yuminのぼちぼち日記

半年間ズル休みをしていたブログですが、令和6年を迎えて気分を一新…。 なんと今年12月には私も古稀。脳トレを兼ねて、日々の更新を頑張ろうかなと、 淡い希望を…。 自己中なブログですが、もうしばらくお付き合いください。

武庫川桜サイクリング(4/14)

「桜の花の下を自転車で走ってみたい」
地元の桜は落花盛んで、葉っぱが出始めた。
それはそれで好きなんだけど…
俳句の世界では「 桜若葉」という美しい季語があるとか。
武庫川の上流に行けば、まだ見頃の桜が見られるかも。
乗用車に愛車2台を「オッコラショ」と積み込んで…
半年ぶりのサイクリング、ワクワク。
IMG_8348
途中、道の駅向かいにある「Cafe manna」で朝食。
IMG_8331
アーモンドトーストのモーニングセット。
バリスタが入れたコーヒーは香り高く美味しい。
IMG_8333
JR広野駅に車を停めて、バイクに乗り換え。
予想通り、桜はまだ美しかった。
09c2c1be-s
武庫川沿いを北上するにつれ、車も人も見当たらない。
のんびりサイクリングを楽しむには、もってこいの道。
IMG_8338
「白い絵本」でランチタイム。
三田から篠山への道中にあるログハウスのレストラン。
何度か訪れている店で、一度クリスマスの時に来たら、
生演奏を聴きながら、クリスマスディナーをいただいた。
IMG_8336
「チーズカレードリア」 
ちょっと雑な感じ… 味はそれなりだけど。

腹ごしらえのあと、ライド再開。
道に迷ったり、長い坂道があったり…
当初予定していた距離の20キロを過ぎて、
夫に「話が違うやん」と詰め寄った。
無事スタート地点に戻って来れたときは、
ちょっとほっとした。
IMG_8346IMG_8347
なんと30キロ超えだった。
帰途にある立ち寄り湯で疲れを癒した。
今日は青空が美しいサイクリング日和だった。
ちと疲れたが、気持ち良い汗をかくことができた。

桜満開

2月の気象庁の発表では、今年の桜の開花が早くなると言っていたのに
3月が冷え込んだせいで、開花が例年より遅れた。
桜舞う中を走れると、楽しみにしていた四万十川桜マラソンは
桜はほとんど咲いていなかったし。
わが町の桜も当初の予想より、開花が1週間ほど遅れた。
わざわざ1週間早めて開催された地元の桜まつりでは、ほとんど咲いていなかった。
でもたくさん店が出て、盛り上がってはいたらしい。
桜が満開近くなった土曜日と日曜日、2日続けて、
走ろう会恒例の「お花見ラン」が行なわれた。連チャンの参加者は4名。
IMG_8308
出発前、平木谷公園の桜の前で。
IMG_8309IMG_8301
土曜日に通ったときより、開花が進んでいた。
「い〜なさくら通り」をゆっくり、進んだ後(ほぼ歩きペース)、
石道の小和田邸に向かった。
小和田邸のエイドステーションで、給水、給食のおもてなしを受け、
今年の「花見ラン」も無事終了。いつもながら、E子さん、ありがとう。

IMG_8307
そして、同日の夕方4時すぎに訪れると、ほぼ満開となった。
IMG_8305
遊歩道で、買ったお弁当と持参した缶ビールで、ミニ花見会。
今年から提灯やライトアップがなくなり、お祭りの雰囲気はなくなったが、
桜の花だけのすっきりした感じにはなった。
片手ビールで行き交う人や車を眺めていると、夫の知人が通ったり、
猪名川町長さんが通ったり…   しばし歓談の輪の中に。
お花見を満喫した2日間だった。

大阪城リレーマラソン2024

遅ればせながら、3月17日に開催された大阪城リレーマラソンの報告です。
IMG_8257

この大会コロナで中止が続き5年ぶりに開催された。
現場に着くと、いつも走ろう会が会期を掲げていた待機場所が
立ち入り禁止となり、別の場所に選手の待機場所が設けられていた。
写真は開会式の様子。真ん中の二人の左が福士加代子さん、右が森脇健児さん。
oosaka
走ろう会からは、8歳から85歳までの老若男女11名が参加。
大和走ろう会Aの男性チームと大和走ろう会Bの女性チームで編成。
最年少のM君、パパと先頭スタート。2キロを9分台でたすきをつなぐ力走。
Sファミリー、Kファミリーの若手の活躍、それに刺激を受けた
我ら高齢ランナーも、普段より速いタイムでたすきをつないだ。
そして全員の力が実を結び、大和走ろう会Aが1時間50分21秒、
大和走ろう会Bが1時間43分11秒で完走した。
hasirouahasiroub

