🔶世界/日本経済の予測ブログ

ダウ工業平均株価^DJIや、日経平均株価^N225の予測のために、国債価格〈金利〉やドル指標やユーロ/ドルやドル/円といった金利や商品や為替相場を参考に、ブログ著者〈私自身〉がどの様にその予測に至り投資スタンスを取ったのかという経緯をチャートとともに余すことなくブログに掲載

はじめまして。当世界/日本経済の予測ブログでは、ダウ工業平均株価^DJIや、日経平均株価^N225の予測のために、国債価格〈金利〉やドル指標やユーロ/ドルやドル/円といった金利や商品や為替相場を参考に、ブログ著者〈私自身〉がどの様にその予測に至り投資スタンスを取ったのかという経緯をチャートとともに余すことなくブログに掲載することで、皆様と金融情報の共有化を図りたいとの意図で、2012年12月に立ち上げました。是非楽しんで行ってください。

🔵当ブログの著者・yumihn(ユミハン)のご紹介

image当ブログの著者(私)は、株式市場にたずさわり初めてから、20年が経ちました。その間に数々の上昇や暴落を経験し、ようやく世界経済や日本経済の動向が、高い確度で掴めるようになってきました。当ブログでは、そんな私が、日々の世界経済や日本経済の指標(チャート)や経済ニュース(※1)等から、私なりの株式投資スタンスを確立するための予測の経過を、余すことなくブログにあらわし、読者と共有したいと考え、立ち上げました。私なりの予測(※2)ですから、ときには外れ、ときには当たりますが、ぜひ皆様の投資のスタンス確立の際の一助として、楽しんでいただければ本望です。最後になりますが、書いてる内容は高いレベルの様にも見えますが、私自身は、いたってフランクな性格です。是非、気兼ねなくコメントをどんどんいただければ、ありがたいです。皆様のコメントを、心からお待ちしてます。どうぞよろしくお願いします。

🔵ブログ内容の問い合わせ先E-Mail
メールはこちらへ☑︎Click

※1 予測でよく使うチャート、ニュース
🔵世界の株価click☑︎
🔵主要国の金利click☑︎
🔵世界の指数click☑︎
🔵商品click☑︎
🔵為替・FX click☑︎
🔵日本株・アジア株click☑︎
🔵アジア株一覧click☑︎
🔵欧州株一覧click☑︎
🔵ダウclick☑︎
🔵米国主要経済指標一覧click☑︎
🔵市場カレンダーclick☑︎
🔵ダウ工業平均株価、日経平均株価、中国平均株価、ドイツ平均株価、新興国平均株価
🔵米国長期国債価格、日本長期国債価格、アジア圏国債価格、欧州圏国債価格
🔵日米二国間金利差とドル円click☑︎
🔵^CRB、DJP、^DJR、東証REIT、アジアREIT、^BKX
🔵対ドル各国通貨、ドル/円、購買力平均とドル/円実勢価格、ソロスチャートとドル円、ユーロ/ドル、ドル/スイスフラン、各インデックスチャート(ドル、ユーロ、イギリスポンド、円)
🔵ゴールドシルバーレイシオ、ゴールド価格、シルバー価格、WTI原油価格、石油連盟発表、穀物価格、非貴金属価格
🔵バルチック海運指数(^BDI)
🔵FRB動向、ECB動向、IMF動向、BIS動向
🔵米国雇用統計、FOMC、米国地区連銀総裁発言、米国財務長官発言、ECB総裁発言
🔵投資主体別売買動向(対日経銘柄)
🔵Yahooファイナンス米国ニュース、ロイター、ブルームバーグ

