ファイナンシャル・プランナー☆ ☆小柳絵津子☆ 夢先案内人☆FPなび

千葉の独立系 ファイナンシャルプランナー☆ 夢なび ☆ CFP(R) 小法ヽ津子 ☆ FPの勉強会 ☆ ライフプランセミナー ライフプランについて(個別相談)☆ FP資格取得について☆・・・・☆ CFP(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

2016年7月 選挙だ! さて、どこに入れよう?

こんにちは、夢なびです。

いよいよ夏本番、7月です。

そして、選挙戦の熱い夏になるかも・・・?

参議院選は、はじめからわかっていたのですが

ここへきて、東京都知事選が

降ってきました!

それにしても、公用車で別荘に通い、

家族旅行や漫画本を公費で支出とは

なかなか素晴らしい知事さんもいたものです。

実際にはお隣の県に住んでいるので

東京都知事にだれがなっても

関係ないとも言えますが

やはり首都東京の都知事選は面白い。

それから、7月といえば

路線価が発表されますね。

日本人の資産はそのほとんどが不動産。

やはり、路線価は気になるものです。

下がったら悲しいし、でも、あまりにも

高騰するとそれはそれで税金など

あちこちに困ることも起こります。

さあ、7月、いろいろありそうですね!

2016年6月終了 サプライズ・・・続きだ世界中で?

こんにちは、夢なびです。

6月になってあちこちで梅雨に入りましたね。

今年の雨はどうでしょう?

降らなくても困るし、大降りも困るし。

 

さて、第1週のサプライズ!

北海道の山中で、行方不明になっていた

小学校2年生の男の子が無事発見されました。

これにはかなりの驚きです。

世界中をこの話題は駆け回りました。

 

また、こちらも大きなサプライズ!

消費税アップを先延ばし。

これには、あちこちから反対意見が聞かれます。

そして、これが今夏の参院選では

目玉の焦点になるでしょう。

また、こちらも古くて新しい問題ですが

「政治とカネの問題」。

東京都知事が辞職したことが

この参院選でどうなるのか?

しかし、辞めたからよいというわけでは

決してありません。

この問題を与野党が、そして全ての政治家が

どのように考えているのか

国民はシカと見届けなくてはなりません。

経済や社会保障の問題も大きいですが

国防やエネルギーの問題も大きいです。

今度の日本という点では

どれもおろそかにはできない課題です。

 

いよいよ参院選の投票者のポスターを貼る

掲示板も設置されました。

2016年暑い夏になるのでしょうか?

 

首都圏は水不足で大変な夏になりそうですが

九州をはじめとして大雨が。

どこの世界も大変だけど、

政治の世界も大変かもね?


さて、季節は進みます。
明日からは夏本番?!

ユニオンジャックも揺れた?株価も為替も大揺れだ?

こんにちは、夢なびです。

6月24日に、まさかの勝利。

英国の国民投票で欧州連合離脱派が

勝利するという衝撃的な結果となりました。

お陰さまでこの日は各国で株価が大きく値下がりし、

合計で2兆1,000億ドルが

市場から失われる形になったよう。

ドルで言われたら、ピンときませんが

円では215兆円だそうな。

もっとぴんと来ない??

世界経済に打撃を与える

新たなリスクに直面した投資家の間に

動揺が広がり、株は売られ円は急騰しました。

まあ、週明けの27日には

政府・日銀が緊急会合で

混乱回避に全力を尽くす方針を示したため、

市場はいったん落ち着きを取り戻しました。

ですが、為替も株価もこれからどうなることやら・・・。

こうなるとグローバル化って良いのだか

悪いのだか、分かりませんね。

地球はどんどん狭くなるな、と感じます。

そろそろ今年も半分が終わります。

またも波瀾万丈の年となるのでしょうか?

後半戦も楽しみですね?

老後の蓄え・・・え?できない??

こんにちは、夢なびです。

さて、がっかりな話題。

老後の蓄えが十分に出来ているかという

調査の結果です。

連合総研の調査では

約6割が「できてない」と答えています。

そして、非正規労働者に限って言えば

85.7%の方々が

「できていない」という答えだったそうです。

え〜〜?

