2016年02月17日

久々の更新です。

今、ホームページとブログを持っていますが、
ホームページを取りやめることにしました。
理由は、活用しきれていないから、です…。

これからはブログでコンサートのお知らせなどもしていこうかと思います。

去年は怒涛のブログ更新を経て、
その後パタリとやめ、
それからは体調が優れなかったりで
なかなか更新する気力もなく
今に至ります…。

たまにのぞきに来てくださってる方、
更新がないにも関わらず、
いつもありがとうございます。
またボチボチ更新します〜。

yumurakami624 at 10:11コメント(3)トラックバック(0) 

2015年04月26日

今回の府議選、市長選、市議選に
ものすごく興味があります。

恥ずかしながら
今までは政治にあまり興味がなく、
選挙も面倒でした。

今回は応援したいなーという人が
立候補してなかったり、
よく見ると同級生が立候補していて
たまげたり、
市長も長年の馬場市長から交代したり、と
これからどうなるんだろう、と
興味津々です。

いざ選挙活動を見ていると
名前ばかり繰り返して
一体この人はどんな政策がしたいんだろうと
疑問に思うこともあります。
名前を知ってもらうことは大事なんだけど…。

そして、ふと思ったのが、
みなさんそもそも何故政治家になりたいんだろう、ということです。
お金?…にしてはすごい賭けだし、
選挙にお金がかかるし
任期だって四年だし。
権利欲、名誉欲、承認欲求というのを
聞いたことがありますが、
当選したらどこまで満たされるものなんでしょうか。
まぁいずれにしても
そんな本当のところなんて
誰も口にしないので
聞いてみたかったりします。
こんなことを思う私が
腹黒いだけなんでしょうか。
誰か、「大阪府を、寝屋川市を
よくしたいんだ!」と
純粋に思ってくれている人がいることを
願います。

さて、投票に行ってきますかね。



yumurakami624 at 07:10コメント(2)トラックバック(0) 
感じたこと 

2015年04月20日

一昨日の本番では、
ルミエールホール小ホールで
ベーゼンドルファーを弾きました。

通常よりは鍵盤の数が多いものです。
普通は一番低い音はラですが、
それより更にいくつか鍵盤がついています。(今回は3鍵)

今回はすごい低音を弾くことはなかっので、
気にしていなかったのですが、
誤算がありました。

鍵盤の真ん中が微妙にずれる!

通常は88鍵で、
真ん中はミとファの間です。
私はいつもそこにおへそがくるように、
つまり、自分の体をピアノの鍵盤の真ん中に
持ってくるように座ります。
そうすることで、どのくらい手を伸ばせば
どこの鍵盤に来るかが
いつも一緒になります。

ただ、今回は3鍵多いので、
いつものミとファの間に
体の真ん中を持ってくると、
譜面はちょっと左に、
ペダルもちょっと左に来ます。

気持ち悪い!

どうしようか迷いましたが、
鍵盤の真ん中を優先しました。

ビラ〜ッと広げた楽譜が
譜面立ての右にはみ出る…。
ベーゼンドルファーの譜面立ては、
他のピアノより狭かったです。

風が吹かなくて良かった…

yumurakami624 at 06:59コメント(0)トラックバック(0) 
コンサート 

2015年04月19日

昨日は声楽発表会での伴奏でした。

3人のソロと合唱団の伴奏です。

出番が何回かあると
舞台に慣れるので、
変な緊張がなくなり、嬉しいです。

いやぁ、伴奏者としての使命を
改めて感じた1日でした。

テンポ、音量、タイミング、音楽…。

みなさん、音楽を自由に表現されたり、
声にものすごく開放感があったり、
本番が一番良かったのではないでしょうか。

たくさん勉強させていただきました。
楽しい本番でした。
ありがとうございます!

yumurakami624 at 06:42コメント(0)トラックバック(0) 
コンサート 

2015年04月10日

社会人が「大学で何を学んできたんだ」
と怒られることがありますが、
大学では「高校では何を学んできた?」
と言われ、
そうやって全て遡っていくんだと
思います。

行き着く先は、
幼稚園や保育園では「家庭では?」
となると思います。

学校で学べることは多いけれど、
そもそもの基礎は家庭、
しかも母親が大きな役割があるんだなと
最近になって強く思います。
(賢いお母さん達はそんなこと
とっくに知ってそうですが。)

父親もいたとしても、
大きな影響を与えるのは
母親なんでしょう…。

責任重大です。

わが子には何かを無理矢理させるつもりは
ありませんが、
持っている可能性を十分に伸ばしてあげられたらいいなと
思っています。

私はもともと人に何かを教えるのが
すごく好きですが、
息子に対しても
赤ちゃんの身の回りのお世話だけでは
なくなってきた最近が
やたらと楽しいので、
きっと教育ママなんでしょう。
息子と相性が良いことを願います…。

yumurakami624 at 10:43コメント(2)トラックバック(0) 
子育て 

2015年04月05日

石川県に旅行に行った時に、
旅館に泊まりました。

窓際にカメムシが休憩していて、
その場から動かないことを願っていましたが、
ご飯を食べ終わった時に
ついに始動。

電気のところにブイ〜ンと
飛んできました。

下手に捕まえようとすると
ニオイが残るので、
フロントに電話してみました。

すぐに係の方が来てくれました。
スプレーを片手に。
その名も
「カメムシコロリ」。

シュッとひと吹きで
ほんとにコロ〜ンと落ちました。

大阪でもカメムシはいますが、
そこまでの日常ではないので、
そんなものの存在さえ知りませんでした。
何でもあるんですねぇ。

穏やかに一晩を過ごせました。

yumurakami624 at 20:17コメント(0)トラックバック(0) 

