直井卓俊

May 14, 2009

松江哲明監督作品『あんにょん由美香』7月上旬、ポレポレ東中野にてレイトショー決定!

a_yumika01大変ご無沙汰してしまっておりました。かつて『女優 林由美香』の編集を担当しました直井です。

かれこれ3年前になりますが、『女優 林由美香』がきっかけで発掘された韓国のVシネマ『東京の人妻 純子』というのがありまして、ドキュメンタリー監督の松江がその作品の舞台裏を調べ始めたことから1つの作品が生まれました。

長い年月かかかってしまい、関係者各位には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
この場を借りてお詫び申し上げます。

皆さんのご協力を頂き、林由美香さんとスクリーンで再会すべく、想いを込めて作りました。どうぞ宜しくお願い致します。

ーーー

『あんにょん由美香』

「松江君、まだまだね。」
憧れの女優の言葉と1本のビデオテープを巡って
「勘違い」と「想い」が国境を超える!
『童貞。をプロデュース』の松江哲明が放つ、
親和的ドキュメンタテインメント!

 2005年に急逝した女優・林由美香の全記録をまとめた書籍『女優林由美香』によって謎の韓国産ビデオ作品が発見された。作品名は『東京の人妻純子』。林由美香の生前にきちんと仕事する機会を得られなかったドキュメンタリー監督・松江哲明は「すごく間違っている」けど「何だかキュート」な同作品に惹かれ、その謎を追うべく取材を開始する。同時にかつて林由美香を撮った3人の監督(平野勝之、カンパニー松尾、いまおかしんじ)らと林由美香所縁の地を巡り、貴重なインタビューも敢行。林由美香を巡る一大騒動は、遂に日本から韓国へ、そして韓国から日本へ、出会うはずの無い人々を結びつけ、たくさんの「想い」を集め、やがて1つのゴールへと突き進んで行く…!
 前作『童貞。をプロデュース』が記録的な大ヒットとなった松江哲明の、そして愛され続ける女優・林由美香の奇跡の最新主演作がここに誕生!

林由美香 ユ・ジンソン 入江浩治 キム・ウォンボギ
カンパニー松尾 いまおかしんじ 平野勝之
柳下毅一郎 中野貴雄 野平俊水 華沢レモン 柳田友貴

演出・構成:松江哲明(『童貞。をプロデュース』)

編集:松江哲明、豊里洋|構成協力:向井康介|音楽:豊田道倫
挿入曲『ほんとうのはなし』(唄:川本真琴)『さよならと言えなかった』(唄:豊田道倫)
プロデューサー:直井卓俊|撮影:松江哲明、近藤龍人、柳田友貴
制作・配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|配給協力:インターフィルム
製作:『あんにょん由美香』フィルムパートナーズ
2009|日本映画|DV|16:9|カラー|119分

※6/27(土・林由美香さん誕生日)〜林由美香さん&松江哲明の特集上映も敢行します!

ーーー

硬式HP等、またお知らせに上がります。

皆様、何卒!何卒!宜しくお願い致します!

yumika0627 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 30, 2007

『ペッティング・レズ 性感帯』(1993)、WOWOWにて放映!

e1d36f2f.jpegサトウトシキ監督の傑作にして、林由美香の初期のピンク代表作『ペッティング・レズ 性感帯』(シナリオ題=『ナオミ』)が『ナオミ 気持ちよくてとろけそう』と改題され、WOWOW放映されます。 6月23日(土)深夜1:20より。お見逃しなく!

→|詳細はこちら。

yumika0627 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

May 16, 2007

美少女図鑑 汚された制服(2004)

db2b4554.jpgご無沙汰しております。直井です。現在某林由美香プロジェクトが進行中で、夏くらいには告知できるかと思います。もうしばらくお待ちください。

さて、ポレポレ東中野で恒例となったピンク映画の特集上映
「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.3」が7/7(土)〜13(金)にポレポレ東中野にて開催されます。

今回は竹洞哲也監督作品をセレクトしており、その中で林由美香さんが2004年に出演された「美少女図鑑 汚された制服」を「思い出がいっぱい-EIGHTEEN BLUES-と改題して上映致します。是非この機会にご覧ください。

-----

「思い出がいっぱい-EIGHTEEN BLUES-」
2004年度ピンク大賞ベスト10・第9位/新人監督賞(竹洞哲也)、女優賞(林由美香)
2004|監督:竹洞哲也|脚本:小松公典|撮影・照明:創優和
出演:吉沢明歩、冬月恋、林由美香、伊藤謙治、松浦祐也、なかみつせいじ
成人館公開タイトル:「美少女図鑑 汚された制服」

(作品解説)
かつての仲良し男女4人組が、東京へ出ていった仲間の帰郷をきっかけに母校で同窓会をひらき、想い出とともにしまっていたそれぞれの恋心に向き合うまでを描いていく。浴衣、シャボン玉、タイムカプセル、憧れの女教師(演じるのは林由美香!)、告白、夜の体育館など目も眩むようなキラキラの青春アイテムの連打に照れることなくきちんとエモーションかきたててくれる作り手の手腕にウットリとさせられる秀作。(綿野かおり)

