DSCN3300


メメキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ。独特の色遣いとシュールレアリズムを体現するだけでなく、不自由な身体で最後まで画家として、また愛を求めて力強く生き抜いた女性として、死後50年経った今でもメキシコだけでなく、世界のファンを魅了している。私のようなアート初心者でも、映画好きならサルマ・ハエックが熱演した『フリーダ』で、その情熱的で過酷な人生に触れた方も多いだろう。そんなフリーダ・カーロの遺品を撮影するプロジェクトがメキシコで立ち上がり、数々の男性写真家の撮影にどうしても納得がいかなかったスタッフが、日本を代表する写真家、石内都さんに撮影依頼をしたのだ。

石内さんといえば、ドキュメンタリー『ひろしま〜石内都・遺されたものたち』で広島被爆者の遺品を撮影する様子や展示での反響が映し出され、今までとは違う「被爆者の遺品」の捉え方にハッとさせられた。本作では、かつてから石内さんの熱烈なファンだったという小谷忠典監督が、石内さんのメキシコ撮影旅行に完全密着。さらに別途メキシコ取材を敢行し、遺品を通じて感じ取るフリーダ・カーロの真実や石内さんとの魂の交流、フリーダ・カーロのアイデンティティを支えた民族衣装の作り手たちへのインタビュー、さらに死者と共に過ごす祭りを盛大に行い続けているメキシコという国の死生観にも触れている。

image


小谷監督は、溢れんばかりにお話しをするというよりは、むしろこちらの質問にまつわる話をうんうんと聞いて下さるような、柔らかな印象の方。「『LINE』は石内さんへのラブレターのような作品」だったというほど、自身の制作に影響を与えた人である石内都さんについてや、石内さんの被写体に向き合う姿勢や、メキシコでの取材から感じたことや、フリーダ・カーロが愛用していたという色鮮やかなテワナドレスの故郷を訪れたときの事など、お話を伺った。

<シネルフレ>『フリーダ・カーロの遺品−石内都、織るように』小谷忠典監督インタビュー
〜「私は過去を撮っているのではなく、今を撮っている」
 フリーダ・カーロと写真家石井都の魂が共鳴する瞬間〜はコチラ