June 05, 2005

コスメトロジー機〆さら人に聞けないParfum(香水)の基礎知識

こんにちは!今日は私が学校で学んだことを皆様にも少しおすそ分けします。でもその前にランキングのチェックもお忘れなく!今日の私の順位、いい感じ!?
 
今さら人に聞けないParfum(香水)の基礎知識大公開!

工場2

 

写真:「Fragonard」の香水を製造する工場。

詳しくはこちら

↑フランス語ですが、画像だけでも楽しめると思います!ぜひご覧ください。

 

 

 

 フランスと言えばParfum(パルファン:香水)!今日は香水の選び方について。

 香水売り場に行って、いろんな香りを嗅いで結局どれがいいか決めきれずに帰ってしまったという経験はないだろうか?または、雑誌の情報や、ブランド、またパッケージのデザインで選んでしまったという人も多いと思う。それでもいいと思う。だって、香水選びは本当に難しいし、基本的にどれもいい匂いだから。でも香水って、時には人を不快にさせてしまったり、付け方を間違えると逆に悪い印象を与えてしまう事だってある。私も実際、10代の頃付き合っていた彼氏に、「今日は娼婦の匂いだね」って言われたことがある。若い私にはその匂いはきつ過ぎたようだ。それ以来一度もそれをつけたことはない。また、あるときは店員さんに「何系の香りをお探しですか?」などと聞かれて、柑橘系とフローラル系くらいしか思いつかず、思わず「フローラル系で探しています。」と答えてしまった。「他に何があるんだ?!」って逆にこっちが聞きたいくらいだったが…。この質問は素人には厳しすぎる!いじわるな店員だ。

 

 さて、今日はとても奥が深くて、複雑なParfumの中から自分にあったものを見つけるための基礎知識について紹介する。香水はお店の売り場に行って、片っ端から匂いを嗅いで決めるという方法は不可能だ。なぜなら残念ながら人間の鼻はせいぜい種類の匂いしか認識できないから。香水売り場で3種類の匂いを試したらそれで終わりだ。それ以上嗅いでもどれがどういう匂いで、どれがいいか判断できない。本匂いを嗅いで、決められない時は諦めて、少し時間を置いてから出直すしかない。

 

香水の分類

賦香率という香料の調合濃度(アルコールに溶かした香料の割合)によって4種類に分かれる。

 

香水の種類(読み方)

賦香率

アルコール濃度

香りの持続時間と

特 徴

Parfum

パルファム

16〜18%

96

57時間

香りの完成度が高い

高価

Eau de parfum

オー ド パルファム

10〜12%

7080

5時間前後

パルファンより割安

Eau de toillette

オー ド トワレ

6〜8%

85

3時間

軽く柔らかな香り

Eau de cologne

オー デ コロン

3〜4%

70

12時間

軽く爽やかな香り

 

香りの系統

香調(ノート)と言う言葉を用いて、香りの中に入っている香料によって区分けされる。香りは、何百種類もの香料が複雑にまじりあっているため、厳密には分類できないが、その香りが持っている、イメージや多く使われている香料で、ノートの分類が決められる。

 

 

フランス語

英語

特  徴

Hespéridée

シトラス

ベルガモット、レモン、オレンジ、マンダリンなどの柑橘類の皮から抽出。主にオーデコロンに用いられる。男女両方に使われている。

Florale

フローラル

シングルフローラル

単一の花をイメージした香り。

フローラルブーケ

複数の花をブレンドしたり、フローラルを引き立てる為や花の香りを ベースとして、色々な香りをプラスしたフレグランス。香りの商品の中で、このタイプが 最も多く作られてい る。

Fougére

フゼア

ラベンダーがベースでオークモスや合成香料の組み合せからなる。男性用に多く使われている。

Chypre

シプレー

ベースとなっているのは、オークモス(樫の木の苔)・・・など、苔や樹木の香り。温かく、深みのある香調が特徴で、格調高い香り。

Boisée

ウッディ

白檀(サンダルウッド)、シダーウッド、ベチバー、パチュリの香木の香り。落ち着きのある渋い香調で、男性用の香りに多く使われている。

Ambrée

Oriental

オリエンタル

アンバーやムスクなどの動物性香料、白檀などの香木、パウダリー(おしろいのような甘く粉っぽい匂い)などの組み合せ。全体的にセクシーでゴージャスな香り。お香の香りのするものも多く、西洋から見た、東洋のエキゾチックで神秘的なイメージが表現されている。香水のなかでも、最も重い香調となっている。昼間よりも夜に似合う香りで、男性には、強烈な印象を与える。

Cuir

レザー

皮の香り。レザーのハードなイメージから、男性用がほとんど。

 

 

 rose2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りの変化

 

名称(フランス語)

英語

経過時間

Note de tête

トップノート

つけた直後から、10分前後までの香り。第一印象の香りで、多くは揮発性の高い、柑橘系の香り。

Note de coeur

ミドルノート

つけて10分〜30分後位から、2時間位までの香り。フローラル系は多くがこの香りに属する。香りの個性やタイプが、最も強く表れる。香りを選ぶ時には、ミドルノートの香りで判断する。

Note de fond

ラストノート

最後に消えるまでのノート。比較的揮発度の低い、動物性香料が多い。持続時間はさまざまで、香料によっては、半日以上続く香りもある。

 

香水をつける場所

こちらを参照!

 

こちらの文献(フランス語)を参考にしました!

SOCIETE FRANCAISE DES PARFUMEURS

“CLASSOFOCATION DES PARFUMS ET TERMINOLOGIE”

これまで発売された香水が全て香りの系統毎に分類されている香水のバイブル。毎年新しく発売された香水のリストを別紙でもらえる。

公式サイト(フランス語)は

こちら

工場

 

 

「Fragonard」のParfumeur(パフューマー:調香師)

パフューマーとはすなわち香水分野の香りのクリエイター。

詳しくはこちら

 

 

 

 

ランキングいかがでしたか?少しでも参考になれば幸いです。皆さんからのコメントもお待ちしています!Bonne journee!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yumimarch/24197725
この記事へのトラックバック
「オーデコロン」に関するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比...
オーデコロン【ブログで情報収集!Blog-Headline/beauty】at June 08, 2005 07:54
この記事へのコメント
参考になりました♪

基本的には、香水は付けないのですが
やはり、TPOに合わせてつけなくてはいけないこともあります。
ここでの知識を活かして、伊勢丹(新宿)のちょっとお高い店員に
対等な立場で話しをしてきます(笑)
茶化したつもりはないです。本当に勉強になりました。
ありがとうございます☆
Posted by EMY at June 06, 2005 00:03
>EMYさんへ
コメントありがとうございます。「参考になりました♪」という言葉に「書いてよかった♪」という気持ちになりました。
これからもコスメトロジーの知識を公開していくつもりですので、今度も一緒に勉強していきましょう。コスメ&エステのこと、男性の方でも知ってて損はないはずです!
Posted by MARCH at June 06, 2005 01:24