2017年01月18日

『平昌(ピョンチャン)五輪で使用するアイススケート場(江陵(カンヌン)アイスアリーナ)について

yuzuくんも出場予定の「2017年四大陸フィギュアスケート選手権」で使われるのは、来年開幕する『平昌(ピョンチャン)五輪』で使用する本番リンクである『江陵(カンヌン)アイスアリーナ』です。

 ●「김연아 x 아이스링크」
  https://www.youtube.com/watch?v=_xCnoWPpvEg
 ※1:00。公開された動画です。ヨナちゃんが新しいリンクで優雅に滑走しています。「さすが!」のスケーティングを披露しています

 2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)公式インスタグラムに登場した元フィギュアスケート韓国代表選手キム・ヨナの映像が世間の注目を集めている。

 1月17日、平昌冬季五輪公式インスタグラムには、江陵(カンヌン)アイスアリーナスケートリンクで今も色褪せていないスケートの実力を披露したキム・ヨナの映像が掲載された。

 該当掲示物には「Yuna KIm ☓ Ice Rink.No word is necessary.」というコメントがつけられた。

 映像で、キム・ヨナは広いアイスリンクの上を自由に滑りながら、そのスキルを惜しみなく披露した。

 これを見たネットユーザーは、コメントで「やはりゴット・ヨナ」などの賛辞を送った。キム・ヨナのスケート競技をこれ以上見られないことに対して残念な気持ちを伝えるコメントも見られた。

 ●こんなんのもありました
  

 ●『江陵(カンヌン)アイスアリーナ』

 平昌五輪で『フィギュア・スケート』と、『ショート・トラック』が行われることになっている会場、江陵(ガンニュン)アイス・アリーナです。
170118 5203ff0a


 ●『2017年四大陸フィギュアスケート選手権』

 【日程】2017年2月16日(水)~2月19日(日)

 >男子シングル ショートプログラム  2017年2月17日
         フリースケーティング 2017年2月19日
 >女子シングル ショートプログラム  2017年2月16日
         フリースケーティング 2017年2月18日

 楽しみです!! 


yuna_kim0905 at 00:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 競技会(competitions)/2016-2017 

2017年01月04日

「シーマ姫 マジックアイス劇場で白雪姫」

 Белоснежка в Волшебном ледовом театре



yuna_kim0905 at 23:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0) アイススケートショー(Figure skating Shows) | セラフィマ・サハノヴィッチ(Serafima SAKHANOVICH)

2016年12月23日

『ロシアフィギュアスケート選手権2017 女子シングル プレビュー&SP結果(動画あり)』


161223 ロシア選手権161221-21

161223 ロシア選手権161221-1
161223 ロシア選手権161221-09
 エフゲーニャ・メドヴェーデワ。
 2016/2017シーズンのロシアフィギュアスケート選手権が、2016年12月22日(木)から25日(日)にかけてロシア・南ウラルのチェリャビンスクにて開催される。

 「私は今よりも、さらに良い演技ができると思う」。今季グランプリファイナルのSPで、79.21という世界歴代最高得点を記録した直後の記者会見で、エフゲーニャ・メドヴェーデワはさらりと発言した。

 FSにおける世界歴代最高得点(150.10)も、昨季の世界選手権ですでに手にしてしまった17歳は、あくまでも完璧を追い求める。

 「だって完璧さの追求をやめてしまったら、そこで成長が止まってしまうから」。本人によると、表現力はまだまだ向上できるし、スピンの速度も上げていきたいとのこと。

 昨シーズンのグランプリファイナル以来、個人戦では7大会連続で負けなし。しかも今季参加した3大会はSPもFSもすべて1位で終えてきた。パーフェクトな世界を目指して邁進するメドベーデワは、もちろん2年連続のナショナルタイトル(ジュニア時代を含めると3年連続)を、完璧な滑りでつかみとりたいと熱望しているはず。

 つまり、新しい才能が急速に台頭してきては、トップが入れ替わる……という冬をいくつも過ごしてきたロシアだが、今年に限っては、メドヴェーデワが頂点を簡単に譲り渡すことはないだろう。

