🔶世界/日本経済の予測ブログ

ダウ工業平均株価^DJIや、日経平均株価^N225の予測のために、国債価格〈金利〉やドル指標やユーロ/ドルやドル/円といった金利や商品や為替相場を参考に、ブログ著者〈私自身〉がどの様にその予測に至り投資スタンスを取ったのかという経緯をチャートとともに余すことなくブログに掲載

はじめまして。当世界/日本経済の予測ブログでは、ダウ工業平均株価^DJIや、日経平均株価^N225の予測のために、国債価格〈金利〉やドル指標やユーロ/ドルやドル/円といった金利や商品や為替相場を参考に、ブログ著者〈私自身〉がどの様にその予測に至り投資スタンスを取ったのかという経緯をチャートとともに余すことなくブログに掲載することで、皆様と金融情報の共有化を図りたいとの意図で、2012年12月に立ち上げました。是非楽しんで行ってください。

🔵当ブログの著者・yumihn(ユミハン)のご紹介

image当ブログの著者(私)は、株式市場にたずさわり初めてから、20年が経ちました。その間に数々の上昇や暴落を経験し、ようやく世界経済や日本経済の動向が、高い確度で掴めるようになってきました。当ブログでは、そんな私が、日々の世界経済や日本経済の指標(チャート)や経済ニュース(※1)等から、私なりの株式投資スタンスを確立するための予測の経過を、余すことなくブログにあらわし、読者と共有したいと考え、立ち上げました。私なりの予測(※2)ですから、ときには外れ、ときには当たりますが、ぜひ皆様の投資のスタンス確立の際の一助として、楽しんでいただければ本望です。最後になりますが、書いてる内容は高いレベルの様にも見えますが、私自身は、いたってフランクな性格です。是非、気兼ねなくコメントをどんどんいただければ、ありがたいです。皆様のコメントを、心からお待ちしてます。どうぞよろしくお願いします。

🔵ブログ内容の問い合わせ先E-Mail
メールはこちらへ☑︎Click

※1 予測でよく使うチャート、ニュース
🔵世界の株価click☑︎
🔵主要国の金利click☑︎
🔵世界の指数click☑︎
🔵商品click☑︎
🔵為替・FX click☑︎
🔵日本株・アジア株click☑︎
🔵アジア株一覧click☑︎
🔵欧州株一覧click☑︎
🔵ダウclick☑︎
🔵米国主要経済指標一覧click☑︎
🔵市場カレンダーclick☑︎
🔵ダウ工業平均株価、日経平均株価、中国平均株価、ドイツ平均株価、新興国平均株価
🔵米国長期国債価格、日本長期国債価格、アジア圏国債価格、欧州圏国債価格
🔵日米二国間金利差とドル円click☑︎
🔵^CRB、DJP、^DJR、東証REIT、アジアREIT、^BKX
🔵対ドル各国通貨、ドル/円、購買力平均とドル/円実勢価格、ソロスチャートとドル円、ユーロ/ドル、ドル/スイスフラン、各インデックスチャート(ドル、ユーロ、イギリスポンド、円)
🔵ゴールドシルバーレイシオ、ゴールド価格、シルバー価格、WTI原油価格、石油連盟発表、穀物価格、非貴金属価格
🔵バルチック海運指数(^BDI)
🔵FRB動向、ECB動向、IMF動向、BIS動向
🔵米国雇用統計、FOMC、米国地区連銀総裁発言、米国財務長官発言、ECB総裁発言
🔵投資主体別売買動向(対日経銘柄)
🔵Yahooファイナンス米国ニュース、ロイター、ブルームバーグ

※2 私なりの予測(基本的な考え方)
🔵世界経済は、たった一つの統合体と捉えた方がはるかに今起きている経済事象に説明が付きやすい
🔵ある金融資産の間に一定の期間正の相関関係(または逆相関関係)があるなら、相互の金融資産に「関係が大有り」だと捉えておく
🔵比較チャートで歴史を振り返り今と同じ経済状況にあるのかを確認し、今のチャートに意味を持たせ読み解き予測する
🔵チャートと、ちまたに流れる経済ニュースや経済情報なら、チャートを第一優先するスタンス(チャートがそうなんだからそうなんでしょう)をつらぬいていく

