May 14, 2012

Perth to Broome day8 (12/12/2011)

夜ベッドにアリがめっちゃいて
アリが体をめちゃ張るし、じんましんでかゆいしで全然寝付けず・・・

マリアのベッドにもめっちゃアリがいたみたいで
たまらんかった。って言うてた。
朝起きたらマリアが違うベッドで寝てたわ。

そして全く寒くなく寝袋にも入らず。
朝方になって太陽が昇ってテントの中に陽が差し込んできて
日焼け防止の為に寝袋に入った。って感じ。

DSC07257


寝苦しい夜やったけどオーストラリアの大自然の中で見る
朝の景色は相変わらず素晴らしいものでした。

この日の朝ごはんもまたヨシ◎

ガイドのポールが食パンに丸く穴を開けて
鉄板の上で焼き、その穴に卵を落とす。

うん、いい!
シャレてる!
DSC07259


できあがりがコチラ〜☆
withベーコンです。
DSC07260


出発までの時間にコーヒーを飲むボブと乾杯☆
DSC07262


昨日と同じく8時に出発。
バスはノロノロとカリジニ内を走る。

最初の目的地のカリミナジョージへ向かう。

一休みの最中に写真を撮ってみる。
DSC07275


足場が悪い!
しかし昨日よりマシ!
DSC07276


これ見て。
DSC07282

何か分かる?
点々って見えるの全部ハエやで。

オーストラリアにはハエがめっちゃ多い!
って何度もここ(BLOG)でも書いてるけど
ほんまわらけるくらい多いから。笑

特に黒っぽい服の人によくとまる。

マリアだよん。
外人はタンクトップ、短パン、スニーカー、グラサンって姿がお決まり。
このツアー参加中1回マネしてそんな格好してみたけど
めっちゃ似合ってなかって後悔した。
DSC07283


カリミナジョージは、水が流れてたりで
他の渓谷とは一味違った雰囲気やねん。

ボブのお気に入りの場所や
って言うてた。
すっごい分かる気がする。
休憩中とか、景色はもちろんのこと、
水の流れる音に癒される。

カリミナジョージ満喫後、カリジニ国立公園のビジターセンターへ行く。
かなりスタイリッシュ。
DSC07287


暑すぎてファンタオレンジ一気飲み。

そこからちょろっと移動してランチタイム。
DSC07297


今日はサンドイッチじゃなくてラップやった。
昨日の残りのクスクスもある。

それにしてもいい天気だな〜

これ何か分かる?
DSC07291


小さいものから大きいものまで。
大きいものだと2mとか余裕である。

実はこれ蟻塚。これも2mくらいある大きさ。
オーストラリアのある地域ではよく見ることが出来る。
ウルルの方でもちょいちょい見た。
この西オーストラリアでも結構見たかな。

午後は3つのウォーターホールに行くという。
さぁ、がんばろ!

トレーニング中のポールが
とある植物についてみんなに説明してるところ。
DSC07300


実はポール、この西オーストラリアのツアーガイドになる前は
ウルルのツアーガイドをしてたらしい。

ダッフィーともトモダチやねんて!
どんどん新しいところのガイドに挑戦したいんやろな〜☆
ガイドの仕事が好きなんだな、きっと♪

フィリップはハエ除けネットを結構な確率で装着している。
なんだか怖い。笑
DSC07303


私もウルルツアー前にハエ除けネット購入したけど
1回も使うことなかったわ。

急な岩場ははしごをつたって降りる。
DSC07307


なんとなくポールを撮る。
サングラスかけて、この帽子かぶってるポールの姿がかっこよくて好きだったので。
DSC07318


さぁさぁ!ウォーターホールに泳ぎいこか〜!
このマークのあるところからずっと下へと下りて行く。
DSC07306


岩の断面がグラデーションに。
自然ってほんとすごい。
DSC07321


こちらドイツ人のベティーとフランス人のコラリ。
マリアとエミリーの次によう喋る。
カリジニでも同じテントやし、いつも一緒にスキッポもする☆
DSC07322


これね、こーやって岩にマークをつけてんねん。
道なき道を行くから目印がないとまじで迷子になっちゃうから。
目的地別で色も違う。
サーキュラキーってプールを目指してるところ。
黄色い目印を頼りに進みます。
DSC07330


きた!

