夢宵桜のぶろぐ 

夢宵桜: 昔から花といえばやはり、桜ですよね。そしてその花は山桜のことを差したそうです。葉と一緒に咲かせる山桜、華やかさの中にも落ち着きを感じられます。そんな、山桜が闇の中に浮かび上がる風景はとても幻想的な世界です。さぁ~これから、蕾7日、咲いて7日、散って7日の3週間のドラマが繰り広げられます。 そわそわ、、、ワクワク、、、そんな心があるから長閑な心もあり、 ほんのり心を染める20間のドラマに、さて、、何色にほんのり染めてみましょうか? 今、やっていることは 大好きな二胡。大好きなお花。健康のために卓球、そして、下手なカラオケでストレスを解消しています。

ツバメの子育て

出先でツバメの巣を見つけました。
一生懸命親ツバメが雛たちに美味しい餌を運んでいました。
何と愛情いっぱいでしょう?
DSCN6478
ほのぼのとした光景に出合えました。

紫陽花

美しい紫陽花
ここでは20種類もの紫陽花が見事に
初めてお目にかかる紫陽花もありました。

DSCN6382
DSCN6385
DSCN6397
DSCN6398
DSCN6403
DSCN6404
DSCN6407
DSCN6443


花しょうぶ

こんなに近くなのに知りませんでした。
午後は友人たちと花しょうぶ園を鑑賞に行きました。
元々田んぼだったそうですが、雅やかな花しょうぶが綺麗でした。
3年目だそうですが、近くに居ながら知りませんでした。

DSCN6392
DSCN6390
DSCN6389
DSCN6401
DSCN6406
DSCN6433
DSCN6434
DSCN6412

琵琶湖の魚;ハス

  1. 琵琶湖の魚、ハスと言う名前のお魚をこんなに沢山頂きました。初めて見る見事な魚です。(30cmぐらいかな?)鯉の仲間。如何して、食べれば美味しいんでしょう!ネット検索して見ました。あらい、塩焼き、煮魚、天ぷら、などなど。。。美味しいお魚のようです。因みに漢字で魚へんに時と書くそうですよ。
    鰭ふりゆくこと早し、故に早子(はす)という。
    私は、骨切りをして圧力鍋で煮魚に。。。さて!初めて頂くお魚のお味は如何でしょう!DSCN6374

雨に濡れた紫陽花

梅雨なのに、ちっとも雨が降らなく
やっと、梅雨らしい天候に、、、昨晩からまとまった雨が降りました。
庭のお花たち、色づき始めた紫陽花に恵みの雨を齎しました。
生き生きして潤って喜んでいるようです。

DSCN6304
DSCN6305
DSCN6309
DSCN6319

お食事

久々宇治に尋ねたのですから
普茶料理でも食べたいと思っていましたが予約要です。
茶屋やお食事処を探したのですが凄い人。並び待ちです。
結局、すぐ頂けるもの、茶そばを食べました。
宇治ならでは、お茶がふんだんに美味しかったです。
DSCN6234
DSCN6235


ほ、ほ。ほたる来い!

蛍が出ているらしい。
雨も降らなく幻想的な光景は何処で
見られるのでしょう?

蛍草が咲いています。白い蛍草の中に子供のころ
蛍を入れて持ち帰った記憶があります。今の
子どもたちにも、こんな情緒のある、夜を伝授してあげたい
想いです。

DSCN6279

三室戸寺

西国十番札所の三室戸寺へ行ってきました。
花の寺で今、紫陽花の花で賑わっています。
まだ、6分咲きでしたが、ブルーの紫陽花が海のように爽やかでした。
1万本の紫陽花があります。四季折々に花の寺で、春には、DSCN6201
DSCN6207
シャクナゲ、
、つつじ、紫陽花、蓮の花と楽しめます。
梅雨の中休みで爽やかな風を頬に当てながら素敵な旅でした。
DSCN6176
DSCN6165
DSCN6167
DSCN6169
DSCN6191

平等院

宇治平等院へ行ってきました。
実は、宇治に15年ほど住んでいました。久しぶりの訪問です。
平安時代、浄土の宮殿をイメージした優美な建物
修復も終わって、何年かでようやく訪ねることができました。
悠久の歴史に身を委ね、流石、素晴らしいと感無量でした。

DSCN6255
DSCN6254
DSCN6242
DSCN6252
DSCN6267
DSCN6268

ラムズイヤー

ラムズイヤーの白い毛で覆われた葉は、
ぬいぐるみのように心地よく、
柔らかな手触りで、lamb's ear(羊の耳)の名前にぴったりです。

花言葉は、あなたに従う・誘惑

DSCN2188

微笑み

小さな幸せの中に
今日も微笑みの忘れないで!
そうすればきっと、小さな幸せが!、、、

DSCN6148


今日も、、。

今日も知り合いがこの地から引っ越し去ってしまった。最近、一人、二人、三人と引っ越しが続いている。終の棲家を、求めて自然豊かな地に越して、残念なことに旦那さまが他界されて、気心が知れ、、何かのご事情で去ってしまわれ、寂しい。。

琵琶湖畔naw

ここ、何日か6月と思えない肌寒さが続いています。
暖房が恋しい。
最近の気候の変動は激しいです。
朝、お買い物の、途中へ琵琶湖畔へ立ち寄りました。
静寂な湖畔。打ち寄せる波の音。湖面がまるで宝石のようにきらきら輝き
遠く、長浜まで眺望できました。
時の経つのも忘れるほどゆったりとした贅沢な空間でした。

DSCN6116
DSCN6110
DSCN6113
DSCN6121
DSCN6123
DSCN6126



アスチルベ

アスチルベの可愛い花が庭で咲き始めました。
京鹿の子とも呼ぶそうです。

鹿の夏毛には、白い斑点があります。その模様が鹿にもあります。鹿の子に因んだ名前が沢山あるようですが、中でも絞り染めの鹿の子絞りです。糸で布地を強く締めることで染め上がったときのまだら模様ができ、古くから日本に伝えられている技法です。
DSCN6056
DSCN6071


野の花たち

散策で見つけた野の花たち
アザミの花が咲いていましたよ。

DSCN6094

キイチゴ、、、まるで宝石のルビーのよう・・・
DSCN6092
白い花のウツギが咲いていました。
DSCN6103





ギャラリー
  • ツバメの子育て
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
  • 紫陽花
メンバーリスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