所得に対する
正確な所得税額を計算し、
毎月の給与から仮で天引きしていた
所得税の合計額との過不足を精算する」ということ。
2017年までは『給与所得者の扶養控除等申告書』と
『給与所得者の保険料控除申告書 兼
配偶者特別控除申告書』の2枚を提出していました。
ですが、2018年からは
「給与所得者の扶養控除等申告書」と
「給与所得者の保険料控除申告書」
「給与所得者の配偶者控除等申告書」の
3枚を提出することになりました。
とはいえ、今は働く奥様が多い時代。
全ての方が3枚の書類が
必要だというわけではありません。
配偶者もいないし
保健も入っていないよ〜という方は
翌年の「給与所得者の扶養控除等申告書」の
1枚で終わりです。
保険会社からのはがきはありますか?
ご確認くださいね。
(無くしたよ〜という場合は
再発行してもらえます。
保険会社に連絡してみてくださいね)

11月 紅葉と初雪と・・・年末・年始の準備も?

こんにちは、夢なびです。
秋も深まる11月。
紅葉の便りと同時に
初雪や初氷の話題も聞かれます。
イベントとしては、七五三や
酉の市。
ワインがお好きな方にとっては
ボジョレーヌーボーが解禁になります。
各地ではイルミネーションが始まり
暦の上では立冬になりますから
いよいよ冬の入り口という感じもします。
そうそう年賀状の発売も始まりますし
おせちなどの受付ももちろん開始しています。
おや?
その前に、クリスマスもありますね。
スポーツがお好きな方であれば
野球のドラフト会議や
大相撲の九州場所もあります。
年末前の慌ただしい時で
寒さも厳しくなるころです。
健康に注意して
深まる秋を楽しみたいですね。

2018年11月終了 築地は去り、安倍内閣は続投?そしてノーベル賞に湧く?

こんにちは、夢なびです。
10月は1日から日本が湧きました。
そう、ノーベル賞の生理学賞を
本庶祐先生が受賞しました。
癌治療の4つ目の治療法である
免疫療法への道を拓いたことが
授賞理由となりました。
すごいですね。
同じ日本人であることが嬉しいですね。
2日、第4次安倍改造内閣の発足。
女性が輝くのなんたら・・・といっても
女性閣僚はなぜか一人。
おまけにその一人も・・・・。
学生にとっては、大きなニュースでした。
経団連が大学生の就職活動の時期を定めた
就活ルールを撤廃すると発表。
ルールは形骸化していた、とはいえ
これで無法地帯になるのでしょうか?
学生にとっては、いったいいつ勉強するの?という
感じではないでしょうか?
大学のハローワーク化がなおさら進むのでは、と
心配になります。
そして、世界の台所である築地市場が
83年の歴史に幕を下ろしました。
土壌汚染の問題など、紆余曲折はありましたが
新しい台所として豊洲市場が開場しました。
家計を預かるものとしては
モノの値段がどんどん上がっている様な気がします。
最たるものは、ガソリン代。
まだまだ上がるのかしら?
野菜の価格も高止まり感があります。
下がってきているな、と感じるのは
株価でしょうか?
何だか、実りの秋という感じには
ちょっと遠く感じますね?

派遣社員の4割 正社員を希望しても・・・

こんにちは、夢なびです。
想いと現実はうらはら・・・・。
派遣社員の4割が
「今後は正社員で働きたい」と
考えていることが、
厚生労働省が発表した2017年の
実態調査で分かりました。
ただ、調査では派遣社員が
派遣先で正社員に採用されにくい実態も
浮き彫りになっており、
依然として「狭き門」の状態が続いています。
この調査は4〜5年ごとで、
今回で4回目。
2017年9〜11月に従業員5人以上の
事業所を対象に同年10月1日時点の状況を尋ね、
1万158事業所、派遣社員8728人から
回答を得たものです。
派遣社員に今後の働き方の希望を尋ねたところ、
「正社員で働きたい」が39.6%で最も多く、
「派遣社員」が26.8%、
「パートなど」が5・4%で続いています。
正社員を望む人の勤務希望先は、
「今の派遣先」が最多で56.8%だったそう。
その一方で、派遣社員が働く事業所のうち、
「派遣社員を正社員に採用する制度がある」のは
24.4%でした。
また、「過去1年間に正社員に採用したことがある」のは、
制度がない事業所を含めて
13.0%にとどまっているそうです。
やはり、正社員になれれば
生活は安定します。
仕事があれば、社会ともつながれますし
お金だけではなく、生きる糧ともなります。
景気がいい、労働者不足と言われながらも
現実の厳しさを感じます。

災害が多すぎる・・・損害保険金支払える?

こんにちは、夢なびです。
昨今は自然災害の多く発生しています。
特に、この夏は非常に多くの
自然災害が起きました。
そのため、
金融庁は
損害保険各社の保険金支払い体制が
十分かどうか実態調査することが、
わかました。
自然災害の損害に対する保険金支払額が
急増しているため、
保険料の体系や支払いに備える
積立金の金額などを確認するそうです。
自然災害に対応する保険は
火災保険です。
火災保険は、災害などで家屋が
損壊したり浸水したりした場合に適用されます。
損保各社は、自然災害時の保険金支払いに備え、
異常危険準備金を積み立てています。
2018年3月末時点で大手4社の
積立金総額は約2兆5000億円に上るそう。
ですが気候変動の影響で
過去のデータで予想できない
大規模な災害が増えていることから、
保険金の支払いが滞りなくできるか
調べることにしたそうです。
秋は、台風の多い季節ですが
もうこれ以上の災害は勘弁してよ、と思います

働き蜂返上なるか?有給取得増えるかな?