DSC07335


と、ここでマリアンヌおばさんが転ぶ。
足を負傷。
この状態では先へ行くのは無理っぽいと判断したボブが、
マリアンヌおばさんと引き返す。

そしてトレーニング中のポールが先頭を歩く。

が、見事に迷子!
ポールもカリジニ初めてやったからな。
それで道なき道を行くねんから迷ってもしゃーないんやわ。

16時にフォーテスキュープールで集合ってボブとの約束やってんけど
迷子になったため16時には着けず・・・
やっと着いた時にはボブとマリアンヌおばさんが
私たちをまだかまだかと待っていた。

別ルートで来たくさい。
そしてそこから5〜10分のところに現れたのが本日のメイン!
ファーンプール!!!!
暑すぎて泳ぐ!
DSC07343


魚もいっぱいおる!
DSC07356


かなり広くて、50mくらい泳がないと足の届くところへ行けない。
ハードなトレッキングをしてからの50mはなかなかキツかった。汗
DSC07345


しかし気持ちよかった☆

17時、バスへ戻る。
ずっと下りてきたからバスのある場所まではずっと上り。
しんどい。笑

へとへとのはずやけど、そんな言うほど疲れてないのも不思議。
オーストラリアのパワーだ!

この色合い、
青い空と白い雲、そしてオーストラリアの赤土。

見飽きたようで見飽きない。
めちゃキレイわ〜
DSC07362


バスに乗り込み、カリジニのレセプションへ行き
MILOのアイスを買う。
う、、、うまい。
やっぱアイスうま!

めっちゃ高いけど自分へのご褒美ってノリでアイスを買う!
お疲れ自分!

シャワーを浴びて真っ暗の中dinnerができるのを待つ。

みんな真っ暗の中で書いたり読んだりするのにも慣れっこやわ。
DSC07368


この日のDdinnerはグリーンカレー♪
タイ料理大好き!

めちゃテンション上がってんけどめっちゃ辛かった!笑
みんな砂糖かけて食べたってオチ。笑
DSC07375



yun_27702 at 13:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 10, 2012

Perth to Broome day7 (11/12/2011)

@7:00 今日の朝ごはんはなんと、、、

パンケーーーーキ!!!!
ボブが焼いてくれたー♪

ボトルにパンケーキの粉が入ってて
水かミルクか分からんけど、注いで振って出来たのを焼くだけ。

パンケーキ大好きっ☆

DSC07192


8:00にバスに乗り込み、
広大なカリジニ国立公園内を20〜30分ノロノロ走行。

ハンコックジョージと呼ばれるポイントへ。
DSC07201

ハンコックジョージの説明が書かれた看板前で説明をするボブ。
「スパイダーウォークをする」という。
はて?スパイダーウォーク??

このカリジニ国立公園のトレッキングは
「仮死」って呼ばれてるくらいハードなトレッキングらしい。

だからさ、「私大丈夫かな・・・」ってこのツアーに参加する前から心配やってん。
けど、ガイドのボブなんて結構なお年やん?

ツアー1日目にボブに「カリジニってハードなんでしょ?」て聞いたら
「わたしでもいけるから大丈夫!」って言われて
すごく安心&ボブのやさしさに感動しててん。

DSC07209

トレッキング始まった。
普通に水の中歩くやん。笑

こんな腰まで水につかっちゃうようなとこも水着でどんどん入るで〜い
DSC07213

そう、これ!
ハエ除けネット!
彼が装着してるのは帽子とハエ除けネットの一体型。
これだとお値段もちょと張る。

この帽子を被ってるのは
一人参加のフィリップっていうイギリス人の中年男性やねん。

ネットをちゃんとしまってないからな、
こんな恥ずかしい感じになってる。
私やったら絶対ちゃんとしまう!
てか、この帽子選ばん!!!
DSC07217


で、お昼ね。
サラダね。
サラダ好きやから毎日でもうれしい。
DSC07219


ランチ後、またトレッキングスタート☆
水位の深いとこは水の中を歩けないので
壁にしがみつきながら進むや〜ん。
スリル!

ほんまボブはすごい!
うちのお父さんと同じ年くらいやろうけど
うちのお父さん絶対こんな体力ない!!

DSC07222


そんなんだったり高い岩と岩の間を進んだり。
ステキ!
こーいう岩に挟まれた狭い道をスパイダーウォークで進むってことやった。

DSC07225


そこを歩いて進んでいくと突然現れたプール!!!
DSC07227

キレイ!
神秘的!

DSC07244

そこで泳ぐってこと☆
暑いからめちゃ気持ちいねん☆☆
ほんっまに気持ちよかった!

