2013年03月26日

『キム・ヨナを売る電通』韓国報道(自動翻訳)

 引用元 ⇒ http://www.pressian.com/article/article.asp?article_num=30130326153643§ion=08

 2007年のある日だった。IBスポーツ(キム・ヨナの前所属事務所)イ・ヒジン社長が緊急会議を招集した。全職員が参加した。イ・ヒジン社長は、普段と違うように興奮した様子だった。

 "フィギュアスケーターキム・ヨナのマネジメントを担当することしました。 " 当時キム・ヨナ選手はIMGコリア所属だった。イ・ヒジン社長は一言付け加えた。"IMGコリアと一銭も辞させていただきます。" キム・ヨナ選手はIBスポーツはチャンスだった。

 同時に転地訓練 の費用はもちろん宿のレンタル、英語レッスン、コーチの費用まで担当しなければならかなり危険の賭博でもあった。

 IBスポーツは、当時マネジメント経験が浅いた。冬季種目、さらにフィギュアスケートを経験したマーケティング担当者も皆無だった。IBスポーツが、当時としては無謀に見えることができたキム・ヨナマネジメントに挑戦した理由は何だったのか?電通だった。

 IBスポーツのキム・ヨナマネジメントは電通の提案だった。100余年の歴史を誇る日本の世界的な広告会社であり、スポーツマーケティング会社である電通は、IBスポーツにキム・ヨナのマネジメントを提案し、グランプリシリーズ韓国開催、中継権事業協力などの破格的な条件を提示した。

 キム・ヨナ選手の可能性を見抜いた電通の韓国市場開拓のための戦略的選択だった。IBスポーツ路線ロールモデルである電通の経験を伝授することができる絶好の機会でもあった。想像以上の大成功だった。電通は韓国という新しいフィギュア市場を開いたIBスポーツはキム・ヨナ選手を介して一段階成長した。

 キム・ヨナ選手もIBスポーツのサポートを受けて独歩的な'フィギュア女神 "にものさびしく一人立った。2007年キム・ヨナ選手がIBスポーツとの契約しようIMGコリアは訴訟を提起した。

 裁判所は"キム・ヨナ管理不行き届き"を認めてIMG敗訴の決定を下した。管理不行き届きは待遇だけでなく、訓練条件とサポートが不十分だったことを意味する。IBスポーツはリハビリとカナダ現地訓練を提供した。

 ブライオンオーサーコーチ、デビッド・ウィルソン振付師などで組まれた5人のコーチ陣でドリームチームを構成した。キム・ヨナ選手が訓練に専念できる環境だった。3年の間のカナダ転地訓練がキム・ヨナ選手の成功の根底だったことは間違いない事実だ。
130326 電通01
 ▲すべてキム・ヨナに酔っている。ところが、 "キム・ヨナの後"は誰が心配しているのか?キム・ヨナが去る3月18日(韓国時間)、カナダ・オンタリオ州ロンドンバドワイザーガーデンズで開かれた2013国際氷上競技連盟(ISU)世界選手権大会エキシビジョンで演技を繰り広げている。

 "キム・ヨナ選手なら韓国でもフィギュアスケートが成功することができる"は、電通の慧眼がなければ、IBスポーツが電通の提案を受け入れなかった場合、キム・ヨナ選手の'フィギュア女帝'に登板は時期的に数年遅れたり、不発にグチョトウル可能性も排除できない。

 2005年までキム・ヨナ選手は自費で訓練費用を負担した。

 IMG所属だった2006年の収益は6億ウォンに過ぎなかった。キム・ヨナ選手の母パク・ミヒ氏は"景気に専念するためにスポンサーを望んだが、IMGコリアはスポンサーを見つけられなかった"と話した。