※2 私なりの予測(基本的な考え方)
🔵世界経済は、たった一つの統合体と捉えた方がはるかに今起きている経済事象に説明が付きやすい
🔵ある金融資産の間に一定の期間正の相関関係(または逆相関関係)があるなら、相互の金融資産に「関係が大有り」だと捉えておく
🔵比較チャートで歴史を振り返り今と同じ経済状況にあるのかを確認し、今のチャートに意味を持たせ読み解き予測する
🔵チャートと、ちまたに流れる経済ニュースや経済情報なら、チャートを第一優先するスタンス(チャートがそうなんだからそうなんでしょう)をつらぬいていく

🔵世界経済は、同時のタイミングで、同一の方向に向かうという事実に基づく予測
🔵株価変動は、金利変動と為替変動から強く影響を受け、また影響を与えているという事実に基づく予測
🔵全ての相場には、常勝している投資家が確実に存在し、彼らは他の誰よりも、その相場に深く精通しているという事実に基づく予測

(簡易約款)
・目的
当ブログは、世界/日本経済の私の予測を、読者の皆様に楽しんで頂くためのものです。
・免責
投資判断は、大人の皆様にゆだねられますので、私の予測通りにしていて、負けたとか、何とかしてくれとか、責任は私に問わないで下さいね。
・当ブログの立ち位置
また、私の予測の確認に必要な有料チャートのご紹介や、いかがわしい投資クラブの様な有料会員への勧誘も、一切行っていません。メルマガすらありません。(私自身も無料でネット上から全て必要なチャートを入手してますし、第一私一人でコツコツ予測しているだけですから。)さらに、著者オリジナルの必勝投資本などの販売や、著者お勧めの投資本のご紹介なども、一切行っていません。(正直、うるさいよとばかりの、そうした宣伝ブログに私自身うんざりしてますから。皆様の気持ちは分かります。)よって、当ブログは、全て無料で出来ており、いつからか有料になることもありません。
・当ブログの利用について
当ブログの記事の、コピー、転載、引用、リンクすること、もちろん予測が間違っていると批判すること、辛らつなコメントなど、一切は自由です。どうぞ気がねなく。
・当ブログの終局的なゴール
当ブログが、読者皆様の共有物として、皆様とともに、末永く続くことに最大の意義があります。


🔵経済予測や相場投資以外は?→趣味

サーフスケート(陸上でのサーフィンスタイルのスケートボード)

イメージ動画1・フラットclick☑︎
イメージ動画2・バンクclick☑︎
イメージ動画3・モチベーションclick☑︎

image
IMG_2087
IMG_1243

(その他)
・洋楽鑑賞(YouTubeめぐり)
→「来週のダウ予測記事」に毎週曲をアップロード


・料理

・1ヶ月に数回ヨガ(筋力とバランス感覚のセルフチェック)