🔵世界経済は、同時のタイミングで、同一の方向に向かうという事実に基づく予測
🔵株価変動は、金利変動と為替変動から強く影響を受け、また影響を与えているという事実に基づく予測
🔵全ての相場には、常勝している投資家が確実に存在し、彼らは他の誰よりも、その相場に深く精通しているという事実に基づく予測

(簡易約款)
・目的
当ブログは、世界/日本経済の私の予測を、読者の皆様に楽しんで頂くためのものです。
・免責
投資判断は、大人の皆様にゆだねられますので、私の予測通りにしていて、負けたとか、何とかしてくれとか、責任は私に問わないで下さいね。
・当ブログの立ち位置
また、私の予測の確認に必要な有料チャートのご紹介や、いかがわしい投資クラブの様な有料会員への勧誘も、一切行っていません。メルマガすらありません。(私自身も無料でネット上から全て必要なチャートを入手してますし、第一私一人でコツコツ予測しているだけですから。)さらに、著者オリジナルの必勝投資本などの販売や、著者お勧めの投資本のご紹介なども、一切行っていません。(正直、うるさいよとばかりの、そうした宣伝ブログに私自身うんざりしてますから。皆様の気持ちは分かります。)よって、当ブログは、全て無料で出来ており、いつからか有料になることもありません。
・当ブログの利用について
当ブログの記事の、コピー、転載、引用、リンクすること、もちろん予測が間違っていると批判すること、辛らつなコメントなど、一切は自由です。どうぞ気がねなく。
・当ブログの終局的なゴール
当ブログが、読者皆様の共有物として、皆様とともに、末永く続くことに最大の意義があります。


🔵経済予測や相場投資以外は?→趣味

サーフスケート(陸上でのサーフィンスタイルのスケートボード)

イメージ動画1・フラットclick☑︎
イメージ動画2・バンクclick☑︎
イメージ動画3・モチベーションclick☑︎

image
IMG_2087
IMG_1243

(その他)
・洋楽鑑賞(YouTubeめぐり)
→「来週のダウ予測記事」に毎週曲をアップロード


・料理

・1ヶ月に数回ヨガ(筋力とバランス感覚のセルフチェック)

→上記の並びは、取組む頻度の高い順




IMG_0514

以下、上下の赤線で引いた範囲は当ブログの長期予測である。


2017/1/1から一掃

ダウは2017年に史上最高値21,000$に到達する。

当ブログのこの2013年11月から継続してる長期予測(高値)に一切のかげりはない。

ダウや米国株の大天井は2017年に迎えるだろう。

その天井の価格はダウ高21,000$くらいは軽く超える。

▪️2017年4月追記
ダウ高21,000$に達した後2017年4月〜8月の期間に2,000$程度の下落(ダウ19,000$)を予測している。

▪️2017年6月追記
その世界株安はどうも2017年の7月か8月ではないか。

ダウチャート☑︎Click








🔵目次(☑︎Clickで各項先頭)



1、はじめに
今回の記事概要

2、【買う-保有-売る】が投資1サイクル
相場投資は【買う-保有-売る】しかない。
(空売り・借りて売る安値で買い戻すを除き)