この旅の為にパノラマ機能付カメラを買ったからには
パノラマ撮らねばっ。
縦にパノラマってみる◎

プールからの〜、、、空!
DSC07253


上に目を向ければ
高い岩と岩の間から見える空。
DSC07247


水面にはきれいに空が写ってる。
DSC07251


ずっと水の中でいる人もいれば
水には入らず岩の上でボーっとしたりする人もいる。

私は最初泳いでから
しばらく岩に寝転がってボーっとしてた。

この日は3つの渓谷と2つのウォーターホールを回った。
ハンコックジョージ→ワエノジョージ→ジョフリージョージ

昨日マリアとエミリーに話してちょっと吹っ切れた気がせんでもない。

dinnerは魚(バラマンディ)のホイル焼き!とクスクス!
日本人としてとてもうれしい!
外人も魚好きは結構いるけど、やっぱり肉のほうが好きって人が多い。

私は断然魚ですが。
しかもバラマンディはなかなかいい魚なのだ☆
DSC07255


日本食が恋しくなりまくる海外生活。

ご飯が出来るの待ってる時に日記を書いてたんやけど
みんな日本語に興味津々でね、
ひらがな、カタナカ、漢字って膨大な数の字を覚えないといけない
ってことにめっちゃ驚いてた。

みんなだいたいアルファベットの26文字くらいやからってさ。

で、みんな「日本語で私の名前かいて!」って言うてきて
ひらがなとカタカナで書いてあげたら喜んでた。


この日マリアが短いけどめっちゃラブリーな手紙をくれた!
(※イギリス英語圏の人らはよく「ラブリー」って言葉を使う)

「yuko you are very nice&funny! promise you never feel lonely! Add me on Facebook and you can write to me:Maria Edn」
YUKOは楽しくてめっちゃいい子!
YUKOがもう孤独にならないって約束する!facebookの友達になろう」
みたいな手紙。

ほんまにいい子すぎてヤバい。涙

朝エミリーと喋ったときもウルっときた。

で、思ったのが
このツアーに参加してほんまによかった!
ってこと。

今日カリジニ内で日本人男女4人組がレンタカーでラウンド中みたいで
カリジニに来てたのを見てん。
「楽しいんやろーなー」なんて心の中で思ったりもした。

みんなから「あれ日本人??あいさつしなよ〜!」
って言われて日本語で「こんにちは〜」って言ってみたが。
微妙・・・苦笑
アメリカ人のロウも「コンニチハ〜」って言うてた。

残りの3日間でまた辛いって思うこともあるかもしらんけど
こんな経験もうこの先できないし絶対いい思い出になる!
って思ったから。
よし、残りの3日楽しもう!
と思ったのです。


yun_27702 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 07, 2012

Perth to Broome day6 (10/12/2011)

朝起きて外に出たらサンライズがキレイたっだ。
ちょっとだけ心が救われる。
DSC07157


6時に朝食。
7時出発。

その前にマリン、あんな、ブランドンとお別れの時を迎えた。

また泣きそうになった。

今日は移動がメイン。
680キロ(東京ー岡山間とほぼ同じ距離)の大移動。

だから特段何も見ず。

途中のストップで
これぞ外国!って感じの大きなトラックを見たり
DSC07159


中古の車でラウンド中の
メンズたち(男前フランス人3人組)がいたり
DSC07163


バスの調子が悪い。
物資調達!ってことでボブたちが
そこらへんのフェンスの針金をくすねたり。笑
DSC07165


そんな感じでこの日はほぼずっとバスの中。
これ車中の風景。
DSC07167


バスの中では銀杏とゴイステのしっとり系ばっかを聴く。
ホームシック時、くるりの次に聴くのが銀杏とゴイステのしっとり系
ってお決まりのパターン。

隣のマリアンヌおばさんがめっちゃうざい。
心が病んでいるから余計にうざく感じる。
心の病もいよいよ末期。。。

途中のストップの時に見たまっすぐな道路。
DSC07170


と、何か。
なんとなく気に入ったから撮ってみた。
DSC07174


ほんま何もないところでのランチタイム。
一応キャンプサイトがあるとこらしいが、ほんまに何もない。
最強にくっさいぼっとん便所があったくらい。

そしてその場所にあった木の上に何やら黄色い物体が…
DSC07177


よく見るとプーさんだった。
厳密に言うとプーさんに似た黄色い熊のぬいぐるみ。

そしてその木には
“WARNING  DROP BEARS IN THIS AREA”
「注意 このエリアではくまが落ちてきます」
って書いてあった。
ちゃめっけたっぷりのイタズラやった。
DSC07178


ランチを食べ、またひたすらバスは走る。

見たものと言えばトムプライスって場所でデカ過ぎるトラクターくらい。
ほんまにデカかった。
タイヤだけで4〜5mくらいありそうやったな。
そしてそのタイヤがヨコハマタイヤだったからちょっとうれしかった。

