先日久しぶりに見たくなって、ドラマや映画が見放題のアプリ「Hulu / フールー」で、黒革の手帳を見ました。

黒革の手帖 DVD-BOX
武井 咲
2018-01-17


かなり有名なドラマなので、皆さんご存知かと思いますが、銀行で派遣社員をしていた原口元子(武井咲)が、一億八千万円を横領し、銀座でクラブを経営するという話。

横領は普通に犯罪だし、その後も数々の人を脅して大金をせしめる原口元子が犯罪者であることは間違いないのですが、ただ1つ感じたのは、お金だけ手に入っても力がないと上には昇れないということ。

原口元子が上に上がって行けたのは、強い野心と、それに向かっていく執念、努力、強さの賜物であることは間違いないと。

ドラマの中で、原口元子が過去に言われた「諦めなければ夢は叶う」というセリフを何度も口にしていたのは、その言葉と自分だけを、強く信じていたからだと思うんです。

「お金に勝ちたい」という気持ち1つで、過去に縛られてお金に囚われてしまったことは悲しい。けれど、私には原口元子が大物にみえました。

というか、こういう人が大物になるんだろうと思った。


周りには、原口元子を恨む人や嫌う人がたくさんいたのだけれど、大声を出して権利や自分の悲惨さ、人への恨みを主張する人は惨めでしかない。

何があっても決して他責にせずに、ただ自分のコンプレックスを乗り越えようとする姿は、手段や形はどうであれ、同じ女としてかっこいいと思ったのです。

IMG_0430

私の周りにも、不満や不安を他人にぶつける人はたくさんいます。というか、会社ってそういう人が半数以上は集まってしまう場所だと思う。

そこと、同等にならないように。

自分は小物を目指さないように。

みんなと一緒になって、愚痴を言ったり文句を言ったりするのは楽だけど、そんな小さい自分を許してしまったら、もう自分の夢は叶わない。

夢を持つ人間は、孤独を受け入れる覚悟が必要なんだと思った。

それが強さであり、夢を叶える手段だと。

美しく、強く、諦めない姿に、たくさん影響もらいました。

というか、武井咲やっぱ綺麗だし、実はめっちゃ若いけどあの演技力すごいなー。どんな人生を送ってきたのだろう。

そりゃタカヒロも人生のパートナーに選ぶよね。色んな噂あるみたいですが、原口元子ばりに、ゴシップに無関心であってほしいと思います。