3、【いつ買う-保有する期間-いつ売る】が命題
【いつ買う-保有期間-いつ売る】しかない、
それに全力投球する


4、【買う理由-保有中買った理由が続いているか】を確認し命題を解く
買った理由は、まだ続いているか?
新しい投資スタイル

最初に買った理由がなくなったら売る


5、release 4th.祝(曲のご紹介)
4曲目release曲,祝






🔵はじめに


17世紀のフランスの思想家・数学者であるパスカルの言葉とされているものに、「人は考える葦(あし)である」と言うものがある。

意味は「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。」とのこと。



私はこの言葉に付け加え「人は考える葦であるとともに、人は忘れな草である。」としてみた。

「忘れな草」とは実在する花の名前であり、「忘れないでいつまでも」という意味を重ねて草(花)の名前になったとのこと。

人から「忘れないで」と念をおされるほど、実に人は多くのことを忘れながら生きている。




これは相場を相手にしている投資家も全く同じ事が言える。

今、長期に買い保有している株等の金融資産があったとして「なぜ当時、その株を買ったのだろうか?」

この問いに対し明確な答えを持ち合わせる投資家は少ないのではなかろうか。



私は「そんなんじゃダメだ、いつまでたっても相場で勝組にのし上がることはできない。」

と声を大にして言いたい。



たとえば東京マラソンを走る場合、その行為は極めて稀(まれ)であることも手伝って「自分が東京マラソンを走ろうと決意した理由」を振り返ることはたやすいだろう。

中には「なんとなく」や「たまたま抽選に当たったから」といた曖昧な理由もあるだろうが、さりとて「東京マラソンを走ることになった理由」は鮮明に記憶されるはずだ。




しかし、一方の株式投資においては、ある銘柄Aを買い保有しようとしていて、明確な買いのエントリー理由をほぼ持ち合わせてない。

ほとんどの投資家は、理由がないまま買い保有し、下がって価格だけを見て売ってしまっているのではないか。



そんなんでは、やっぱりダメだ。


「ダメそうだ」とおぼろげに理解はするものの「ではなぜダメなのだろうか?」

答え:その株を買った理由がないなら、ほとんどの場合、自己金融資産の利益の出来/不出来、あるいは損害のみの理由で、ゆくゆくは当該株を売ることになるからである。



「では、株を買う理由がなぜないのに、株を買うのだろう?」

答え:株を買う理由がないのは、「皆、今の相場(地合い)を適切に計測する指標を持たないから」であり、

それでも株を買う理由は、「皆、トレーダーだからであり、株の売買に対し、静観などと何もしていない自分に焦るからである。」



たとえば、ある日経株銘柄A株を買おうと考えている。

これに買う理由を「日経平均株価が今から半年後には1000円からあわよくば2000円上がると見込んでいるから」としよう。



半年後に日経平均株価が「銘柄A株を買い保有した時期+1500円に至っていたとする」→銘柄A株も高値に至っただろうからA株を売る準備をしよう。

あるいは、半年後に日経平均株価が「銘柄Aを買い保有した時期ー500円に至っていたとする」→銘柄A株を静観しよう、もしかしたら高まる可能性もある。

はたまた、半年後に日経平均株価が「銘柄Aを買い保有した時期ー1500円に至っていたとする」→銘柄A株をロスカットして、売っておこう、A株を買った時の理由(日経平均株価)はA株の価格を支持していないのだから。




と、銘柄A株を買う際に、日経平均株価を比較して記録に残しておくだけでも、今銘柄A株を売る理由がはっきりしてくるのではないか。



☑ 最大かつ重要なポイントは、

・比較する金融資産(上記の場合・日経平均株価)の、

・ある期間後(上記の場合・半年後)における

・価格変動の予測値(上記の場合・1000円からあわよくば2000円上がる)を、

きちんと記録に残しておくことにある。




冒頭のパスカルの言葉に付け加えて「人は忘れな草」であると私が書いた理由は、

当時株を買った理由は「全くないか」、あるいは「ほとんど曖昧か」であり、

しばらくしたら、投資家の頭の片隅にも残らず、すなわちことごとく忘れさられるのが普通であり、これは人間なら当たり前だからである。

(私が若い時は、ことごとくこれが原因で、相場利益など夢のまた夢であった。)



たとえば、ある場所に着いたとして、なぜそこに行かなければならなかったのか分からない人はまずいないだろう。

なぜなら、多少大げさだが、道に迷い迷い続けてしまうなら、自分の生死に関わって来てしまい、いつかは「のたれ死んでしまう」からである。




株式投資で買った理由がないことは、

相場という荒海の中で漂流し続けることを示し、ひょんな小さな高波にもまれ、「株を時期尚早に売ってしまうことを示し」、

ゆえに「小利に甘んじ、結果的には安値で売ってしまう相場の負組に属してしまうことになる。」

負組ならまだしも、場合によっては再起不能の状態に至り、相場を後にしなければならなくなる可能性だってある。



単におなかが減って買ういつもの「あんぱん」と、

自分がバイト時代に、なけなしのお金で買った「あんぱん」。

半分食べてもうお腹いっぱいと、ポイっと捨ててしまうのは果たしてどちらだろうか?