 IBスポーツに移った2007年からキム・ヨナ選手は訓練費用を除いた純粋な収入が3年間、毎年平均40億ウォンを稼いだ。十分に試合に専念することができた。

 電通は国際氷上競技連盟(ISU)だけでなく、国際オリンピック委員会(IOC)、国際サッカー連盟(FIFA)、アジアサッカー連盟(AFC)などの国際スポーツ界に大きな影響力を行使する。

 影響力の源泉は、マーケティング代行だ。電通は、IOCとFIFAの代わりにアジアで五輪とW杯中継権を販売する。

 2002釜山アジア大会の中継権と記章事業も電通を介して配布された。

 2014年仁川アジア大会では、アジア全域の広告主を集めたいというのが、電通の計画である。メディアを動かし、企業の後援を得て出して市場を作り出す。そしてスターを作り上げる。

 2008年、米国の経済専門誌" ビジネスウィーク "が発表した"スポーツ業界の大物100人"でスター選手は20人に過ぎなかった。球団オーナーを含むリーグ関係者37人、メディア関係者21人、スポーツマーケティング関係者が16人だった。古い資料だが、スポーツ界の仕組みは、今も変わらない。

 池田努電通メディアコリア代表は"様々な媒体の広告が消費者に到達することが重要なのではない。消費者が広告を使って動かせるように緻密なシナリオが必要だ"と話した。

 プロスポーツも同様である。'フィギュア女帝'が復帰した。2014ソチ冬季五輪までわずか1年余りであった。キム・ヨナ選手には最後のシーズンだ。グランプリシリーズに参加した後、最後の舞台をソチオリンピックで装飾することになる。

 キム・ヨナ選手が韓国フィギュア初のシニア大会優勝を占めたのが2006年11月だった。

 そしてその後7年の時間。何が変わったのだろう?変わったのはただ一つ。キム・ヨナ選手の所属会社のオールザットスポーツが作られたということだけだ。

 キム・ヨナ選手中心のマーケティング会社であるオールザットスポーツが新人を育成し、市場を創出するには力不足であるようだ。

 キム・ヨナと3年の時間を過ごしたIBスポーツの経験も新たに光を放っはしていない。ポストキム・ヨナを担う有望株の発掘にも失敗した。キム・ヨナ個人にはCFが絶え間ないISUを後援する国内企業はまだ現れていない。

 韓国系アメリカ人グレース・リー監督は、自分が制作した"グレースリプロジェクト" ドキュメンタリーで、キム・ヨナと浅田真央を比較した。"日本の善戦が国家と国民によって作られた奇跡なら、キム・ヨナの優勝は真の自生的奇跡だ"と評した。誰も否認することは難しいことである。キム・ヨナは奇跡だ。しかし、韓国フィギュアとスポーツマーケティング業界では奇跡ではなく、絶好の機会として受け入れなければした。

 2006年以来、7年の時間は無限キム・ヨナ消費であった。キム・ヨナのファン層は感情の消費と噴出に偏ったし、韓国フィギュアはキム・ヨナにビルついた。

 スポーツマーケティング業界は金儲けだけに集中した。キム・ヨナの奇跡を日本は1989年に迎えた。伊藤みどりの世界選手権大会優勝だった。伊藤みどりをきっかけにフィギュアに対する関心が増幅されこれに便乗して、日本は荒川静香(2006トリノオリンピック金メダルリスト)、浅田真央、安藤美姫(2011世界選手権大会1位)、高橋大輔(2012世界選手権大会2位)などを発掘した。

 電通は巧妙にメディアを移動であり、企業の後援を得た。

 まだ間に合う。キム・ヨナを売るのはもうやめてみたい。有数の韓国スポーツマーケティング企業が大韓氷上競技連盟、企業と協力して板を組むことを見たいと思う。キム・ヨナ引退後空っぽの韓国フィギュアを見るのはとても虚しいことは本当らしい。

 う~~~ん、どっかで聞いたような内容だけど、残念ながら“分からない”が本音です

yuna_kim0905 at 17:37│Comments(0)TrackBack(0) ニュース(news) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村