※詳細スケジュールはこちら。

それから7月にはCSの日本映画専門チャンネルにて『日曜日は終わらない』の放映が決定致した模様です。こちらも詳細がわかり次第アップさせて頂きます。

それではまた。

yumika0627 at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 19, 2007

私を女優にして下さい AGAIN(2007)

again『私を女優にして下さい AGAIN』(2007/監:カンパニー松尾/)を観ました。

昨年、斎藤久志監督のVシネマ『ホワイトルーム』の劇中に登場するAVでそのプロフェッショナルぶりを見せつけたカンパニー松尾監督がかつてV&R時代に手がけた人気シリーズが、メーカーの枠を越え復活しました。もちろん内容は盤石ですが、今回は本編終了後のモノローグにもドキリとさせられます。

<シリーズ1作目から、16年。あの頃と違う。自分もまわりもAVも。振り返ったら君がいない。僕は君の才能に嫉妬していた。だからここまでやって来た。もう、あの頃には戻れないけど。僕は待つよ。(一部省略)>

それは、由美香さんへ向けた言葉でした。1つの時代の区切りを意識した言葉でした。鼻の奥がツンとしました。

そんなわけで随分久しぶりの更新になってしまいましたが、今後もまだまだ林由美香軍団の活動は続きますのでご期待ください。

何卒宜しく御願い致します。

yumika0627 at 02:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

November 24, 2006

『由美香』コレクターズ・エディション

4cfdb273.jpgまたまた告知です。

林由美香さんのフィルモグラフィーの中でも最重要作品ともいえる『由美香』が意外にも初DVD化を果たします。今観直しても全く色褪せない傑作ドキュメント。今でしたら、『水曜どうでしょう』のファンなどにも是非観て頂きたい一作です。

今回は何と平野勝之監督が10年ぶりに60時間に及ぶ素材を元に未公開シーン集を編集してくださいました。笑って泣けて、特典映像どころか短編映画の域です。林由美香のフィルモグラフィーにまた1つ素敵な作品が増えたと言えます。タイトルは『おやすみ由美香』。必見です。

更には『由美香』の2年後に製作された続編的短編『愛しのAVギャル〜林由美香編』、平野監督を追ったCSのドキュメント番組『平野勝之〜パンクドキュメンタリスト』における林由美香さんのインタビューを再構成した映像も収録されます。

音声特典では平野勝之監督、柳下毅一郎さん、小坂井徹監督によるオーディオコメンタリーが、そして封入特典では1997年公開時に発行された『自転車不倫野宿ツアー/由美香撮影日誌』を平野監督がオリジナルの日記に描いていたイラストなどで再構成したリニューアル版が入ります。

…というわけでして、皆様、宜しくお願い致します。

『由美香 -コレクターズ・エディション』
\5,040(税込)12/22(金)発売
→|ご予約はこちらからどうぞ。

yumika0627 at 11:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

いまおかしんじの『女優・林由美香』

ec8dde5d.JPG『女優・林由美香』でも大きく取り上げましたいまおかしんじ監督×林由美香さんの代表作『イボイボ』『たまもの』が12/4(月)、5(火)にポレポレ東中野でのいまおか監督特集上映の中で2本立てでレイトショー上映されます。また、12/4(月)の方はいまおかしんじ監督、出演の川瀬陽太さん、華沢レモンさん、吉岡睦雄さんによる舞台挨拶もあります。

『イボイボ』は諸事情ありまして、スクリーンでしか観れない作品なので是非この機会に。また『たまもの』は海外の映画祭でかかった英語字幕付きの綺麗なプリントでの上映になります。合わせまして宜しくお願い致します。

写真は来場者特典のバッジです。全8種類の中から手探りで選んでもらいますので、これが当たるかどうかは神のみぞ知るところですが…。

※上映に関する詳細スケジュールはこちらをどうぞ。

yumika0627 at 11:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

November 01, 2006

『週刊新潮』に掲載&動画予告編アップしました!

週刊新潮『週刊新潮』のブックレビュー(137P)にて大森望さんが「あるAV女優への巨大なラブレター」と題しまして、書評を書いてくださいました!<まだ林由美香を知らない人にこそ手に取ってほしい>と書いてくださっており嬉しい限りです。まさにそれが、作った僕たちの願いでもあります。大森様、ありがとうございます!

それから先日のロフトプラスワンでのイベントでも流しました、『女優・林由美香』@本なのに動画予告編をYouTubeにアップ致しました。是非御覧ください!

迷ってた方、これを観たらすぐamazonで!またはお近くの書店で!びしばしお求めください!そして既にお買い上げの方でここを見ている皆さん、ご自身のブログでリンクを貼ってくださると嬉しいです。何卒宜しく御願い致します!