理由としては・・・

現在の収入が少ないから、がトップ。

確かに、現在の収入が少なければ

貯蓄や将来に回すことなど不可能でしょう。

これ、真剣に考えないと

日本中が生活保護受給者になりますよ。

冗談ではなく。


イクメン?「なんちゃって」付いてない??

こんにちは、夢なびです。

イクメンって言葉も流行りましたが

その定義(?)もあるようです。

つまり、自分はイクメンだと思っていても

妻はそうは思っていないという場合もあるのです。

いまや積極的に育児に取り組む「イクメン」の存在は、

年々定着しつつあるようです。

ですが、本人はイクメンのつもりでも、

ママから見るとまだまだ不十分な

「なんちゃってイクメン」も少なからず存在するみたい。

では、どのくらいの方が

自分はイクメンだと思っているのでしょうか?

調査によりますと

自分はイクメンだと思う(自称イクメン)は52%

自分はイクメンだと思わない方は48%

ほぉ〜〜拮抗していますね?

ただ、イクメン行動チェックリストなるものがあり

約7割の男性は

「なんちゃって」イクメンだったそうな・・・。

う〜ん・・・まあ、何もしないよりか

ずっとよいとは思いますが・・・。

子どもをもつか、もたないか。

何人の子どもをもつかは

ライフプラン上も大きな問題です。

妻に認めてもらえるように

がんばってパパをしましょうね?

読後記録 「格差固定」・・・三浦展

こんにちは、夢なびです。

本日は読後記録

三浦展氏の「格差固定」です。

副題には

「下流社会10年後調査から見える実態」と

なっています。

衝撃のベストセラー「下流社会」から10年が経過し

現在の日本の状態を書いたものです。

日本は新しい「身分社会」に突入していました。

 全国の男女へのアンケート調査をもとに、

現代の階層意識を10年前と比較・検証し、

その実像と日本の将来の姿を描き出しています。

早い話が中抜きですね。

上流家庭と下流家庭に分かれてしまっている。

以前の日本は、そのほとんどが

中流だったのにね、ということですね。

あちこちに挿入されている

逸話が面白い・・・(てか、コワイ)

格差や社会問題に興味のある方も

何にも問題意識を持っていない方にもお勧め。

2015年 光文社発行 P263

買い物はリアル?それともネット・・・?

こんにちは、夢なびです。

買い物はリアル店舗に行きますか?

それともネットでしょうか?

カジュアル衣料品チェーンの

「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが、

2016年秋をめどに

インターネット通販の商品配送期間を

一部の離島などを除き、

全国で翌日に短縮することがわかりました。

物流システムを刷新して、

現状の2〜5日から翌日に短縮になるそうな・・・。

ネット通販の利便性を高めて、

現在は5%程度のネット通販の売り上げを、

将来的に30%程度に引き上げる狙いだとか。

この新しいシステムは、東京都内のほか、

仙台や名古屋などの

主要都市の拠点に導入するそうです。

運送会社と提携して店舗や

購入客への配送頻度も増やすが、

配送料は変更しない方針。

中国や欧米のなど海外でも

順次新型の物流センターを稼働させ、

国内同様に商品配送の迅速化を図るそう。

そして商品配送の迅速化にあわせて、

ネット通販サイトも大幅に刷新し、

利便性を向上させるということです。

う〜ん・・・だけど、やっぱりリアルが良いな。

自分で確かめたいからね。

認知症・・・誰でも年は取りますが・・・

こんにちは、夢なびです。

人生の最後にこんなことが・・・?