カリジニ国立公園着。@17:30

DSC07189

夕日がきれいだった。

昨日から寂しさと、英語環境にいる疲れがどっと出てる感じ。
精神的にきついです。

マリアとエミリーが私の様子に気付いてくれて
How do you feel?(気分はどう?)
って聞いてきてくれたり
マリア、エミリー、コラリ、ベティが
YUKOは私らと同じテントね!
って言うてきてくれたり
テントの中にあった4つの2段ベッドで
みんな下の段を取っててんけど
マリアが「YUKOは小さいから下の段使いな!」
って下を譲ってくれた。
そしたらみんな「私も上を使うわ!」
ってみんながみんな上に移動して
なんや下の段使うの私だけやん。苦笑
って状況になったり。

ほんまみんなが優しい。ありがたい。

思った以上にカリジニキャンプサイトは
居心地が悪い。
ディンゴ(狼みたいな動物)が出るからちゃんとテントの入口はふさいどけ。
とか怖いこと聞かされるし
トイレとシャワーも2つしかないし、
日が落ちたら懐中電灯無しでは行動できない。
なんしかまじでキャンプサイト。
ここで3泊か。

この日の、マリアとエミリーに泣きながら
「孤独やねん。涙」
って話を聞いてもらった。

マリアとエミリーが私に話しかけてくれたり
いろいろ気にかけてくれてるのは事実やけど
やっぱりバスの中も、途中で止まるストップでも、宿泊先でも
2人は2人で行動することが多いし
私は1人で適当にフラフラしてたりする。

どこの宿でも
まぁ余った部屋でいいや〜
って思ってずっと部屋を決めてきたし
とりあえず1人で行動することが多かった。

全部が寂しかってん。

6日目の夜、いよいよ寂しさMAX。

で、これ晩ご飯の風景。
ほんま真っ暗やから。笑
DSC07191



yun_27702 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2012

Perth to Broome day5 (9/12/2011)

7時に食べ飽きたbreakfastのメニューをサクっと食べ
昨日キャラバンパークの近くのレンタルショップで借りた
シュノケーリングのセットを持ってバスに揺られること約1時間。

いざターコイズベイへ!!!

ついたーーーー!
マリアとエミリーが大好きなので2人を撮る。
DSC07057

外人がこーいうグラサンかけても全く違和感がない。
ほんまうらやましい。

それにしてもターコイズベイきれい!!!
西オーストラリア、まじでキレイな海ばっか!!!
この旅で何度思ったことか。
DSC07059


とりあえず20〜30分シュノーケリングしてみる。
フランス人のコラリとドイツ人のベティと3人で一緒に潜ってた。
ほなコラリがウミガメを見つけて
ちょっとウミガメと一緒に泳いで
それでシュノーケリング満足してもーてビーチへ。

ターコイズベイでのシュノーケリング終了〜

DSC07067

ビーチでチョケる。

マリアがジャパニーズスタイルと言ってタオルを頭に巻く。
とりあえず「モダンスタイルだ」と言っておいた。笑

マリアとコラリとまったり喋ったり
ブランドンとしゃべったりして過ごす。

DSC07087

はいきたランチタイム。
みんなで準備します。

DSC07088

準備完了!
この日私は準備は手伝わず片付け役に徹した。

やっぱりサンドイッチよりもサラダ!!!
DSC07089


ターコイズベイを後にする。
またどっかのナショナルパークへ。

この旅で何度同じようなナショナルパークへ行っただろうか。。。
若干みんな飽きてるのが分かる。笑

しかし今までのナショナルパークと違って?
エクスマウスの海を見渡すことができた☆
ステキや〜ん
DSC07110


そして見たザ・オーストラリアな瞬間。激写。

DSC07107


ほんとお世話になってますよ、このバスに。
DSC07108


キャラバンパークへ戻りシャワーを浴びる。

これ泊まってる部屋。
クーラーの効きもいいしキレイやしなかなか快適。
DSC07130


またマリアとエミリーが写真撮ろうって言ってくれた。
うれしい!
やっぱりこの身長差!笑
DSC07131


18:00からサンセットを見に行くということで
またバスに乗り込み20分程走ったとこにある
エクスマウスの灯台へ。

DSC07135

標識にイタズラされてて
なんとも言えぬいい味が出てた!
目がつけられてポップコーン持たされてる!
ちょっと笑ってしまった!


いいカメラ持ってる3人を普通のデジカメで撮ってみる。
DSC07154

マリアとマリンとポールのチームキャメラ〜!