→上記の並びは、取組む頻度の高い順




経済予測に何かスペシャルな、これだけ見ていれば的な、素晴らしいツールはない。複合的に色んなチャートから判断、中には当たらないものも多々ある。



ドルは全てと5/7のダウ予測記事に以前書いたが、ドルだけでは株価は何も分からない。

時にドル高で株高だったり、ドル安で株安だったり時勢によって変わる。

複合的に、ドルも、金利も、商品も、ドル以外の通貨も、他国株価変動も、全てに近いくらい色々見ておきたい。

中には、今後の株価変動の予測には、適さないものも多々あるだろう。

ただ、気にせず、偏見や先入観を持たずに幅広く。








自分は間違っているかも分からない、でも自分流で続けて行けば、その道の第一人者になれる。そう信じている。



私たちはゼロで生まれ、

あたかもゼロでない様な現実の世界に生き、

そしてゼロに終わる。



ゼロでない様な現実の世界に生きる時、

私たちは周りの皆に、自らすぐれたものを提供する。

すぐれたものとは、自分にしか出来ないこと。



その使命感で生きれば、自然に自分の取り組みは持続し、

やがて必ずその道の第一人者になれるだろう。



私はそう信じて、書いている。













・時間をかけて得た利益は即座にはなくならず。

株式の長期投資や国債売買等で得られる様なまとまった利益は、時に数年と時間がかかるもの。

だがそれは、真の予測や投資スタイルが確立された上で、実現される。



・あっと言う間に得た利益は即座に消えるもの。

一方、FX投資や商品先物取引では、株式投資や国債売買に比べたら1/100の時間未満であっと言う間に、利益が得られたりする。

しかし、こうした利益は早足のリスクと隣り合わせであり、得てしてその利益は即座に消えるもの。



・投資スタイルを見直す。

自分の利益の得られ方や、スピードをいまいちど再確認したい。





IMG_0514

以下、上下の赤線で引いた範囲は当ブログの長期予測である。


2017/1/1から一掃

ダウは2017年に史上最高値21,000$に到達する。

当ブログのこの2013年11月から継続してる長期予測(高値)に一切のかげりはない。

▪️2017年7月訂正
ダウや米国株の大天井は2017年2020年に迎えるだろう。

その天井の価格はダウ高21,000$2,4000$くらいは軽く超える。

▪️2017年4月追記
ダウ高21,000$に達した後2017年4月〜8月の期間に2,000$程度の下落(ダウ19,000$)を予測している。

▪️2017年6月追記
その世界株安はどうも2017年の7月か8月ではないか。

ダウチャート☑︎Click








🔵目次(☑︎Clickで各項先頭)



1、はじめに
今回の記事概要

2、2017年1月1日の「2017年の経済予測」記事を振り返る
年始に立てた経済予測を振り返り、
何が当たり何が外れたのかを確認。


3、ダウ最高値更新・ドル指標安・商品安は正解⭕️
株を扱う投資家にとっては、
株価予測さえ当たれば良いわけだが。


4、ドル円2017年いっぱい緩やかな円安は❓・低金利転換❌
予測が外れた点は真摯に振り返る。
低金利転換予測は何が間違ったのか。


5、holy 3rd.(曲のご紹介)
3曲目holy曲






🔵はじめに

今回は2017年1月1日の、当ブログの2017年経済予測を振り返る記事にしている。

すなわち、今回のダウ予測記事は2017年経済予測の記事を振り返り、少しでも今後の経済状況を予測するための礎(いしずえ)となることを意図して書いた。


☑ 今回のポイント

2017年経済予測(2017/1/1)を振り返る。

2017年経済予測に書いた「ダウ最高値更新、商品安、ドル指標安、2017年いっぱいは緩やかなドル円の円安、低金利転換の予測」はどうなったのだろうか。


ところで、

過去の自分の予測を真摯に振り返り、次を予測することは重要であると考えている。

なぜなら「復習」ではないが、そこからたくさんの次につながる有用な予測のヒントが得られるからである。





8月の曲のテーマは「holy(聖なる、神聖な、神々しい)」的な感じを受ける曲にしている。

今回は3曲目をお楽しみに。




🔵2017年1月1日の「2017年の経済予測」記事を振り返る


当ブログの2017年1月1日に載せた2017年経済予測の重点ポイントは以下とした(当該記事から画像転載)。

《2017年経済予測抜粋,2017/1/1》

IMG_3128

IMG_3130

引用元:当ブログ2017/1/1記事
http://blog.livedoor.jp/yumihn/archives/50150520.html



なお、2017年1月1日の2017年経済予測記事は2006年の経済状況(チャート)を引き合いに予測したものであった。

株をメインに扱う投資家にとって2017年の年始に「2017年はダウ高だ」と豪語する当ブログは少しは役に立ったかも分からない(私は大いに役立ったが)。



まあ、何はともあれ過去にひたっていても仕方がないわけで「次(今後)を予測するために今回は2017年経済予測記事を振り返った」までである。



上記は結果のみであるため、チャートを交えて振り返りたい。

2005-2006の経済状況と、2016-2017年は似ているという主旨であった。

2017年1月1日に挙げたチャートは以下の通りである(当該記事から画像転載)。


《2017年経済予測抜粋,2017/1/1》
(2003年〜2012年長期比較チャート)