女優 林由美香


yumika0627 at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 22, 2006

〈あなたの知らない林由美香〉レポート(その二)

1ef23004.jpg松江哲明監督製作の『女優・林由美香』オリジナル予告編(当日できたてほやほや)を経て再開した後半戦一発目は、今回の本の製作時で最も謎だった韓国産Vシネマ『東京の人妻、純子』(00)でした。ツッコミどころを解説しつつのダイジェスト版でしたがやはり異常な場面の連続に場内も湧いておりました。スキナンダロ?!オマエガヤタノカ!ジュンコチャン♪という片言の韓国人俳優相手に、由美香さんはケロッとビシッとソツなく演じており流石なのです。

続きましては柳下さんが当ブログでも書いている通りリストから抜けていた『Actress Video Magazine Gals Special No.6』のお詫び上映、それからこれまた謎のお仕事CD-ROMレンズクリーナー「清掃委員会」のクリーニング中に流れる動画映像(笑)を経て、『たまもの』のいまおかしんじ監督が登場。かつて酔っぱらった由美香さんが欲しい!と言ったとある物を夜中に盗んで届けたという青春なエピソードや『たまもの』『イボイボ』などの本人もお気に入りだった代表作についてお聞きしました。いまおか監督×林由美香の『たまもの』『イボイボ』は12/4(月)、12/5(火)にポレポレ東中野のいまおかしんじ特集にて2本立てで上映されますので是非ご覧になってみてください。

そして最後のゲスト、平野勝之監督が壇上に。駆け付けてくれた井口昇監督(かつては平野組のスタッフ、出演者として活躍していたんです)も同席し、『VIPスペシャル』『由美香の発情期 レオタードスキャンダル』などの平野監督×由美香さんの初期作品はもちろん、何と『由美香』の本邦初公開のアウトテイク上映も!北海道より戻った平野監督&由美香さんを迎えにゆく井口監督と到着直後の映像、そして夕張からお母さんに電話するシーンのノーカット版など、貴重な映像の連続に会場中が固唾を飲んで見守りました。当時26歳の等身大の由美香さんが、そこにはいました。

最後はぐるっとまわってFAプロでの遺作『仰げば尊し』(05)でしんみりと。本作は、死の直前に発売された『SEXにまみれた女の人生』(このタイトルもまた象徴的であります)に収録のメロドラマ風AVです。ラストシーンで由美香さんが唄う「仰げば尊し」は、まさに「卒業」を感じさせます。偶然にせよこういう作品が運命的なタイミングで発売されていたことに、林由美香のスター性を感じずにはいられません。

そんなわけであっという間に23時半をまわり、イベントは終了しました。
(何と、販売していた『女優 林由美香』の方も完売!)

ゲストの皆様、スタッフの皆様、そしてご来場された皆様、長い時間お付き合い頂き、本当にありがとうございました。

yumika0627 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 21, 2006

発売記念イベント、終了しました。

『女優・林由美香』発売記念イベントも無事盛況のうちに終了致しました。ゲスト及び関係者の皆様、ご来場頂いた皆様、本を購入してくれた皆様(販売分全て売り切れました!)、本当にありがとうございました。

今後もこのBLOGを中心に追加出演リストなどをアップしてゆく予定です。

引き続き宜しく御願い致します。

yumika0627 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 09, 2006

お墓参り。

06d71a20.JPGgunmo-chan本日は見事な秋晴れの中、柳下さんや執筆者の井口昇監督らと由美香さんのお墓参りに行って来ました。偶然由美香さんのお母さんと愛犬ガンモちゃん(由美香さんにそっくり)もいらっしゃいました。井口さんは由美香さんが好きだった味噌ラーメンを。柳下さんはこちらも愛飲していた白ワインを。僕は煙草を買ったんですが、生前好きだった銘柄をど忘れしてしまい、薄い記憶を頼りに買ってみたらやっぱり間違ってました。(ちなみにVIRGINIA SLIMです。皆さんも覚えてあげてくださいね)きっと天国で口をとんがらせたことでしょう。手を合わせながら銘柄間違えてごめんなさい、本が遅くなってごめんなさい、お墓参りも遅くなってごめんなさい、とにかくたくさん謝る始末でした。

今日は風がとても強かったけれど、お墓に飾らせてもらった『女優・林由美香』は何てったって382P・ハードカバー。びくともしませんでした。

そんなわけで発売は今週の木曜日に迫りました。

皆様、是非手に取ってみてください。宜しくお願い致します。

yumika0627 at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
NOW ON SALE!!!!
『女優 林由美香』
監修:柳下毅一郎/編集:直井卓俊、林田義行/洋泉社/\3800(税抜)

☆1970-2005、全力疾走女優の生涯、全記録。
☆最後のロング・インタビュー、雑誌連載コラム、200本以上のピンク映画全出演作とビデオ作品完全解説ほか収録。
☆寄稿:井口昇、いまおかしんじ、大林千茱萸、香山リカ、切通理作、しまだゆきやす、東良美季、永江朗、中野貴雄、福間健二、藤木TDC、前川麻子、m@stervision、松江哲明、松島政一ほか
Categories