こんにちは、夢なびです。
日本の有給取得率は
全国平均で49.4%です。
つまり、取得率は半分に満たないのが現状です。
働き方改革関連法
が順次施行されるのに伴い、
2019年4月1日、
年次有給休暇の
取得義務化
が始まります。
職場への配慮やためらいなどで
有休取得率は低迷しています。
実際に、有給をとっても
仕事が山積みになったり
周りから嫌な顔をされると
取りたくでも取れないのが有給。
この義務化で大幅改善が期待される一方で、
人手不足に悩む業界や小規模の事業所は
対応に追われそうです。
義務化は改正労働基準法に規定され、
年10日以上の有休を付与されている
管理職を含む労働者が対象になります。
現行法では労働者の申し出による
取得のみだったのですが、
5日分については本人の希望を踏まえ、
事前に時季を指定して与えられるっことになります。
そして違反した企業は30万円以下の
罰金の対象になるそう。
ゆっくりと年休が取れればよいのですが
実際には、有給中の
サービスワークにならなければいいけど・・・?
働きバチは返上できるでしょうか?

都市の評価!1位京都、2位福岡、3位大阪!

こんにちは、夢なびです。
国内の主要な都市の評価が
発表になりました。
これは民間のシンクタンクが
経済や文化などの指標を使って
独自に評価した結果、
東京を除いた評価得点の合計は
京都市が1位、福岡市が2位となりました。

東京にある民間のシンクタンクが、
世界の主要都市を対象に毎年、
独自の評価を公表しているそうです。
そして今回は初めて、
国内の都市について評価を行いました。
評価では、専門家にも参加を依頼し、
経済・ビジネス、研究・開発、文化・交流、
生活・居住、環境、それに交通・アクセスの
6つの分野で合わせて83の指標を使って
評価得点を独自に算出しました。
その結果は東京23区と
東京以外の主要72都市とで分けてまとめられました。
東京以外の評価得点の合計順位は1位が京都市、
2位が福岡市、3位が大阪市、4位が名古屋市、
5位が横浜市となりました。
いずれも大都市ですね。
京都市は「文化・交流」の分野で1位、
「研究・開発」で2位となったほか、
福岡市は経済や文化、交通など
各分野での評価がそろって高く、
大阪市は「経済・ビジネス」と「交通・アクセス」の分野で
1位となりました。
また、「研究・開発」の分野で名古屋市が、
「生活・居住」で福井市が、
「環境」では浜松市が1位となりました。
どこの都市もそれぞれの強みがある
そして、どの都市もいいところもある、ということでしょう。
お互いに切磋琢磨しながら
住みよい街にしていればいいなと思います。

遺児家庭 14万では生活が・・・・。

こんにちは、夢なびです。
今どき、子どものいる家庭で
手取り14万円ではきついでしょう。
両親の一方を亡くすなどして
奨学金を受けている遺児家庭の
手取り収入は月平均14万円余りだということが
分かりました。
これは、一般家庭の45.5%にとどまるそう。
この調査は、東京のあしなが
育英会が
2018年9月に行いました。

その結果、遺児家庭では56.2%が
パートや派遣などの「不安定就労」だったそう。
そして、失業率も一般の2.4%に対して
6.7%と高く、
特に母子家庭では7.9%に上ったそう。
同会では4月から、奨学金を
従来の貸与型に加え、
返済不要な給付金を上乗せする制度を
導入しています。
ただ、それでも生活は厳しいでしょう。
子どもをもつことを考えたら
やはり万一の時のことを
考えておきたいものです。
人生、なにがあるかわからないのですから。

プラスチックごみは減らしたいけれど・・・。

こんにちは、夢なびです。
我が家では、買い物に行くときに
お買い物バックと保冷バックを
持って出かけます。
ただ、肉や魚など
匂いがつくものは
ビニールの袋を持っていき
それに入れることもあります。
環境相が報道各社のインタビューで、
海洋汚染が深刻なプラスチックごみの削減のため、
小売店などで配布されるレジ袋の
「有料化を義務づけるべきではないか」と述べました。
まあ、有料化にすればある程度は
プラスチックごみも減るかもしれません。
なんでも、国内のレジ袋消費量は
年間約300億枚とされます。
小売業者は容器包装リサイクル法に基づき、
有料配布などを通じて
消費抑制の努力をするよう求められていますが
義務ではありません。
地域ごとにスーパー各社が足並みをそろえて
有料化している例がある一方で、
コンビニやドラッグストアには
客離れを懸念する声もあるようで、
業態によって温度差があるが実情です。
環境相はプラごみ対策について
「消費者の問題もあり、
皆さんの意見を聞かなければならない」としながらも
「環境政策と経済政策は対立するものではない」と
話したよう。
確かに、対立するものではないですが
そこまで政治が口を挟むのがいいかどうか。
今でも、環境問題を考えている人もいれば
何も考えていない人もいる。
日本人は自分でものを考えるということが
できないのでしょうか?

月別アーカイブ
livedoor 天気
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