灯台のすぐ横にあるイカリ。
めっちゃバッチグーな組み合わせ。
イカリ置いた人天才。
DSC07151


そないキレイな夕陽ってわけでもなかったけど
変わったガイドと会えたり、
マリンたちとも会えたし満足☆

ただ、帰りのバスの中でみんなが英語の歌をみんなで熱唱する場面があった。

歌えない…
英語の歌なんて中学の時の英語の授業で習ったのんくらいしか歌えない。

いいなー、私も歌えたらなー、、、
なんて思いつつキャラバンパークヘ戻ってきた。@19:40

ボブ、ブランドン、ポールがdinnerを作ってくれてる最中に日記を書く。
今日のメニューはスパゲッティーボロネーゼ。

またブランドンが腕をふるっている。
さすがシェフ。

と、デザート!!!
フルーツカクテルwithアイスクリーム!!
デザートが出るなんてっ!!!
想定外!テンションめっちゃ上がる〜!!!
DSC07155


そうそう、この日の夜に聞いた衝撃的事実。
次の日の朝でブランドンとお別れ。

マリンたち、7daysツアーの人らと明日の朝でお別れってことは知ってた。

超新人のブランドンも7daysのひとたちと一緒に帰っちゃうねんて…

マリンとアンナとバイバイするのもめっちゃ寂しかったのに
何かと私のことを気にかけてくれてた
陽気なブランドンまでいなくなっちゃうなんて…涙

夜寂しさと不安でいっぱいになり布団の中で泣く。

このツアーに参加する前日から毎晩じんましんが出てた。
ツアーにも慣れてきて昨日の夜はほとんどじんましん出なかったのに
ブランドンがいなくなるって知ってまたじんましん出た。

じんましんってほんと心とリンクしてる。

いつも海外で寂しさMAX
(日本や日本の友達が恋しくなったとき)に聴くのがくるり。
特に「ブレーメン」

英語の歌なんて聴きたくない!ってなる。
私がホームシックになった時の症状は決まってこれ。

yun_27702 at 02:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 28, 2012

Perth to Broome day4 (8/12/2011)

7時に朝食を食べる。

宿のレセプションにホワイトボードがあって
今日の天気やら何や色々書いてた。
DSC06989

泊まってたのはこんな宿。
なかなかキレイな宿☆

宿から徒歩5分のところにコーラルベイっていう
それはそれはキレイなビーチがある。
今日はこのコーラルベイでのスノーケリング!

にしても、コーラルベイめっっっちゃキレイ!!!!
今まで行ったビーチの中でNo.1かも!!!
DSC06992

コーラルベイは有名やけど、西オーストラリアって場所は
毎日のように世界中からたくさん観光客がやってくるような場所ではない。

だからあんまり荒らされてないというか。

とにかくキレイ!

$50で半日スノーケリングへ出発!10:00am
このボートに乗り込む!
乗り込むのも何か橋みたいなのがあるわけでなく
ばしゃばしゃ海の中に歩いて入り、そして乗る。みたいな。

それにしても自分のかかとが汚すぎる。
パースで買った安いビーサンを毎日履いてて
ビーサンの色が移った。
紺色。
海や川に入った後は自然と汚れが落ちてるから
今日はきれいになるはず!

DSC07000


このボート、グラスボトムボートって言って
床部分が一部ガラスになってて海中の様子が見えるようになってるって仕組み。

これ。
DSC07001

人生3回目のグラスボトムボート。
可もなく不可もなく。こんなもんだな。
沖縄もフィリピンもオーストラリアもどこで見てもほぼ一緒。
実際めっちゃ違うんやろうけど。

ボートから見る海もまたキレイ!
DSC07002

DSC07014

スノーケリングでは海がめとも一緒に泳げたし
きれいな魚もいっぱい見れたし満足なり〜♪

DSC07030

きれいな砂浜と外人の子どもと犬。
この上ないシチュエーション。
facebookに載せたら「いいね!」ボタン押しちゃうと思う。

12:30pmに戻ってきた。
写真を撮りながら宿まで戻る。
宿までの風景を撮ってみる。
何もない街。
ロハス!
DSC07031


宿に戻ったらランチが用意されていた。
今日はサラダじゃなくてサンドイッチにしてみるか。
じゃーん
DSC07032


ごはん食べ終わってちょっとだけ服を手洗いして〜

宿にあるプールでマリアとエミリーが遊んでて誘われたから
私も一緒にプールで遊んで〜

DSC07033

いや〜、毎日思ってることやけど・・・ほんまこの2人には感謝!涙
特にマリア!
めっちゃしっかりしてるしみんなから好かれてるのが見ててよく分かる。

他のみんなとも打ち解けれてきたのが分かる。
うんうん、よかったよかった。
けどやっぱなんだか孤独感はまだまだある。。。
結局どの仲良しグループにも属しておらず
マリアとエミリーが仲良くしてくれてる。って感じ。