認知症やその疑いがあり、

2015年、行方不明になった人は全国で

延べ1万2000人余りと、

3年連続で1万人を超えたことが

警察庁のまとめで分かりました。

おお〜恐ろしい・・・

警察庁によりますと、認知症やその疑いがあり、

はいかいなどで行方不明になったとして、

2015年、警察に届けられた人は

延べ1万2208人で、前の年より1400人余り増え、

3年連続で1万人を超えました。

このうち、98%に当たる1万2058人については

去年のうちに所在が確認されましたが、

150人は行方が分かりませんでした。

また、過去に行方不明の届けが出され、

去年、死亡が確認された人は479人で、

前の年より50人増えました。

警察は自治体などと連携して認知症の行方

不明者の早期発見と保護に向けた

取り組みを進めていて、

行方不明になった人の情報を

防災行政無線や地域の防犯メールなどで流したり、

保護されたものの、

身元が分からない人の写真などを

閲覧できる台帳を警察署に置いたりしています。

厚生労働省によりますと、

去年の時点で全国で520万人と推計された

認知症の高齢者は2025年には

700万人に達する見込みで、

警察庁は「認知症の特性を踏まえた対応を

職員に徹底させるとともに、

関係機関と連携し

組織的な発見・保護活動に当たりたい」としています。

高齢者になると、認知症などになる可能性は

誰にでもあります。

もしものこともしっかりと考えて

成年後見などの制度も検討しておきましょう。

観光客は増加しているけれど・・・。九州が・・・。

こんにちは、夢なびです。

円高が進み、困っている企業も多いと思いますが

観光にとっては追い風かな?

2016年1月から今月初めまでの5か月余りで、

日本を訪れた外国人旅行者が、

これまでで最も早く

1000万人を突破したことが明らかになりました。

おお〜〜すごい!

これは観光庁の田村明比古長官が1

5日の記者会見で明らかにしたものです。

それによりますと、2016年1月から

今月5日までの5か月余りに

日本を訪れた外国人旅行者は、

日本政府観光局の推計で1000万人を超え、

これまでで最も早かった去年より

およそ1か月早く、

1000万人の大台を突破したということです。

田村長官は「世界経済の先行きに

不透明感が増していることや、

このところ円高傾向になっていることなどが、

今後どう影響していくか見通せないが、

4000万人という

新たな目標の達成に向かって

取り組んでいきたい」と述べました。

一方、先月日本を訪れた外国人旅行者は、

日本政府観光局の推計で189万3600人と、

5月として過去最高となりました。

しかし、九州地方への観光の割合が高い

韓国からの旅行者は、

熊本地震の影響で30万2100人と

2015年の同じ月より1万3000人余り、

率にして4.2%減少し、

おととし6月以来のマイナスとなりました。

う〜ん・・・これは、残念だ・・・。

熊本、観光業に従事している方は

大変でしょうね。

頑張ろう!九州!!

女性社長33万人・・・これ、喜べる?

こんにちは、夢なびです。

2015年「全国女性社長」調査によりますと

全国280万社のうち、

女性社長は調査を開始した2010年以降で

最多の33万2,466人にのぼったそう。

前年は31万55人だったそう。

へぇ・・・伸びていますね。

女性社長は政府の

「女性の活躍推進」などを追い風に

5年間で1.6倍に増えたそうです。

業種ではサービス業など、

小資本でも起業が容易な業種が目立ったようです。

地域別では「西高東低」が顕著で、

同居家族が多い地域ほど

女性社長が少ない傾向がみられ、

女性の起業には家事や育児、

介護などの課題を、

地域や家族、行政が

どう支援していくかが重要になっているようです。

へぇ〜?そうなんだ?

東が高くて西が低いのかと思いましたが

そうではないのですね?

まあ、女性が働けることは

いいことだとは思いますが

女女格差が広がっていくみたいな

気はします。

再生賃金改定 2016年度20円を超えるかな?

こんにちは、夢なびです。

厚生労働省が企業が従業員に支払う最低賃金の

目安を決める中央最低賃金審議会を開き、

2016年度の改定に向けた議論を始めました。

過去最高の上げ幅となった

2015年度を上回る

20円以上の引き上げを

実現できるかどうかが焦点だとなります。

ほぅ〜2015年度は18円でしたからね。

7月下旬の決定を目指すそう。

労使の代表者と学識経験者で構成される

中央審議会は、

地域ごとの賃金や生計費、

企業の支払い能力などを検討した上で

目安を決定するそうです。

都道府県の審議会は

これを基に各地の最低賃金を決定します。

ここ数年は8月下旬ごろに

都道府県の最低賃金が決まり、

10月に実施されています。

政府は最低賃金について

「年率3%をめどに引き上げ、

全国平均で1,000円を目指す」としており、

今月決定した「ニッポン1億総活躍プラン」などに

盛り込んでいます。

現在の最低賃金の全国平均は798円。

もし3%の引き上げが実現すれば、

上げ幅は初めて20円を超えることになります。

ですが、もちろん賃金アップはうれしいですが

それ以上に不安定な雇用状態では

将来に希望が持てません。

賃金アップとともに、どうぞ正規雇用者を

増やすようにしてもらいたいと思います。
 

高校奨学金の滞納額159億円??