チャートクリックで拡大
IMG_1013

〈各チャートの色(名称)の意味〉
濃い青(10USY.B):米国債10年利回り
ピンク(^DJI):ダウ株価
オレンジ(USD_I):ドル指標
黄緑(CL.F):原油先物価格
水色(GC.F):ゴールド先物価格
赤(JPY_I):日本円指標
赤紫(^NKX):日経平均株価

引用元:サイトstooqから期間10年間で表示☑︎Click




チャート上の期間「▲→△(2005年半ば〜2006年前半)」に着目すると、

(商品高)原油先物高と、ゴールド先物高

→なお最終的には「(商品高から一転やや商品安)▲→△まで急騰したゴールド先物や原油高は、△時点で一転して売られ2006年はゴールド安と原油安となった」と2017年経済予測では結論付けている。

(株高)日経株高と、緩やかなダウ高

(為替・ドル高)ドル指標高

(高金利)米国債利回り高

となっている。

→これは2016年年始からの商品高と株高、2016年半ばからのドル指標高と米国債価格安と、
「極めてよく似ている」

のである。



こう書くとすぐさま反論が来そうだ。

「2006年と2016年の経済状況が極めてよく似ているから何なの?」と。

これに対し私は「経済状況が似ている」=「歴史(金融史)は繰り返す」とだけしか答えられないとした。



以上をまとめると以下の通りである。




▶ 2016年年始からの商品高と株高、2016年半ばからのドル指標高と米国債価格安とは、2006年のそれと極めてよく似ている。

▶ ならば2017年は「ダウ最高値更新、商品安、ドル指標安、2017年いっぱいは緩やかなドル円の円安、低金利転換」となる。





では、果たして2017年も8ヶ月間が過ぎたわけだが、2017年経済予測とやらの信ぴょう性はいかなるものだったのだろうか。

次項に、一点ごとに今の長期チャート(2017年の年始1月から閲覧可能なため7月時点チャート)を見直した。




🔵ダウ最高値更新・ドル指標安・商品安は正解⭕️


以下に2017年の年始〜2017年7月までの日足チャートを順に挙げた(チャート引用はStockcharts社)。


《ダウ日足チャート》
チャートクリックで拡大
IMG_3161
$INDUを入力 ☑︎Click
→2017年はダウは上昇し最高値を更新した
=2017年経済予測は正しい

《ドル指標日足チャート》
チャートクリックで拡大
IMG_3167
$USDを入力 ☑︎Click
→2017年はドル指標は下落した
=2017年経済予測は正しい

《WTI原油日足チャート》
チャートクリックで拡大
IMG_3162
$WTICを入力 ☑︎Click
→2017年は原油は下落した
=2017年経済予測は正しい

《ゴールド日足チャート》
チャートクリックで拡大
IMG_3163
$GOLDを入力 ☑︎Click
→2017年はゴールドはやや上昇した
=2017年経済予測はやや外した




商品に含まれるゴールドについてはまだ下落していないが、WTI原油を含む商品指数・CRBチャートは下落している。

ゴールドは装飾品や工業用資材の需要増のほか経済リスクでも高まるが、ダウが高値を更新したことによる世界の株価の高値懸念がゴールドを他の商品より割高にさせている感がある。

いずれにせよ、世界株高とドル安、WTI原油安は当ブログの2017年経済予測の通りであり、ゴールドが高まろうと予測結果の大勢には影響ないだろう。



以上から次の通り書いておく。




当ブログの2017年経済予測によると主要な世界経済の金融資産である、ダウ、ドル指標、WTI原油について予測は正しい。

それさえとらえれば相場で特段迷わずトレード可能なほど、世界経済を代表する金融資産について、当ブログは言い当てている。






次項に予測が正解したのかあやしい「ドル円」と「TNX・米国債10年金利」についてチャートを挙げた。




🔵ドル円2017年いっぱい緩やかな円安は❓・低金利転換❌


以下に2017年経済予測の結果が正しいかあやしい、ドル円と米国債10年利回り(以降、米国金利と称す)チャートを挙げた。


《ドル円日足チャート)