他のアクティビティーに参加してた人たちもだんだん帰ってきて
全員がお昼ご飯食べ終わって宿を後にする。

途中道を親子エミューが歩いてた。
DSC07043


18:15、エクスマウスのキャラバンパークに到着。

マリアとエミリーが3人で写真を撮ろう!
言ってくれた。
うれし!
すごい身長差・・・
DSC07046


料理好きのブランドンが晩御飯を作ってる横で邪魔をする。
キャラバンパークやからキッチンやらシャワーやらトイレやら
色々設備されているのさ。
DSC07049


ボブも鉄板でクッキング!!
ほんまボブ癒される〜
DSC07052


今日の晩御飯はこれで決まり!
チキンテリヤキと野菜炒めカレー風味、あとは
久々の米!!!!
DSC07054


yun_27702 at 10:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

Perth to Broome day3 (7/12/2011)

7時に宿を出る。

こちらが泊まってたお宿です。
DSC06893


オーストラリア最西端の街、デナム。
DSC06897


さ、今日の最初の目的地は!?

モンキーマイア!
ここは野生のイルカがビーチまで遊びに来るところで有名☆

だからみて、これ。
DSC06922

ちっかー!
あっさー!!

係りの人がバケツにエサの魚を入れて出てくる。
そして観光客はビーチで待つ。
水の中を足は入れたらダメって言われてる。
そして日焼け止めも塗ってたら海に入ったらダメって。

係りの人が「そこのあなた」って感じで
エサをあげる人を指名する。
ここで指名してもらわなきゃイルカにエサあげれない!

だから係りの人のことめっちゃ見てん。
ほんでめっちゃ目あってん。

ほな指名してくれた〜☆☆☆

DSC06942

わーい!
野生のイルカにエサあげれた〜♪

そうそう、ここにはイルカだけじゃなくて
こんなお友達も遊びにくる。
DSC06930

ペリカン。
私的にイルカよりもペリカンに近づきたい。
思ってたよりもペリカンが大きくてびっくり。

そしてモンキーマイアを出る。
って時にマリアとエミリーがこんなところで水着で日光浴!笑
DSC06945

めっちゃいいやん。笑

9:30amモンキーマイアを出発。
1時間後、なんか知らんけど屋外アクアリウムへつれてかれた。

立派なアクアリウムではなく、なんとまぁ簡易な!
ってレベル。

全員$12払わされて中へ入る。

するとサメのプールが。
DSC06959

ここではサメのエサやりを見れるらしい。
さすがに客がエサをやることは不可能!

ねぇ、これ
DSC06950

3匹のサメが円になってぐるぐる回ってる。
この光景よくテレビで見る。

サメの習性なのだろうか。。。

で、こっちの写真よ。
DSC06957

サメの目やばい。
冗談は歯だけにしてくれ。

その凶暴なサメがいるアクアリウムで
いいちこの看板に出来そうな写真を撮る。
DSC06963

サメや魚の説明をしてくれてるオージーのお兄さんがめっちゃ早口で
何を言ってるのかさっぱり分からず外に出てきてん。
サメのとこは全部見たからもういいやって思って。

とりあえずアクアリウム(滞在1時間)全然おもんなかった。

そしてバスは広大なオーストラリアのまーーーっすぐ続く道を走る。
DSC06972


お次の目的地はコチラ
DSC06976

世界でも珍しい、岩が酸素を出している
ストロマトライト(岩石となった世界最古の藍藻類)がある海へ。

上の写真に写ってるようなストロマトライトの説明が書かれた
小さな看板がいっぱいあったんやけど
単語が難しくて内容が理解できてなかってん。

じゃあね、トレーニング中のブランドンが喋りかけてきたから
あんまり意味がわかんない
ってことを伝えた。

そしてら身振り手振り、そして分かりやすいように
看板1つ1つ説明してくれて一緒に回ってくれて
ほんまにまた涙出そうになった。

DSC06979

この岩たちから酸素がでてるのが見える。
これは岩ではなく生き物なのです。

そしてそこでランチ!
DSC06982

今日のランチはハンバーガー☆

そして夜もハンバーガー!
たまにあるんやけど、泊まった特典で
ハンバーガー無料って安宿が結構ある。

この日も夜はみんなでスキッポ☆☆
あ、今調べてみたらskip-boスキップボーって名前みたい。
ずっとスキッポって言うてたわ。
DSC06987


アメリカ人のロウって男子(写真1番奥)の友達が
1年くらいやったかな?
日本で英語を教えてたらしくて
けっこう日本の単語とか知っててん。

で、福岡のこと知っててね、
「fuck ok ah!?」って言うてた。笑
アメリカンジョークのノリだ。。。笑

yun_27702 at 10:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

March 27, 2012

Perth to Broome day2 (6/12/2011)

5:20am起床。
5:45am朝食。
ウルルツアーの時とほぼ同じ朝ごはん。
トーストかシリアル。コーヒー紅茶は自由に飲める。

そして6:30am出発!!