もちろん、株を買う理由なんかそうそう見当たらないのが普通である。

しかし、いまいちど考え直し株を買う理由をしっかり頭にイメージし記録してみるのはいかがだろうか。



「自分が買った株がちょっと下がり、あたふたと株を売った後、思いのほかその株価は高まっていった。くやしい。」

相場に長ければ誰しもが味わう屈辱である。

もうこりごりだ。



今回の記事のポイント

☑ 今回のポイント

株を買った理由を明確にし記録に残しておく。

今、当時株を買った理由がなくなったり、解消されたのなら株を売る。




→たったこれだけの単純な投資スタイルに切りかえるだけで、相場の勝組にのし上がれる。

あとは、株を買った理由(比較チャートなどの、指標)の精度を高めれば事足りる。



皆、トレーダー気分で売買していないとならないと焦って小利に甘んじている。

ちなみに私は半年以上株の売買を行わなくても、3年以上株を買い保有し続けることも、特段難しくないほど、ゆれていない。



ジタバタ売買せず、買い保有も、買いを解消しても、ひたすらその場にStay!!だ。

理由がないなら動かずに‼︎、体力や精神が消耗するだけだ。

骨折り損のくたびれもうけは、カンベンだ。




6月の曲のテーマは「release(リリース)」にしている。

今回(6月のラストの4曲めのrelease曲)をお楽しみに。




🔵【買う-保有-売る】が投資1サイクル


世界経済をいくら予測し尽くしても、相場にいかに精通していようと、いかに経済に明るくとも、

投資の1サイクルは、【買う-保有-売る】だけであり、これしかない(空売りは含まず)。

この極めて単純な過程の中で投資家は利益を上げる必要がある。



ああ、なんて単純なことに、ああでもない、こうでもないと思い悩み、あるいはジタバタと売買にいそがしかったのだろうか。

ただ単に、買って、買い保有して、高値で売れば良い。



確かに単純だが、奥深い。

あるいは奥深く考えているのは投資家の方であり、

実は世界経済はもっと単純明快なのではないかと、思えなくもない。



ただ、相場投資でなかなか相場利益が上がらない。

では、なぜ上がらないのか?

おそらく株を買った理由も曖昧なことから、ちょっとした経済の危機的な情報に左右され、かつそこにちょっとでも世界株安がかさなろうものなら株売り決意だからであろう。



人は強く決意していないもの(株買い)に対し、真逆の決意をする(株売り)のはたやすいものである。



しかし、投資の1サイクルは、【買う-保有-売る】だけであるわけで単純明快なはずだ。

もう少しこの1サイクルについて深掘りしたい。




🔵【いつ買う-保有する期間-いつ売る】が命題


投資の1サイクル【買う-保有-売る】について最も大切なのは、

「いつなのか?、いつまでか?」という時期と期間である。

すなわち、いつ買うのか、いつまで買い保有するのか、いつ売るのかが、相場の勝敗を決定付ける重要かつ決定的な要因となる。



これは当たり前である。

高値の時期に株を買い、ダラダラと下落しているにも関わらず買い保有し続け、もう下落に付き合えないとばかり、なけなく株を売る。

これでは相場の典型的な負組に属するのは、火を見るよりも明らかである。



しかし、ほぼ全ての負組はこの投資スタイルを改善しようとしない。

理由は、間違えに気がついていないか、確固たる自分の強い決意のもと相場を渡り歩いている者が極めて少数派だからだろう。



学校や職場では休み時間になったり、退社時間になったら、鐘が鳴る。



もちろん相場では買いや時期や売り時期などと、誰も鐘を鳴らす者はいない。

ただ、チャートだけは鐘を鳴らすタイミングを的確に示している。

だが、誰も鐘を鳴らす者はいない。



小説家アーネストヘミングウェイの長編小説に「誰がために鐘は鳴る」とあるが、

相場には鐘がそもそもない。

相場では誰も貴方に売買のタイミングを知らせる者はいない。



ならば、自分で鐘を作って(予測して)、人が知らないなら自分から鐘を鳴らすしかない。

これは私のブログ作りの1つにの原動力になっている。

一人で相場に勝っても何も楽しくない。





以上から次の通り書いておく。




相場では、時間の区切りや、期間といった売買のタイミングの適切化を図る必要がある。

誰も貴方にこれを教えてはくれないのだから。



なぜなら、貴方に教えようとする者ですら相場に対し100%の確証がなく強く豪語できず、

また、たとえよく当たる経済記事を読んだところで、いざ自分の相場投資において、主観(自分らしさ)や先入観が邪魔をするからである。


→ならば、自分でオリジナルの経済予測法を作り上げて相場で試していた方が、建設的な相場投資の取組みとなるのではないか?