こんにちは、夢なびです。

これはかなり深刻なお話です。

都道府県などが高校生らに貸与する

高校奨学金の返済滞納総額の累計が、

2014年度末時点で

約159億円に上ったことが

読売新聞の調査でわかりました。

高校では授業料無償化などの

負担軽減策が取られているが、

非正規雇用の拡大や長く続いた就職難で、

奨学金を返済できない人が多いとみられます。

都道府県に対する国の支援も

2014年度末で終了しており、

奨学金に充てる資金の不足を

懸念する声も出ています。

高校奨学金事業はかつて

日本育英会
が行っていました。

いまの日本学生支援機構ですね。

2005年度、特殊法人改革で移管され、

都道府県や財団法人などが運営しています。

読売新聞が各都道府県の運営主体に

2014年度の貸与・滞納状況を取材したところ、

2014年度は全国で14万人に373億円を

貸与していたそうです。

これは一人当たりにすると平均で約26万円だそう。

同年度末時点の滞納総額の累計は、

159億3500万円。

大阪府が60億5800万円で全体の38%を占め、

続いて福岡県が13億3500万円、

東京都で10億8100万円だったそう。

つまり都市部に多いということですね。

子どもが生まれたら、教育費を含め

それなりのお金はかかります。

公的制度を厚くできればよいですが

財源がなければ・・・

つまりない袖は振れません。

子供の将来、どこまでの教育を受けさせたいかは

親が最も考えないといけない点です。

しっかりと子供の将来を考えましょう。

読後記録 夫に死んでほしい妻たち

こんにちは、夢なびです。

本日は、6月の第3日曜日。

つまり父の日です。

一般的に、人の子の父ということは

誰かの夫でもありますね。

で、読後記録。

PCで「妻」と検索すると

プレゼントとか、愛しているとかが出てくるのに

「夫」と検索すると「死」とかネガティブな単語が

続けて出てくるそうです。

あら、まあ・・・。

ただ、やはり離婚したくてもできない女性は

今の時代でも多いです。

その要因は、経済的なこともそうですし

世間からの目もありますし

子どもの事もあるでしょう。

そうなったとき、遺族年金も入るし

バツイチよりも未亡人のほうが聞こえが良い、

子どもにとっても傷にならない

夫の死を願う妻がいてもおかしくはないかもしれません。

ですが、せっかく一緒になった二人です。

末永く幸せに暮らせれば

それが一番Happyですよね?

老後の人生も、二人で支えあって暮らせるほうが

絶対に良いのですから。

ということで、ライフプランニングの一環(?)として

この本を夫婦で読むというのは

いかがでしょうか?

朝日新聞出版発行 2016年4月 P255.




好きな県・嫌いな県・・・へぇ〜そう?

こんにちは、夢なびです。

ネット調査で見て面白そうだなぁと思った

ランキング調査。

まあ、イメージですね。

各県がどんな個性を持っていて、

その個性は他県から

どう認識されているのかを見るものです


その中でも14項目については、

トップ5を各表にランキング形式で示しています。

例えば、「肉の県といえば」との質問に対して、

1位には三重が選ばれています。

松阪牛のブランドによるもので、

2位の兵庫には但馬牛や神戸ビーフがあり、

3位の宮崎には宮崎牛がある。

各地の特産品が地域イメージを

支えていることが分かりますね。

他にも「祭りが盛んな県といえば」の問いには、

トップからねぶた祭りの青森、

2位が祇園祭の京都、

3位が博多どんたくの福岡と並びます。

「美人が多そうな県」では、

1位が秋田、

2位が東京、

3位が福岡と続いています。

「県民が幸せそう」なのは、トップが沖縄。

独自の文化と風習、

スローライフや長寿といった印象や

観光地としての魅力があるのでしょうね。

まあ、好きな県に自分の出身県が

含まれているのはうれしいですが

そうでなくても、これから

地方再生で生き抜くためには

ブランディングがかなり大切ということは

なんとなーく分かりますね?