まず訪れたのはピンクレイク!

DSC06803

気持ちピンク色でしょ?
天気がちょい曇ってたのが残念。

途中で寄った公園。
DSC06807

日本ではペットショップでしか見れないようなオウムが
オーストラリアでは飛び回っている。
ステキだ。

そして9am、カルバリー国立公園へ到着〜
2時間のトレッキング!

ちょっと休憩、ってとこで
初日のpick up場所で出会ったマリンとアンナに会った☆
マリンたちも5日目くらいまでほぼ同じ観光地を回るので
ちょくちょく会えるねん♪

まだ友達作りがうまくいってない私にとってはとても嬉しい!

DSC06818


こちらアブセイリングというアクティビティ。
ロープをつたって崖を下りて行くっていうもの。

DSC06819

これオプションでね、$30で2回できるねん。
この写真見たらめっちゃ魅力的に思うかもしらんけど
実際やってるとこみたら
そない面白くないんちゃうか?って思ったわ。

やってた人も少なかった。

けど友達と参加してたら絶対やってたかもー。
たった30ドルやし。

DSC06825

そしてグループフォト☆

ここでちょいのんびりして引き返すってコース。

はい!これネイチャーズ・ウインドウ!
風化などで自然に岩に穴が開いて出来た形さ◎
DSC06837

「日本人やからピースするんでしょ」って言われたもんやから
普段せーへんけどピースして撮ってみる。

ここでガイドのボブと2人で喋ってて
「アジア人が他に誰もいなくてちょっと寂しい・・・」
って心のうちを打ち明けてみた。

ボブな、PIXERのカールじいさんの空飛ぶ家のおじいさんそっくり。
初めて見た時「うわ!カールじいさん!」って思った。

このツアー中、ボブも他のガイドも私のこと
気にかけてくれてたんがほんまにめちゃ分かってさ、
ほんまありがたくてうれしかった。涙
実際このときもボブが励ましてくれて泣きそうになったもんね。

ちょっと元気でた。

はい、ランチ!
サンドイッチが続くからサラダとかにして食べた方がいいかも。
ってボブの助言を受けサラダにしてみる。

DSC06838

うま〜♪

そして次の目的地までバスに揺られ外の景色を見ていると。。。

なんと花が!!!
ここんとこオーストラリアの荒野しか見てなかったから
こんだけの量の花でも
ぜんっぜんちゃうねん!気持ちが!

これだけの花でこうも違うのか。
すごいパワーだ。
って思った。

普段何気なく目にしている草花も
ありがたく思わないといけないな、と思わされました。

DSC06842


そしてまっすぐな1本道が100km続くと言われている道路を走りぬけ

そしてだ!
次の目的地は・・・

めちゃ楽しみにしていた・・・

シェルビーーーーーチ!!!!

ここのビーチはなんと!
よく見たら!
全部貝!!!!

DSC06856

ね☆
貝でしょ☆

うわ〜
めっちゃいいやーん!!

DSC06845

思ってたほどシェルビーチは広くなかったけど
実に満足なり〜♪

DSC06846

ふふふ☆

シェルビーチでまったりした後は
ジュゴンを見ることができるかも!?
って言われてるシャークベイ。

そしてまさかのジュゴン発見!
その貴重な写真がコチラ!

DSC06886

え?どこ?笑

写真上部にある黒い物体、ジュゴンです。

実際見てても黒い塊がスロー動いてるってくらいにしか見えず!

けどここでジュゴン見れるのは珍しいねんてさ〜
ベテランボブが言うてたからそれは確かや◎

その後きれいなサンセットを拝み、
DSC06889


オーストラリア最西端の街、デナムへ。
デナムにある宿で泊まるとのこと。

部屋の様子はコレ。

DSC06890

部屋はマリアンヌおばさんと、ドイツ人の
女の子と3人。


こちら宿の外観。
海沿いにある宿でした。
DSC06893


夜ご飯の前にマリアが「スキッポの練習しよう」って言ってきてくれた。
ほんまマリアも私のこと気に掛けてくれてるのがめっちゃわかる。
ほんっまみんなありがとう涙!
って2日目にして思わせられまくりや。

ガイド3人が晩御飯を作ってくれている横で
スキッポしながら晩御飯ができるのを待つ。

今日のご飯はBBQとコールスロー☆
DSC06894


シャワー浴びて10:40pm就寝zzZ

yun_27702 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 26, 2012

Perth to Broome day1 (5/12/2011)

今日から10日間のツアーに参加。
今回の旅の山場が訪れた。

6:45am、宿の前でのpick up

pick upを待っている時に
フィンランド人のアンナとスイス人のマリンと3人で喋っていた。
同じ場所で同じ時間のpick upやったから
てっきり同じツアーに参加するもんやと思ってたら
どうやら2人は7日間のツアーらしい。

だから乗ったのは違うバス。

ガーン・・・

せっかくツアー中の友達作り大成功や思ったのに〜!汗
大誤算!!!