次項に株を買うタイミングについて一例を示した。




🔵【買う理由-保有中買った理由が続いているか】を確認し命題を解く


当ブログではダウの比較チャートを中心に、以下の指標を扱ってきた。

BKX、TNX、ドルインデックス、円インデックスと原油価格、円インデックスとゴールド、ゴールドシルバーレシオ、バフェット指標、ヒンデンブルグオーメン、シラーPER指標、

チャート形状として相場のビッグ3(ダブルトップ・ダブルボトム、直近高値の高値更新・直近安値の安値更新、トレンドライン維持・崩れ、etc...


など、ダウを予測するのに有効と考えられる数々のチャートを挙げ、私なりのチャートの読み方とチャートの意味を記事にしてきた。

これは、主体性が疑われるほどであり、ある意味異常なほどだ。



さらに、その他にもダウの今後の予測に有用な比較チャートや経済指標がある。

今回の記事では過去の当ブログで扱った指標を振り返りクドクドと説明はしない。

説明しても、読み手が「本当だ、確かに使える、これから使おう」となるケースは本当に少ないと考えている。



なぜなら、私自身が何かの投資本を読んで、この指標はダウ予測に使えそうだと実感した経験が、残念だがほとんどないからである。

強いて言えば、相場のビッグ3(ダブルトップ・ダブルボトム、直近高値の高値更新・直近安値の安値更新、トレンドライン維持・崩れくらいだろうか。



なお、私は株買い保有を開始する際はなるべく上記のチャートの画面コピーを保存し、自分が当時のチャートを振り返れるようにしている。

上記のチャート形状が買い時の形から崩れたり、トレンドラインがなくなったりしたら、株売りを判断する理由にしている。




以上から次の通り書いておく。




オリジナルの手法で世界経済を予測し尽くす。

そんなに素晴らしいことはないのではないか?

夢がある、皆様も上記に挙げたチャートを参考に、是非トライして作り上げて行って欲しい。



いつか、登りつめた天空に置かれた、黄金のテーブルで論議しよう。









今回の記事は以下の言葉でしめくくりたい。

《オリジナルの経済予測法》

「オリジナルの経済予測法で、世界経済を予測し尽くす」、そんな壮大な夢(野望)があっても、いいのではないか。




たとえそれが間違っていたとしても、

自分の道を歩み経験を積むほうが望ましく、

ひいては、そうした試みは、自分の生き方につながって行くのではなかろうか。




私は過去のいつの日か自分の足で立ち、相場を自分の足で歩み始めた。

今ようやく自分の足で走れるまでに成長したと自負している。

最終の行きつく先は表彰台だ。



ところで私は「自分が経験し蓄積してきたものにこそ、最大の価値があると考えている。」

なぜなら、それは明日以降のさらなる自分の成長の礎(いしずえ)になって行くからである。



間借りものの人様の相場テクニックをいっとき身に付けても結局はダメ・上手く行かない。

なぜなら人様のものは、あくまで人様のものであり、それを使えば使うほど疑念が生じて来るからである。


相場は自分の足で歩もう


yumihn





🔵release 4th.祝
(曲のご紹介)


"Feel good.I like it."

ダウ予測記事に曲をご紹介し続けて、はや100回目となった(祝い100)。

これからも音楽を聴いてふと肩の荷を下ろして頂けるようこちらのコーナーも充実を図りたい。



なんだかんだとこねくり回しても、なかなか自分はrelease(解放)されない(特に世界経済の今後は単純明快には分からない)もの。



ただ、根本的な解決が図れなくとも、

気持ちいい、いい感じ、気に入った。(よくやってる!できてる!)

と、とりあえず一件落着し次に進もう。



意外に簡単なところに、人生で悩んだり考えたりしている答えが見つかるのではないか。

この曲を聴くとそう感じる。



Gryffin, Illenium, Daya
Feel Good ♬ ☑︎Click
IMG_2521
IMG_2953


・和訳
http://ila5963.com/2017/04/17/gryffin-illenium-%E2%88%92-feel-good%E3%80%80ft-daya%E3%80%80%E5%92%8C%E8%A8%B3/




Good luck!!
以上、世界の優秀なハンターに告ぐ

IMG_0200
世界/日本経済の予測ブログ

yumihn



当記事の目次へ
IMG_0515

















このページのトップヘ