RIMG1058


3月23日(金)まで十三のシアターセブンで1週間限定レイトショー公開中の『焦げ女、嗤う』瀬川浩志監督に、独占インタビュー !
『焦げ女、嗤う』(10年日本)

<監督>瀬川浩志
<出演>新井美穂、高木公介、よこえとも子、谷尾宏之、真柳美苗、松本高士、西山真来、前川桃子、片倉わき

 不敵で不格好な恋愛模様が、懲りない男女の本質をえぐり出す瀬川浩志監督作品『焦げ女、嗤う』。
第1回CO2映画祭で主演女優賞を獲得した新井美穂、内田伸輝監督作品『ふゆの獣』での熱演が記憶に新しい高木公介、堀内博志監督『私の悲しみ』で第12回TAMA NEW WAVE女優賞を獲得したよこえとも子、木村文洋監督『へばの』、一昨年の桃まつりで上映された加藤麻矢監督『FALLING』の西山真来など、インディーズ界で活躍する個性的な俳優たちを迎え、むしろ彼らの知られざる一面が露わになっています。

 実は、このインタビューが実現するきっかけとなったのは、『FALLING』に出演した西山真来さんのインタビュー記事。本当に何がご縁になるか分からないですね。でも自分が書いた記事をみていただき、取材をしてもらうならと声かけていただいたことは、非常にエキサイティングな出来事でした。

 映画美学校では『へんげ』の大畑創監督や、『FALLING』の加藤麻矢監督と同期だったという瀬川監督。一昨年東京では上映されたものの、関西は初上映で気合いも十分!本作の狙いや俳優たちに期待したこと、そして、映画の中のおばけの在り方にモノ申す!的な自身のおばけ論について語ってもらいました。

 一見逆『ふゆの獣』のようにも見える恋愛模様が滑稽さを誘う『焦げ女、嗤う』で、瀬川監督は人間の格好悪くも愛おしい部分を描きたかったのだとか。

インタビュー詳細は下記からご覧ください。
<シネルフレ『焦げ女、嗤う』瀬川浩志監督インタビュー >