一人参加やから早いとこ友達作っておかないとヤバイって思ってたのにさ

そしたら案の定、
10日間ツアーのメンバーの中で取り残されることになってしまった。
他の参加者は、もとからツレと参加してる、
とか
たまたま同じ宿で友達になっていた、とか

なんしかもうほぼグループが出来上がっている状況。
グループに属してないと言ったらマリアンヌっていう40〜50代の
あんま空気読めないおばさんと、一人で参加していた男性2人くらい。

しゃーない。
とりあえず頑張ろう、、、

ちなみにメンツはメインガイドのボブ
現在トレーニング中のポール
そしてこれまたトレーニング中(超新人)のブランドン

あとは19人のツアー参加者たち。

参加するまでは、オーストラリアにはアジア人山ほどおるし
日本人はおらんくても少しくらいアジア人も参加してるやろな〜
って思ってた。

しかし、蓋を開けてみると日本人どころかアジア人さへ居なかったという悲劇。。。

ほぼ全員ヨーロピアン!
それ以外って言うたらアメリカ人が1人おったくらい!

ヨーロピアンやからみんな英語ペラペラやねん。
私の英語も堪能なわけじゃないから
みんなの会話にあんまりついていけない…涙

言ってることはだいたい理解できても言いたいことを伝えるってことができない。涙
そらだいたいおおまかなことは伝えることができるけど
深い話とかができないし。。。

周りでみんな楽しそうに喋ってるのを見てほんま辛かったなー。。。

そんな凹み気味の中
1つ目の目的地『ピナクルズ』へ到着〜

岩がいっぱいある場所やねん。
「また岩か〜」ってあんま期待してなかったんやけど
行ってみたらいい意味で期待を裏切られた!

DSC06783

こちらピナクルズです。
こんな景色がずーっと続いておる。

DSC06785

今まで散々見てきた赤い岩じゃない!
黄色い!
だからすごく新鮮でイイ!

お昼ごはんは勿論サンドイッチ。
みんなで準備。

DSC06793

西オーストラリアではウルルのあったオーストラリアの真ん中らへんよりも
「水を大切に」って意識が高かったような気がした。

まぁサファリツアーって感じやから
水道が全然ないようなところでごはんってことが多かったしね。

バスに水を積んであるんやけど
ごはんの時に洗面器に水を入れて、みんなでちょっとずつその水を使って手を洗う
ってことがよくあったし
食器を洗うのも洗面器1杯分の水で洗う。
泡は洗い流さずに、そのまま布巾で拭く。

洗い物の泡を洗い流さないのは「水を大切にする」っていうオーストラリア人の意識が
作り上げた文化やから普通のことうあねんけどね。

ランチの後は・・・

真っ白い砂丘でサンドボーディング!!!

DSC06794

他の人の見てたらスピードすごそうで最初ビビってたけど
滑ってみたらおもろかった☆

DSC06795

ただ、てっぺんまで上るのがめちゃしんどいし
滑り終わったら顔、体、服、靴
全てが砂だらけになってしまうので1回だけ滑って私は終了!

DSC06798

白い砂丘の横にあったビーチがめっちゃキレイやった。
足くらい突っ込みたかったけど
これから先、この10日間のツアーで
もっとキレイなビーチにたくさん行くから
ここは我慢しよう。

って写真を撮るだけにした。

初日の晩御飯は
焼きそばみたいな感じのんと、チキン。

ウルルの時のツアーと違って、ガイドが晩御飯作ってくれる!
それが普通なんやろうけどなんか感激した!
DSC06800

右がボブで左がブランドン☆

DSC06801

女5人部屋やってん。
こちらスウェーデン人のマリア(右)とエミリ(左)。

2人とも23才。
いつも2人で旅してるんやってさ☆
いいな〜、そういう相棒がいて。
絶対楽しいやん。

ご飯ができるまでの間、同じ部屋の女5人
(ドイツ人のベティ、フランス人のコラリ、スウェーデン人のマリアとエミリ、そして日本代表ゆうこりん)
でスキッポっていうカードゲームをした。
マリアが持ってきてたカードゲーム。
見た目はUNOにそっくりやけどルールが違うし、
カードもちょい違う。
覚えたら楽しいゲーム!

そうそう、そしてコチラ!

DSC06791

この車で10日間西オーストラリアを旅しちゃうのだ♪

yun_27702 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)