2015年04月04日

年を取ったんでしょう。

今、歌曲の伴奏をしていますが、
楽しくて仕方がないです。

大学生の頃は
「なんで1拍がそんなに長いの!?
どうやって合わせるの!?」
と真面目な性格で挑んでたものです。

レチタティーヴォと来た日にゃ!
自分を捨てる覚悟ですな。

それが、今は歌い手との呼吸を合わせたり
合わせすぎなかったり、
音楽のかけ引きも純粋に楽しいです。

かのレチタティーヴォは
オーケストラ気分です。

これは、技術とか経験とかよりも
年齢だな、となんとなく思うのです。
まぁ、大学生の倍も生きてれば
人生の身のこなし方も
音楽に影響するのでしょう…。

今くらいの適当さで
大学生を過ごしたらまた変わってたんでしょうねぇ。


yumurakami624 at 20:49コメント(2)トラックバック(0) 
伴奏 

2015年04月03日

先日、家族で石川県小松市に
行ってきました。

小松市は、小松製作所の発足地。
「コマツの杜」という
機械の展示などがある施設があり、
ショベルカー好きの息子のために
行きました。

他に、
日本自動車博物館や
航空プラザ
なかよし鉄道
にも行きました。

女のおかーさんには
ちとつまんないけど、
息子が楽しいなら!
(日本自動車博物館は良かったです。
ダイアナ妃が乗った車や、
昔のカッコいい車をたくさん見ました。)

いやぁ、乗り物を堪能しました。

帰りには地元に戻ってから
お好み焼き屋さんに寄って帰りました。

家に帰り、私の母が息子に
「どこに行ってきたのー?」
と聞くと、
息子は
「おうどんチュルチュルたべてきた」

…最後のお好み焼き屋さんの焼きそばやん!

いいのだよ、息子よ。

yumurakami624 at 07:55コメント(0)トラックバック(0) 
子育て 

2015年03月24日


息子がついに
プラレールデビューをしました。

少し前までは
プラレールは与えないつもりだったのですが…。

息子に与えるオモチャは
悩みます。

親として、絶対に与えたいものは
積み木、ブロックなど、
想像と創造ができるもの。

あとは私の趣味と息子の好みで
ぬいぐるみとキッチンセット、
木琴。

ここまではいいのですが、
男の子の好きなオモチャの代表の
トミカとプラレールは
迷いました。

既に出来上がっているものを
どこまで与えるのか。

ブロックを電車に見立てて遊ぶ方が
成長にいいのではないか、と
考えたりするのです。

ただ、息子にはまだそれが難しく、
積み木も重ねるのがやっと。

私は考えすぎか?
と思っていると、
同じことで悩んでいた先輩を発見。
安心しました。

トミカはまだ自分で走らせたりできるし、
一つが小さいので、
なんだかんだで
早いうちから遊ばせましたが、
プラレールは場所も取るし、
一つ買うと芋づる式に買わなければ遊べないし、
動くのを見てるだけになったりしないか?
と心配して
しばらく与えませんでした。

でも、プラレールも
自分で線路を組み立て、
「つなげる」
「通す」
「並べる」
という大事な動作が入っていて、
男の子の集中力を養うのには
いいのかな、と思い、
第1個目を買い、
そしてやはり芋づる式に買うハメに…。

遊ばせてみて思ったのは、
プラレールでも
いろいろ想像しながら遊んでいて
(人の乗り降りや、電車のすれ違いなど)、
成長も助けているな、ということでした。
そして、プラレールで遊ぶことで、
他のものでも
電車を具体的に思い浮かべて
遊ぶことができるようになったと
思います。

電池も、今はスイッチを入れずに
遊んでいます。

なんかいいことづくしのようで、
タカラトミーにしてやられた感が
ありますが(笑)、
息子もハッピーなので
良しとしますか。

親は悩むんですね。


yumurakami624 at 20:44コメント(2)トラックバック(0) 
子育て 

2015年03月14日

2月、3月と、
譜読みに追われております。

伴奏の新しい楽譜をいただくと、
まず製本から始まります。

私は、音符を引き飛ばさずに
全部の音符を弾きたいので
(作曲家の意図をできるだけ
再現したいです。)、
どちらかの手が空く時に
めくれるようにします。

譜面台の幅にも制限があるので、
なかなか難しいです。

切って貼って、
たまには書き写したり。

私の必需品
image
左の紙テープはオススメです!
つなぎ合わせるのに貼っても、紙なのでちゃんと折り目でキレイに折れます。


yumurakami624 at 07:25コメント(2)トラックバック(0) 
合唱 
スポンサードリンク
プロフィール

ゆう