 2番手争いでも、どうやら今季は、アンナ・ポゴリラヤが一歩抜けだした感がある。常に高い技術力を誇りながらも、これまでは肝心なところでのミスや転倒に泣かされることが多かった。昨季NHK杯SPの転倒3回の悪夢が、単に強烈に印象付けられていただけかもしれないが…。今シーズンは無事に、日本のファンたちの脳裏に、優美な姿を「上書き」(NHK杯優勝)した。

161223 ロシア選手権161221-10jpg
 アンナ・ポゴリラヤ。
 むしろ本人にとっては、知人がたくさん応援にかけつけ、しかも優勝を期待されていたロシア杯を、とてつもないプレッシャーの中で勝ち取れたことが大きかった。精神的に強くなったともっぱらの評判だ。自信を身にまとい、表情は凛々しく、生来の艶やかさに磨きがかかった。

 すると熾烈になってくるのが、『世界選手権』行きをかけた、残り1枠を巡る戦いだ。候補者はグランプリファイナル進出組の2人、エレーナ・ラジオノワとマリア・ソツコワだけではない。グランプリシーズンは体調不良に苦しんだものの、本気で復活してきたら怖い存在となる元世界女王のエリザヴェータ・トゥクタミシェワもいる。世界戦出場枠が3つでは、本当に足りないくらいだ。

 しかもロシアの大地では、美しき花が次から次へと開花し続けている。ジュニアグランプリシリーズを席巻した14歳の2人、アリーナ・ザギトワとアナスタシア・グバノワも、驚くべきスピードで成長を遂げている。特にファイナル時のザギトワは全てのスピン・ステップでレベル4をマークし、SPでは3回転ルッツー3回転トーループを完璧に決めた。ジュニア女子の世界歴代最高得点をSPでもFSでもトータルでも記録し、しかもジュニア女子としては史上初めてトータル200点超えを実現させた(207.43)。五輪金メダリストにして世界選手権9冠の新体操選手アリーナ・カバエワにちなんで、アリーナと名付けられた少女にとっては、初めてのシニアナショナル挑戦となる。

 大会数日前に、残念なニュースも飛び込んできた。2014年欧州チャンピオンにして、ソチ五輪チーム金メダルに大きく貢献したユリア・リプニツカヤが、負傷のため出場辞退を発表した。またこの2シーズン、ジュニアでは負け知らずの15歳ポリーナ・ツルスカヤも、右膝の手術のため、ジュニアグランプリファイナルに続き欠場することとなった。

 女子 出場予定選手

 1:アナスタシア・グラチョフ
 2:アナスタシア・グバノワ
 3:アリーナ・ザギトワ
 4:アナスタシア・コロミーエツ
 5:スタニスラフ・コンスタンティノフ
 6:アリョーナ・レオノワ
 7:アリサ・ロスコ
 8:エフゲーニャ・メドヴェーデワ
 9:ワレリヤ・ミハイロワ
 10:エリザベータ・ヌグマノワ

 11:ナタリア・オゴレルツェワ
 12:アンナ・ポゴリラヤ
 13:エレーナ・ラジオノワ
 14:セラフィマ・サハノヴィチ SP:13位
 ●「Серафима Саханович. ЧР 2017, КП 59.37」
  https://www.youtube.com/watch?v=vlarblCETRU
 ※6:44。う~ん、余りクリアな出来とはいえないけど...。FSも頑張って
 15:マリア・ソツコワ
 16:エリザヴェータ・トゥクタミシェワ
 17:アリサ・フェディチキナ
 R:アナスタシア
 R:ソフィア
 R:エカテリーナ・グセバ

 ロシアフィギュアスケート選手権2016-2017(ロシア ナショナル)動画サイト
  → https://www.youtube.com/channel/UCngBwf3yHJYVEJZZ9aypTmQ

 ロシアフィギュアスケート選手権2016-2017(ロシア ナショナル)結果速報
  → http://figureskatejapan.com/competition/russian-national2017.html


yuna_kim0905 at 23:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 競技会(competitions)/2016-2017 | セラフィマ・サハノヴィッチ(Serafima SAKHANOVICH)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村