IMG_8285

皆さん、お疲れさま〜。

四万十川桜マラソン

3月24日、四万十川桜マラソン大会当日の朝。
前日から泊まっている高知駅前のビジネスホテルで目覚めた。
窓の外を見ると、案の定、激しい雨。
予想通りとはいえ、テンションが下がる。
高知市内から大会会場までの所要時間を短く計算していたので、
このままでは受付の締め切り時間を過ぎてしまうかも…と
夫が高速道路をぶっ飛ばして(笑)、なんとか間に合った。
ちなみに夫も申し込んでいたが、持病の腰痛が良くならず、DNS(欠場)
simanto
開始前のスタートゲート。
大急ぎで荷物を預けたあと、外にいると濡れるので、開会式をしている体育館へ。
8a6dbbf54b9fdca08c3516829f0718414c4333b8
9時号砲(写真は高知新聞より拝借)
ほとんどの人が雨よけのレインコートやビニールを羽織っていた。
スタート直後、友人のakiさんが前を走っていたので、声をかけた。
スタート前の会場ではお互いの電話が入れ違いで、
結局会えなかったが、ここで会えて、嬉しい。
5キロほど走ったとき、着ているレインコートが暑く感じ、
脱ぐタイミングを見計らっていたが、雨が結構激しかったので、
結局、最後まで着ていた。レインコートのおかげで体が冷えず、正解だった。
夫が車で移動して(道路は片側通行)あちこちに出没いえ、応援。
それにしてもこの雨の中、地元の人の応援が多い。
沿道で傘を差して応援してくれたり、
自宅の2階から、手を振って声援を贈ってくれたり、頭が下がります。
o1080081015417038099
このマラソン大会の醍醐味、沈下橋を走行。
さて、30キロまでは調子が良かったが、
やはりマラソンは30キロ過ぎてからとの言葉どおり、
足に疲れがやってきた。
33キロ付近の2キロほど続く登りの後、足が痙りだした。
すぐに持っていたコムレケア(足の痙攣防止薬)を服用。
その後、沿道にいた夫から声援。「あと6キロ頑張れ」
すでに失速していたが、とにかく最後まで歩かず、頑張ろうと。
四万十川桜マラソン1
フィニッシュ。
1人ずつ、ゴールテープを用意してくれた。
タイムは、4時間43分43秒。
IMG_8283 (002)
前回の富山フルの4時間52分を超えたので、満足。
それにしても、今までフルを何回も走っているが、
最初から最後まで、ずっと雨が降っていた大会は初めて。
おかげで、足にマメができて潰れたよ。
ゴール後、何度も足が痙って痛かったが、
完走した安堵感からか、その痛みが頑張った勲章のように感じた。

終わって、宿に移動中、友人のakiさんから電話。
6時間の制限時間に間に合ってゴールできたそう。
しかも70歳代の2位に入賞したとか。
お見事! あっぱれ!
akiさんは以前、この大会に出場して、40キロ過ぎの関門閉鎖で失格。
今回見事にリベンジ。それも10年ぶりの大会で、素晴らしい。
表彰されているところ、見たかったなあ。
私も来年70歳代の仲間入りだけど、でもこの大会を最後に
フルは卒業と思っているし。もう十分、頑張ったし。
これからは短い距離を中心に大会出場は続けたいと思っている。
IMG_8276
参加賞のかずかず。これ以外に食事券も。
IMG_8280
このエコバッグに参加賞が入っていた。



3月のマラソン大会に向けて

今年度のマラソン大会エントリーは、
個人では10月の「フードバレイとかちマラソン」のハーフと
3月の「四万十川桜マラソン」のフル。
リレーでは10月の「ダートランそのだけいば」と3月の「大阪城リレーマラソン」。
偶然にも同じ月の開催。
その5年ぶりに出場する大阪城リレーマラソンまで1週間となった。

IMG_8246
4年間はコロナのため開催が中止だった。
今年は11名でエントリー。
ずっと40キロに参戦していたが、年齢や走力を考えて、今年は20キロ。
参加者は15歳から85歳。70歳の年齢差、ある意味すごい。
男女別のチームを編成。結果はいかに…。

さて今月のもう一つのエントリーの四万十川桜マラソンまで、残り2週間。
昨日、最後の長距離走を決行。
朝練の場所まで4.7卅って、朝練で8.辧
その後、宝塚の宝乃湯まで、寄り道して、17.4辧
合わせて30.1辧Aった〜。
IMG_8247

無事に終わるかなと思っていたのに、
宝乃湯まで、もう少しというところでアクシデント。
最近はバランスボールのおかげで体幹が鍛えられ、
転けなくなったのを自負していたのに、やってもうた。
通行止めの歩道で、横から通ろうとして、
何かに足を引っ掛けた。
そのとき、ほぼ歩きだったので、それほど衝撃はなかったが、
それでも、しばらくは痛みで起き上がれなかった。
完走後の入湯時、両膝を擦りむいて血が馴染んでいたので、
洗った後、内風呂に入るのがやっとだった。
でも今まで何回も転倒しているが、ケガはその中ではマシなほう。
車で迎えに来てくれた夫とは食事処で、🍺で乾杯。
とりあえず、30卅、こなせて良かった。