どうして内閣を支持するの?

こんにちは、夢なびです。

これは信じられない数字・・・。

某テレビ局の世論調査によりますと、

安倍内閣を「支持する」と答えた人は、

2016年5月より3ポイント上がって48%、

「支持しない」と答えた人は1ポイント下がって35%でした。


何で、安倍なんか支持するんだ??

これは、今月10日から3日間、

コンピューターで無作為に発生させた番号に

電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

今度の参議院選挙で、選挙権が得られる年齢が

18歳に引き下げられることを受け、

今回から調査対象も18歳以上の男女に広げ、

全国の3076人のうち、

65%に当たる1999人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と

答えた人は、先月より3ポイント上がって48%でした。

一方、「支持しない」と答えた人は、

1ポイント下がって35%でした。

来月10日に投票が行われる参議院選挙で、

投票に行くかどうか聞いたところ、「必ず行く」が55%で、

前回・3年前の参議院選挙の同じ時期と比べて

5ポイント低くなっています。

また、「行くつもりでいる」が30%、

「行くかどうかわからない」が10%、

「行かない」が3%でした。

今回の参議院選挙に

どの程度関心があるか尋ねたところ、

「非常に関心がある」が24%、

「ある程度関心がある」が48%、

「あまり関心がない」が21%、

「まったく関心がない」が4%でした。

今回の参議院選挙で投票先を選ぶ際に、

最も重視したいと考えることを、

6つの政策課題をあげて聞いたところ、

「社会保障」が29%、「経済政策」が25%、

「消費税」が15%、「憲法改正」が9%、

「外交・安全保障」が8%、「原子力政策」が4%でした。

まあ、こっちはなんとなくわかるかな?

何にしてもやはり社会保障は焦点でしょうね。

誰にとってもこれからのことがありますから。

皆さん、選挙いきましょうね!

仮想通貨?・・・やっぱりリアルでしょ?

こんにちは、夢なびです。

いよいよ、仮想通貨が

発行されることになりました。

三菱東京UFJ銀行は、

独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を

2017年の秋に

広く一般の利用者向けに発行するそうです。

ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、

大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは

世界で初めてなのだそう。

利用者同士が手軽にやり取りをしたり、

割安な手数料で外貨に交換したりできるようです。

信用力が高いメガバンクの本格参入で、

仮想通貨の裾野が広がりそうですが・・・。

ただ、個人的にはやはりリアルな通貨が良いですね。

ネットショッピングにしても

やはりリアル店舗で実際のものを

確認した方が安心できます。

これは、ある意味年齢の差でしょうか?

それとも、実物しか信じない

性格のせいでしょうか?

何はともあれ、便利にはなるのかもしれません。

ですが、便利なものにはそれなりに

落とし穴もあります。

ご利用を考えている方は

どうぞご注意を。

2016年まだ半年ですが・・・

こんにちは、夢なびです。
2016年になって早半年。

今年は大物ミュージシャンと音楽関係者の

訃報が相次ぎました。


1月10日、まだお正月気分が抜けないうちに

デビィット・ボウイ。

今見ても、かっこいいですよね〜〜

ビジュアル系ロックの旗手ですね。

享年69歳。

惜しい・・・まだまだ、活躍できたのに・・・

それから10日もたたない1月18日に

イーグルスのグレン・フライ。

「ホテル・カリフォルニア」のイントロが

今にも聞こえてきそう・・・・。


2月5日にはアース・ウィンド&ファイアーの

モーリス・ホワイト。

あの美しい歌声をもう聴くことができないのは

とても悲しいことです。


3月9日には音楽プロデューサーの

ジョージ・マーティン。

彼がいなかったら、あの偉大なビートルズは

どうなっていたのでしょう。


そして4月になってからはプリンス。

彼はなんと57歳。

若い・・・若すぎる・・・。


この数年、国内外で著名なアーティストの

逝去の知らせを多く聞くようになりました。

それだけ、こちらも年をとったということも

あるのでしょう。

一瞬で、タイムスリップできるあの音を

創り出してくれた彼らに

心から感謝の気持ちが湧き起こります。

ただ・・・さみしいですね。

ですが、寂しがってばかりもいられません。

時は前にしか進みません。


彼らのご冥福をお祈りするとともに

彼らから影響を受けたアーティストの

新たなパフォーマンスを期待します。


電気購入先は買えた?100万件突破?