チャートクリックで拡大
IMG_3189
$USDJPYを入力 ☑︎Click
→2017年はドル円は行って来いの停滞相場
=2017年経済予測はやや外した

《米国金利日足チャート》
チャートクリックで拡大
IMG_3165
$TNXを入力 ☑︎Click
→2017年は米国金利は停滞相場
=2017年経済予測はやや外した



2017年の経済予測では、「ドル円は2017年いっぱいは緩やかな円安」、および「米国金利は低金利転換」とした。

しかし、ドル円と米国金利はすっかり停滞しており方向性にとぼしい。

よって、現段階では2017年の経済予測は完全に間違ったとは言いにくい。

→今後の経過を観察しよう。



今回の記事は以下の言葉でしめくくりたい。

《2017年経済予測について》

2017年の年始に書いた「2017年経済予測」はまんざらでもない。

特に、ダウ、ドル指標、WTI原油はピタリと予測は正しい。



「まぐれでしょう?」

→まぐれと思われても何でも良い、私は私の経済予測に従い投資しまとまった相場利益を得ている。

これが現実であり、批判、批評、批難は気にしない。



「私は他人が私のブログについてどうとらえようが構わない。大いに議論して欲しい。」

それより私は「私自身が世界経済から置いてけぼりを食う事を心配している。」


yumihn





🔵holy 3rd.
(曲のご紹介)


こちらの曲も神聖さを感じられる。

米国ではスーパーボウル(アメフト)やNBA(バスケ)やNHL(アイスホッケー)やメジャーリーグ(野球)などのスポーツの大会で、こうした米国を代表するシンガーがアメリカの国歌を歌うことがある。

ちなみに2016年のスーパーボウルではLady GAGAが歌った。

youtubeで"U.S. National Anthem"と検索すると実にたくさんアップされているが、いずれのシンガーも歌唱力はかなりハイレベルであり聴きごたえがある。



今回のは、オバマ大統領現役時代に大統領の前で有名な歌手・ビヨンセが歌ったものである。

歌い始めの出だしは「低音過ぎ、静か過ぎないか?」と"ヒヤっ"とさせるが、通しで聴くと一気に伸びていって、うまく歌いつくされている。



Beyonce
U.S. National Anthem(米国国歌) ♬ ☑︎Click
IMG_3084



🇺🇸Picture of Federal Reserve Bank Branch in Houston Texas🇺🇸

IMG_3585





Good luck!!
以上、世界の優秀なハンターに告ぐ

IMG_0200
世界/日本経済の予測ブログ

yumihn



当記事の目次へ
IMG_0515

















◇先週のダウ予測振り返り(7-8月の世界株安予測は正解なのか?、木曜日に米国株から強く下落、まだまだ下がるのではないか)と、来週のダウ予測up(8/20,16時、holy 3rd.)



先週は以下とした。

🔶来週のダウ予測(2000-2003年ITバブル崩壊と2008-2009年リーマンショック・ダウ暴落の共通のサイン・兆候、ドルと円が安く-ユーロが高まった、通常はドル円でドルと円は真逆、holy 2nd.)



◇7-8月の世界株安予測は正解なのか?

yes.



◇木曜日に米国株から強く下落

下落は始まってもいない。

バロセロナのテロショックもあったが、それは下落のきっかけを作っただけである。



◇まだまだ下がるのではないか

yes.

まずは、株売りを急ぐのが良いだろう。

ダウはさらなる上昇のためには、下落し足もとをかためる必要があると見ている。



◇来週のダウ予測up

8/20,16時頃を予定する。


holy 3rd. として、神聖さを感じられる曲を。




このページのトップヘ