大阪城公園梅林歩きとランチ

2月の道しるべの行き先は…  大阪城公園。
このところハイキングの会というよりも
ちょこっと街歩きして、美味しいものを食べるのが
メインになってきてしもた…。
3月のリレーマラソンの下見も兼ねてと言えば、
聞こえもいいか。
IMG_8221
さて、ひさびさに眺める大阪城。
前回見たのは確か大阪マラソンのときだから5年ぶり。
IMG_8223
大阪城公園の敷地内にある大阪城梅林。
自分の記憶の中では初めての筈なんだけど、
ひょっとしたら子どものころ親に連れられて来ているかも。
遅咲きの梅が咲いているとかで、見物の人もそれなりに多かった。
ume
可愛い〜
IMG_8230
ピーンと空に向かって真っ直ぐに伸びる枝振りが美しいです。
ほのかに花の香りが辺り一面漂っていて、癒やされる。
IMG_8233
久々にお城の中を見学したかったが…
実は今日は公園に来る前に、駅近にしゃれた店を見つけて、
早速ランチの席を予約をしてきているので、時間がなかった。
ほんまに花より団子やね。 
お堀の上から下を眺めていたら、ある珍しい一画を発見。
P12303451
下に降りて、行ってみると…
「豊臣秀頼 淀君の自刃の碑」
大阪夏の陣で徳川家に追い詰められた秀頼とその母が、
ここで自害したとのこと。合掌…
去年まで見ていた大河ドラマ「どうする家康」の映像がよみがえった。

32479121
ランチは「NATURA」というピザパイ専門店。
IMG_8235
サラダとスープ。どちらも野菜がたっぷり。
IMG_8236
ピザパイは3種類別々に頼んで、3人でシェアした。
ここのピザ生地はパイ生地で出来ているので、
バターたっぷりのカリカリサクサクで美味しい。
量が多めだったけれど、完食した。
近くにこの店ないかな。また来たい。
今日は軽めのウォーキングだったけれど、お腹は重め。
暖かくなれば、重めのハイキングにでかけよう。

ちょっと贅沢な…

旦那様のおごりで、1泊2日の丹後カニ旅が実現。
昨年秋からのアルバイトのおかげで、
私も恩恵を受けた…  アハッ 
IMG_8190
昼食は篠山に向かう途中にある「Kuwa Monpe(クワモンペ)」で。
ひさびさに行くと、池の畔に緑色の扉が出現していた。
インスタ映え用?
IMG_8191
〜平日限定ランチ〜 ( ピザ+サラダorスープ+飲み物 1,815円)
石窯焼きのピザはカリカリふっくら。あっさり系のピザが好みなのだ。
飲み物は生姜たっぷりのジンジャエールがおすすめ。

「道の駅てんきてんき丹後」の近くにある奇岩を見物。
IMG_8193
「屏風岩」
高さ13m。1500万年ほど前の噴火のマグマが固まってできた岩。
海面からそそり立つ様が屏風に見えるところから名付けられた。
IMG_8197
「立岩」
高さ20mある巨大な1枚岩。
波の高い夜には鬼の泣き声が聞こえるらしい。ちょっと聞いてみたい。
325780a2a2115dbd8ce6599eeccca0c8
「立岩」と「てんきてんき橋」のコラボ。
橋は木造で、工事中のため通行止めだった。
IMG_8198
宿前のビーチからの景色
IMG_8204
さて、待ちに待った夕食。
ちょっと張り込んで(夫が…)「間人カニ付きのカニ料理コース」
IMG_8206IMG_8205
塩味の聞いたロシア産ガニと比べて、ブランドガニはあっさり系。
カニ本来の味が味わえた。 お刺身から雑炊まで、至福のひとときだった。
旦那さんに感謝。

翌日、牡蠣を求めて「道の駅くみはまサンサイカン」に立ち寄り。
1パック(15個程)1,000円 の大きめの牡蠣をゲット。
8063356cffd059d36e92dedac3ff2e06b8d2441ddb16a337636687f96b862ef4

帰り道「滝の千年ツバキ公園」の看板を見つけて寄ることに。
IMG_8207
車を止めて、川沿いの上り道を歩くこと1.5キロ。 ああしんど。

IMG_8209
樹齢1000年を超える国内最古級のヤブツバキ。
「あれ、咲いていない…」
説明書きを読むと、見頃は3月下旬から4月上旬。
ツバキだから、今が見頃だと思って頑張って歩いたのに…
でも国内最古級の樹を見ることができたから、まっいいか。
Archives