こんにちは、夢なびです。

経済産業省の認可法人、

電力広域的運営推進機関が、

電力小売りの全面自由化を受けて、

契約を切り替えた世帯が5月31日時点で

全国で103万5500件に達したと発表しました。

ほお〜〜そうなんですね?

2016年4月に全面自由化が始まり、

2カ月間で100万件の大台超えとなりました。

また、対象となる総契約数(6260万件)の

約1・7%が契約変更した計算になりますが、

3月までの事前申し込みに比べると、4

月に続いて5月も伸びが鈍っているそうです。

新電力などに切り替えた世帯を地域別に見ると、

東京電力管内が64万7300件と最も多く、

関西電力管内の21万6300件が続いています。

首都圏と関西の契約切り替えをあわせると

83%を占め、

競争は都市部を中心に進んでいることが

わかります。

同機関によりますと、

3月までは約51万件が契約変更を

申し込んでいたそうですが、

4月は約31万件、5月は約22万件だったそう。

さて、この先どうなるのでしょう?

購入先を変更され方は

その理由は何だったのでしょう?

経済的理由か?

はたまた、地球環境や組織の姿勢?

そこも興味のあるところです。

年中無休のスーパーや百貨店、必要?・・・いえいえ、休んで良いんじゃないの?

こんにちは、夢なびです。

これも、ネットによる意識調査のお話し。

「年中無休のスーパーや百貨店を

どう思うか?」というものです。

この結果は、私の思いと同じでした。

このままでよい・・・が25.3%で

休業日を増やした方が良い・・・が 64.8% でした。

それほど、店を開かないといけない

意味はないと思います。

確かに、個人の生活は多様化しました。

でも、月に1・2度の休みや

早朝、深夜にどうしても必要なものなど

大してないと思います。

そもそも、計画性があれば

先に購入しておけばよいのです。

経済的にも、コストもかさむわけですから

それ程の儲けはないのではないでしょうか?

・・・というわけで

お店の営業時間を短くし

店休日を設定する方が良いと思います。

コンビニだって、地域で考えて

輪番制にすればよいのじゃないかな?

夜はしっかり寝ましょう。

そして、お休みもしっかり取りましょう。

その方がメリハリがあってよいと思います。

第一種低層住居専用地域にコンビニが?街の風景変わる?

こんにちは、夢なびです。

私の実家のある場所は

第一種低層住居専用地域です。

そう、コンビニは作れない地域なのです。

ですが、この景色も変わるかもしれません。

政府は、近所に商店がなく

日々の買い物が困難な高齢者などの

「買い物弱者」対策として、

商店の建築が原則禁止されている

「第1種低層住居専用地域」で

コンビニエンスストアの出店を

条件付きで許可できるよう、

規制を緩和する方針を固めたそうです。

この方針を近く閣議決定する

規制改革実施計画に盛り込むそう。

一戸建てが並ぶ住宅街にコンビニ店が進出し、

利便性が高まる一方、

街の風景が変わる可能性もあります。

建築基準法は、「第1種低層住居専用地域」で

建設できる建物について、

低層住宅や学校などの公共施設、

小規模の住宅兼店舗などに限定しています。

落ち着いた住環境を確保するためで、

一戸建てが並ぶ住宅地は主に「第1種低層」です。

もし、今まである小さな個人商店に

影響が出るのであれば別ですが

買い物難民へのある意味救済という意味合いでなら

これもまた時代の流れかな、と思います。

確かに、コンビニは名前の通り便利です。

また、個別包装や小分けのものなど

高齢者にも使いやすいでしょう。

既存の商店への考慮をして、という

条件付きなら賛成です。
月別アーカイブ
livedoor 天気
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